• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

ロボアドバイザーの登場で若者も資産管理サービスを享受できる時代に! | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
これまで富裕層向けに限定されていた資産運用サービスが、Fintech(フィンテック)、AI(人工知能)の進化とともに一般の人達も活用できるようになってきたようです。
 
20~30代の投資初心者が利用者の多くを占めるサービス『ロボアドバイザー』をご紹介します。
 

そもそもロボアドバイザーとは

 
ロボアドバイザーは一言でいうと『全自動の資産運用サービス』です。
 
年齢や収入、運用目的、リスクに対する対応などの簡単なアンケートに回答するだけで、ユーザーがどの程度強気に投資をできるのかをコンピュータにプログラムされたアルゴリズム(計算)によって判定されます。
 
それに基づいてユーザーに適した投資先リストの作成や国内外ETF(上場投資信託)の提案を自動的におこない、売買などをおこなってくれます。その中には節税までおこなうロボアドバイザーもあり、難しい金融知識がなくても資産運用をおこなえることが若い世代に人気を呼んでいる理由だそうです。
 
こういった金融サービスを受けられるのは少し前まで富裕層に限られていましたが、フィンテックの発達によりアルゴリズム(計算)が一般化され、多くの人にサービス提供が可能になりました。
 
今後、アルゴリズムはの人工知能の発達によって、ますます高度なものになることが予想されています。
 

代表的なロボアドバイザー企業

 
アメリカでは、ロボアドバイザー企業「Wealthfront」、「Betterment」が並んで非常に多くの人に認知されています。
 
Welthfrontの投資手法はウェブで公開されており運用方法の透明化がおこなわれています。ユーザーへのアンケートに基づいてポートフォリオ(投資をおこなうリスト)を構築し、マーケットの動きにあわせて自動的に調整をおこないます。
 
また節税面にも考慮した自動計算をおこない、ユーザーにより多くの利益をもたらすよう工夫されており、投資金額500ドルから運用報酬は最初の1万ドルまでは無料、それ以上は一律年0.25%というシンプルで低価格なシステムとなっています。
 
日本では「ウェルスナビ」がWealtfrontと同様の節税面まで考慮したサービスを展開しています。投資金額が100万円以上と高額スタートではありますが、SBI証券との提携サービスでは30万円から利用できハードルが少し低く設定されています。
 
このサービスはいわば「万人向け」の資産運用ポートフォリオですが、その一方で自分の興味があるテーマで投資をしたいという人に適したサービスもあります。
 

 

金融機関サイドにとってのメリット

 
ロボアドバイザーの登場は、ユーザーにとってだけでなく、金融機関にとってもメリットがあります。
 
金融資産(自分の持つお金関連の財産)といえば、アメリカ人はまず年金基金、次に投資信託・株がきて、最後に銀行預金と考えるそうです。一方、日本人は、真っ先に銀行預金を思い浮かべるのではないでしょうか。
 
日本の金融機関はいままで、銀行に預けてからお金を動かそうとしない顧客を投資に向かわせようとしてきたそうですが、その対象は今資産を持っている世代に焦点を絞っており、新たに資産を持つ、あるいは今後新たに資産を持つ世代にはあまり目を向けてこなかった傾向があったようです。
 
ロボアドバイザーによる少額からの投資で成功体験を重ねる若い世代の人が増えると、投資に対するイメージが良くなり、貯金を第一とする考え方も変わるかもしれません。
 
証券会社などの金融機関側はその動きに応じて新たな金融商品を考える必要がありますが、それによってこれまでターゲットとしてこなかった顧客の獲得が望まれることにもなります。投資マインドの変化によって金融商品を柔軟に考えられる人々が増えることは、金融機関に新たな存在意義をもたらすことにも繋がると言われています。
 
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか。
 
資産運用は、お金持ちがやるものであるとか、なんとなく怖いといった金融に対する心理的なマイナスイメージがロボアドバイザーにより軽減され「資産運用の一般化」が浸透しはじめています。
 
ただ、どれだけフィンテックのテクノロジーや、ロボアドバイザーが進歩しても、運用の責任が個人にあることは変わりません。その意識をもった上で、様々な金融テクノロジーを主体的に選択し、資産形成に役立たせていきたいですね。
 

関連記事|人工知能がお金を増やす!?小難しい投資の頼れるロボ
ロボアドバイザーの説明を資産運用とは何かという点から紹介しています。

 

関連記事|資産運用を考える方へ。17のロボアドバイザーサービス紹介
国内の17のロボアドバイザーサービスを紹介しています。

 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。