• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

DMMビットコインの手数料は高い?事前に知りたい手数料の話 | finte [フィンテ]

 
ビットコイン・仮想通貨による投資をおこなうときに、無視できないのが『どこの取引所で口座をひらくか』ということです。
 
仮想通貨取引所にはそれぞれ、特徴となるメリットやデメリットが存在するため、自分の投資手法にあった取引所の開設をすることが大切です。
 
今回は「手数料が高い」という声をよく聞く仮想通貨取引所のDMM BitcoinDMMビットコイン)の特徴である手数料を中心にメリットやデメリットをご紹介。実際に取引所で仮想通貨を運用する際には、一体どれほど手数料がかかるのでしょうか。
 
 

<目次>
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は「販売所」!
口座開設までに知っておきたい手数料
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)におすすめの人と運用方法

 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は「販売所」!

 
動画配信やゲームなどで有名なDMMという社名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。そのDMMが2018年の1月から仮想通貨取引所に参入し、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)を開設しました。
 

資本金はDMM Bitcoin(DMMビットコイン)だけで約13億円もあり、さらに親会社の資本金も合わせると大きな基盤を持った会社であるとの評価を受けているようです。
 

 

販売所と取引所は実は異なる!

 
たくさんある仮想通貨取引所は、一口に取引所と表記されることが多いですが、一般的に言われる取引所には「販売所」と「取引所」という、2つの機能を持つ取引所があります。この2つはどう違うのでしょうか?
 
販売所と取引所の最も大きな違いは、仮想通貨の売買取引を企業とするかユーザー同士でおこなうかという点です。販売所と呼ばれるサービスは企業の保有する仮想通貨を購入するため、業者の受け取る手数料が上乗せされるため比較的スプレッド(手数料)が割高になります。
 
一方で、投資家同士の売買の場所を提供している取引所では、サービス提供者である業者へのスプレッド(手数料)は安く済むため、販売所と比較すると安価で仮想通貨を購入できる可能性があります。
 

取引所と販売所のちがい

取引所=ユーザーと仮想通貨どうしの交換をするプラットフォーム
販売所=企業の持つ仮想通貨を法定通貨(円など)で購入することのできる場所

 
 

販売所のメリット

販売所はスプレッド(手数料)が高くなる分、得られる利益が減ってしまうため損をすると言われることがあるそうです。果たして本当にそうなのでしょうか?ここでは販売所ならではのメリットを紹介したいと思います。
 

いつでも取引が可能

取引所とは異なり、企業と売買取引をするので、いつでも好きな分だけ取引をすることが可能です。価格が動いたときにスピーディに対応し、取引したい方にはおすすめでしょう。
 

機能がシンプルなことが多い

取引所で取引をする場合は、簡単売買やレバレッジなど、様々な取引方法があり初心者にとっては使いづらいと言われています。その点、販売所は企業としか取引をしないので、シンプルな画面が多いと言われています。
 
 

口座開設までに知っておきたい手数料

それでは実際にDMM Bitcoin(DMMビットコイン)で運用するとどのくらい手数料やスプレッドを取られるのでしょうか?他の取引所と比較しながら紹介したいと思います。
 
 

支払う必要のある手数料の種類と価格

そもそも仮想通貨を運用するうえで様々な種類の手数料があることは知っていますか?ここではまず初めに、仮想通貨を運用するうえでどんな手数料がかかるのか紹介したいと思います。
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料1 : 口座作成時に発生する手数料

口座作成手数料全取引所で無料
口座維持手数料全取引所で無料

 
ビットコインのトレードをするために、最初にすることは、口座の開設です。基本的には、口座開設をおこなうことで費用を取るということは無いようです。
 
仮想通貨の口座開設を開くこと自体は無料でおこなうことができます。デザインや使いやすさなどは、実際に口座を持っていないとログインできないページもあるため、慎重に取引所を選びたいのであれば複数取引所を開設して試してみることも可能です。
 
実際に取引所を開設してログインしてみると、自分の好みにあったデザインかどうかを見ることができます。
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料2 : 入金手数料・出金手数料

DMM Bitcoin入金・出金ともに無料

 
仮想通貨の購入にかかる手数料として、仮想通貨口座への入出金手数料というものがあります。仮想通貨の口座を開設したあとに、取引を始めるため口座にお金を振り込む際にかかる手数料が入金手数料です。
 
そして、仮想通貨で利益を出した後などに法定通貨(日本円)に換金し、取引所の口座から自分の銀行口座にお金を取り出す際にかかる手数料が出金手数料です。
 
これらの金額は、銀行の振込手数料とは別で支払う手数料ですので、そこまで頻繁に支払う手数料ではないものの、低いに越したことはないでしょう。
 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では無料です。
 

 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料3 : 仮想通貨売買手数料

DMM Bitcoin無料

 

仮想通貨取引所に口座を開き入金をおこなえば、取引を開始することができます。現物取引にて仮想通貨の投資をおこない利益を出すためには、基本的に安い値段の時に仮想通貨を購入し、仮想通貨の値段が高くなった時点で売ることが必要です。
 
仮想通貨と日本円の取引をおこなう際に取引所に支払う手数料が取引手数料です。仮想通貨投資で利益を出すためには、ある程度の数の取引回数は必要ですので、そこにかかる手数料は低いに越したことはないでしょう。
 
基本的に販売所の取引手数料は無料に設定されているようです。取引所では手数量がかかりますが、bitbank(ビットバンク)のように、マイナス(取引をすれば手数料が貰える)の手数料設定をしている取引所もあるようです。
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料4 : 仮想通貨送付手数料

DMM Bitcoin0.001BTC、0.001ETHなど

 
仮想通貨送付手数料は、送金手数料とも呼ばれ、今使っている取引所から別の取引所へ仮想通貨を送るときや、ウォレット間の通貨の移動の際にかかる手数料のことです。このお金は、送金という行為をマイニングによって正しいと証明してくれたマイナーに支払われるものです。
 
海外の取引所を利用する際などは、日本円での入金に対応していないことも多く、この送付でしか取引を開始できない場合もあります。
 
DMM Bitcoion(DMMビットコイン)は0.001BTC、0.001ETHなどと銘柄によって変わっており、他社と比べてもそれほど高くないことが特徴です。
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料5 : スプレッド

取引にかかる手数料のなかでもっとも大切な要素の一つであるものがスプレッドです。スプレッドとは購入価格と売却価格の差です。これらは主に事業所との仮想通貨取引をおこなう、販売所形式の取引所でかかってくる手数料です。
 
上の図はGMOコインのスプレッドですが、904,306(購入価格) – 903,683(売却価格) = 623円 がスプレッドです。この手数料が、仮想通貨取引にてもっとも負担となるものだと言われています。
 

※スプレッドは状況によって変動していきます。

 
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)を実際に運用してみると、、?

 
上記がそれぞれのスプレッドですが、2018年5/18時点ではこの程度の大きさになっています。スプレッドは29,000円となっており他の販売所に比べると高額ではあります。
 
つまり、1BTC(ビットコイン)を購入して、その瞬間に売ると29,000円損をする計算になります。
 
他の販売所形式の取引所のスプレッドは、bitFlyerは21,895円、GMOコインは623円であるため、他社と比較としても少し高めであることが伺えます。ただ、少額で運用する場合は他の取引所と手数料がそれほど変わらないというデータもあり、少額での取引では他の取引所と変わらないと手数料だそうです。
 

1秒の重み

 
この図は、2018年1月10日から1月18日までのビットコインの価格を表したチャート図です。
 
1月16日の図をご覧ください。この日は、1BTCが170万円ほどで始まり(始値)、一時100万円ほどまで下落し(安値)、最終的にその日の終わりに130万円ほどで終わった(終値)ということを示しています。
 
1月16日の1日間でビットコインの価値が最高70万円ほども下がったということを表しています。この日に1BTCを持っており、1日何もいじらなかっただけで170万円が100万円になってしまいます。
 
そしてチャートをさらに細かく見ると、30分間で約20万円ほど下落した時間もあります。仮想通貨の投資ではこういった大幅な下落が発生することも少なくないと言われています。
 
こういった際にいつでも取引できるDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の販売所は安心だと言えるでしょう。取引所形式の仮想通貨取引所だと、価格が下落している最中に急いで取引をしようとしてもすぐに取引ができないというデメリットがあると言われています。
 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)だと販売所形式ですぐに取引ができるので、価格が下がって来たときにもすぐに取引して対応することができるといえます。
 
 

口座の開設方法

 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口座開設は、とても簡単で、公式サイトにて丁寧に登録画面の画像から説明してくれています。手順は大きく分けて3つのステップで、口座の開設自体は10分もあれば完了します。以下が、口座開設の手順です。
 

Step 1 メールアドレスとパスワードを登録し仮登録する

メールアドレスを入力し、送信した後に届くメールからパスワードの設定をおこないます。ここでは、登録するメールアドレスは自分が日常的に確認するアドレスにすることをおすすめします。
 
仮想通貨取引所のお知らせなどはメールで来ることも多いため、情報を取りこぼさないようにしましょう。
 
 

Step 2 仮登録から本登録をおこなう

パスワードと、アドレスの登録が済んだら、本登録のページにて情報を入力していきます。入力する情報は一般的な登録ページで見受けられるものとほとんど変わりません。
 
情報を入力すれば、本人確認ができる書類をアップロードする必用があります。書類は「お名前・ご住所・生年月日が記載されている本人確認書類」とのことで下記のような書類をアップロード(スマホで撮影した写真をアップロード)するのみです。
 
・運転免許証
・パスポート
・住民票
・保険証

 
写真付きの場合は1点、写真なしの場合は2点アップロードする必要があります。アップロードが完了すれば、携帯電話のSMS認証をおこないます。コードを発行し、送られてくる認証コードを入力すれば本登録が完了します。
 
 

Step 3 郵送ハガキを待ち、届けば取引可能

ウェブ上の登録が完了すると、後日郵送でハガキが届きます。取引所で口座を開きたい人が多い場合は郵送が届くまでに時間がかかりますが、基本的には1週間ほどで届きます。
 
届いた郵送ハガキの指示に従って操作をおこなえば、実際に取引が可能になります。より詳しい説明が必用な場合は公式サイトからご確認ください。
 

 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット

DMM Bitcoinには他にもメリットがたくさんあります。ここでは、他にどんなメリットがあるのか紹介し、さらにどういった形で運用した方がいいのかおすすめ運用方法を紹介したいと思います。
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット

 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)には、「すぐに取引できる」、「シンプルな機能」といったメリットの他にもたくさんのメリットがあります。ここでは他のメリットを紹介していきたいと思います。
 

キャンペーンが豊富

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)ではよくキャンペーンを実施しており、よりお得に仮想通貨取引ができると言われています。また、新規で口座を開設する方にはとてもお得なキャンペーンを実施しており、現在は「1,000円プレゼント」キャンペーンを実施しています。

 
 

アルトコインでのレバレッジ取引

FX対応通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネム・イーサリアムクラシック・ビットコインキャッシュ・ライトコイン
取引手数料(※)0円(2018年 5/14時点)
レバレッジ5倍
セキュリティコールドウォレット管理 SLL暗号化 二段階認証可

 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、アルトコインでのレバレッジ取引をおこなうことが可能です。レバレッジとは、自分のお金を担保にして自分が持っている以上の金額の取引をすることであり、アルトコインでのレバレッジ取引をおこなえる取引所は数少ないと言われています。
 
ビットコインのみでレバレッジ取引をすることができる取引所はありますが、アルトコインでのレバレッジ取引ができるのは、金融庁認可済みの取引所ではDMM Bitcoin(DMMビットコイン)だけです。
 

LINE対応

仮想通貨用の口座を開設する際は、通常の銀行口座開設と異なり、Web上でおこなわれることが多いためわからないことや不安なことが多くあると言われています。
 
そんな際に、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)ではLINEで対応してくれます。他の取引所だと、問い合わせフォームやメール対応のみといったところも多いのですが、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)だとLINE対応と電話対応もおこなっており、不安や疑問を解消してくれるサービスが整っているそうです。
 

 
 

実際の口コミ

機能・デザインの使いやすさ

 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は取引画面やチャート図などが非常に見やすくなっているそうです。シンプルな見た目で取引できるようなので、わかりやすくて助かりますね。
 

対応の良さ

 
LINE対応、電話対応をしてくれるところも非常に良いサービスですが、対応の質も良いと言われています。初めて仮想通貨の取引をするような初心者の方にとっても、中級者以上の方にとってもありがたいですね。
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)におすすめの人と運用方法

 
最後に、実際にどういったかたちでDMM Bitcoin(DMMビットコイン)で運用するべきなのか、おすすめの運用方法をfinte編集部から紹介したいと思います。
 

圧倒的初心者!初めて開設する人!

まずおすすめなのは初心者の方です。初めて仮想通貨を始めようという方、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)がおすすめです。
 
初心者の方で一番つまずきやすいポイントは、口座開設の方法がややこしい、操作方法がわからないといった点だと言われています。電話やLINEでの対応が充実しているため、パソコンに苦手意識がある人でもDMM Bitcoin(DMMビットコイン)は非常におすすめです。
 
何かわからないことがあった時に、その疑問を解消してくれて、安心して取引ができるのではないでしょうか。
 
また、販売所形式なのですぐに取引をすることができ、通貨の価値が暴落した時や上昇した時など、即座に取引をおこなえる環境がある点もおすすめのポイントです。
 
ただ、スプレッドが大きいというデメリットがあるので、「まずは少額から勉強を兼ねて仮想通貨の運用をしたい」という方が初めて開設して運用し始める取引所としておすすめであると言えるでしょう。
 
ある程度、仮想通貨取引に慣れて次のステップに行きたい場合は別の取引所で新たに口座を開設するのもよいかもしれません。
 
 

さらなる高みへ!我こそは上級者!

仮想通貨の取引をある程度経験し、レバレッジ取引のイロハもわかっており、これからさらに次のステップに進みたい方にもおすすめです。
 
これからさらに上級者として利益を出すために、アルトコインでのレバレッジは非常に効果があると言われています。価格の上下が激しいため初心者にはおすすめではありませんが、ある程度運用に慣れている上級者が次のステップとして選ぶには最適の環境であると言えるでしょう。
 
ただ、スプレッドが大きいため、スプレッド分を上回って利益を出す必要があります。その分の利益を得るだけのチャンスはアルトコインのレバレッジ取引にはあると言われているので、さらにレベルを上げて運用したい上級者にはおすすめだと言えるでしょう。
 

 
 

その他の取引所の手数料比較

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料に注目ながら、特徴や口座開設方法をご紹介してきましたが、他の取引所の手数料はどれほどのなのでしょうか。
 
以下より、各手数料の比較を販売所のGMOコインbitflyerの2社と比べて見ていきます。

 
ビットコイン(仮想通貨)の手数料1 : 口座作成時に発生する手数料

口座作成手数料全取引所で無料
口座維持手数料全取引所で無料

 
ビットコイン(仮想通貨)の手数料2 : 入金手数料・出金手数料

GMOコイン入金・出金ともに無料
DMM Bitcoin入金・出金ともに無料
bitflyer入金無料(クイック入金324円)・出金216円~756円

 
ビットコイン(仮想通貨)の手数料3 : 仮想通貨売買手数料

GMOコイン無料
DMM Bitcoin無料
bitflyer(取引所)0.01%~0.15%・(購入所)無料

 
ビットコイン(仮想通貨)の手数料4 : 仮想通貨送付手数料

GMOコイン無料
DMM Bitcoin0.001BTC
bitflyer0.004BTC

 
ビットコイン(仮想通貨)の手数料5 : スプレッド

DMM Bitcoin¥29,000
bitFlyer¥21,895
GMOコイン¥ 623
※スプレッドは時期によって変動していきます。上記のグラフでは同日同時刻でのスプレッドを比較しています。

 

 

 
 
 

おわりに

 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)について今回は紹介させていただきました。
 
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は多くのメリットがある反面、スプレッドが高いというデメリットもあります。各取引所にはそれぞれにおすすめの取引スタイルがあると言われているので、これから紹介していければと思います。
 
ビットコインでの決済ができる店舗も増えて来ており、最初に開く取引所としてDMM Bitcoin(DMMビットコイン)は非常におすすめの取引所です。
 

 


The following two tabs change content below.
yuki irie

yuki irie

finte編集部の入江です。大阪大学法学部を3月に卒業し、2018年4月より編集部にジョイン。大学では法学、経済学からプログラミングや物理学など様々な学問を学際的に学んでおり、現在は仮想通貨やその根本を支えるテクノロジーが大好きな社会人1年目。

関連記事