• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

クラウドファンディング×映画|映画との新しい関わり方とは? | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
クラウドファンディングサービスは、事業者や個人が、不特定の人に対して自分が持っているアイデアや想い、サービスの企画などを発信します。それに共感した一般の方たちからネット上でお金を集めるため、起業や事業拡大のための資金を集めることが可能です。
 
最近では特に音楽、映画、アートなどのクリエイティブなプロジェクトをサポートするプラットフォームとして注目を集めています。
 
一般の人々が気軽に参加できるという点で、欧米でここ数年で広まっています。
 
今回はクラウドファンディングをきっかけとして大ブレークをした日本の映画『この世界の片隅に』を例にあげて、今後の音楽、映画、アートとの新しい関わりかたを紹介します。
 
 

『この世界の片隅に』はどのような映画か

 
『この世界の片隅に』は「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代さんのコミックをアニメ化し、戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなるなかで懸命に生きていこうとする姿を描く映画です。
 
2016年11月12日にミニシアターで最初に公開された際の上映館数は63館でしたが、あまりの人気ぶりで累計上映館数が約200館と驚異的に伸び、独立系アニメ作品として前代未聞のヒットを記録しました。
 
 

クラウドファンディングで映画を支援するとどんないいことがあるのか

 
『この世界の片隅に』Makuakeというクラウドファンディングサービスで募集をしていました。そして支援者へ豪華な特典が用意されていたことが、多くの支援金が集まった理由と言われています。
 

では具体的には、どのような特典があるのでしょうか

 

映画監督と一緒に「制作支援メンバーミーティング」に参加できる

監督による制作裏話披露や作品資料の配布、本編の一部先行上映などをおこなうミーティングに参加できるそうです。
 

主人公から葉書が届く

原作の中にも描かれていない主人公の周りの出来事や、主人公が目にしたもの、気持ちなどが書かれている葉書が、季節の折に触れて届くそうです。
 

制作支援メンバー会員に登録してもらえる

制作支援メンバー会員の登録の証として、オリジナル缶バッジがプレゼントされるそうです。
また、一般のマスコミよりも早いタイミングで、作品の進捗情報や監督の動向、ラフスケッチや場面スチールなどの制作絵素材をメール(不定期)が届くそうです。
 

本編のエンドロールに支援者の名前のクレジットが表示される

支援額のコースによってクレジットされる場所が異なるそうですが、映画館で観るエンドロールに自分の名前が出るというのは、ワクワクしますね。
 
 

映画製作者がクラウドファンディングを利用した理由は?

 
ではなぜ映画の製作者の方はクラウドファンディングという方法を選んだのでしょうか?
 
『この世界の片隅に』の場合は、支援金で映画をつくることが目的ではなく、”映画化に向けてパイロットフィルム(予告編)を作るため”や”製作するスタッフを確保するため”としていました。
 
目標金額はもともと2,160万円としており、この金額で映画はつくれません。
 
大手映画会社であれば、最初に予算があり、お金がある状態で製作がスタートします。それは出資する複数の企業があることが前提となっています。そのお金を使って映画監督の現地調査、シナリオや絵コンテ作りなどの企画開発の費用を出すという流れをとることが多いそうです。
 
ただ、『この世界の片隅に』の場合は、監督による企画開発が始まり、シナリオと絵コンテができ上がった段階にもかかわらず、出資をしてくれる企業があらわれず、製作委員会も立ち上がらず、そこから映画を作るためのお金がない状況でした。
 
そこで、今回紹介しているようなクラウドファンディングのサービスを利用することにしたとのことです。
 
結果的に目標金額の2,160万円を約2倍と大きく上回る3,912万円を集めることに成功しました。
またサポーターは3,374人にまで達し、映画も独立系アニメ作品として前代未聞のヒットを記録しました。
 
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか。
 
今回とりあげた『この世界の片隅に』のように、クラウドファンディングのプロジェクトに支援をすると、豪華な特典がつくケースもあります。またプロジェクトが成功すれば、支援者と被支援者の両者がwin-winの関係を築くことがでます。
 
クラウドファンディングのサービスサイトの中には、魅力的なものがいくつもあります。
みなさんもぜひ一度サービスサイトを覗いてみてください。
 
今後の音楽、映画、アートへの新しい関わり方の幅が広がるのではないでしょうか。
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。