• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

Segwit2x速報|危機は本当に去ったの?ハードフォークの延期報道まとめ | finte [フィンテ]

     
    こんにちは!finte編集部です。
     
    今朝Segwit2xが中止されるという報道が発表されました。bitcoin(ビットコイン)の価格が大きく下がる可能性のあったSegwit2xが中止されたことで、多くのビットコイントレーダーが胸を撫で下ろしたそうです。
     
    しかし、bitcoin(ビットコイン)の価値下落の危機は一時的に去っただけで「いずれまた来る」と言われています。Segwit2xの延期の理由や、世論をまとめてみました。
     

     

    Segwit2xの中止報道

     
    bitcoin(ビットコイン)のセキュリティ会社「BitGo, Inc.」のCEOであるマイク・ベルシェ氏によって、ハードフォーク中止の決定が発表されました。日本語訳の引用は下記のとおりです。
     

    Segwit2xの取り組みはブロックサイズを増やし、Bitcoinのスケーラビリティを向上させるという簡単な目的で5月に開始されました。当時、ビットコインコミュニティは3年近くの激しい議論の末に危機に瀕していました。
     
    Segwitはマイナーの間で30%のサポートしか得られず、それは遠い蜃気楼のようでした。Segwit2xは8月に最初の成功を見せ、アクティブ化が成功しました。
     
    その当時から、チームは2MBのブロックサイズの増加というプロジェクトのフェーズ2にその努力を移しました。私たちの目標は常にビットコインの円滑なアップグレードでした。ブロックサイズを大きくする必要性を強く信じていますが、コミュニティを一緒に維持することがさらに重要と考えています。
     
    残念ながら、この時点でクリーンなブロックサイズのアップグレードに十分なコンセンサスを構築していないことは明らかです。現在の経路を継続することでコミュニティが分割され、ビットコインの成長が後退する可能性があります。これは決してSegwit2xの目標ではありません。
     
    ブロックチェーンの手数料が上昇するにつれて、ブロックサイズの増加が必要であることが最終的に明らかになると考えています。それが起こるとコミュニティが集まり、おそらくブロックサイズの増加を伴う解決策を見つけることを願っています。
     
    それまでは今後2MBのアップグレードを計画しています。Segwit2xに建設的に貢献した皆さんに感謝したいと思います。あなた達の努力はビットコインをすばらしくするものです。ビットコインは今まで見た人類の中で最高の金銭形態であり、私たちは世界中でその成長を守り育てることに専念しています。
     

     
     

    Segwit2xが中止された理由と、今後のハードフォークの動き

    Segwit2xが中止された理由には十分なコンセンサス(意見の一致)が得られなかったためと書かれていますが、一旦ハードフォークが中断しただけであり、今後再び動き出す可能性は極めて高いと考えられているようです。
     
    なぜなら、bitcoin(ビットコイン)が分裂する(ハードフォークする)以外は、今回問題となっていたbitcoin(ビットコイン)の取引スピードを速くする方法はないと言われているからです。何があってもすぐに対応ができるように、ハードフォークについての知識も深めておいた方が良さそうですね。
     

    要点
    ・コンセンサス(意見の一致)が得られると、ハードフォーク(分裂)が再開される可能性がある
    ・bitcoin(ビットコイン)の送金スピードが遅いという問題は解決していない
    ・ハードフォークが延期されただけで、近い将来にまた問題になる

     

     
     

    Segwit2x中止に対する世論

     

    Segwit2Xの中止は11/4には確定していた?

     
    11月4日に、BT2が先物取引(値上がりしそうなものを予測し、権利を先に買う取引)がされていた仮想通貨取引所では、1BT2(B2X)の価格が、0.17BTCから0.125まで急落したそうです。
     
    ハードフォーク後に価格が急騰すると見越して販売されていたBT2(B2X)の価格が急落するのは、その時点でハードフォークの中止が決まっていたのではないかと言われています。
     
     

    bitcoin(ビットコイン)の価格は誰かが操作している?

     

     

    Segwit2Xは完全になくなったわけではない

     

     

     

     
     

    Segwit2Xが廃止されるも価格が上がり続けるビットコイン

     

     

    Segwit2Xの中止報道後は、ビットコインの価格は急落も急騰もすることなく約84万円という価格を保っています。今後の価格変動がどうなるのか、全く予想がつかなくなってきたbitcoin(ビットコイン)。このままいけば年内100万円の価格がつくことも夢ではないかもしれませんね。
     
     

    まとめ

    いかかでしたでしょうか。
     
    Segwit2xが中止された報道がされたからといって、今後Segwit2xが再開されないという保証はどこにもありません。もしかすると、明日ハードフォークが再開される可能性もあり、まだまだ油断はできないようです。今後もbitcoin(ビットコイン)の動きに注目しておかないといけないですね。
     
     


    The following two tabs change content below.
    野中美優

    野中美優

    関西の女子大学生。タイ、フィリピンでの海外インターンを経て、現在finte編集部にて活動中。『フィンテックをより身近に』というテーマのもと、大学生視点から、初心者にもわかりやすく情報を発信していきます。

関連記事