• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

資金調達を達成した61社から見る、3年間におけるフィンテックの注目度合いとは? | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
金融とテクノロジーの造語である、『FINTECH(フィンテック)』はここ最近 多くの注目を集めていると言われていますが、実際の注目度はどれほどなのでしょうか。注目度合いを測るための指標の一つに資金調達額があります。
 
今回は、フィンテックという言葉が使われ始めた2015年以降に多額の資金調達に成功した企業をご紹介。2017年11月現在までに10億円以上の資金調達を達成した企業からフィンテックへの注目度合いを見ていきます。

 

【目次】
資金調達からみる注目度
資金調達ランキング
【2015年以降】10億円以上の資金調達をした国内ITベンチャー8社
【2016年以降】10億円以上の資金調達をした国内ITベンチャー26社
【2017年以降】10億円以上の資金調達をした国内ITベンチャー27社 ※11月現在
フィンテックの注目度はさらに高まっていく?
さいごに

 
 

資金調達からみる注目度

会社経営をおこなう上で、資金繰りは重要な経営課題として取り組んでいく必要があります。特に会社規模を拡大する場合、新たな事業を展開する場合など、企業の経営者は多額の資金を調達しなければなりません。
 
資金を提供する投資家などは、事業内容や経営者に期待を持てる企業に対して投資としての資金援助をおこなうことが一般的であり、資金調達の達成額はそれだけ投資家が事業や経営者の今後にどれだけ期待しているかを示す指標になります。 直近3年間で10億円以上の資金調達をした企業をみてみましょう。

 

 

 

資金調達ランキング

直近3年間の資産調達額上位5企業

・資金調達1位:株式会社メルカリ(84億円)

・資金調達2位:キングソフト株式会社(約67億円)

資金調達3位:株式会社メタップス(43億円)

・資金調達4位:プラスワン・ マーケティング株式会社(42億円)

・資金調達5位:スマートニュース株式会社(38億円)

直近3年間のフィンテック企業資産調達額上位5企業

・資金調達1位:株式会社メタップス(43億円)

・資金調達2位:freee株式会社(35億円/2015年)

・資金調達3位:freee株式会社(33.5億円/2016年)

・資金調達4位:株式会社bitFlyer(30億円)

・資金調達5位:Tranzax株式会社(25億円)
 

3年間で多くの資金調達を成功するようになってきているフィンテック企業

フィンテックというをよく耳にするようになった2015年での資金調達額が最も高かった企業はフィンテック企業のメタップス社で43億円もの資金調達を達成しています。2015年には10億円以上資金調達した企業は8社中3社、翌16年は26社中8社と、その数は増えているようです。
 
2017年はどれほどのFintech企業がどれほどの規模の資金調達を成功させたのでしょう。資金調達の用途を含め、以下より15年から10億円以上の資金調達を達成した企業をご紹介します。

 
 

【2015年以降】10億円以上の資金調達をした国内ITベンチャー8社

 

【10億円超えの資金調達企業8社】
43億円|株式会社メタップス
35億円|freee株式会社
30億円|株式会社クラウドワークス
17億円|株式会社Ptmind
12億円|スマートニュース株式会社
10億円|Retty株式会社
10億円|株式会社マネーフォワード
10億円|株式会社フロムスクラッチ

株式会社メタップス

調達金額(日付)

43億円(2月11日)

事業概要

株式会社メタップスは、アプリの分析・集客・収益化をおこなうアプリ開発者向けプラットフォーム「metaps」を提供しています。

調達資金の使途

・人工知能の利用拡大のために必要な人材の獲得や研究開発投資
・金融領域への進出(オンライン決済に限らず、総合的な金融サービスへ)

TOPIX

・2016年までに、世界人口の10%にあたる8億人にリーチ可能なインフラに成長させていく事を目標に、プロダクトの強化を図っていく

参照

 

freee株式会社

調達金額(日付)

35億円(8月24日)

事業概要

freee株式会社はクラウド会計ソフトを提供しています。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・2013年3月より中小企業・個人事業主向けに、確定申告や会計、経理業務を自動化する「クラウド会計ソフト freee」の運営を開始
・2014年5月より「クラウド給与計算ソフト freee」の運営開始
・2015年6月より「会社設立 freee」などの運営も開始

参照

 

株式会社クラウドワークス

調達金額(日付)

30億円(6月11日)

事業概要

株式会社クラウドワークスは、クラウドソーシング事業をおこなっている企業です。

調達資金の使途

・会員数の拡大に向けた広告宣伝
・マーケティング
・人員及び体制強化
・人材育成
・国内外のクラウドソーシングサービスを含む人材関連のサービスを提供する企業などへの投資
・M&A 及び資本業務提携

TOPIX

・今回はサイバーエージェントとドイツ銀行から資金を調達している

参照

 

株式会社Ptmind

調達金額(日付)

17億円(8月10日)

事業概要

株式会社Ptmindは、サイトアナリティクスツール「Ptengine」を提供する企業です。

調達資金の使途

・Ptmindの新規事業に対して積極的な投資
・ABテストサービスの「Optimizely」といった各種プラットフォームとの提携
・人員増強

TOPIX

・「Ptengine」は、日本国内で20,000サイト以上に導入され、世界でも約100カ国での利用実績がある

参照

 

スマートニュース株式会社

調達金額(日付)

12億円(3月31日)

事業概要

スマートニュース株式会社は、ニュースアプリ「SmartNews」を提供している企業です。

調達資金の使途

・アメリカでの人材採用の強化

TOPIX

・今回は既存投資家のグリー、グロービス・キャピタル・パートナーズ、Atomico、ミクシィ、Social Venture Partnersから資金を調達

参照

 

Retty株式会社

調達金額(日付)

10億円(3月16日)

事業概要

Retty株式会社は、実名グルメサービスの「Retty」を提供している企業です。

調達資金の使途

・iPhoneアプリの大幅リニューアル

TOPIX

・今回はFidelity Growth Partners Japan、グリーベンチャー ズ(株)、及びみずほキャピタル(株)から資金を調達している

参照

 

株式会社マネーフォワード

調達金額(日付)

10億円(8月25日)

事業概要

株式会社マネーフォワードは、自動家計簿・資産管理サービスや中小企業向けのクラウドサービス「MFクラウド」を提供している企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・今回はSBIホールディングス、静岡銀行、ジャフコから資金を調達している

参照

 

株式会社フロムスクラッチ

調達金額(日付)

10億円(12月1日)

事業概要

株式会社フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「B→Dash」を提供している企業です。

調達資金の使途

・マーケティングオートメーションプラットフォーム「B→Dash」の機能強化
・人口知能分野における積極投資

TOPIX

・「B→Dash」に世界中のビジネスデータを統合・管理させ、収益を最大化
・人口知能を活用し、自動化する世界の実現を目指す

参照

 
 

【2016年以降】10億円以上の資金調達をした国内ITベンチャー26社

 

【10億円超えの資金調達企業26社】
84億円|株式会社メルカリ
42億円|プラスワン・ マーケティング株式会社
38億円|スマートニュース株式会社
37億円|株式会社ビズリーチ
33億円|freee株式会社
30億円|株式会社bitFlyer
24億円|株式会社ソラコム
20億円|ラクスル株式会社
20億円|Sansan株式会社
20億円|WHILL株式会社
17億円|QUOINE株式会社
15億円|株式会社エクスチェンジコーポレーション
15億円|ChatWork株式会社
15億円|BASE株式会社
14億円|株式会社百戦錬磨
12億円|Inagora株式会社
12億円|株式会社トレタ
11億円|GROOVE X株式会社
11億円|Retty株式会社
11億円|株式会社クリーマ
11億円|株式会社マネーフォワード
10億円|ライフロボティクス株式会社
10億円|株式会社 Kyash
10億円|株式会社ロコンド
10億円|株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)
10億円|株式会社Candee

株式会社メルカリ

調達金額(日付)

84億円(3月2日)

事業概要

株式会社メルカリは、フリマアプリを運営している企業です。

調達資金の使途

・米国を中心とするグローバル展開

TOPIX

・国内展開については子会社souzohでの新規事業による横展開やM&Aなどを含めたチームの強化、関連事業への出資などを推進する

参照

 

プラスワン・ マーケティング株式会社

調達金額(日付)

42億円(11月10日)

事業概要

プラスワン・ マーケティング株式会社は、SIMフリーキャリア「FREETEL」を提供している企業です。

調達資金の使途

・MVNO事業に積極的な投資
・モバイル製品の企画・開発・製造

TOPIX

・今回はベンチャーキャピタル及び事業会社の数社から資金を調達した

参照

 

スマートニュース株式会社

調達金額(日付)

38億円(7月8日)

事業概要

スマートニュース株式会社は、ニュースアプリ「SmartNews」を提供している企業です。

調達資金の使途

・人材採用やプロダクト開発
・マーケティングの強化

TOPIX

・日本政策投資銀行をリード投資家とする総額38億円の資金調達を実施した

参照

 

株式会社ビズリーチ

調達金額(日付)

37.3億円(3月29日)

事業概要

株式会社ビズリーチは、ダイレクト・リクルーティングや戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」などを運営している企業です。

調達資金の使途

・学生とOB/OGとをつなぐ新サービス「ビズリーチ・キャンパス」を加速させる

TOPIX

・代表取締役の南壮一郎氏の名前の南(みなみ)と調達額37.3億円の間には何かあるのでは?と盛り上がりをみせた

参照

 

freee株式会社

調達金額(日付)

約33.5億円(12月26日)

事業概要

freee株式会社はクラウド会計ソフトを提供しています。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・今回は、未来創生ファンド、DCM Ventures、SBIインベストメント、Salesforce Ventures、日商エレクトロニクス、日本生命保険相互会社、Japan Co-Investのファンドおよび事業会社から資金を調達した

参照

 

株式会社bitFlyer

調達金額(日付)

30億円(4月26日)

事業概要

株式会社bitFlyerは、国内最大手の仮想通貨取引所を運営している企業です。

調達資金の使途

・海外展開と国内サービスの拡充

TOPIX

・仮想通貨およびブロックチェーン関連企業としては日本最大
・ビットコイン取引所運営企業として米Coinbaseに次いで世界2位の資本金となる

参照

 

株式会社ソラコム

調達金額(日付)

24億円(5月11日)

事業概要

株式会社ソラコムは、モバイル通信をクラウド化するIoT通信プラットフォーム「ソラコム」を提供している企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・今回はWorld Innovation Lab、Infinity Venture Partnersから資金を調達した

参照

 

ラクスル株式会社

調達金額(日付)

20.5億(8月4日)

事業概要

ラクスル株式会社は、オンライン印刷サービスを運営している企業です。

調達資金の使途

・事業強化

TOPIX

・今回は、フィデリティ投信の運用する複数ファンド、日本政策投資銀行(いずれも新規株主)のほか、オプト、グローバル・ブレイン、GMOベンチャーパートナーズ、Global Catalyst Partners(いずれも既存株主)から資金を調達した

参照

 

Sansan株式会社

調達金額(日付)

約20億円(1月12日)

事業概要

Sansan株式会社は、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」、個人向けの無料名刺管理サービス「Eight」を提供している企業です。

調達資金の使途

・プロダクト開発
・国際ビジネス成長の加速

TOPIX

・今回は、DCM、日本経済新聞デジタルメディア、産業革新機構、環境エネルギー投資、GMO VenturePartnersなどから資金を調達した

参照

 

WHILL株式会社

調達金額(日付)

20億円弱(5月31日)

事業概要

WHILL株式会社は、ハードウェア「次世代パーソナルモビリティ」の開発を手がけている企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・今後は、電動車椅子に留まらず、WHILLが掲げる「次世代パーソナルモビリティ」の普及を目指し、新たにシェアリング事業なども手掛けていく

参照

 

QUOINE株式会社

調達金額(日付)

約17億円(6月20日)

事業概要

QUOINE株式会社は、仮想通貨の取引所を運営している企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・今後、日本を含むアジア市場でビットコイン取引所の市場1位を狙う
・日本の仮想通貨法(改正資金決済法)成立を受け、複数の金融サービス事業者向けに同社の仮想通貨取引エンジンをOEM提供するB2Bの事業にも本腰を入れていく

参照

 

株式会社エクスチェンジコーポレーション

調達金額(日付)

約15.8億(7月27日)

事業概要

株式会社エクスチェンジコーポレーションは、クレジットサービス「Paidy」を提供している企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・Paidyの加盟店は既に国内60万店舗以上
・アディダスやリーボック、DEAN&DELUCA、Stores.jp、SHOPLISTなど、ファッションやスポーツウェア、コスメなどのブランド商品を扱う加盟店が増えている

参照

 

ChatWork株式会社

調達金額(日付)

15億円(1月20日)

事業概要

ChatWork株式会社は、ビジネス向けのチャットアプリ「ChatWork」を提供している企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・会社の指針に「売上目標に固執しない」「会社規模を追求しない」「株式公開しない」というものもあったが、CEOの山本敏行氏がシリコンバレーへ行ったことがきっかけで資金調達をするに至った

参照

 

BASE株式会社

調達金額(日付)

15億円(10月13日)

事業概要

BASE株式会社は、コマースプラットフォームを提供してる企業です。

調達資金の使途

・コマースプラットフォーム「BASE」および決済プラットフォームの「PAY.JP」の事業拡大
・人員拡大

TOPIX

・今回は、SBI インベストメント、SMBC ベ ンチャーキャピタル、サンエイトインベストメントから資金調達した

参照

 

株式会社百戦錬磨

調達金額(日付)

14億円(4月21日)

事業概要

株式会社百戦錬磨は、民泊仲介サービス「STAY JAPAN」を運営している企業です。

調達資金の使途

・経営基盤強化
・訪日外国人旅行者を中心としたサービス利用者の拡大に向けた事業拡充(グループ会社を通じて運営する民泊仲介サービス、STAY JAPAN、とまりーなの海外向けマーケティングや運営サイトの多言語対応等)

TOPIX

・今回は、AID Partners Capital Holdings Limited、株式会社海外需要開拓支援機構、京王電鉄株式会社等から資金調達した

参照

 

Inagora株式会社

調達金額(日付)

約12億円(5月25日)

事業概要

Inagora株式会社は中国向け越境 ECプラット フォーム「Wonderfull Platform」を提供している企業です。

調達資金の使途

・中国におけるマーケティング強化

TOPIX

・良質な日本製商品を提供し続けることで、日中間No.1の越境ECプラットフォームとなることを目指していく

参照

 

株式会社トレタ

調達金額(日付)

約12億円(5月25日)

事業概要

株式会社トレタは、予約台帳サービスを運営している企業です。

調達資金の使途

・開発体制の増強
・営業・サポート・マーケティング体制の強化

TOPIX

・レストランの集客から経営改善までのプラットフォームを思想として持っているため、グルメ媒体に関わらず、フード系IT業界には多種多様なサービス事業者の買収という選択肢もある

参照

 

GROOVE X株式会社

調達金額(日付)

11億円強(10月4日

事業概要

GROOVE X株式会社は、新世代の家庭用ロボットを開発中をおこなっている企業です。

調達資金の使途

・2019年に発売を予定している新世代家庭用ロボットのプロトタイプ機の開発
・開発環境の拡充
・エンジニアの採用

TOPIX

・2019年の発売を目指して開発を進めている

参照

 

Retty株式会社

調達金額(日付)

11億円(7月28日)

事業概要

Retty株式会社は、実名グルメサービスの「Retty」を提供している企業です。

調達資金の使途

・海外版サービスの開発
・レストラン向けのダッシュボード機能の開発強化
・グローバル展開に対応可能なインフラ整備のためのエンジニア採用

TOPIX

・今回はWiL (World Innovation Lab)がリードし、朝日放送の CVC である ABC ドリームベンチャーズと Eight Roads Ventures Japanから資金を調達している

参照

 

株式会社クリーマ

調達金額(日付)

約11億円(5月25日)

事業概要

株式会社クリーマは、ハンドメイドマーケットプレイスを運営している企業です。

調達資金の使途

・採用・開発・マーケティングの強化
・新規事業や海外展開などのあらゆる施策

TOPIX

・クリーマは前年比で約450%拡大と国内ナンバーワンの成長を遂げており、日本のハンドメイドマーケットプレイス市場を牽引している

参照

 

株式会社マネーフォワード

調達金額(日付)

11億円(10月5日)

事業概要

株式会社マネーフォワードは、自動家計簿・資産管理サービスや中小企業向けのクラウドサービス「MFクラウド」を提供している企業です。

調達資金の使途

・みずほFGと更なる新サービスの共同開発
・三越伊勢丹HDとサービスの連携による相互送客などを検討

TOPIX

・今回はみずほキャピタル、三越伊勢丹イノベーションズから資金を調達している

参照

 

ライフロボティクス株式会社

調達金額(日付)

10億円(11月21日)

事業概要

ライフロボティクス株式会社は、人の動きを簡単にティーチングできる協働ロボット「CORO」を開発している企業です。

調達資金の使途

・「CORO(コロ)」の量産販売体制とアフターフォローの強化

TOPIX

・トヨタ自動車、オムロン、吉野家、レストラン大手のロイヤルなどへの販売が進んでいる

参照

 

株式会社 Kyash

調達金額(日付)

10億円(12月14日)

事業概要

株式会社Kyashは、送金・決済システムを開発・提供している企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・今回は、JAFCO、三井住友フィナンシャルグループ、伊藤忠商事、電通デジタル・ホールディングス、みずほフィナンシャルグループから資金を調達した

参照

 

株式会社ロコンド

調達金額(日付)

10億円(5月28日)

事業概要

株式会社ロコンドは、靴を中心にアパレルやコスメを取り扱う ECサイトを運営している企業です。

調達資金の使途

・商材の調達や人材確保
・システム開発
・倉庫の拡大
・プロモーション

TOPIX

・今回は、アルペンから資金を調達した

参照

 

株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)

調達金額(日付)

10億円(7月25日)

事業概要

株式会社One Tap Buyは、スマートフォン特化のネット証券企業です。

調達資金の使途

・ソフトバンク社とのサービス連携

TOPIX

・今回は、ソフトバンクから資金を調達した

参照

 

株式会社Candee

調達金額(日付)

約10億円(12月22日)

事業概要

株式会社Candeeは、モバイル動画 コンテンツの企画・制作をおこなっている企業です。

調達資金の使途

・新たな動画コンテンツ・フォーマット開発及びサービスの構築
・サービス認知拡大へ向けたマーケティングへの投資

TOPIX

・今回は、YJ2号投資事業組合、TBSイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合、株式会社gumiから資金を調達した

参照

 

【2017年以降】10億円以上の資金調達をした国内ITベンチャー27社 ※11月現在

 

【10億円超えの資金調達企業27社】
67億円|キングソフト株式会社
32億円|株式会社フロムスクラッチ
30億円|dely株式会社
30億円|プラスワン・マーケティング株式会社
30億円|ミツフジ株式会社
25億円|セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社
25億円|株式会社エボラブルアジア
25億円|Tranzax株式会社
20億円|株式会社FiNC
18億円|株式会社FOLIO
16億円|株式会社フローディア
16億円|テックビューロ株式会社
15億円|株式会社One Tap BUY
15億円|株式会社ZMP
15億円|株式会社オープンエイト
13億円|AdAsia Holdings Pte. Ltd.
13億円|株式会社Cogent Labs
13億円|リノベる株式会社
11億円|株式会社パネイル
10億円|マネーツリー株式会社
10億円|株式会社みんれび
10億円|株式会社スマートドライブ
10億円|株式会社シーディーアイ
10億円|株式会社GROUND株式会社
10億円|スターフェスティバル株式会社
10億円|ワンダープラネット株式会社
10億円|WAmazing株式会社

キングソフト株式会社

調達金額(日付)

約67億円(5月2日)

事業概要

キングソフト株式会社は、ライブ動画配信アプリ「Live.me(ライブミー)」を提供してい企業です。

調達資金の使途

・日本を含むグローバル市場において「Live.me」のマーケティング活動

TOPIX

・「ライブ動画配信」という新しいソーシャルネットワーキングの文化が日本に根付く未来の実現を目指す

参照

 

株式会社フロムスクラッチ

調達金額(日付)

約32億円(5月16日)

事業概要

株式会社フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「B→Dash」を提供している企業です。

調達資金の使途

・「B→Dash」の開発力強化

TOPIX

・今回は、Draper Nexus Venture Partnersをはじめ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズや電通デジタル・ホールディングス、グローバルブレイン、日本ベンチャーキャピタルらから資金を調達した

参照

 

dely株式会社

調達金額(日付)

30億円(3月27日)

事業概要

dely株式会社は、料理のレシピ動画を配信する「KURASHIRU」を運営している企業です。

調達資金の使途

・事業拡大のための展開費
・レシピ動画サービス周辺事業のM&A費用
・新規事業創出費

TOPIX

・長期的にはグローバル展開も考え、国内レシピ動画市場の開拓と併せて推進していく

参照

 

プラスワン・マーケティング株式会社

調達金額(日付)

30億円(3月28日)

事業概要

プラスワン・ マーケティング株式会社は、SIMフリーキャリア「FREETEL」を提供している企業です。

調達資金の使途

・プラスワン・グローバル株式会社という子会社を設立
・通信サービスを含めた海外事業展開に踏み切る

TOPIX

・海外事業について、総務省の官民ファンド「海外通信・放送・郵便事業支援機構」による支援対象事業として総務大臣の認可を受けた

参照

 

ミツフジ株式会社

調達金額(日付)

30億円(7月31日)

事業概要

ミツフジ株式会社は、ウェアラブルIOTブランドである心拍や呼吸数を図るタンクトップ「hamon(R)」を展開している企業です。

調達資金の使途

・各分野に適したウェアの形態、アプリ、自社クラウドの開発を推進し、販売拡大と機能強化

TOPIX

・今回は、カジナイロン株式会社、株式会社電通、前田建設工業株式会社、株式会社南都銀行、京銀輝く未来応援ファンド投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル株式会社ほか数社から資金を調達した

参照

 

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社

調達金額(日付)

25億円(6月15日)

事業概要

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社は、人工知能を搭載した自動で最適な衣類の折りたたみをおこなうロボット「laundroid (ランドロイド )」を開発・提供している企業です。

調達資金の使途

・既存3事業の販路拡大
・グローバル展開

TOPIX

・今回は、コールバーグ・クラ ビス・ロバーツ(KKR)創始者のヘンリー・クラビス氏とジョージ・ロバーツ氏らの個人投資家及び、復星国際、鈴与株式会社、株式会社滋賀 銀行、大和企業投資株式会社から資金を調達した

参照

 

株式会社エボラブルアジア

調達金額(日付)

25億円(1月12日)

事業概要

株式会社エボラブルアジアは、訪日旅行事業やオンライン旅行事業、オフショア開発事業を軸に展開している企業です。

調達資金の使途

・マス広告を含む広告宣伝費
・既存事業とシナジーのある会社のM&A
・自社運営サイトに関わるシステム投資

TOPIX

・今回は、銀行11行から資金を調達した

参照

 

Tranzax株式会社

調達金額(日付)

25億円(7月31日)

事業概要

Tranzax株式会社は、電子記録債権を活用したサービス開発などを行うFintech企業です。

調達資金の使途

・事業強化

TOPIX

・今回は、株式会社電通、株式会社幻冬舎グループ3社から資金を調達した

参照

 

株式会社FiNC

調達金額(日付)

20億円(1月13日)

事業概要

株式会社FiNCは、コーチング方式のダイエットサービスである「FiNCダイエット家庭教師」や、法人向けのサービス「FiNC for Business」などを手がけるデジタルヘルスベンチャー企業です。

調達資金の使途

・人工知能(AI)領域のさらなる投資
・ウェルネス・ヘルスケアプラットフォームを強化するための事業拡大
・マーケティングやプロモーション活動

TOPIX

・今回は、カゴメ株式会社、第一生命保険株式会社、トヨタ自動車株式会社・株式会社三井住友銀行を主要投資家とする未来創生ファンド、明治安田生命保険相互会社、ロート製薬株式会社および限られた有力個人投資家から資金を調達した

参照

 

株式会社FOLIO

調達金額(日付)

18億円(2月1日)

事業概要

株式会社FOLIOは、独自の投資運用プラットフォームを開発している企業です。

調達資金の使途

・リリースに向けたプロダクト開発の促進
・プロモーション活動
・人材採用費

TOPIX

・今回は、ジャフコ、マネックスベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、Rakuten FinTech Fundに加え、既存投資家のDCM Ventures、Draper Nexusから資金を調達した

参照

 

株式会社フローディア

調達金額(日付)

16億円(7月5日)

事業概要

株式会社フローディアは、不揮発メモリーのIPライセンス事業をおこなっている企業です。

調達資金の使途

・今後の事業展開

TOPIX

・今回は、国内外の主要投資グループ、並びに事業会社から資金を調達した

参照

 

テックビューロ株式会社

調達金額(日付)

16億円(9月7日)

事業概要

テックビューロ株式会社は、ICOソリューション「COMSA」、ビットコイン取引所「Zaif」、及びブロックチェーン製品「mijin」を提供している企業です。

調達資金の使途

・経営基盤の拡充と人員の増強
・「Zaif」取引所のインフラとサービスの拡充
・「mijin」クラウド型BaaSサービス「CloudChain(クラウドチェーン)」の整備
・世界における「mijin」ライセンスとクラウドチェーンの販売体制の拡充
・米国拠点の拡大と、欧州、アジア拠点の設置
・新規事業投資とM&A

TOPIX

・今回は、ジャフコの運用する投資事業組合、インフォテリアから資金を調達した

参照

 

株式会社One Tap BUY

調達金額(日付)

15億円(2月14日)

事業概要

株式会社One Tap Buyは、スマートフォン特化のネット証券企業です。

調達資金の使途

・新サービスに向けたシステム開発
・One Tap BUYの認知拡大へ向けたマーケティング活動

TOPIX

・今回は、みずほ証券株式会社、みずほキャピタル株式会社、モバイル・インターネットキャピタル株式会社、ソフトバンク株式会社から資金を調達した

参照

 

株式会社ZMP

調達金額(日付)

15億円(6月26日)

事業概要

株式会社ZMPは、自動運転技術と各種ロボットを開発している企業です。

調達資金の使途

・ZMPの提供するADAS(先進運転支援)、自動運転技術開発用プラットフォームや自動車向けの自動運転開発支援などのソリューションの開発、販売

TOPIX

・今後はコアとなる技術開発を進めるとともに、そうした技術を他の産業に水平展開することに注力していく

参照

 

株式会社オープンエイト

調達金額(日付)

15億円(7月8日)

事業概要

株式会社オープンエイトは、女性向けの動画広告サービス「VIDEO TAP」やおでかけ動画メディアの「ルトロン」などを運営している企業です。

調達資金の使途

・事業強化

TOPIX

・今回は、株式会社ジャフコ、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズから資金を調達した

参照

 

AdAsia Holdings Pte. Ltd.

調達金額(日付)

約13億4,000億円(4月5日)

事業概要

AdAsia Holdings Pte. Ltd.は、東南アジアを中心とした海外を拠点としている広告テクノロジーの企業です。

調達資金の使途

・東南アジアから東アジア(日本及び韓国)への市場展開

TOPIX

・アジアのネット広告ベンチャーのシリーズAラウンドとしては史上最大規模

参照

 

株式会社Cogent Labs

調達金額(日付)

13億円(2月28日)

事業概要

株式会社Cogent Labsは、手書きの書面も人工知能でデータ化できる「Tegaki」を開発している企業です。

調達資金の使途

・組織体制の強化 (リサーチ・エンジニア人材の獲得)
・次世代で通用する人工知能の研究及び開発
・Tegakiのサービス開発費用

TOPIX

・今回は、SBIインベストメント株式会社、トッパン・フォームズ株式会社から資金を調達した

参照

 

リノベる株式会社

調達金額(日付)

13億円(4月4日)

事業概要

リノベる株式会社は、リノベーションのプラットフォームを運営している企業です。

調達資金の使途

・システム開発
・人材採用

TOPIX

・今回は、三井物産から資金を調達した

参照

 

株式会社パネイル

調達金額(日付)

11億8,000万円(2月28日)

事業概要

株式会社パネイルは、人工知能を搭載した電力小売供給基幹システム「Odin(オーディン)」を提供している企業です。

調達資金の使途

・「Odin」のサービス向上、機能強化

TOPIX

・今回は、インキュベイトファンド、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、大和企業投資株式会社、株式会社DGインキュベーション、株式会社ドーガン・ベータ、株式会社広島ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル株式会社、YJキャピタル株式会社から資金を調達した

参照

 

マネーツリー株式会社

調達金額(日付)

10億円(3月21日)

事業概要

マネーツリー株式会社は、複数の銀行口座等の一括管理ができるサービス「Moneytree」の開発及び提供をおこなう企業です。

調達資金の使途

・B2Cサービスの機能向上
・データ集約サービス「MT LINK」の事業拡大費と組織力強化

TOPIX

・今回は、 SBI インベストメントで、みずほキャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、セールスフォースベンチャーズ、ふくおかテクノロジーパートナーズ、広島ベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタル、Baillie Giffordから資金を調達した

参照

 

株式会社みんれび

調達金額(日付)

10億円(4月3日)

事業概要

株式会社みんれびは、葬儀業のレビューや仲介サービスを提供している企業です。

調達資金の使途

・新サービス開発
・マーケティングと各サービスを拡充するための人員拡大
・現行サービスの事業拡大

TOPIX

・今回は、グロービス・キャピタル・パートナーズ、Spiral Ventures Japan、みずほキャピタルから資金を調達した

参照

 

株式会社スマートドライブ

調達金額(日付)

10億円(4月5日)

事業概要

株式会社スマートドライブは、車載デバイスとスマートフォンアプリで「車ログ」を管理できる「スマートドライブ」の開発、提供をしている企業です。

調達資金の使途

・ドライブレコーダーの開発
・ビッグデータ解析・分析に強い技術者の増強

TOPIX

・今回は、複数の事業会社および既存株主の産業革新機構、その他銀行系VCから資金を調達した

参照

 

株式会社シーディーアイ

調達金額(日付)

10億円(4月14日)

事業概要

株式会社シーディーアイは、AI(人工知能)を利用して要介護者に合ったケアプランの提供を目指している企業です。

調達資金の使途

・AIケアプランの開発
・自社サービスのマーケティング活動

TOPIX

・株式会社シーディーアイは、産業革新機構と訪問介護サービスなどを提供するセントケアHDの共同出資により設立された

参照

 

GROUND株式会社

調達金額(日付)

10億円(6月27日)

事業概要

GROUND株式会社は、クラウド型物流プラットフォーム「Intelligent Logistics」を開発している企業です。

調達資金の使途

・-

TOPIX

・今回は、大和ハウス工業株式会社から資金を調達した

参照

 

スターフェスティバル株式会社

調達金額(日付)

10億円(7月24日)

事業概要

スターフェスティバル株式会社は、法人・団体向けのお弁当宅配やケータリングサービス「ごちクル」などを運営している企業です。

調達資金の使途

・既存サービスの拡充
・新サービスの拡充

TOPIX

・新サービス、ミールキット宅配サービス「ごちレピ」を開始する

参照

 

ワンダープラネット株式会社

調達金額(日付)

10億円(7月31日)

事業概要

ワンダープラネット株式会社は、クラッシュフィーバーなどのスマートデバイス向けのゲーム開発をおこなっている企業です。

調達資金の使途

・『クラッシュフィーバー』の更なる運営強化・注力配信エリア拡大
・開発中の「超大型版権ゲーム」等の新規タイトル開発体制の増強

TOPIX

・今回は、Eight Roads Ventures Japanから資金を調達した

参照

 

WAmazing株式会社

調達金額(日付)

10億円(9月7日)

事業概要

WAmazing株式会社は、訪日外国人旅行者に対して、無料のSIMカードを付与することにより、日本の魅力的な観光情報をWAmazingアプリで配信する事業をおこなっている企業です。

調達資金の使途

・さらなるサービス拡大のための開発
・人材確保

TOPIX

・今後もWAmazingは事業展開を一層加速させていくと共に、日本の観光産業の発展を目指していく

参照

 
 

フィンテックの注目度はさらに高まっていく?

 
2017年11月現在、10億円以上の資金調達をおこなった企業は27社あり、そのなかの5社がFintech(フィンテック)企業でした。2017年のフィンテック企業が調達した資金の合計は94億円で、一社あたりの調達額は16年の平均17,6億円より4,000万円高い18億です
 
今年度も終わりに近づいていますが、金融とテクノロジーで消費者のお金に関することを、より便利にかんたんにするサービスであるフィンテックは、今後もさらに注目を浴びていくだろうと予想されます。
 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
 
フィンテック企業への注目度合いを測る方法としては、資金調達額を見てみる、ネットで検索された数を比較してみるなど様々ありますが、その多くで高い注目度を感じることができます。
 
多くの人が注目しているフィンテック、今後も情報をみなさまへお伝えしていきますので、是非御覧ください!
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事