• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

GANA Technologiesは、医療大麻産業のためにAIを構築する | finte [フィンテ]

 
大麻業界で個人および研究グループに最適化されたAIソリューションを提供することを目指すブロックチェーンベースのプロジェクト、GANA Technologiesが、ICOを開始しました。公開トークンセールは5月21日から2018年7月20日までおこなわれるようです。
 

医療用として利用される大麻草の可能性

 
多くの議論を呼んでいるものの、カンナビノイド(大麻草に含まれる化学物質の総称)の医学的使用は20カ国以上(米国、カナダ、フランス、ドイツ、オランダをふくめて)において部分的に合法化されており、いくつかの病気の症状および症例の治療に使用されていると言われています。
 
これらの国では、大麻産業は増加していますが、技術的側面から見ると、まだまだ十分な発展がされていません。 現在の精密医療の急速な普及に伴い、この市場はビッグデータの徹底的な分析により、個人的な治療方法を提供可能にする最新のITソリューションを導入することで大きな利益が見込まれると言われています。
 
GANA Technologiesは、大麻利用者、小売業者、研究機関からデータを収集して共有するエコシステムを構築しようとしています。この業界には他にもブロックチェーンベースのプロジェクトの例がいくつかありましたが、人工知能を採用するようなプロジェクトは今までありませんでした。GANAが提供するAIは、研究をおこない、膨大な量のデータを分析し、患者に最も適切な治療法を見つけるのに役立ちます。
 
エコシステムのメンバーが提供するデータはAIの教育に使用されるため、メンバーはAIの間接的な開発者となります。すべてのデータは、GANAモバイルアプリケーションを通じて収集されます。ユーザーは希望する開示レベルを設定することができ、ユーザーの許可なしに個人データを取得することは不可能です。GANAは、ブロックチェインを使用してデータ操作の各ケースを記録し、完全性、信頼性、透明性、匿名性を維持します。
 
プロジェクトのCEO、Gapseong Noh氏は述べています。

GANAエコシステムは、当初は大麻産業からのデータ収集を重視するが、システムに参加したい人は誰でも参加できます。例えば、モバイルアプリケーション用のデジタルコンテンツの制作者は、GANAエコシステムユーザー向けのコンテンツを提供することができます。この場合、有用なフィードバックを得て、コンテンツの質と関連性を向上させることにそれを使えます。
 
GANAは、大麻産業の最高の専門家と提携し、既存のシステムを近代化するつもりです。 例えば、患者は、GANAアプリケーションを使って、処方された治療を事前注文し、現地の診療所で受診することができます。システム内におけるすべての支払いは、GANAトークンでおこなわれます。

 
1 GANAトークンの価格は0.00005 ETHとなっています。GANAユーザーは、データを共有する報酬としてトークンを得ることができます。ICO期間中、プロジェクトは20,000から60,000までのETHに集める予定です。
 
調達された資金はエコシステムの研究開発のために利用されます。公売の上限は3 ETHです。 初期のバイヤーは最大10%のボーナスを得ます。
 
GANA Technologies ICOの詳細については、公式ウェブサイトhttps://ganacoin.io/icoをご覧ください。
 

※本記事は、PR会社 Drofa社から頂いた情報を元に執筆しています。

 

さいごに

 
日本ではもちろん禁止されている大麻ですが、海外では医療用として利用されているそうです。仮想通貨やブロックチェーンを利用した新しい取り組みなどでは、自国では見ることのないプロジェクトを見ることができますね。
 
 

 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。