• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

仮想通貨取引所、破綻するリスクがない?分散型取引所(DEX)とは? | finte [フィンテ]

 
仮想通貨の取引所における資産の保管方法が注目を集めています。
 
コインチェックの騒動で仮想通貨取引所のウォレットで自分の資産を管理することが全て危険だと思うことは、少し大げさなところもあるかもしれませんが、取引所がハッキングをうけてしまうというリスクはどうしてもあるようです。
 
今回は破綻(Gox)する可能性が限りなく低い取引所である分散型取引所DEX)についてご紹介します。
 
 

注目を集めたコインチェック社によるネムの不正出金

 
コインチェック社が、不正な引き出しによって仮想通貨ネムを580億円相当盗まれてしまったというニュースが報道されました。
 

 
現在、コインチェックはユーザーの盗まれた仮想通貨額に対して補償をおこなうことを明示しており、あわせてネム(NEM)のチームが追尾機能(モザイク配布)実装をして盗難した相手を追っているようです。
 
一方で、記者会見などではコインチェックにおける通貨の保管方法やセキュリティー対策のレベルに関しての批判がおこなわれました。それを受けて、仮想通貨取引所の中では自社のセキュリティ情報を開示する取引所も出てきています。
 

取引所ビットバンクによる情報開示

 
 
今後仮想通貨投機をおこなうユーザーは、手数料の安さや感覚的な操作性にあわせて仮想通貨の口座に関するセキュリティに関する関心度合いをあげるべきかもしれません。
 
仮想通貨の管理方法はさまざまなありますが、今回はビットコインなどの取引所に関してハッキングなどが起こっても破綻する可能性が極めて低い、分散型取引所DEX)についてご紹介します。
 

 

 
 

取引所の利用メリットとデメリット

 
以下から改めて仮想通貨の(販売所の機能を持つ)取引所を利用することのメリットとデメリットをかんたんにご説明します。coincheckやbitFlyer、海外ではpoloniexやbittrexのような中央管理者に仮想通貨を預けて取引をおこなう取引所が中央集権型取引所と呼ばれています。
 
本来であればビットコインのような仮想通貨は、互いのウォレット(仮想通貨の保管をおこなうデータ上の財布)のアドレスを知っていれば個人間での取引が可能です。この場合には取引所などを利用する必要はありません。
 
しかし、取引する人がどこにいるかわからないと、取引することもできません。だからこそ取引所は仮想通貨を持っている人を集めて取引が可能な場を提供すると同時に、取引がおこなわれやすいように仮想通貨が欲しい人と売りたい人がオークション形式で売買ができるようにしています。
 
ユーザーのデメリットとしてあるのは、取引所に支払いする手数料を払うことによって、割高になってしまう点です。事業として、仮想通貨の取引所は手数料を仮想通貨ユーザーからとることによって利益を出しています。
 
また、販売所の機能として日本円などから仮想通貨を交換する際には、取引所からの「売りたい」「買いたい」価格があらかじめ設定されているので、個人間で取引するよりも割高になってしまいます。
 
取引所の多くは取引所が管理する仮想通貨の口座(ウォレット)があり、かんたんに仮想通貨の取引を始めることができますがセキュリティレベルを取引所に依存してしまいます。
 
大規模なハッキングなどにあった場合に自らのコインが盗まれていなくても取引所が破綻(Gox)してしまうというというリスクがあることも確かです。
 
 
 

 

 

破綻(Gox)しない取引所、分散型取引所DEXとは

 

分散型取引所DEX)とは新しい取引所の在り方として注目を集めている仮想通貨取引所です。中央集権的に管理している仮想通貨取引所に対するハッキングや、それに起因する破綻のリスクを避けるため分散的に仮想通貨を保有し安全性を担保するというものです。
 
以下より、分かりやすくイメージできるように一般的な仮想通貨取引所とあわせて分散型取引所の解説をしていきます。
 
 

従来の仮想通貨取引所の仕組み

 
国内の仮想取引所では取引所ユーザー同士が取引をおこなうプラットフォームを提供する)機関と、販売所ユーザーが取引所と仮想通貨の購入や交換をする)機関が一緒になっているところが多数あります。
 
販売所の機関を持っている仮想通貨取引所は、海外の取引所やマイニング企業などから仕入れた仮想通貨をユーザーに販売しているため、基本的に販売する仮想通貨の値段設定は取引所に依存します。
 
売りと買いの同銘柄を同じ国で購入しても、取引所が違うと値段が違うのはこのためで、売買をする際に生じる価格の差額を言スプレッドと言います。
 

ハッカーが狙う場合

仮想通貨の取引所はハッキングの被害に遭うことがしばしばあります。基本的に販売所の機能を持つ仮想通貨取引所は、個人の仮想通貨の口座(ウォレット)を取引所内で作成管理することが多く、ハッカーにとっては狙い目であるという考え方もあります。
 
取引所内に口座を持っているユーザーの仮想通貨の取引は基本的に24時間365日体制でおこなっているため、セキュリティに気をつけているものの、付け入るスキがあったとしても不思議ではありません。
 
 

 

分散型取引所DEXの仕組み

 
分散型取引所の仕組みは、その名の通り仮想通貨の保管や取引を分散しておこなうで取引所の形態で、資金の移転やセキュリティの大変さを解決するためのものです。
 
仮想通貨の取引をできるプラットフォームではあるものの、運営元がいなくても個人間同士の取引が可能で運営元がいる場合でも、個人の資産にアクセスできないようになっているそうです。
 
相対取引ができるアプリケーションのようなイメージです。
 

ハッカーが狙う場合

分散型取引所だからといって、ハッキングによる盗難被害がないわけではありません。基本的にはブロックチェーンによって取引が記録されているため個人的にウォレットを攻撃されると、出金されてしまうリスクはあります。
 
しかし、非中央集権型の仮想通貨取引所で個人の資産を管理していると、中央集権型の取引所とはちがい管理先の取引所が攻撃された際に自身で保有する資産が盗まれてしまうということは防ぐことができます。
 
改めてですが、取引所の口座(ウォレット)のセキュリティが甘く、個人で管理するウォレットであれば安全というわけではありません。個人で管理する場合のメリットは、取引所のセキュリティレベルが開示されていない場合、自分からセキュリティレベルの高いウォレットに換えることができるという点です。

 
 

分散型取引所DEXまとめ

 
分散型取引所(DEX)はどのような取引所があるのでしょうか。以下より分散型取引所をご紹介します。
 

イーサデルタ

 
仮想通貨イーサリアムが基軸通貨(取引の中心となる通貨)となるDEXがイーサデルタです。イーサリアムのプラットフォーム上で取引されるためユーザが多く比較的取引が成立しやすいそうです。
 
メリットとしては、イーサリアムベースに作成されているあまり世に出ていない仮想通貨が上場する取引所のなかで高い確率でもっとも速いことがあげられます。
 
そのため認知度が低く今後価格が高騰する可能性のある仮想通貨を安価に購入することができる可能性があります。知名度も高いため、DEXを始める人には手を出しやすいかもしれません。
 
 

オープンレジャー

デンマークのCCEDKという会社と仮想通貨BitSharesの開発陣が共同で開発したDEXです。開発している企業が存在するため、開発面に関しては企業が運営していないDEXよりも安心かもしれません。
 
あくまでウォレットは個人に紐付いているため開発企業であるCCEDKもお金を動かす権利はありません。開発に関して企業が管理しているためある程度の信頼性があり、ウォレットへの権限は個人にあるためDEXの中でもバランスが取れているかもしれません。

 
 

CryptoBridge

 
シンプルで機能的なサイトデザインに加えて登録も簡単におこなえます。日本語にもある程度対応しているため、日本人には比較的使いやすいDEXと言われていることもあります。
 
取引されている仮想通貨はモナコイン(MONA)や、ビットゼニー(ZNY)でビットコイン(BTC)などでの取引が可能です。取引所の機能しか持っていないため、交換するためのモナコイン(MONA)やビットコイン(BTC)は販売所の機能を兼ね備えてた仮想通貨取引所で購入する必要があります。
 
  

 

 

Waves Lite Client

 
仮想通貨Waves(ウェーブス)のプラットフォームとなっているDEXです。ビットコイン(BTC)はもちろんのこと、円やドルさらには為替などの金融商品も仮想通貨Waves(ウェーブス)と変換することによって、取引をすることができるそうです。
 
機能が多く、独自の仮想通貨の発行やウォレットの機能もついています。独自の仮想通貨は案内にしたがっていれば作成することが可能だそうで、実際にWaves上のプラットフォームで作成してICOをおこなった末にBittrexなどで上場(取引開始)した仮想通貨もあるそうです。
 
 

 

 

 

 

Kyber Network

  
イーサリアムを作った現在24歳の天才ヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーに入っているDEXだそうです。決済のAPI機能も備えており、ICOをおこなうためにも利用できるそうです。DEXにありがちな、手数料や取引成立までの時間を抑えるためにイーサリアムのスマートコントラクトを使用しています。
 
基本的にイーサリアムのプラットフォームを利用するICOでは基軸通貨(取引をおこなう通貨)はイーサリアム(ETH)になりますが、決済のAPI機能を利用すれば、イーサリアムのプラットフォーム上でのICOに参加する際にイーサリアム以外の仮想通貨で支払ってもKyber Networkが自動的にイーサリアムに交換し支払いをしてくれるそうです。
 

 
 

0x Project

  
ICOをおこなった後の数日でPoloniex上場が発表されたことで注目を集めた0x ProjectはDEXとは少々異なるようです。
 
基本的にイーサリアムのブロックチェーンを利用して、中央集権の管理下から逃れて破綻の心配なく取引をおこなうDEXは、まだまだ一般的ではないために、一般の中央集権型の取引所と比べると速度が遅かったり、思いの外に手数料がかかったりするようです。
 
0x Projectは、ブロックチェーン外(オフチェーン)で取引処理をおこなうために取引スピードを比較的早くおこなえるそうです。また、イーサリアムのブロックチェーン上におけるICOから生まれたERC20と呼ばれるAugur、Golem、EOS、Melonなどの通貨を手数料なしで交換できるそうです。
 
イーサリアムデルタ利用者の不満としてあげられる、操作をするたびにかかる手数料を取られることもないそうです。

 
 

分散型取引所DEXの今後

 
仮想通貨取引所への攻撃から受ける被害が多くなるにつれて、DXやウォレットへの関心は高まっていくのではないかと言われています。実際に仮想通貨取引所であるコインチェックへの不正出金によって、多くの仮想通貨を持つトレーダーの注目がウォレットなどに向いているようです。
 
しかし、現在のDXの状況は決して中央集権型の取引所で取引環境が整っている場で取引をおこなっていた仮想通貨トレーダーが満足できるレベルではないとも言われています。
 
現状のデメリットとしては以下の様なものがあげられます。
 

・現状、取引環境が整っていない
・アプリが重くて立ち上がらない
・システムが弱い
・取引が集中するとエラーが頻繁に起こる
・個人の秘密鍵情報を忘れてしまうと取り戻せない
・間違ったアドレス宛に送ってしまっても取り戻せない
・手数料が全てにおいてかかる
・保証がない
・取引量が少ない

 
 
中央集権で管理していないことがDXにおけるメリットですが、それがそのままデメリットでもあります。
 
例えば取引量が少ないなどの点において、中央集権型の取引所であれば自社の利益を求めるために広告を打ち、ユーザーを集めますが中央集権でないDEXであれば、本当にいいと思う人が増えない限りは参加者が増えません。
 
エラーなどに関しても同様で、分散型取引所では取引情報を処理する大きなサーバーというものが存在しないことが理由だそうです。
 
上記に記載しているようなデメリットは基本的には中央集権でないことから生まれているそうです。しかし、いずれは多くの人の興味を集め既存の取引の概念を更新するのではないかとも言われています。
 
実際に手数料の問題などに対しては、改善されたICOの通貨が増えるなど今後解決される見込みがあるそうです。
 
 

自由であるからこその責任が問われる

 
分散型取引所(DEX)は管理者となる存在がいないため、現在の取引所における金融庁の登録や海外の規制などのようなものからも解放され自由になるそうです。
 
しかし、同時に完全に自己責任で仮想通貨を管理しなければならないようになります。例えばパスワードなどを忘れてしまうと、中央集権の取引所であれば、お問い合わせをするなどの対応が可能ですが、DEXでは基本的には二度と取り戻すことはできなくなります。
 
そういったことを考えると、絶対的に信頼が置ける取引所があるのであれば、そこに資産を管理してもらうことを選択したいという人も多いかもしれませんね。
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
マウントゴックスに引き続き、コインチェック社の問題があり、仮想通貨を保有する人の危機管理意識と自己責任感が今後の仮想通貨領域において更に問われていくのかもしれません。
 
自分の資産を管理してもらう組織に対して、厳重なセキュリティなどを期待してしまうことはよくあることですが、責任を全て管理側が持ってくれるわけではない場合もあります。
 
資産運用をおこなう上での鉄則である自己責任でおこなうということは、全てに通じるのかもしれません。
 
 


The following two tabs change content below.
佐野 祥貴

佐野 祥貴

新卒で入社した企業の出資先であるベンチャー企業に入社1ヶ月で出向、事業の立ち上げ、Web広告の営業、広報活動などを経て、finte編集部にて活動。全くの初心者にも知見のある方にも、わかりやすく、おもしろいフィンテックとの出会いをWebを通じて届けることができればと考えています。

関連記事