• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

証券市場の仲介役、証券会社を襲うフィンテックの影響とは? | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
世界中でニュースに事欠かないFintech(フィンテック)サービスや技術は、証券会社含めた金融業界、IT業界でも注目の的となっています。日本でも「フィンテックが証券会社のお株を奪うのでは」と囁かれていますが、今回はフィンテックが証券会社に与える影響を、証券会社の業務内容を含め解説します。
 

そもそも証券会社の業務って?

 
普段生活ではあまり馴染みのない方が多い、証券会社はどのようなことをしている組織なのでしょう。証券会社の業務内容は様々ありますが、基本的には個人や法人の資金調達資産運用を担っています。一般事務など証券を取り扱わないものを除くと大きく「流通市場の業務」と「発行市場の業務」の2つに分類することができるようです。この2大分類からも、業務はそれぞれ2つずつに分けることができるそうです。

  • 流通市場業務(既に発行されている株式や債券などを取引する業務)
     ・ディーラー業務
     ・ブローカー業務
  • 発行市場業務(新しく発行される株式や債券を販売する業務)
     ・アンダーライター業務
     ・セリング業務

この4つは有価証券(株式、債券など)を取り扱うことに関して共通した業務です。しかし具体的な業務内容は別物であり、この違いがフィンテックの影響についても関係してきます。まずはディーラー業務の内容からご紹介致します。
 

ディーラー業務(流通市場業務)

ディーラー業務は証券会社が自社のお金で有価証券を売買します。つまり一般投資家の資金を運用せずに、自らが投資家のような立場として業務をおこなっていきます。
 

ブローカー業務(流通市場業務)

ブローカー業務は委託売買業務といい、一般投資家からの注文を受けて有価証券を売買します。この業務では投資家から委託される手数料などから収益を上げることができます。
 
 

アンダーライン業務(発行市場業務)

アンダーライン業務は、引き受け・売り出し業務ともいい、引き受けでは国や企業が発行する有価証券(債券・株式)を全部か一部買い取ります。そして売り出しでは投資家へ有価証券を販売します。しかし、このとき売れ残った分は買い取った証券会社が引き取ることになります。
 

セリング業務(発行市場業務)

セリング業務は募集・売出し業務ともいい、新規公開する有価証券などをを募集しそれを売り出します。セリング業務は引き受け(買取り)をするわけではないため、有価証券が売れ残った場合でもそれを引き取る必要はありません。
 
以上の4つが証券会社の業務2大分類を構成する要素です。ではこれらを踏まえて、次はフィンテックの影響を大きく受ける業務について解説致します。
 
 

フィンテックの台頭で影響を受けるのはブローカー業務?

 
証券会社自体に大きな影響を持つと思われるフィンテックサービスはどのようなものがあるのでしょうか。証券会社に大きな影響を持つと考えられるフィンテックサービスではロボ・アドバイザーなどが挙げられるようです。ロボ・アドバイザーとは、人工知能によるアルゴリズム(計算式)で過去の株のビックデータを調べることにより、安価で正確な投資のアドバイスと運用をすることができるフィンテックサービスです。
 
ロボ・アドバイザー以下のような特徴を持ちます。

  • 投資一任運用型(ラップ)
    一般的に、フィンテック領域で言われるロボ・アドバイザーとは金融ベンチャー企業が提供するサービスです。特徴としては、自動で資産の運用までしてくれるので任せっきりにできるという点です。
  • 助言型(アドバイス)
    既存の大手金融企業が提供しているサービスとして一般的です。投資一任運用型とは違い、アドバイスをおこないますが資産運用はユーザーが自らおこないます。

 
登録が簡単自動での運用もおこなってくれ、なおかつ費用が安いというころが、ロボアドバイザーの大きなメリットです。現在は精度に関して若干疑問視されている点もあるようですが、人工知能による集合知が充実すると、既存の証券会社の顧客である個人投資家が移ることも考えられます。
 
そうなると影響を強く受ける業種はブローカー業務と言えます。現在では一般投資家からの注文を取ることを主な業務としているブローカー業務は新規顧客の獲得に関して影響を強く受けるのではと言われています。既に取引をしている顧客は信頼できるブローカーに引き続きお願いしたいと思うでしょうが、これから資産運用を始めようという次の世代の投資家からすると費用も安く、情報がたくさんあり、自動運用も任せることのできるロボ・アドバイザーに興味を持つことが考えられます。
 
今後は更に、ブローカーとしての証券マンの価値が試されるようになることは間違いなさそうです。では逆にフィンテックが機会をもたらす業種はあるのでしょうか。
 

関連記事|人工知能がお金を増やす!?小難しい投資の頼れるロボ
ロボ・アドバイザーの概要を紹介しています

 
 

ディーラー業務、アンダーライター業務にとっては機会になる?

 
フィンテックによる証券会社への影響は、悪いことばかりではないようです。フィンテックのテクノロジー(technology)の領域である、AIによるビッグデータ解析が証券会社の業務レベルを上げると言われています。
 
AIによるビッグデータ解析とは人間では処理しきれない量のビッグデータを、人間には不可能なスピードで分析・解析するシステムです。そしてこの影響を強く受けるのがディーラー業務アンダーライター業務だと言われています。

 
ディーラー業務は自己資金での有価証券の売買をおこない、アンダーライター業務は有価証券の売れ残りを引き取る業務です。これらに業務には「失敗した場合のリスクが比較的に高い」「過去のデータを解析して今後の傾向を見る」という共通点があります。
 
つまり「より精度の高いデータの分析・解析が必要」となります。このデータ分析に関して、フィンテックの企業はビッグデータを解析するAIを開発していますので、証券会社はそれを活用することにより、業務効率と利益の向上ができる可能性があると言われています。
 
また、証券会社の投資による深い知見と、膨大なこれまで扱ってきた株のデータを利用することによってフィンテック企業との提携によりよりよいサービスを提供することができる可能性もあります。
 

関連記事|進化するフィンテックの低コスト化に貢献、ビックデータについて
フィンテックの発達に貢献するビックデータについての解説記事です。

 

関連記事|フィンテックの成長を支える4つの要素と、今後の発展とは?
本記事に記載のある、ビックデータとAIについて書かれた記事です。

 

まとめ

フィンテックの技術によって証券会社は、ある業務では顧客を奪われるリスクを持つと共に、更に利益を多く得ることのできるチャンスを得ると考えられています。フィンテックの変化に適応してさらに発展していく企業、変化に取り残され衰退してしまう企業、便利さやシンプルさを求める人のニーズがある限りフィンテックの波とどう向き合っていくのかが証券会社には大切なのかも知れませんね。

 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事