ビットコインを購入できる取引所を徹底比較!手数料はどこが安い?4社を比較

 
昨年2017年に大きく注目を集めた仮想通貨ビットコインですが、その魅力は果たしてどこにあるのでしょうか。そして、ビットコインをいざ購入する際にはどの取引所であればもっとも安く買えるのでしょうか。主要な取引所を比較し、口座開設をするべき取引所を探ります。
 
 

この記事の要約

・ビットコインは、ほとんど全ての取引所で扱われているため、購入するには手数料を見たほうが良い。
・手数料の安い取引所だからいいというわけではなく、自分の投資スタイルに適した取引所を選ぶ必要がある。

 
 

ビットコインを安く購入したほうがいい理由

 
ビットコインは有名だけど、いまさらそんな有名な仮想通貨を買うのもな。。。
 
と、考えてビットコインではなく時価総額の2位や3位の仮想通貨を購入することや、海外でしか取扱のないマイナーな仮想通貨への投資をおこない大きな利益を得ようと考える人もいるかもしれません。
 
しかし、今後将来性のある仮想通貨を購入する際にもビットコインが必要となってくる場合があります。特に海外の取引所はビットコインをペアとしての仮想通貨の売買が基準になっているので、仮想通貨を買う(交換する)ためには仮想通貨が必要であることが一般的です。
 
 

 

ビットコインは仮想通貨領域の基軸通貨

ビットコインは仮想通貨のなかでは有名であるため、あらゆるアルトコイン(イーサリアムやリップル)をビットコインにて取引することができます。
 
さらに、マイナーなアルトコインで出した利益の現金化(円などの法定通貨との交換)にも、ビットコインが役に立ちます。マイナーなアルトコインは取引がおこなわれる量が少ないため、儲かっても全てを法定通貨と交換できるか分かりません。
 
したがって、流動性や取引の成立の成功率を考えて、アルトコインをいったんビットコインに換えその後、各法定通貨への換金をおこなうという方式を取る人が多数であると言われています。
 
つまり、単純に仮想通貨を持ち数年後の価格の上昇を期待する方も、海外の取引所を利用してさらに利益を狙おうとする方にもビットコインは必要な仮想通貨であることになります。

 
仮想通貨ビットコインを購入するのに適した取引所はどこなのでしょうか。以下からは、各取引所の特徴を紹介しながら比較・検討をおこないます。
 
(本記事では、ビットコインを法定通貨(円やドル)で売り買いするという視点で考えます。)
 
 

 

ビットコインを購入するためにかかる手数料はどのようなものがある?

ビットコインは仮想通貨の中では代表的な銘柄なので、ほとんどすべての取引所が取り扱いをしています。それだけ選択肢が多いために迷うかもしれませんが、比較のポイントとしては手数料の高さがあげられます。仮想通貨を購入する際にかかる手数料は以下のようなものが挙げられます。
 
入金手数料(取引所に現金を入れる際の手数料)
出金手数料(取引所から仮想通貨を現金に戻して出金する際の手数料)
仮想通貨売買手数料(仮想通貨を取引所内で購入するときの手数料)
仮想通貨送付手数料(仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金するときの手数料)
 
FXというハイリスク・ハイリターンな上級編の投資方法では、さらに多くの手数料の種類がありますが、今回はこの4つに焦点をあてて比較していきます。
 

 
 

国内外の主要仮想通貨取引所

 
有力な国内外の販売所と取引所である以下の4つのサービスから手数料を比較していきます。
 

GMOコイン
bitflyer
DMM Bitcoin
bitbank(ビットバンク)
 

仮想通貨取引所と販売所の違いとは?

取引所機能 bitbank(ビットバンク)
販売所機能 GMOコインDMM Bitcoin
両機能 bitflyer

 
販売所と取引所の違いは、仮想通貨を企業から購入する場か、ユーザー同士で交換する場かという点にあります。ユーザー同士の交換の場であるため、普通はスプレッド(本来の購入価格と売却価格の差、手数料)の点で「取引所」の方が「販売所」より安価に仮想通貨を取引できる可能性が高いです。
 
しかし、取引所はユーザー同士の交換の場である以上、自分の求める取引が必ずできるとは限りません。その点で取引が確実におこなわれるであろう「販売所」の方が、今すぐ仮想通貨を購入したいと思う人であれば「取引所」より確実であると言えます。
 
取引所と販売所の両方をさして、仮想通貨取引所と呼ばれることが多いのですが、機能を混合してしまわないように注意が必要です。取引所機能を持った販売所も一般的にあります。
   
取引所と販売所の違いは、下記のように認識していればよいかもしれません。
 

取引所と販売所のちがい

取引所=ユーザーと仮想通貨どうしの交換をするプラットフォーム
販売所=企業の持つ仮想通貨を法定通貨(円など)で購入することのできる場所

 
 

ビットコイン(仮想通貨)の手数料1 : 口座作成時に発生する手数料

口座作成手数料 全取引所で無料
口座維持手数料 全取引所で無料

 
ビットコインのトレードをするために、最初にすることは口座の開設です。基本的には、口座開設をおこなうことで費用を取るということは無いようです。
 
仮想通貨の口座開設を開くこと自体は無料でおこなうことができます。デザインや使いやすさなどは、実際に口座を持っていないとログインできないページもあるため、慎重に取引所を選びたいのであれば複数取引所を開設して試してみることも可能です。
 
実際に取引所を開設してログインしてみると、自分の好みにあったデザインかどうかを見ることができます。
 
 

ビットコイン(仮想通貨)の手数料2 : 入金手数料・出金手数料

GMOコイン 入金・出金ともに無料
DMM Bitcoin 入金・出金ともに無料
bitbank(ビットバンク) 入金無料・出金540円~756円
bitflyer 入金無料(クイック入金324円)・出金216円~756円

 
ビットコインの購入にかかる手数料として、仮想通貨口座への入出金手数料というものがあります。仮想通貨の口座を開設したあとに、取引を始めるため口座にお金を振り込む際にかかる手数料が入金手数料です。
 
そして、仮想通貨で利益を出した後などに法定通貨(日本円)に換金し、取引所の口座から自分の銀行口座にお金を取り出す際にかかる手数料が出金手数料です。
 
これらの金額は、銀行の振込手数料とは別で支払う手数料ですので、そこまで頻繁に支払う手数料ではないものの、低いに越したことはないでしょう。
 
GMOコインやDMM Bitcoinなどの販売所では無料です。
 
 

ビットコイン(仮想通貨)の手数料3 : 仮想通貨売買手数料

GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料
bitbank(ビットバンク) -0.05%~0.05%
bitflyer (取引所)0.01%~0.15%・(購入所)無料

 
仮想通貨取引所に口座を開き入金をおこなえば、取引を開始することができます。現物取引にて仮想通貨の投資をおこない利益を出すためには、基本的に安い値段の時に仮想通貨を購入し、仮想通貨の値段が高くなった時点で売ることが必要です。
 
仮想通貨と日本円の取引をおこなう(ビットコインを売り買いする)際に取引所に支払う手数料が取引手数料です。仮想通貨投資で利益を出すためには、ある程度の数の取引回数は必要ですので、そこにかかる手数料は低いに越したことはないでしょう。
 
基本的に購入所の取引手数料は無料に設定されているようです。取引所では手数量がかかりますが、bitbank(ビットバンク)のように、マイナス(取引をすれば手数料が貰える)の手数料設定をしている取引所もあるようです。
 
 

ビットコイン(仮想通貨)の手数料4 : 仮想通貨送付手数料

GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 0.001BTC
bitbank(ビットバンク) 0.001BTC
bitflyer 0.004BTC

 
仮想通貨送付手数料は、送金手数料とも呼ばれ、今使っている取引所から別の取引所へ仮想通貨を送るときや、ウォレット間の通貨の移動の際にかかる手数料のことです。このお金は、送金という行為をマイニングによって正しいと証明してくれたマイナーに支払われるものです。
 
海外の取引所を利用する際などは、日本円での入金に対応していないことも多く、この送付でしか取引を開始できない場合もあります。
 
大体の取引所は送付手数料がかかりますが、GMOコインに関しては送金手数料が無料となっているため、取引自体に関しての手数料は気にしなくてもよいでしょう。
 
 

ビットコイン(仮想通貨)の手数料5 : スプレッド

取引にかかる手数料のなかでもっとも大切な要素の一つであるものがスプレッドです。スプレッドとは購入価格と売却価格の差です。これらは主に事業所との仮想通貨取引をおこなう、販売所形式の取引所でかかってくる手数料です。
 
この手数料が、もっとも仮想通貨取引にて負担となるものだと言われています。どれほどの差が取引所ごとにあるのかを、先ほどご紹介したbitbank(ビットバンク)を除く3社から比較します。
 

※スプレッドは状況によって変動していきます。

 

DMM Bitcoin

 

bitFlyer

 

GMOコイン

 
上記がそれぞれのスプレッドですが、2018年5/16時点ではこの程度の大きさになっています。bitbankに関しては、取引所形式をとっているため、スプレッドはほとんど発生しないと言われています。
 
ここで、3つの取引所すべてで「1BTC」分だけ購入し、すぐにその「1BTC」を法定通貨である円に変えた時の差額でスプレッドを測りたいと思います。
 

DMM Bitcoin ¥29,000
bitFlyer ¥21,895
GMOコイン ¥ 623

 
こうしてみると3社の違いがよくわかると思います。DMM Bitcoinは売買の値段に25,000円以上の差があります。これは1BTCを買ってすぐに売った瞬間に29,000円分を失うことを意味します。
 

続いて同じ販売所形式で運営されているGMOコインは、1BTCを買ってすぐに売ると623円損失が出ます。DMM Bitcoinに比べて非常に安価です。
 

bitFlyerは取引所と販売所と両方ありますが、ここでは販売所について考えます。bitFlyerで1BTCを買ってすぐに売ると、21,895円失います。スプレッドは広めだと言えるでしょう。以下より、それぞれの取引所の紹介をいたします。
 

安心と信頼のDMM Bitcoin

 

スプレッドの割合: 大きい

アルトコインほどではないですが、販売所はやはりスプレッドが大きく不利です。ちなみにDmm Bitcoinのスプレッド(5/16)ですが、29,000円ととても大きく開いています。1BTCを929,226円で買うことができるので、29,000円を失うということは約3%を失うことを意味します。取引ごとに約3%を取られてしまう点がデメリットではあるかもしれません。
 

メリット

DMM Bitcoinは機能やデザインが見やすかったり、ユーザー対応としてLINEを導入していたりと、初心者に優しい設計になっています。それほど取引を繰り返さず、長期的に寝かせて運用をしたいという初心者にはおすすめの取引所であると言えるでしょう。
 
そんなDMM Bitcoinで口座を開設したい方はこちら!

 
 
 

取引所も販売所も兼ね備えたbitFlyer

スプレッドの割合: 大きい

bitFlyerの販売所のスプレッドは大きいと言えるでしょう。919,174円で1BTCを購入し、すぐ売るとすると897,279円になるため、約2.3%を失います。数多く取引したい方は、bitFlyerの取引所を使うべきなのかもしれません。
 

メリット

bitFlyerは日本で最も仮想通貨の取引量が多い取引所です。取引所と販売所と両方備えているので、手数料を安く抑える取引をすることもできます。また不正ログインなどによって被害を被った人に対して補償金を支払う制度を始めており、セキュリティ対策に力を入れていることが伺えます。
 
そんなbitFlyerで口座を開設したい方はこちらから!

 
 
 

GMOコインの仮想通貨FX

 

スプレッドの割合: 小さい

GMOコインは非常にスプレッドが狭く、繰り返し取引する方にはおすすめです。さらに同じ販売所ながらGMOコインは仮想通貨FXというサービスを提供しています。そこではレバレッジがかけられる(2018年5月時点で最大10倍)のと、売り・買い両方ができるので、ちょうどFXのように上げでも下げでも利益を狙うことができます。そう言う意味では魅力的なサービスということができるでしょう。
 
デイトレードをするにはかつてのようにさらにスプレッドが小さくなって欲しいですが、普通の短期売買ならば十分に小さいスプレッドだということができます。
 
そんなGMOコインで口座を開設したい方はこちらから!

 
 

bitbank(ビットバンク)の利点

 

スプレッドの割合: 小さい

スプレッドの小ささということに関してはやはり取引所が一番です。そう言う意味ではbitbank(ビットバンク)はお勧めです。ただし取引量がそれほど多くないので、この値段で大量の注文が成立するかどうかが少し不安な点です。
 
手数料が少ないため、何度も取引を繰り返したい方にとってはおすすめだと言えるでしょう。また、bitbankは100円単位と少額からの投資が可能になっており、分散して取引をしたい方や、仮想通貨取引の勉強をし始めたい方にはおすすめです。
 
そんなbitbankで口座を開設したい方はこちらから!

 
 
 

手数料以外にも注意!

取引所の手数料に関して比較をおこないましたが、取引手数料以外にも、サーバーの強さや、取引所のセキュリティの高さなども重要です。
 
手数料が安いからといってサーバーが極端に弱い取引所や、セキュリティが弱い取引所を使用してしまうと、取引をしたいタイミングでサーバー落ちのために取引ができなかったり、ハッキングによってせっかく稼いだ儲けがなくなってしまったりすることがあります。
 
自分の納得のいく仮想通貨取引をおこなうためにも、自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。
 
 

ビットコインのチャート・注目されているポイントとは?

 
取引所の解説方法や、比較ポイントをこれまで紹介してきました。これで実際に仮想通貨取引を始めることができますが、果たして今からビットコインを購入しても儲かるのでしょうか?
 
ここからは仮想通貨ビットコインが注目されているポイントや長所短所、今後の展望についてご紹介します。
 

ビットコインのこれからは?

誰もが知っているビットコインですが、注目をあつめる理由は、仮想通貨の一番代表的な銘柄であることと、昨年の価格の上昇にあります。ビットコインの去年の上昇率は、年初の10万円から12月の最高値の240万円まで24倍にもその価格を引き上げました。
 
しかし、高騰したビットコインも、2018年初月からの仮想通貨市場の大幅な調整に合わせて暴落してしまいました。
 

 
そんなビットコインですが、チャートを見るとある程度のパターンがあることが読み取れるようです。どういったパターンが読み取れるのでしょうか?以下で紹介していきたいと思います。
 
 

ビットコインの週足(しゅうあし)

 
週足(しゅうあし)とは、価格の値動きを表すグラフのひとつで、1週間ごとの値動きを1本のローソク(始値・高値・安値・終値を示すグラフ)で表したものです。週足の場合、週の最初についた値段が始値、終値は金曜日の引け値になります。
 

ビットコインの週足ですが、昨年12月の240万円付近の高値から大幅に下降しています。今年の最安値は60万円付近なので、ほぼ4分の1にまで下げたことになります。
 
ビットコインの下げは仮想通貨全体の価格の下落と連動していて、まだ本当にもっとも低い価格になったかどうかの確認できたわけではありません。ただ、暴落の時期は過ぎたと言われていて、60万円付近が二番目に価格が落ちた地点とされており、5月現在は100万円前後まで回復しています。
 

去年末は、9月に30万円付近から8倍の上昇を見せているので、現在の水準はまだ高値にあるといえるかもしれません。ここから200万円台に復帰していくのか、それとも再び60万円まで近づいてそれを割り込んでいくのかが注目されている点です。
 
仮想通貨の価格に関する考えはさまざまあり、仮想通貨の実質の価格は現在「バブルで高く付きすぎている」という意見もあれば、「ビットコインは本来の価格の半分にもなっていない」という意見もあります。
 
直近では60万円~120万円の価格帯に収まって、しばらくその間で動くという意見が一般的なようです。
 
 

ビットコイン日足(ひあし)

 
最近の動きですが、2月初旬につけた最安値を下回らなかったことで、60万円が現時点での底値としての認識がされたようです。仮想通貨市場全体の立ち直りから、ビットコインは4月後半でしっかりと価格を戻してきたことも、再び注目されているポイントでもあるようです。
 
ただ、2月につけた120万円付近の高値を、すぐに超えてくるかは予想が難しいとされています。価格の動きはしっかりしていますが、横ばいの部分も多くあります。
 
週足を見ても去年末と年初では急激に伸びた価格が元の水準に戻り、ちょうどバブルが弾けたような状況になっています。ここから本格的な上昇をするにはまだ時間がかかると言われています。
 
 

ビットコインの価格変動パターン

 
これは仮想通貨全体に言えることですが、現在は銘柄が個別で情報やニュースによって価格が変動するというよりは、あらゆるコインが同時に価格が上昇して、同時に下落するという状況が見受けられます。
 
これは去年末に「仮想通貨は儲かる」と大量の新規ユーザーが仮想通貨をいっせいに購入し、年始の大きなニュースなどが原因で、仮想通貨が大量に売られたことが暴落したことが原因と言われています。現在も小さいながらも上昇と下落の流れが交互に訪れていています。
 
面白いことに現在のビットコインの動きは、12月の高値のあと
1月 下落 
2月 上昇 
3月 下落 
4月 上昇

 
というようにひと月ごとに交互に、下落と上昇を繰り返しています。高値から大きく調整しますが、下値に来れば将来性を見越した買いが入り、価格がすこし戻るとまた高値で売られるというパターンを繰り返しています。
 
仮想通貨全体もビットコインと同じような動きになっていて、現在はまだ価格が落ち着くための調整期間であるといえるかもしれません。
 

 
 
 

5月以降のビットコインの価格変動パターンは?

5月以降の価格変動のパターンがどうなるかということが気になる点ですが、今回の値戻りは限界で、価格の上昇は停滞してしまうという可能性が高いと予想されている方もいるようです。
 
ただ60万円付近でいったんは落ち着いてきたようなので、もし安く仮想通貨を購入したいのならば、この次に価格が下がったときが買いのチャンスになりるかもしれません。
 
 

ビットコインの長所と問題点

 
ビットコインは仮想通貨を代表している銘柄であるといえます。マイナーなアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)とは違って、人気がなくなって取引所での上場廃止(取扱廃止)になる可能性は低いと考えられます。
 
また、相場の流れに取り残され、仮想通貨市場全体が上昇しているにもかかわらず価格が下落するという可能性は低いようです。しかし、ビットコインは構造上大きな問題点を抱えているとも言われています。
 

 
 
先ほどはチャートを用いて、テクニカルにビットコインの紹介をしましたが、ここからはビットコインが持つ課題や今後の展望をそれファンダメンタルに紹介したいと思います。
 
 

ビットコインの抱える課題とは

 

実際の決済方法として普及されていない

第一に、利用可能なシーンが極めて限られているということです。これは仮想通貨全体に言えるのですが、一部のネット決済を除いては、コンビニやファミリーレストランなどで実際に利用されるのは、まだまだこれからだと言えます。また導入の噂だけはありますが、アマゾンや楽天などネットの大手の企業でもいまだにビットコイン決済は採用されていません。
 

 

 
 

普及することによって起きる「詰まり」

第二に、ビットコインに人気が高まり取引量が増えることにより、処理スピードが遅くなってしまっている点にあります。これは、ネット回線が、利用する人が増えることにより処理速度が遅くなることに似ています。これを仮想通貨領域では通貨が「詰まる」と言われます。
 
本来、仮想通貨の核となる価値であった送金速度や送金手数料は、取引量がふえたことによって提供できていない状況にあります。2018年5月時点で、ビットコインの取引所間の送金時間が数時間というのは一般的になっており。送金コストも数千円とかなり割高になってきています。
 

「詰まり」を解決するための「分裂」

仮想通貨の処理速度を解決するための方法には、さまざまありますがハードフォークと呼ばれる解決方法が2017年末に活発的におこなわれました。
 

  
 
ハードフォークとは、ビットコインの処理速度をたかめるためにブロックチェーンのサイズを増やすという方法ですが、この方法を取れば仮想通貨の取引記録を引き継ぐことができずに、新しい仮想通貨が生まれる(分裂する)ことになります。
 
仮想通貨のビットコインキャッシュやビットコインゴールドは、こういったハードフォークから生まれました。処理能力を高めるために新しい通貨にしなければいけないとういことが、さらなる普及における課題になってくるのではないかと言われています。
 
仮想通貨を分裂せずに、処理能力を高めるライトニングネットワークなどの技術が考えられていますが、まだクリアしなければならない問題が残っていて、すぐに導入できるというわけにはいかないようです。
 
以上のような理由から、ビットコインの実社会での普及はまだ一般的になっていません。2018年初からの大きな価格の下落はネガティブなニュースに加えて、このような理想と現実のギャップを反映したものだったのかもしれません。
 
しかし、ビットコインをはじめとして仮想通貨自体が極めて有望な存在であることは間違いありません。様々な問題を解決しつつ、どれだけ実社会で使われるようになるかが、価格の上昇に関して重要になると言われています。
 
 

 
 
 

ビットコインの長期的な見通しは?

2013年末上昇時

 
ビットコインは2013年にキプロスの金融危機で暴騰した歴史を持ちます。それまで5千円程度だったビットコインが2013年末になると11万円付近まで急上昇します。しかし、中国の取引所が相次いで閉鎖されたために価格は急落、長期にわたって低迷することになります。
 
2013年のケースでは翌年の2014年は一年中価格は下がり続け、ようやく底値を記録したのは2015年にはいってからでした。2015年一年間はの価格は細かい上下を繰り返し、再度上昇し始めるのは2016年からでした。
 
今回も仮想通貨市場で売りたいというトレンドが長引けば今年一年間は、あまり価格が上昇しないということもありえるます。しかし、2013年当時と比べると、仮想通貨の技術は進歩しており、世間の関心や認知度もかなり上がっています。
 
2013年末と比べると、短期間に仮想通貨の売却トレンドは終わるのではないかと予想されています。今後も仮想通貨での長期の投資を考えるのであれば、今のうちに購入しておき安全に保有しておくということも一つの方法かもしれませんね。
 
 

 
 

まとめ

 
ビットコインで長期投資を考えるのならば、最低三年間は所有するつもりで拾うべきです。2018年はもう半分近くが過ぎようとしていますが、調整が長引けば今年いっぱいもみ合いということも考えられます。しかし、将来的にはかならず仮想通貨が実社会で重要な役割を果たすようになり、新高値も超えてくるでしょう。
 
スプレッドの面ではやはり取引所が有利です。ただしGMOコインの仮想通貨FXはお勧めです。取引所では国内ではbitbank(ビットバンク)、海外ではバイナンスがお勧めです。

 
 


The following two tabs change content below.
yuki irie

yuki irie

finte編集部の入江です。大阪大学法学部を3月に卒業し、2018年4月より編集部にジョイン。大学では法学、経済学からプログラミングや物理学など様々な学問を学際的に学んでおり、現在は仮想通貨やその根本を支えるテクノロジーが大好きな社会人1年目。

関連記事