• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

BFDChain ソリューションで暗号通貨ファンドの未来の扉を開くBefundとは

 
ブロックチェーン技術の潜在的な欠点にフォーカスした、主要メディアによる報道を多く目にしますが、 初期の暗号通貨ホルダーや開発者たちは、膨大な数の人々が暗号通貨トレードに関心を寄せるのを目の当たりにしており、同業界の明るい未来について忙しく考えを巡らせているようです。
 
非営利団体の Befund サービスプラットフォームは、 将来のトレーダーやファンドマネージャーのためのツール開発に熱心に取り組む、このような先駆的考えを持つ人々のグループによって考案されました。
 
Befund の創設者は、独自のトークンを発行してプロダクトを効率よく管理するファンドマネージャーによって、この業界の次のトレンドが形成されると確信しているようです。
 

Befundチームにおける目的とは

 
Befund チームは、専門家のために、BFDChain の公開サイドチェーン技術をベースにした分散型のソリューションを構築しました。開発者は、大規模なファンドの購買力を利用できる専門家にサポートされた、暗号通貨トレーダーの国際的なエコシステムを構築することを目指しています。
 
暗号通貨市場についての知識が限られている初心者の投資家は、暗号通貨 ICO に自分で闇雲に投資するのではなく、専門家が管理する暗号通貨ファンドに投資することが可能になるそうです。
 
現在プロのファンドマネージャーは、単純な資本をはるかに超える価値あるリソースの総合的なネットワークを活用することができます。彼らは、業界の専門家、各種情報、様々な技術的プラットフォームとの結びつきの強化に懸命に取り組んできました。熟練のファンドマネージャーは、企業のホワイトペーパーを批判の目で適切に検討するスキルを持っています。
 
また、様々な企業が標準的な査読過程にどのように対処するのかも熟知しています。しかし、暗号通貨トレードのセクターは生まれて間もない業界なので、クライアントに暗号通貨ファンドに関する自分の洞察をスムーズに配信できるようなツールを彼らは持ち合わせていないのです。
 
 

暗号通貨トレードのエコシステムを拡大するプラットフォーム

Befund チームは、有能な暗号通貨ファンドマネージャーが管理する優れた資金運営と一般の暗号通貨ファンとを結びつけることで、暗号通貨トレードのエコシステムを拡大するプラットフォームを構築しました。
 
ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を基にした Befund の分散型サービスプラットフォームでは、設定から毎日のポートフォリオ管理、決済支援まで、ファンドのあらゆる側面をファンドマネージャーが効果的に処理することができます。
 
プラットフォームは、自分自身の暗号通貨トークンの発行を希望する未来のファンドマネージャーのために構築されています。これを実現するために、 Befund は暗号通貨ウォレット、サブスクリプションプラットフォームなどを備えた SaaS ツールプラットフォームやブックビルディングプロダクトを提供します。これらはみな、急成長する暗号通貨ファンドの管理セクターをサポートするためのツールです。
 
Befund の海外事業部門のダイレクター、カリル リン氏は次のように語ります。

現在市場で利用できるツールは、従来のファンドが最低限望むようなパフォーマンスレベルを維持しながら、スムーズにブロックチェーン技術を組み込むという方法で、暗号通貨ファンドをサポートすることができません。
 
Befund は、投資コミュニティが、規模における複雑な需要に対応できるプラットフォームを必要とするようになることを予測しています。私たちは、専門家、アドバイザー、業界参加者による強力なチームを編成しました。
 
このチームが世界の金融システムにプラスの影響を与えるようになるでしょう。世界中の暗号通貨ファンドの顧客基盤拡大において重要な役割を果たすための取り組みの一環として、私たちの目標は、パワフルな暗号通貨資産管理ツールを求める全ての人にとっての理想的なプラットフォームとなることです。

BefundのBFDChainは、 BFDTトークンにより運営され、ラーニングモジュールやスマートコントラクトのテンプレートへのアクセスに使用されます。主要なBFDTホルダーは、このプラットフォーム上でおこなわれる独占的な先行ファンドセールに参加する資格が与えられます。
 
最大20億 BFDT が発行され、そのうち 9% は戦略的な後援者への販売、25% (パブリッククラウドセールを含む) は KYC の行程を経てホワイトリストされた購入者への販売、 そして 20% が Befund チームに配布されます。5億 BFDT 全てが販売可能となります。
 

Befund についての詳細は、同社ウェブサイトhttp://www.Befund.io/でご参照ください。

 

※本記事は、スタートアップ企業がICOによる資金調達を検討した際に、調達を成功に導くためのブロックチェーンのコンサルティングや、ソリューションを提供されているICOBox様よりいただいた情報を元に執筆しています。

 
 

さいごに

 
いかがでしょうか。
 
仮想通貨の投機的側面に注目をおいたプロジェクトである、Befund。気になる方は、公式HPをご参照くださいませ。
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事