• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

草コイン投資|利益を出す可能性の高い仮想通貨投資手法とは | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
12月に入って仮想通貨への投資・投機に新規参入する方も多く増えました。単純に仮想通貨取引所でのコインの売買だけではなく、レバレッジ(実際に用意した資金の数倍の取引が可能)をかけたビットコインFXや、ICOへの参加、さらに草コインへの投機などさまざまな方法を試してみたいと思っている方もいるかもしれません。
 
今回はハイリスクハイリターンですが、短期投機向きである「草コインへの投機」について仮想通貨を初めたばかりの方にもわかりやすく説明していきたいと思います。
 
 

草コインとは

一般的な注目度が低く、極端に価格が安い、「そのコインが存在する目的が明確でない」とさえも言われることのある仮想通貨(暗号通貨)のことを「草コイン」と言います。格安で注目度の低い通貨を購入し、価格が上がった際(一過性の話題などで高騰することが多い)に売ることで大幅に儲けることが可能である点が特徴で、短期的な投機手法として注目を集めています。
 
しかし、国内の取引所で一般的に取り扱われている仮想通貨よりも、草コインは注目度が低いため、いつまでたっても価格が上がらなかったり、その草コイン自体がなくなってしまう可能性もあるので投機には大きなリスクをともないます。しかし1コイン1円未満で購入することができたりと、少額から始めることができ、最初にかける金額が多くなければローリスクの投機とも言えるかもしれません。
 
草コインへの投機には、通常の仮想通貨と同様に情報収集がカギとなりますが、なかなかネット上に情報がないこともあります。情報収集が困難である点では普通の仮想通貨に投資するよりもリスクが大きいと言える点かもしれませんね。
 

草コイン投機のメリット
・多額の利益を得られる可能性がある
・少額から投機ができる
 
草コイン投機のデメリット
・そのコイン自体が消えてなくなる可能性がある
・何が理由で価格が変動するかが分かりにくい
・日本円に未対応である通貨が多い(ビットコインなどと交換することができる)
・変動幅が激しい傾向がある
・情報収集が難しい場合がある

 
 

草コインの誕生とは

草コインと、草コインでない仮想通貨を明確に分ける定義はありませんが、草コインと呼ばれる仮想通貨が増えた理由として、仮想通貨の種類が非常に増えたことが原因です。仮想通貨の種類が増えた背景には、仮想通貨を利用して資金調達をするための「ICO」が増えたことが理由のひとつだと言われています。
 

ICOとは、仮想通貨により資金調達をおこなう手段です。資金を援助する投資家は、従来では資金を提供するかわりに「株」を保有しましたが、ICOでは、資金調達をで得た資金を利用して作るサービス内で使用可能な「独自の暗号通貨(トークン)」を、投資家が保有するものとなります。(独自に企業が発行する仮想通貨で何ができるかは企業側が決めるため、上記の通貨使用方法は一例)
 
このICOをおこなったサービスによって発行される独自の暗号通貨(トークン)が草コインと呼ばれることが一般的になりつつあります。(ICOのために作成された仮想通貨以外でも、認知度の低い仮想通貨は草コインと呼ばれる)
 
ICOによる資金調達のため生みだされた仮想通貨の中には、利用目的などが明確にされていないにもかかわらず、存在してしまったものがあります。これらも「草コイン」と呼ばれていますが、ICOでうまれたものの、きちんと機能している仮想通貨通貨もあるので、ICOによって生まれた仮想通貨=草コインとは言えず、草コインかどうかの明確な定義は現状あまり決まっていないようです。
 

今年は特にICOが流行りましたが、誰がどのような目的で資金調達をおこなっているのか明確でないものや、ICOで資金を調達したにも関わらずサービスが完成されることなく消えてしまうといったケースが出てきました。この問題による投資家のリスクを懸念して、中国やアメリカなどの国ではICOの規制がおこなわれました。
 

草コインの入手方法とは

 
いわゆる草コインを入手する方法は、最初からプロダクトのICOに参加をしてトークン(ICOをおこなったサービスによって発行される独自の暗号通貨)を直接購入する方法と、トークンを取扱する(上場した)取引所から購入する方法の大きく2通りの方法があります。
 
ICOに初めから参加するという場合は、誰がどんな目的で作っているのか明確になっている場合もあるので、トークンを入手した時点では「草コイン」とは呼べないと思います。将来的にICOをおこなったプロダクトの開発が進まなくなった場合でも、企業によって独自に作られたトークンが、どこかの取引所で上場したままの場合もあります。そういった仮想通貨は「草コイン」と呼ばれるようになります。
 
プロダクトのICOに参加しトークンを購入する方法については下記の記事で詳しく紹介しているので、今回は取引所に上場した草コインに投機する方法について詳しく見ていきたいと思います。
 

 
 

草コイン投機に参加するためのステップ3

コインチェックなどの日本の仮想通貨取引所では、価格の変動が不安定な「草コイン」のようなコインは取り扱いがされていないことが多いです。よって草コイン投機をおこなう場合は、日本の仮想通貨取引所とは別の、海外の取引所に口座を登録する必要があります。
 

草コインの入手方法
・ICOに参加し、プロダクト作成者によって発行された独自のトークンを直接手に入れる
 (将来的に草コインになる可能性もある)
・海外の取引所に上場した草コインを購入する

 
 

Step1: 草コインの取り扱いのある取引所に登録する

基本的に日本の大手取引所では「草コイン」の取り扱いがされていないので、「草コイン」への投機を検討している場合は海外の取引所への登録が必須となります。海外の取引所ですが、日本語対応されているものもあるので日本人の投資家にとっても使いやすい仕様となっています。
 
「草コイン」への投機におすすめだと言われている2つの取引所を紹介します。
 
 

BINANCE(バイナンス)

バイナンスとは、日本にもヘッドオフィスを構える大手の中国仮想通貨取引所です。ビットコイン(BTC)のハードフォーク(分裂)で新しくできたコインを無料で配布してくれる確率が高いと注目を集めている取引所ですが、その他にも日本の取引所では扱っていないような「草コイン」も多く取り扱っています。
 
バイナンスコイン(BNB)を使用して取引すると手数料が安くなるというメリットもあります。
 

BINANCE(バイナンス)の特徴
・日本語対応されている
・手数料が安い
・BNBトークンを使えば手数料が安い

 
 

CoinExchenge(コインエクスチェンジ)

CoinExchengeは450種以上の草コインを取り扱っている海外の仮想通貨取引所です。日本人の仮想通貨投資家も利用してる率が高い取引所だと言われています。登録方法も簡単で、メールアドレスを登録するだけでトレード開始することができます。
 

CoinExchengeの特徴
・扱っている草コインが450種以上
・登録が簡単(メールアドレスのみ)
・日本語対応されていない

 
 

Step2: 草コインの情報収集をおこなう

公式のアナウンスページ・WEBサイトを確認する

ICOごとに、どのようなプロダクトを、何の目的で作ろうとしているのかについて公式のアナウンスをおこなっています。まずは公式アナウンスページ、その後ICOされるサービスごとの公式サイトで公開されている情報を確認するといいかもしれません。
 

草コインコミュニティを覗いてみる

ICOがおこなわれるプロダクトごとにコミュニティが存在します。そのプロダクトの方向性や、将来性について開発側と積極的にコミュニケーションをとっているようなコミュニティもあれば、そのプロダクトで作られる独自の暗号通貨の価格についての議論しかされていないようなコミュニティもあるそうです。
 
前者であれば、プロダクトの可能性に注目しているため、もしコイン自体の価格が下がったとしても将来性を信じて保有し続ける人の存在により、コイン自体がなくなる可能性は低くなると考えられています。将来的に価格が上がるのではないか?と信じた人が増えると同時に、そのコインの需要も高まるので価格も上がっていきます。
 

草コイン投機の情報に関する注目ポイント
・プロダクトの将来性
・コミュニティが活発に動いているかどうか

 

Step3: 草コイントレード開始し、高騰した時に売却する

草コインを購入してトレード開始です。草コインは短期の投機目的で購入する人が多く、一般的に知られている仮想通貨よりも価格変動が激しいです。なので購入した後も情報収集をしっかりおこない、購入時よりも価格が上がった際に売却する。もしくは、損失を出す前に売却するなどを繰り返します。
 
 

草コインおすすめ情報収集ブログ

仮想通貨投機をおこなう上で重要になるのが「情報収集」です。仮想通貨に詳しいブロガーの方なども多く、そのような方々から最新情報などを得ていることもあると思います。
 
 

草コインのトレード方法についてのブログ

社畜SE仮想通貨を買う

edindin氏とは、2017年5月から仮想通貨投資を小額からはじめ、XRP、草コイン、ゲーム系通貨が好きな26歳の元金融系SEだそうです。草コインの投機について、草コイン初心者にもわかりやすく、具体的に気をつけるポイントや購入や売却の手順などが書かれています。画像の記事のみならず、草コインについてたくさんの記事が書かれており仮想通貨トレードにおける勉強にぴったりです。
 

【edindin氏の補足情報】
Twitterフォロワー数:16,630(2017年12月時点)
Twitterアカウント :@edindin_crypto
ブログ名      :社畜SE仮想通貨を買う

 
 

草コイン取り扱い取引所の登録方法について記事

草コインで億り人@仮想通貨を愛する魚屋の店長

魚屋の店長@仮想通貨inバンコク氏は、自身のブログやツイッターで草コインに注目して発言している仮想通貨投資家です。草コインについての情報は得難い場合もあるので、いろんな人から有用力な情報が得られるとありがたいですね。
 

【魚屋の店長@仮想通貨inバンコク氏の補足情報】
Twitterフォロワー数:1,808(2017年12月時点)
Twitterアカウント :@edindin_crypto
ブログ名      :草コインで億り人@仮想通貨を愛する魚屋の店長

 
 

草コインに投機している方の事例まとめ

これから実際に草コイン投機をおこない儲かった事例、大損した事例を紹介します。草コインか草コインではないかの線引きは難しいので、コインチェックなどで取り扱いされていない仮想通貨で儲かった事例をまとめました。
 
 

草コインの値上がり幅が大きい事例

 

 

 

 
草コインの価格が低い頃に目をつけて購入しておいて価格が暴騰するのを待つか、ツイッターなどのSNSで仮想通貨に対して知識のある人が注目しているコインを購入しておいて、他の人も注目して買い始めて上がった時に売却するかがポイントかもしれません。
 
どのような要因で価格が変動するかわからないので、価格チャートを頻繁にみて絶妙な売買のタイミングを見計らう必要がありそうです。
 
 

草コイン投機が上手くいっていない事例

 

 
仮想通貨で儲かった話ばかり目について、損をした場合は触れられることがあまりないように思います。今では仮想通貨に関して知識がある方や、億り人になった方も、現状に到るまでに多額の損実を出したという現実もあるようです。
 
仮想通貨はボラリティー(価格変動)が高い分損失も出しやすいので、「儲かるから」と人につられて始めるのではなくて、ある程度の仮想通貨投資の知識は持っておいた方がいいと思います。
 
 

今後の草コイン市場に対する予測

 

 
草コインのみならず、仮想通貨自体が2018年も盛り上がる市場ではないかと思います。草コインへの投機をおこなう投資家もより増えていくと思うので、草コインの情報収集もしやすくなるかもしれませんね。
 
 

さいごに

いかかでしたでしょうか。
 
仮想通貨投資と言っても、普段よく目にする通貨はごく一部で、知らないものの方が圧倒的多数だと思います。知名度の高い仮想通貨だけに投資するだけでは利益を出すために時間がかかってしまったり、多額の資金を用意しないと大きく利益を得ることができない可能性もあります。
 
その点少額で始めることができる草コイン投機は、短期で儲けたいという場合において「通貨自体がなくなる、価格が上がらないといったようなリスクはあるもの、少ない額でやるぶんにはローリスクなのではないか?」とも思いました。余剰金で、当たればいいなという気持ちで投機すると、楽しめるのではないかと思いました。
 
 


The following two tabs change content below.
野中美優

野中美優

関西の女子大学生。タイ、フィリピンでの海外インターンを経て、現在finte編集部にて活動中。『フィンテックをより身近に』というテーマのもと、大学生視点から、初心者にもわかりやすく情報を発信していきます。

関連記事