• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

ビットコインキャッシュ(BCH)暴騰!価格上昇に潜むビットコイン(BTC)の影とは?

 
こんにちは!finte編集部です。
 
ここ数日間、ビットコイン(BTC)と、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格の変動が世間を騒がせています。ビットコインの価格は、この一週間で約85万円から約63万円(11月13日時点)まで暴落し、ビットコインキャッシュはこの3日間で、約7万円から一時期は30万円まで暴騰し、現在は約14万円(11月13日時点)の値をつけています。
 
さらに「ビットコイン(BTC)ではなく、ビットコインキャッシュ(BCH)が本来のビットコインである」とまで、一部で言われているほどです。あまりの大きな動きにこの数日間で起こった、両者の価格変動についていけず全く何が起こっているのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、ビットコインのハードフォークであるSegwit2xが延期されてビットコインの価格が下がっていく一方で、ビットコインキャッシュの価格が上がったという状況の裏側には、どのようなことが起きているのかについて調査してみました。

 
 

最近のビットコインキャッシュ(BCH)に起きている出来事の時系列まとめ

先日ビットコインの危機ともされていたSegwit2xが延期されました。Segwit2xでは、ビットコインの送金や取引にかかるスピードが遅いという問題(スケーラビリティ問題)を解決するためにハードフォークがおこなわれる予定でした。
 
しかしSegwit2x後に起きると予想されていた悪い事態に対しての対処がされていなかったり、ハードフォークに対して十分な同意を得ることができなかったため、結果として延期されることが決まりました。
 
延期はされたものの課題は解決されておらず、多くの人が利用するビットコインでは特に送金スピードの遅さが目立つようになっています。

 

 

ビットコインの送金スピード問題についての世論

 

 
 

②BTCの送金スピードは遅く手数料も高いので、マイナーのBCHへの関心が高まった

Segwit2xは延期されましたが、ビットコインの送金スピードの問題や取引スピードの問題(スケーラビリティ問題)は解決していません。そして多くの人がビットコインを利用することで、送金のスピードの遅さ、手数料の高さなどより事態は深刻になっているようです。
 
そこで、すでに送金スピードなどの処理速度の問題が解決されているBCHへの関心が高まったようです。

 
 

送金スピードの問題に対しての世論

マイナーは、どちらのコインの方が使い勝手がいいという判断でマイニングしているのではなくて、ただマイニングすると儲かる方へ移動しているようです。
 
 

③BTCからBCHにマイナーが流れ、BCHの価格が暴騰した

大手マイニングプール(マイニングをおこなう集団)からも、ビットコインキャッシュのマイニングを支持するという意見も出されていたため、よりマイニングによる収益が多く見込まれたビットコインキャッシュへマイナーが流れたようです。
 
多くのマイナーが集まるビットコインキャッシュに注目する人が増えて、一気にビットコインキャッシュの値が高騰したと見られています。
 
ビットコインからビットコインキャッシュへマイナーが移動し、ビットコインをマイニングする人が減ったため、一時的にビットコインの価格が暴落したようです。ビットコイン保有者も、ビットコインキャッシュに移動したことでビットコインキャッシュの価格が上がったと言われています。

 
 

マイナーのBTCからBCHへの移動についての世論

 

 
 

④BCHのマイニングに難易度調整が入り、BCH価格が暴落した

急激にマイナーが集まったビットコインキャッシュは、マイニングの難易度調整がおこなわれマイナーの利益率はビットコインの半分以下となりました。難易度調整が入ったことで、現在はビットコインをマイニングした方がビットコインキャッシュをマイニングするよりも、約2.5倍以上効率が良い状態となっているようです。
 

BCHのマイニング難易度調整に関する世論

 

 
 

⑤マイナーがBCHからBTCに戻り、BCHの価格が下がっている ◀イマココ!!

ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングに難易度調整が入ったため、ビットコインキャッシュのマイニングの効率が急激に悪くなりました。
 
ビットコイン(BTC)のマイニングで得られる収益が少ないとはいえ、調整が入ったビットコインキャッシュよりも、ビットコインのマイニングの効率の方が高いためマイナーは、ビットコインキャッシュからビットコインへと戻ったと言われています。

 

BCHの価格が下がり続けていることに対しての世論

 

 
 

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後予想されている変動とは

明日(14日午前4時~6 時時点※日本時間)に予定されているビットコインキャッシュのハードフォークで、ビットコインとビットコインキャッシュがどうなるのかについて注目を集めています。ビットコインキャッシュは、ビットコインの欠点部分を補ったコインとして誕生しましたが、実際にはマイナーが集まらなかったことで取引スピードも遅くなり、保有する人も増えないという問題がありました。
 
それでは今回のビットコインキャッシュのハードフォークがおこなわれる目的と、ビットコインキャッシュのハードフォーク後に予想される価格変動についてまとめます。
 

なぜビットコインキャッシュのハードフォークがおこなわれる?

ビットコインキャッシュは「マイニング難易度のアルゴリズムを修正することを目的」としてハードフォークがおこなわれる予定です。ここ最近で注目を集めていたビットコインのハードフォークのような分裂を起こすわけではなく、ビットコインキャッシュの中にある、マイニングに関するシステムがアップグレードされるといったイメージだそうです。
 

ビットコインのマイニングよりもビットコインキャッシュのマイニング効率がいいと判断された場合だけマイナーが集まる現状があったため、ビットコインキャッシュは安定したマイニングがおこなわれていなかったそうです。
 
今回のビットコインキャッシュのハードフォークでは、以前からビットコインキャッシュの課題であった「マイニングを行うマイナー不足による取引処理の遅さ」を解決されるようです。
 
それではビットコインキャッシュのハードフォーク後に予想されているビットコインキャッシュの動向についての世論を取り上げます。

 
 

ビットコインキャッシュのハードフォーク後に考えられる可能性

新しく誕生するビットコインキャッシュクラシックにマイナーが移動する可能性がある

新しく誕生する可能性があると言われている「ビットコインキャッシュクラシック」にマイナーが移動し、ビットコインキャッシュのマイニングをするマイナーが減るかもしれないという意見です。
 

ビットコインからビットコインキャッシュにマイナーが戻ってくる可能性がある

ハードフォークで改善された安定したネットワーク状態のビットコインキャッシュに、マイナーが再び戻ってくると取引量が増えて価格が上がるかもしれないと予想されています。
 

 
 

ビットコインキャッシュは、今後ビットコインになりうるのか?

ビットコインキャッシュの価格の暴騰にともない、ビットコインキャッシュが本家のビットコインを追い越す可能性についても言及されるようになりました。絶対にこうなる!と言い切ることはできませんが、ビットコインやビットコインキャッシュについてさまざまな意見があるので、今あげられている考えられる可能性についてまとめてみます。
 
 

ビットコイン、ビットコインキャッシュどちらも存続する説

大手マイニングプールのCEOのジハン氏の意見

ジハン氏によると、ビットコインとビットコインキャッシュにはそれぞれ異なる目的を持っているため別のものであり、ビットコインもビットコインキャッシュも両方マイニングを続けていくそうです。
 
 

ビットコインに代わってビットコインキャッシュが生き残る説

ビットコインキャッシュのシステム変更がおこなわれ成功すると、多くマイナーがビットコインキャッシュに集まる可能性があり、今回のビットコインキャッシュの価格暴騰の時に見られた、ビットコインの価格の暴落が再び起きるのではないかと言われています。
 
 

ビットコインとビットコインキャッシュの現状 

ビットコインキャッシュの時価総額も高くなってきているようで、ビットコインを抜かす可能性もあるのではないかと言われています。
 
 

まとめ

いかかでしたでしょうか。
 
ビットコインとビットコインキャッシュには密接な関係があるようです。今回のビットコインキャッシュのハードフォークで、マイニングの難易度調節が入りネットワークが安定するかどうかで、今後ビットコインキャッシュのマイニングが積極的におこなわれるか否かが分かれそうですね。
 
今後のビットコインキャッシュの動きに注目です。
 
 


The following two tabs change content below.
野中美優

野中美優

関西の女子大学生。タイ、フィリピンでの海外インターンを経て、現在finte編集部にて活動中。『フィンテックをより身近に』というテーマのもと、大学生視点から、初心者にもわかりやすく情報を発信していきます。

関連記事