• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

ICO最後の週を迎えるBefundが描く未来とは?

 
Befund分散型デジタルマネーファンドサービスプラットフォームは、次週そのICOを終了する予定です。BFDTの購入に関心のある方にとって、年末に取引所に上場されると言われるこのトークンを手に入れる最後のチャンスとなりそうです。
 
 

Befund、暗号通貨トレードの国際基準となるツールとは?

 
Befund は、当初ブロックチェーン技術への関心の高まりや暗号通貨トレードコミュニティの需要に対応するために開発されました。
 
暗号通貨市場は、関連ツールやデジタルインフラストラクチャーの開発の速度を上回る成長を続けました。そこでBefundのチームは、暗号通貨トレードの国際基準となる信頼できるツールの開発に着手したそうです。
 
同社のテクニカルツールとサービスは、ブロックチェーン技術に円滑に組み込まれ、従来のデジタルファンド管理に慣れている人なら誰にでも簡単に理解できる、直観的でユーザーフレンドリーなインターフェースを提供する予定だそうです。
 

このプロジェクトは、世界中のデジタルマネーファンド、ファンドマネージャー、および企業の運用ニーズに対応するため、世界基準に準拠して標準化された単一エコシステムプラットフォームを構築することを目指しています。
 
プラットフォームは、国際的な法的枠組みに適合するよう設計されており、財務面での相互作用に明るい未来を確信する企業からの参加者に、必要なすべてのツールを提供します。
 
プラットフォームは、独自のBFDChain上に構築されたツールを提供、ファンドおよびファンドマネージャーに、独自の分散型金融アプリケーション (Dapps) の開発の機会を提供します。
 
企業は、KYC/AML、ROIレポート、スマートコントラクト統合など、各種SaaS機能にアクセスすることができます。
 
 

Befundの描く未来

 
Befund は、暗号通貨とブロックチェーンセクターの次の進展に、 独自のトークンを発行するファンド管理会社が大きな役割を果たすと信じています。
 
このプラットフォームのトークン販売技術は、 ファンドマネージャーにブックビルディングサービスを提供し、トークンを発行し配布する機能を提供します。
 
同社は、トークン生成へのユビキタスアクセスが、より広範なオーディエンスへと暗号通貨の世界を広げ、多彩なポートフォリオ資産の堅牢で民主的なネットワークを構築すると確信しています。 また、すべてのBFDChain参加者は、専門家によるトレードガイダンスにアクセスできます。
 

Befundの海外事業部門ダイレクター、カリル リン氏は次のように語ります。

トークン化されたファンドには未来があると思います。当事者間の信頼関係の問題を解決するのに役立ち、投資家とファンドとの強いつながりをグローバルに構築します。私たちのプロジェクトは、緊急の技術的な問題を解決することで、このような未来の到来を早めようとしているのです。Befundは、トークン化されたファンドの安定した規制環境を構築するために、管轄区域内の政府や当局と協働するエコシステムの構築に懸命に取り組んでいます。

続いて、リン氏は規模において複雑な要求を満たすことが可能な、簡単に使用できるプラットフォーム構築に関するBefundのアプローチについて説明しました。同社は、Befund.io V.01のリリースを今年の夏に計画しています。
 
2019年に向けてプロダクトの微調整が続けられ、最終ゴールである同社のオープンソースコードのリリースも来年に控えています。
 
BFDChainは、BFDTによって運営され、このトークンは、週末に終了するICOでの販売を通じてのみ取得可能です。最大20億BFDTが発行され、ICO期間中に5億BFDTが販売されます。
 
Befundについての詳細情報は、befund.ioをご覧ください。
 

※本記事は、スタートアップ企業がICOによる資金調達を検討した際に、調達を成功に導くためのブロックチェーンのコンサルティングや、ソリューションを提供されているICOBox様よりいただいた情報を元に執筆しています。

 
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか。
 
Befund のICOは今週で終了をする予定だそうです。こちらのプロジェクトや、トークンに興味を持ち価値を感じた方は公式サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。
 
ICOは自己責任が基本です。しっかしと下調べをおこなったうえで、余剰金での投資をおすすめします。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆様のお役にたてるようなFinTechに関わる最新ニュース、コラムを配信して参ります。よろしくお願いします。

関連記事