• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

人工知能がお金を増やす!?小難しい投資の頼れるロボ | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
突然ですが、みなさんは「インベスターZ」というマンガをご存知でしょうか。ドラゴン桜などを描いた三田紀房さんの投資に関するマンガで「モーニング」(講談社)にて連載されています。
 
中学生の主人公が入学した中高一貫の名門校には、その学年で1番優秀な生徒のみが入部できる投資部という部活が存在し、学校のお金を投資で増やしているという秘密がありました。
 
投資など全く知らなかった主人公でしたが、入部をきっかけに投資の面白さと恐ろしさにのめり込んでいくというストーリーです。
 

「お金でお金を稼ぐ」インベスターZのように投資(資産運用)に関して、初心者でも学びやすいものが増えてきていますが、難しいイメージも残っています。その分野にフィンテックの技術がはいり「知識のない人でも人工知能に資産運用をしてもらう」というサービスがでてきました。
 

人工知能が投資をおこなう、ロボ・アドバイザー。

 

ロボアドバイザーは、アルゴリズムを整理・分析するコンピューターが投資をはじめたいと思っている人の思考性に応じて自動的に資産運用をおこなってくれるサービスです。
 

あまり馴染みがないですが、富裕層の方は、自分の資産を他人に預け増やしてもらうということがよくおこなわれているそうです。機能面から見ると、ロボアドバイザーはこれまで金融プロフェッショナルの方が提供してきた、そんなサービスを代替していくことが期待されています。
 
プロ並みのアドバイスを小額の元手からも、おこなってくれるのがロボアドバイザーなのです。
 

そもそも資産運用ってなに?

資産運用とは、簡単に言ってしまえば「お金を元手にリターン(利回り)を得るもの」ということになり
 
資産運用 = 貯蓄 + 投資
 
という計算式で表すこともできます。
 

元手は減る可能性が少ないが、利益の少ないもの
  ▶ローリスクローリターンな貯蓄型資産運用貯蓄型資産運用(守りの資産運用) 
元手は減る可能性があるが利益の大きいもの
  ▶ハイリスクハイリターンな投資型資産運用(攻めの資産運用)
 

の2種類があり、多くの投資運用という言葉は株などのような投資型資産運用だと思われています。今回紹介しているロボアドバイザーも投資型資産運用に分類されます。
 

資産運用を機械に任せるメリットってあるの?

投資の基本「分散投資」

元手が減る危険がありつつも、大きな利益を狙う投資は攻めの資産運用ですが、可能な限りのリスクは低くします。そのために投資の世界には分散投資という考え方があります。
 

「卵は一つのカゴに盛ってはならない」という有名な格言があるように
たった一つのカゴを落としてしまえば中に入っている卵は全て割れてしまう危険性があることから、カゴを分散させるという考えです。
 
投資でも多くのカゴ(企業などの投資先)に卵(元手となるお金)を入れます。
こうすることにより、リスクを分散させることができますが、デメリットとしては以下の2点があります
 
・一発あたりでがっぽり儲かることがない
・管理が煩雑になる
 
ということがあります。投資のイメージでは、いつが買い時でいつが売り時なのかをパソコンの前にかじりつき株価の上がり下がりを見るというものがあります。
 

ロボアドバイザーとは、そういった面倒さを肩代わりしてくれる、資産運用の分野におけるサービです。
 

ロボアドバイザーの機能

ライフプランニング機能

投資をはじめたい人の人生設計に応じて資金計画を立て、どれだけのリスク・リターンを求めるのかを決めファイナンシャル・アドバイザー(FA)と呼ばれるプロの人達が提供してきたサービスです。
 

資産運用機能

与えられた資産運用方針の中で、様々な資産に投資をおこなうもので、インベストメント・マネージャー(IM)やポートフォリオ・マネージャー(PM)と呼ばれる人達が提供してきたサービスです。
 

簡単に言うと、「あなたはこういう人です!そんな人はこれに投資をしたら無難です!」ということを教えてくれるがロボアドバイザーサービスなのです。
 
投資の知識は無いが、興味はある人に適したサービスと言えるでしょう。

 

ロボアドバイザーのリスク

 

ロボアドバイザーは金融理論に基づいて構築されていますが、懸念点はサービス自体が始まったばかりだという点です。大学では主席で超優秀そうなデキる風ですが、実際に働いたことの少ない新入社員というところでしょうか。
 
企業努力により日々アルゴリズムは進歩しているので少額からトライしてみて、新しいサービスに触れてみるのもいいかもしれませんね。
 

さいごに

 

 

いかがでしたか。
 
今回は、フィンテックの領域でも注目を集めつつある、ロボアドバイザーを基本的な投資の話も踏まえて紹介しました。また今後は、実際にロボアドバイザーのサービスをおこなっている企業やサービスの具体的な話や、使用してみてのレポートなどもしていきたいと考えておりますので、その際はぜひご覧になって頂けると幸いです。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。