• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

リップル買うならビットバンク?手数料と安全性で評判の取引所とは?

  
仮想通貨の口座を開く時に、安全性を軸に比較をする方は多いのではないでしょうか。
 
特に、仮想通貨が大きくテレビなどで取り上げられた、2018年初旬のコインチェックにおけるネム流出事件から、そう考える方はふえてきているようにも思えます。
 
では、どの取引所がセキュリティに対して安心できるのでしょうか。今回は、仮想通貨取引所のなかでもセキュリティ、安全性に対して定評のあるbitbank(ビットバンク)をご紹介します。
 

【目次】
仮想通貨リップルの取引量1位!bitbank(ビットバンク)の特徴
 特徴1 取引できる仮想通貨の種類
 特徴2 チャート機能の充実
 特徴3 キャンペーンが随時おこなわれている
 特徴4 コインの取引における手数料が無料
 特徴5 FXトレードが可能
 特徴6 高い安全性
bitbank(ビットバンク)のデメリット
利用者による口コミ
注意するポイント
さいごに

 
 

仮想通貨リップルの取引量1位!bitbank(ビットバンク)の特徴

 
仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は安く・安心して取引をおこなえる国内の仮想通貨取引所として注目を集めています。
 
bitFlyer」「コインチェック」「Zaif」などのように、テレビCMをおこなっていないため、認知度はそこまで高くないですが仮想通貨のトレーダーの中では手数料の安さと安全性でとてもいい評判を集めています。
 
さらに、仮想通貨のトレーダーに人気の仮想通貨であるリップルの取引量が世界一になったことも注目を集めています。
 
今回はそんなbitbank(ビットバンク)について紹介したいと思います。
 

 

 
 

特徴1 取引できる仮想通貨の種類

 
仮想通貨取引所とは混合して呼ばれることが多いですが、実は下記の2つの機能を持つものによって取引所と販売所に分けることができます。
 
「販売所」としての機能
仮想通貨を取引所が(取引所の指定する金額で)販売するものを購入する
 
「取引所」としての機能
仮想通貨を売りたい人と買いたい人が納得した料金で仮想通貨を交換しあう
 
 
bitbank(ビットバンク)は後者の機能に特化した取引所であるため、ある程度、自分が買いたい(売りたい)値段の近くで売れることが多いですが、提示価格での取引を望む人がいない場合は取引がおこなわれずに、コインを入手することが遅れることもあります。
 
bitbank(ビットバンク)6種類のアルトコインが取引形式でやり取りできます。(2018年3月時点)
 
 

ビットコイン(BTC)

ビットコイン price
 
仮想通貨の王道とも言える、ビットコインですがbitbank(ビットバンク)も取扱いをおこなっています。関連記事からビットコインの手数料を4つの主要な取引所から比較して紹介しています。御覧ください。
 

 
 

 

リップル(XRP)

リップル price
ユーザー同士の仮想通貨の取引をする仮想通貨取引所は手数料が安いことが、メリットです。
 
しかし、取引をする人が少ないと、そもそも取引があまり活発におこなわれないというデメリットがあります。しかし、bitbank(ビットバンク)は仮想通貨リップルの取引量世界一となったそうです(4月時点)。取引自体ができないということは、まず無さそうです。
 

 
 

イーサリアム(ETH)

ethereum price
ビットコインについで仮想通貨の市場規模がおおきい、イーサリアムの取扱もおこなっているようです。
 

 
 

ライトコイン(LTC)

litecoin price
金(ゴールド)と例えられるビットコインと比較して銀に例えられるライトコインの取引もおこなっています。国内でライトコインとリップルを取引形式で購入できる取引所はほとんどありません。
 

 

モナコイン(MONA)

monacoin price
モナコインは2ちゃんねる(現、5ちゃんねる)のコミュニティから生まれた仮想通貨です。強力なコミュニティに紐付いた仮想通貨として注目を集めています。
 

 

ビットコインキャッシュ(BCH)

bitcoin-cash price
仮想通貨ビットコインから、分裂して生まれたビットコインキャッシュも取り扱っています。ビットコインが抱える課題を解決することができるコインとして注目を集めているビットコインキャッシュを手数料少なく取引できることは嬉しいですね。
 

 
 

 

特徴2 チャート機能の充実

 
チャートに線を引くなどして、テクニカル分析をおこなえる機能が充実しており、取引で利益を安定的にだすための材料となります。これは投資のベテランや経験者からも高い評価を受けているそうです。
 
パソコンだけでなく、スマートフォンから取引をしたりチャート機能を活用することができる点も、取引をおこなう環境にかかわらず、使いやすいという評価に繋がっていると考えられます。
 
 

特徴3 キャンペーンが随時おこなわれている

 
手数料全ペア無料キャンペーンやリップル(XRP)の出来高に応じてランキング形式で賞金がもらえるキャンペーンなどが充実しています。
 
 

特徴4 コインの取引における手数料が無料

bitbankの最大のメリットはアルトコインが手数料無料で取引できることです。
 
5種類ものアルトコインを手数料無料で取引できるのはbitbankだけです。
 
 

 

特徴5 FXトレードが可能

bitbankではbitbank Tradeという取引所を運営しています。Bitbank TradeはBTCFX(ビットコインFX)を追証なし、レバレッジ最大20倍でおこなえる先物取引所です。
 
 

 
 

特徴6 高い安全性

冒頭の事件をうけてセキュリティについて心配されている方も多いともいますが、Bitbankは「二段階認証」などの基本的なセキュリティはもちろん、ユーザーの資産をすべて「コールドウォレット」と呼ばれるオフライン環境のウォレットに保管しています。
 
コールドウォレットではマルチシング(遠隔地にある複数のコンピュータで同時に承認しなければ出金できないシステム)を採用済みで、さらにこの運用歴も日本最長クラスです。
 
ホットウォレット(常時ネットワークに接続された環境にあるウォレット)についても、仮想通貨セキュリティ専門会社である「BitGo」の連携により、同社とビットコイン両方のコンピュータ認証がなければ入出金ができないという仕組みを構築しています。
 
そして資産保護意識が重要視される金融庁の仮想通貨取引許可は、国内最速の2017年9月に取得済みです。
 
徹底したセキュリティ面による信頼性の高さがうかがえ、この点が中級・上級者から指示されている点でもあります。
 

広告にお金をかけてユーザー数を増やすよりも、セキュリティにコストをかけて安心安全な取引をしてもらうことに注力していると、みんなの仮想通貨のインタビューにて語っているようです。
 

仮想通貨の大きな波は2つありまして、1度目は法律の施行により注目が集まってきた5月のゴールデンウイーク明け。2度目は10月でビットコインの価格上昇によるものでした。当社は広告を積極的に行っているわけではないですが、自然流入で来ていただけるお客様が大きく伸びていきました。
 
直近ではハッキングによる資産流出もありましたが、当社はセキュリティに関してはかなり厳重に対策をしておりましたので、2018年2月も口座数、預かり資産高は順調に増えているという状況です。
 

 
 

 

 

bitbank(ビットバンク)のデメリット

 
一方でもちろんデメリットも存在します。販売所がないため、仮想通貨の簡単売買がありません。さらに通貨によっては取引量(出来高)が少ないということも挙げられます
 
また、スマホアプリはありません。しかしこの点はWEBブラウザが使いやすいため問題ないかと思います。bitbank(ビットバンク)はスマホアプリにて使用できるようになりました)
 
さらに取り扱っている仮想通貨の種類が少ないという意見もあります。
 
確かに、海外の取引所と比べてしまうと銘柄数に少々物足りなさを感じてしまうことがあるかもしれませんが、国内取引所と比較した際は極端に少ないというわけではありません。
 
これから仮想通貨のやり取りを始めるという方にとってはむしろ丁度いいかもしれません。
 
 

利用者による口コミ

 
実際の利用者による口コミはどうでしょうか。twitter上での声から利用者の評判をまとめました。
 

 

 

 

 

 
 

これらの口コミを簡潔にまとめると
・セキュリティ意識が高い
・アルトコインの手数料が安い
・アルトコインの指値取引ができる
・技術が高く動作が安定している
・パソコン、スマホからも使いやすい
・利用者が少なく、出来高が少ない

などが挙げられています。

 
上記の記事と重なるところもありますが、高く評価されていることが伺えます。

 
 

注意するポイント

 

二段階認証の必要性

 
仮想通貨取引所自体のセキュリティではなく、仮想通貨のアプリにアクセスするためのIDパスワードの設定が甘いために不正な送金や取引がされてしまう場合があるようです。
 
せっかく、セキュリティ対策をきちんとしている取引所で口座を開設をしたにもかかわらず、不正なアクセスをされてしまったら意味がありません。アプリなどのセキュリティ管理は自己責任でおこなう必要があります。
 
グーグルなどの二段階認証アプリを利用して自ら設定をおこないましょう。
 
 

まとめ

 
bitbank(ビットバンク)は広告にそこまで力をいれていないのか、「bitFlyer」「Zaif」に比べるとまだまだ知名度は低いですが、セキュリティ体制への意識の高さが重要視されている今だからこそ、今後さらに注目されていく仮想通貨取引所であると思います。
 
口座開設、維持費などは無料となっているため、これから仮想通貨を始めようとしている方は、検討してみてはいかがでしたでしょうか。

 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事