• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

COUNTDOWN(カウントダウン)|多言語対応なクラウドファンディング | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
世界でも通用する事業アイディアを実現したい。そんな想いを持つ人には『COUNTDOWN』が便利かもしれません。多言語に対応している国内で唯一のクラウドファンディングサイトであり、サポートも多種多様。達成の際に商品を販売するECサイトも用意されていますという充実っぷりです。
 
 

COUNTDOWN(カウントダウン)とは?サービス概要と特徴

 
COUNTDOWN』とは国内唯一の購入型グローバルクラウドファンディングサービスです。英語などの多言語で世界中に自分の挑戦をPRし、資金調達をすることができます。チャレンジャーの挑戦は様々な人が強力にサポートしてくれるのも本サービスの特徴です。
 
計画段階でのアドバイスはもちろん、プロの法人アドバイザーの紹介を受けることもできるので、挑戦後にも大きな財産を築くことができます。達成の際には完成した商品を越境EC「ALEXCIOUS」を通じて世界に向けて販売することができるのも魅力です。
 
決済には世界中で2億人以上の人々が利用するPayPalを採用。メールアドレスだけでお金の入金ができるので、どんな場所にいてもチャレンジャーが資金を募りやすくなるように設計されています。
 
『COUNTDOWN』では主に「All or Nothing」型の方式が採用されています。チャレンジャーは初めに目標金額を設定し、資金を提供してくれた人に対して金額に応じた商品やサービスなどをリターンとして提供します。費用は目標額を達成した場合のみ発生し、集まった金額の20%を経費として支払うため、達成まで費用を負担する必要はありません。次に『COUNTDOWN』の活用方法と評判について解説していきます。
 
 

『COUNTDOWN』の活用方法、評判は?

 
では、次に『COUNTDOWN』の活用方法について解説していきます。まず、チャレンジャーの立場からみた場合、本サービスは海外市場を狙う若手のベンチャー起業家などに大変おすすめのサービスです。
 
公式サイトでも明言されている通り、審査基準は厳しいものではありますが、作るのが難しい事業の外国語ページを専任のスタッフの監修の基で作ることができるは大きなメリットです。また、達成後にはECサイトで商品の販売もできるため、販路を開拓する手間も省くことができます。
 
その他の面についても国内外のアドバイザーからのアドバイスやベンチャーキャピタルからの支援などを受けられる可能性があるため、これから事業を立ち上げたい人には資金調達以外にも、非常に便利なサービスです。最後に『COUNTDOWN』と他サービスとの違いについて解説していきます。
 
 

『COUNTDOWN』はほかのサービスと何が違うの??

 
最後に『COUNTDOWN』と他サービスとの比較を通じて本サービスの独自性について解説していきます。他サービスとの比較をした場合、国外に特化したクラウドファンディングサイトであること特徴があります。
 
事業性の資金を募るという面からみれば、利用者のより多い『CAMPFIRE』などのサイトがありますが、複数の言語に対応しているサイトは『COUNTDOWN』のみです。
 
掲載されているプロジェクト数などについても後発のクラウドファンディングに譲る面がありますが、『COUNTDOWN』では審査基準を厳しく設定しており、ある程度、洗練されたプロジェクトのみが掲載されている点も他サービスとの違いです。審査基準が厳しい分。サポートも手厚く、「試作・量産パートナー」やベンチャーキャピタルなどの紹介、商品を販売するためのECサイトの提供などを受けられる点も他にはない魅力です。
 
経営者に着目してみると、『COUNTDOWN』を運営する『アレックス株式会社』の代表取締役は元グーグルの日本法人社長を務めた辻野氏であり、特に海外市場やIT分野に強いことが分かります。決済方法についても海外で広く普及しているPayPalを取り入れるなど寄付が普及している海外の人でも使いやすい設計となっています。
 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
 
『COUNTDOWN』とは世界仲の人々から資金を募ることができるクラウドファンディングサイトです。同ジャンルの中では多言語対応している日本で唯一のサイトであり、審査基準は厳しいものの、チャレンジャーは手厚いサポートを受けることできるのが特徴です。決済には世界で2億人が利用するPayPalを利用することができるのに加え、専任のスタッフの監修の元、事業の外国語ページを作れるので、若手起業家などにおすすめのサービスです。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。