• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

仮想通貨のニュース・イベント|価格変動に関係があるのはどんなもの?

 
仮想通貨の投資は利益を出しやすい投資手法として、現在新規参入をする人が増えています。投資には、ファンダメンタル分析とテクニカル分析という2つの投資をおこなう判断基準があると言われています。
 
仮想通貨投資ではファンダメンタル分析が重要であると言われることが多いようです。
 
ファンダメンタル分析とはなにか、テクニカル分析との違いと、仮想通貨の運用により高い利益を出すために抑えておくべき国内で購入可能な仮想通貨のイベントをまとめました。
 
 

仮想通貨投資で重要な要因となる、ファンダメンタルとは?

 
投資において、売り買いをするための判断基準を設定するためには、ファンダメンタル分析テクニカル分析という手法を用いる必要があるそうです。
 

テクニカル分析

株などの投資で、とても大切になるテクニカル分析とは、投資対象の価格変動のチャートを分析して経験則から、次に価格が下がりそうなチャートや上がりそうなチャートの動きを見極めて投資をするそうです。
 
株のトレーダーがたくさんのパソコンの画面を並べてチャートを見ているというイメージはこういった分析の様子から来ているのかもしれませんね。
 

ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析とは、投資対象の価値や情報をキャッチし投資に活かす手法です。仮想通貨であれば、投資するコインの価格に影響しそうな情報を事前に調べて売買する銘柄を決定するそうです。
 
仮想通貨は、価格変動が大きく変動する期間が短いため、テクニカル分析よりはファンダメンタル分析が有効であると言われています。『正確で有力な情報をいかにはやく入手し、投資に活かすか』が仮想通貨投資の鍵を握ります。
 
仮想通貨投資が投資初心者でも利益を出すことができる可能性が高いのは上記のような要因も関係しているのかもしれません。
 

ではどのような、情報が仮想通貨の価格変動に影響をあたえるのでしょうか。以下より、価格変動に影響をあたえると言われている情報をご紹介します。
 

(※仮想通貨の価格変動は多くの要因により起こります。以下で紹介するものが全てではありませ。また以下のような情報が必ずしも価格変動を起こすとは限りません。)

 
 

買い時だと言われるファンダメンタル

仮想通貨のファンダメンタルで注意するべき情報とは「その仮想通貨の将来性を多くの人が感じることができる情報」です。特定の情報により多くの人がその仮想通貨の将来性を感じることができれば、購入する人が増え結果的に価格が上昇します。
 
一般的に、多くの人が通貨の将来性を感じることができる情報を以下より紹介します。
 

1 仮想通貨がハードフォーク(分裂)するという情報

ビットコインなどの仮想通貨に見られる価格変動の要因です。昨年2017年は、ビットコインのハードフォーク(分裂)が年内に何ども起きました。
 
ハードフォークとは、ビットコインを含む仮想通貨の処理速度等を改善するための機能改修をすることにより、新しい仮想通貨が生まれることを指して使われる言葉です。
 
ハードフォークがおこなわれ新しい仮想通貨が誕生する時、仮想通貨取引所によっては、新しく誕生した仮想通貨を分裂する前に所有していたコインの数だけ、ユーザーへ無料配布することがあります。
 
トレーダーの中には、この無料配布により資産を増やすことを狙いハードフォークの情報を得ると、ハードフォーク対象の仮想通貨を買う方がいるようで、価格は上昇します。
 
 

 
 

2 流通量の規制がおこなわれるという情報

仮想通貨は流通量があらかじめ決まっており、中央で管理する機関が存在しないものも多いですが、Ripple/XRP(リップル)のように企業が発行元となっている仮想通貨も存在します。
 
このような通貨では、増えすぎた通貨の流通量をなくす(Burn/バーン)、開発チームの保有コインを一定期間売ることができないようにする(Lock up/ロックアップ)をおこなうことがあります。
 
上記の尿な流通量の規制がおこなわれると、流通量が減り市場にある通貨の量が計算できるようになるため、安心して投資をおこなうことができます。このような投資への安心感から価格が上昇することがあります。
 
 

3 政府や大手機関との連携が決定したという情報

通常、通貨は国家や会社によって発行され価値を保証されているが、国家の経済政策や会社の運営方針による価値の変動リスクは常に伴っている。 一方仮想通貨は、利用者による仮想通貨自身への信用によってのみ価値が保証されているので、価値の変動を主導するのは利用者である。

 
仮想通貨とは、Wikipediaでも定義されているように、利用者による仮想通貨自身への信用によってのみ価値が保証されている通貨です。しかし、決済のシステムとしてある国の政府や大手銀行との連携をおこなうことがあります。
 
上記のような規模の大きい機関との連携は信頼性を生み、多くの人が可能性を感じることにより価格が上昇することがあるようです。
 
 

4 仮想通貨の誕生日などのようなイベントデーの情報

仮想通貨のなかには、根強い人気を持ち通貨の流通を応援するために購入をおこなうファンがいる銘柄があります。そういった銘柄であれば、開発された日(誕生日)などに応援する方が一斉に購入をおこなうこともあるそうです。
 
 

5 サミット・決起集会・カンファレンス・エキスポなどの情報

仮想通貨は、システムを開発する人や、システムの運営をおこなう人、そして通貨を利用する人とコミュニティに属するさまざまな人の働きにより作用しています。
 
定期的に、仮想通貨のコミュニティに属する人が集まり、会議をしたり新しい発表をおこなう場があります。そういった催しが開催される情報であったり、出席する人物、発表された情報により仮想通貨の価格が上昇することがあるので、チェックすることが大切なようです。催しには以下のようなものがあります。
 

 
サミット(首脳会議)  
   ▶ 世界的なグループの会合、最も注目が集まる
コンセンサス(合意形成会議、決起集会)
   ▶ 入内な議題の場合が多く、価格に影響の可能性
カンファレンス(会議,協議会)     
   ▶ コインの本拠地での開催では値上がりの可能性
エキスポ(展示会)           
   ▶ セミナーでの有名人の登壇等で値上りの可能性
 

 
 

6 有名な取引所での取引開始(上場)するという情報

国内外にはたくさんの仮想通貨取引所がありますが、多くの仮想通貨取引所で取り扱いが増えるほど仮想通貨の価格も上昇する傾向があるようです。仮想通貨の入手難易度が下がり、多くの人が購入する可能性が出てくるからだと考えられます。
 
特定の取引所にてのみ、限定的に取引がおこなわれていた仮想通貨が、国内外の有名な仮想通貨取引所で取扱開始(上場)されることが決まったことにより、価格が大きく上昇した仮想通貨は存在します。
 
 

(※上記のような情報でも、通貨によっては価格上昇の要因にならない場合もあります。通貨の特徴とあわせて信頼する情報を選択する必要があります)

 
 
 

売り時(価格が下落する)と言われるファンダメンタル

 

仮想通貨取引所からの取扱終了の情報

仮想通貨取引所に取扱される(上場する)ことが決定すると仮想通貨の価格は上昇する傾向があります。一方で取扱いを終了するケースも存在します。取り扱い修了の理由はさまざまですが、有名な取引所から取り扱い中止となった銘柄は入手することが難しくなり、広まっていく可能性も少なくなるので、価格が下落することが一般的なようです。
 

 
 

国内外における規制、禁止の情報

仮想通貨はまだまだ規制などが少ない領域ですが、国によっては規制をおこなう場所もあります。国外であっても、取引量が多い国で仮想通貨の取引が禁止になると、全体の仮想通貨の価格は下落します。2017年に中国で仮想通貨の規制がおこなわれたときも価格に大きく影響を与えたと言われています。

 
 

 

著名人の仮想通貨に関する否定的な発言

仮想通貨は、良くも悪くも著名人の発言に影響を受けます。著名人が仮想通貨にむけて否定的な発言をおこなえば価格が下落するなどということもあります。
 
直近では米銀JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)が『ビットコインは詐欺』と明言し、同行のトレーダーが仮想通貨ビットコインの取引をすればクビにすると発言したニュースが大きく報じられました。
 

 
 

利便性に関するネガティブな情報

仮想通貨の価格変動は、将来的な普及の可能性を感じる人が増え購入する人が増えることによって上昇します。逆に、利便性などが悪く将来的な普及が望めないものであれば、その価値は下がってしまいます。
 
将来性に疑問を感じさせるようなネガティブな情報が増えてきた時は価格が下落する前触れなのかもしれません。
 
 
 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか。
 
仮想通貨は銘柄によっては市場規模が広くはなく、普及がしていないものもたくさんあります。
 
そういった通貨である場合は、上記のようなファンダメンタルによる価格変動はとても大きなものになると言われています。仮想通貨のトレードによって安定的な利益を出そうと思えば、これらのような情報をいち早くキャッチすることが大切です。
 
また、一般的に価格の上昇の材料と言われている情報が価格が、結果的に大暴落を起こす原因になることもあります。投資は自己責任となりますのでWeb上の情報を参考にしながらも、自身で考えて投資をおこなう必要があります。
 
こちらからは、月内の仮想通貨のイベントに関する情報を更新していますので、参考にしてください。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事