• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

FINTECH(フィンテック)企業・英語圏のサービスまとめ、カテゴリ別106選! | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
日本のFintech(フィンテック)領域は、まだまだ発展途上だと言われています。実際にフィンテック先進国と言われているアメリカなどと比べると、市場規模がとても小さいというのが現状だそうです。ではフィンテック先進国と呼ばれる国々ではどのような企業がサービスを展開しているのでしょうか。英語圏にあるフィンテックグローバル企業を可能な限りご紹介します。
 
 

海外におけるフィンテック

日本の金融サービスはこれまで、世界と異なる形で独自に進化してきました。規制で守られた既存の金融サービスは行き届き、実に便利で、アメリカのようにスタートアップ企業が解決すべき課題がなかなか見つからないのかもしれません。これが日本でフィンテック企業が誕生しにくい理由のひとつと言われています。
 
ただし、金融サービスに不満がないかと言えばそうでもなく、やはり他の国の進んだフィンテックサービスは気になります。今回はアメリカ、オランダ、イギリスなど英語圏のフィンテック企業とサービスを紹介します!
 
 

フィンテックグローバル企業まとめ

【INDEX】

 
 

仮想通貨

 

炊飯器にまで?ビットコインの普及を目指す

21inc

事業内容

自社アプリやサービスでBitcoinを使えるようにするソフトウェアを提供することを目的としている会社。世界中にビットコインを普及させるため、ビットコインマイニングを生活の中に取り入れる新技術の開発を計画している。USBをはじめ普段の日常でもよく使う電子機器にビットコインを作り出す(マイニング)ためのチップを埋め込むことを予定している。

料金形態

・コンピュータの利用料がかかる
・コマンドラインの利用は無料

特徴

・チップ販売もおこなっており、自社デバイスに取り付けることも可能
 

 

詳細
プロダクトURL:https://21.co/
カテゴリ:仮想通貨
会社設立:2013年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$121.05M
 
出資企業:Andreessen Horowitzm, Avant Global, Dara Khosrowshahi, Data Collective, Drew Houston, Jeff Skoll Group, Karl Mehta, Khosla Ventures, Mark Pincus, Peter Thiel, Qualcomm Ventures, RRE Ventures, Winklevoss Capital, Yuan Capital

 
 

企業が管理する仮想通貨

Ripple(リップル)

事業内容

仮想通貨でリアルタイムで直接取引ができる国際決済システムを開発している。ビットコインなどのような仮想通貨は基本的に企業のような中央となる組織が存在しないことが一般的と言われているなか、リップルは企業が運営をおこなっている。時価総額はビットコイン、イーサリアムについで高い価値を持っている。

料金形態

・取引ごとに0.00001 XRP(リップルの単位)がかかる

特徴

・”XRP”という暗号通貨をつかう(bitcoinが使うのは”BTC”)
・Bitcoinと同様に存在量が決まっている(1,000億XRP)
 

詳細
プロダクトURL:https://ripple.com/
カテゴリ:仮想通貨会社設立:2012年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$93.6M
 
出資企業:Abstract Ventures, Accenture, AME Cloud Ventures, Andreessen Horowitz, Avant Global, Blockchain Capital, Camp One Ventures, CME Ventures, Core Innovation Capital, CRCM Venture Capital, Digital Currency Group, FF Angel LLC, GV, IDG Capital Partners, Jesse Powell, Lightspeed Venture Partners, Nurzhas Makishev, Pantera Capital, Route 66 Ventures, RRE Ventures, Santander InnoVentures, SBI Investment, SCB Digital Ventures, Seagate Technology LLC, Standard Chartered Bank, Tusk Ventures, Vast Ventures, Venture51

 
 

支払い

請求書はデジタルで一括管理

AcceptEmail

 

事業内容

デジタルの請求書を受け取れるサービス。家賃や光熱費、スマホ代、日々の買い物の支払いなどをAcceptEmailで一括管理できるため、個々のサービスにログインする手間が省ける。

料金形態

・支払い1回ごとに手数料がかかる
・初期費用+月間費用

特徴

紙の請求書の発行費用を抑えたり、うっかりなくしたりといったことを防げる
 

詳細
プロダクトURL:https://www.acceptemail.com/us
カテゴリ:支払い
会社設立:2006年
本拠地:オランダ
資金調達額(百万USドル):-
出資企業:-

 
 

オンライン決済のシステムを提供

Braintree

事業内容

オンラインで買い物をする際の支払いシステムを提供している。クレジットカード、Apple Pay、Android Pay、venmo、PayPal、Bitcoinなどに対応している。あるサイトのなかでBraintreeに登録すると、ほかのサイトで決済するときにクレジット情報を入力しなくても済む。サイトが変わるたびにクレジット情報を入力することはユーザー離れにもつながるため多くのサービスが導入をすすめている。

料金形態

・多くの場合、1回の利用手数料は2.9% + $.30
・月額利用料などはかからない

特徴

・PayPalの子会社(PayPalにより買収された)
・2013年9月、買収額は8億ドルを現金でおこなわれた
・AirbnbやUber、GitHub、Facebook、Pinterestといった世界40カ国以上の企業数千社に採用されている
・世界14都市、優勝賞金1230万円のグローバルなハッカソンを開催している
 

詳細
プロダクトURL:https://www.braintreepayments.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2007年
本拠地:シカゴ
資金調達額(百万USドル):$69M
 
出資企業:Accel Partners, Greycroft Partners, New Enterprise Associates, RRE Ventures

 
 

時期PayPalの呼び声も

Dwolla

事業内容

オンラインでお金を送金するときの「手数料の高さ」、「送金作業の不便さ」を解決することを目指しフェイスブックで連携している送金サービスを提供している。また、開発者向けに送金用のAPIを提供している。銀行の認証や顧客管理、顧客同士のお金の送受に対応する。管理を簡単におこなえるように、Dwollaオリジナルのダッシュボートも提供されている。

料金形態

・10ドル以下は無料
・10ドル以上の決済は25セントがかかる

特徴

・アメリカの銀行ならびにクレジットカードに対応する
・2015年、米国土安全保障省は、Dwollaの決済サービスでのBitcoinに関する取引を停止させた
・俳優のAshton Kutcherが出資した
 

詳細
プロダクトURL:https://www.dwolla.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2008年
本拠地:アメリカ
資金調達額(百万USドル):$32.45M
 
出資企業:Andreessen Horowitz, CME Ventures, Paige Craig, SeventySix Capital, Thrive Capital, Union Square Ventures, Village Ventures

 
 

世界のどこからでも国際決済

Adyen

事業内容

企業が世界のどこからでもオンライン、モバイル機器、店舗といったあらゆる決済チャンネルで、どんな種類の決済方法をも対応することができるようになることを目指している国際決裁サービス。VisaやMasterCardを含めた250種類の支払い方法と連携している。決済のボリュームを増やすためにも大企業の国際化を支援する、さまざまな端末によりアクセスできるシステムを開発導入する、不正なアクセスに対する強化を方針として3つあげている。

料金形態

・処理ごとにAdyen上での手数料がかかる(1,000回以上、5,000回以上、25,000回以上など、利用する回数によって手数料はどんどん安くなっていく
・0-1,000回は€0.100)+クレジットカードに応じて手数料がかかる
・開設手数料はかからない

特徴

・FacebookやUber、Airbnb、Netflix、Spotify、Dropbox、Evernote他さまざまな大手企業も導入している。ユニコーン企業でもある
・250種類以上の決済方法と187通貨に対応
・ブラジル、メキシコ、中国などで成長
 

詳細
プロダクトURL:https://www.adyen.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2006年
本拠地:アムステルダム
資金調達額(百万USドル):$266M
 
出資企業:Felicis Ventures, General Atlantic, ICONIQ Capital, Index Ventures, Temasek Holdings

 
 

この一枚ですべてOK!

Dynamics

事業内容

コンピュータを内蔵しているクレジットカード。支払いごとにカード番号が作れるため、スキミング等の不正利用につながる被害を防げる。MasterCardと提携している。カード券面に配置された「ボタン」を指で押すことによって、カード上の磁気ストライプ情報が書き換わる、例えばクレジットカードとポイントカードのように、1枚のカードでありながら用途に応じて異なる機能を切り替えて使うことが可能。

料金形態

・年間利用料は一切かからない

特徴

・カードの表面には2つのボタンがあり、それを押すことでカードの内容を選べる。Visaが使えるところであれば利用できる
・国際ブランド会社のMasterCardなどがダイナミクス社に対して7,000万ドルの出資をおこなう
 

詳細
プロダクトURL:https://dynamicsinc.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2007年
本拠地:ピッツバーグ
資金調達額(百万USドル):$110.7M
 
出資企業:Adams Capital Management, Bain Capital Ventures, CIBC Capital Partners, MasterCard

 
 

請求書の支払いを自動化

Entryless

事業内容

請求書の支払いを自動化するサービス。煩雑な請求書・支払い処理業務をオンラインで自動化し中小企業の会計業務効率改善を支援する。QuickBooksやMYOBといった会計管理ソフトとの連携も可能。同社代表はスタンフォード大学でPayPalの創業者Peter Thiel氏の講演からインスピレーションを得て、起業した。

料金形態

・無料プランがあり、月300通までの請求書を無料で処理できる
・月間$29.99で上限なしのプランと、同じく月間$29.99でメールを自動でチェックしてくれる機能付きのプランもある(1通あたり$1.49)

特徴

・マレーシアのマクドナルドのフランチャイズなどでも利用されている

 

詳細
プロダクトURL:https://www.entryless.com/index-3.html
カテゴリ:支払い
会社設立:2013年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):-
出資企業:-

 
 

SNS経由で送金が可能

Fastacash

事業内容

WhatsAppやFacebookといったSNSを経由してお金を送れる、シンガポール発のFinTechサービス。P2P(人から人へ)とP2M(人からお店へ)の2種類の支払い方法を提供。「WhatsAppで写真を送れるのに、なんでお金も送れないの?」という疑問からサービスの提供が開始された。

料金形態

特徴

・TwitterやInstagramといった主要SNSでの連携が可能
・WeChatやLINEなどのSNSでも利用できる

 

詳細
プロダクトURL:https://www.fastacash.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2012年
本拠地:シンガポール
資金調達額(百万USドル):$23.5M
 
出資企業:Golden Equator Capital, Jagdish Chanrai, Jungle Ventures, Life.SREDA, Rising Dragon Singapore Pte Ltd, Spring SEEDS Capital, Spring Singapore, UVM 2 Venture Investments

 
 

クレカの番号をもう入力しなくていい!

Flintmobile

事業内容

クレジットカードの番号をスマホカメラで撮影するだけで支払いができる。スキャンやスワイプを必要としない。フリント・モバイルはパートナーにオリジナルのペイメント、送り状を作る。

料金形態

・年間で10通の請求までなら無料で使うことができる
・50のクライアントまでなら年間で$99.99(プロプラン)
・5ユーザまでが使える企業プランは年間$149.99

特徴

・Apple Passbookと連携し、クーポンをFintmobile上でも管理できる
・モバイルペンイメントApp拡張により、US$600万を確保した
 

詳細
プロダクトURL:https://www.flint.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2011年
本拠地:レッドウッドシティ
資金調達額(百万USドル):$20.4M
 
出資企業:Digicel, Kortschak Investments, L.P., Peninsula Ventures, Storm Ventures, SVG Partners, True Ventures, Verizon Ventures

 
 

スマートフォンタブレットで簡単にカード決済が可能に

iZettle

事業内容

スモールビジネス(中小企業)向けの決済サービス。スマートフォンまたはタブレットにiZettleから送られてくるツールを取り付けるとカード決済が可能となる。アプリ(無料)では売り上げの管理もおこなえる。スウェーデンから生まれたサービスで創業者の妻がその場でカード決済ができないかという悩みを相談し、類似のサービスを提供しているSquare社がヨーロッパに普及できていないことから事業をスタートさせた。

料金形態

・決済処理時に手数料がかかる(iZettleのカードリーダーを使うか否かや国によって価格は変わる)
・初期や月額、アプリの費用は一切ない
・カード決済時にトランザクション1件につき1.50スウェーデン・クローネ(約18円)と、決済額の2.75パーセントが加算

特徴

・Squareとほぼ同じサービス内容だが、本拠地や運営場所がヨーロッパ(カードリーダーとアプリの組み合わせを提供するサービスはiZettleが初)
・レシートは印刷できるが、メールで客に送信することも可能
・30カ国に対応
・YouTubeに掲載したプロモーション動画により拡散された
 

詳細
プロダクトURL:https://www.izettle.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2010年
本拠地:ストックホルム
資金調達額(百万USドル):$172.29
 
出資企業:Intel Capital, Zouk Capital LLP, Santander InnoVentures,
83North, Northzone, Index Ventures

 
 

メールアドレスと住所を登録すれば買い物が可能に

Klarna

事業内容

電子決済アプリケーション。Klarnaを利用すると、メールアドレスと住所を登録すれば買い物ができるほか、万が一の際の返金にも対応するなど手厚い顧客サポートがある。クレジットカードの情報を入力する必要はなく、使用する人の信用度は与信や購買履歴を分析しておこなう。手軽に使用できると同時に不正二使用されることを防ぐ仕組みも備わっている。

料金形態

・年利が19.99%かかる
・年間や月間などの利用料などはかからない
・ペナルティは、支払い遅れが$35.00

特徴

・ストックホルム商科大学の学生3人が作った
・買い物のたびにクレジットカード番号やパスワードを入力しなくてもよい
・支払いは商品到着後になされる
・2014年には、総額1億2500万米ドルの出資を確保
 

詳細
プロダクトURL:https://www.klarna.com/international
カテゴリ:支払い
会社設立:2005年2月
本拠地:ストックホルム
資金調達額(百万USドル):$291.33M
 
出資企業:Atomico, DST Global, General Atlantic, Investment AB Öresund, IVP (Institutional Venture Partners), Jane Walerud, Niklas Adalberth, Panorama Point Partners, QED Investors, Sebastian Siemiatkowski, Sequoia Capital, Victor Jacobsson

 
 

スマートフォンにおける銀行を目指す

N26

事業内容

「銀行の支店を時代遅れにする」というコンセプトで口座の開設もスマートフォンアプリで完結する「スマートフォンの銀行」を提供している。口座開設所要時間は4分で、書類の提出も不要。ATMからの現金の引き出し手数料も無料でNumber26が他行に支払う手数料を負担している。年会費が掛からないマスターカードも発行してくれる。海外送金も”Transfer Wise”という名前で提供していてカスタマーサービスもすべてチャットボットで対応している。

料金形態

・個人やビジネスの利用は月間使用料がかからない
・補償付きの銀行口座「N26 Black」だと月間€5,90かかる
・黒いマスターカードを入手できる

特徴

・ドイツ発のFinTechベンチャー
・銀行口座を4分で開設できる
・ピーターティールも投資をおこなう
・160,000以上の口座が開設されている
・顧客への通告をせず口座の閉鎖したことに非難が集まった
 

詳細
プロダクトURL:https://n26.com/
カテゴリ:支払い
会社設立: 2013年2月
本拠地:ベルリン
資金調達額(百万USドル):$52.73M
 
出資企業:Axel Springer Plug and Play Accelerator, Battery Ventures, Daniel S. Aegerter, David Schneider, Earlybird Venture Capital, Horizons Ventures, p50 ventures, Redalpine Venture Partners, Robert Gentz, Rubin Ritter, Valar Ventures

 
 

ヨーロッパで親しまれた決済サービス

SumUp

事業内容

Sumup専用のカード読み取り機で、クレジットカードでの決済を簡単にする。タッチするだけなので現金で払うよりも簡単で早い支払いを行えるのが店側の利点とされている。Square社に類似したサービス。使用手数料は2.75%とSquareに比べて安い。

料金形態

・決済手数料に2.75%かかる
・決済手数料以外の解説費用などはかからない
・読み取り機は$69(送料無料)

特徴

・2016年4月、ドイツの企業「payleven」に買収された
・日本を始め2013年に南米国にも進出
・グルーポンとアメックスから資金調達をおこなう
 

詳細
プロダクトURL:https://sumup.com/
カテゴリ:支払い
会社設立:2011年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$44.29M
 
出資企業:Banco Bilbao Vizcaya Argentaria, BBVA Ventures, b-to-v Partners, Groupon, Klaus Hommels, Life.SREDA, Shortcut Ventures GmbH, TA Ventures, Tengelmann Ventures, Venture Incubator, LLC

 
 

税金の支払い、請求書作成自動化

Tipalti

事業内容

企業向けに支払い方法を提供。税金の支払いや請求書作成の自動化など、顧客や企業の作業量や負担を減らす自動化システムを展開している。

料金形態

・アカウントのメンテナンス料として、月間利用料がかかる
・取引ごとの手数料と、外貨の場合は為替手数料も発生する

特徴

・”Tipalti”という名称はヘブライ語で“I handled it.(わたしが対処する)”という意味をなす言葉から来ている
・世界190カ国以上の支払いに対応
・アフィリエイトサービスがアフィリエイターへの報酬支払に利用している

 

詳細
プロダクトURL:https://tipalti.com/

カテゴリ:支払い
会社設立:2010年
本拠地:サンマテオ
資金調達額(百万USドル):$27M
 
出資企業:SGVC, Wicklow Capital

 
 

ローン、レンディング

 
 

身内から集めた軍資金を3倍に!身内が貸主なら金利が低いローンサービス

able

事業内容

起業する時に、親や友人からお金をかき集めて軍資金にするということは昔からあることではないでしょうか。中小企業向けに低金利ローンを提供するableは、そんな昔ながらの軍資金集めを少し取り入れたようなサービス。
 
お金を借りたいのであれば、まず親族や友達を集め出資者としてアプリ上でお金を借りることが勧められる。その借りることができた費用の額や身内の信用度によって、ableが最大で集めたお金の3倍までの融資をしてくれるそうでが、決して返済できないような額は借りることができないという仕組みになっている。
 
身内が貸主として支援すると、金利が低く設定され、身内らは形式が整ったお金の貸し借りをおこなえる上に、投資のリターンを得ることができる。
 

 

料金形態

・身内がお金を貸すと金利は2-10%
・身内+ableがお金を貸すと金利は8-18%
・ableがお金を貸すと金利は10-24%  
        上記のように金利を借り方によって選択可能
 

特徴

・100%身内から借りるプラン
・身内+ableから借りるプラン
・100%ableから借りるプラン
        上記3種類のプランから選択可能
 

 

詳細
プロダクトURL:https://www.ablelending.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2014年
本拠地:オースティン
資金調達額(百万USドル):$112.5M
 

出資企業:Aspiration Growth, Base Ventures, Blumberg Capital, Brendan Wallace, Community Investment Management, Correlation Ventures, E-Merge, Expansion Venture Capital, FLOODGATE, Founders Fund, Frontier Tech Ventures, Nick Ducoff, Otter Rock Capital, Peterson Partners, Peterson Ventures, Philippe Suchet, RPM Ventures, SierraMaya360, TDF Ventures, Western Technology Investment, ZenStone Venture Capital

 
 

ビックデータ解析による審査を取り入れた、ネット上の銀行

OnDeck

事業内容

中小企業向けのビジネスローンを展開する企業で、世界50億の会社で利用されている。借りたい人と貸したい人をマッチングするソーシャルレンディングなどは異なり、自社でローンとして渡せる現金を持っていると言う意味でネット上の銀行だとも言われることがある。
 
強みとしては、会計ソフトなどと連携していることによって得ることができる融資を求めている企業のデータを分析するビックデータの分析からの融資審査がある。この分析が早くて正確だそうで、申込みをして24時間でお金を受け取ることもできる、その上借りたお金を返せなくなってしまう貸し倒れが7%未満に抑えられている。
 

料金形態

・最大プランは$5,000,000(約5億4,945万円)/年利は5.99%から
・平均プランは$350,000〜$450,000(約3,846万~約4,945万円)/
・平均プランの3〜12ヶ月の短期プランの年利は9%から
・平均プランの15〜36ヶ月の長期的なローンプランの年利は年利は5.99%から
                          など複数のプランを提供している
 

特徴

・申し込みをしてから最速で24時間以内にお金を受け取ることも可能
・会計ソフトなどとの連携で得たデータ分析を通じて中小企業などの審査をしている
・開始時の手数料も取られるが、借りる回数や金額に応じて変わる
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.ondeck.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2007年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$190
 
出資企業:Credit Suisse, Deutsche Bank, First Round, Fortress Investment Group, Foundation Capital, Goldman Sachs, GV, Industry Ventures, IVP (Institutional Venture Partners), Keybank, Khosla Ventures, Peter Thiel, RRE Ventures, Sapphire Ventures, SF Capital, SF Capital Group, Silar Advisors, LP, Square 1 Bank, Tiger Global Management, Village Ventures

 

 

ユニコーン企業でもあるP2Pレンディング

Prosper

事業内容

P2Pレンディングという、個人が個人にネット上でお金を貸すという場を提供しているサービス。借りる側からすると不景気から貸し渋りをする銀行の遅い対応に不満を持っていたため、もし銀行よりも金利が少々高くなってしまっていても早く貸してくれるというメリットから利用者が増えた。低い年利で、月々の支払いのみをおこなうシンプルなローンだと言われている。
 

料金形態

・$2,000~$35,000(約21万~約384万円)まで借りることができる
・年利が5.99%〜36.00%発生する
・3〜5年のローンを提供
 

特徴

・アメリカでもっとも初期の頃につくられたオンラインP2Pレンディングサービス
・時価総額10億ドルを超えるユニコーン企業でもある
 

詳細
プロダクトURL:https://www.prosper.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2005年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$354.9M
 
出資企業:Accel Partners, Atlanticus, BBVA Ventures, Benchmark, BlackRock, Breyer Capital, Credit Suisse, Crosslink Capital, DAG Ventures, Draper Fisher Jurvetson (DFJ), Eric Schmidt, Fidelity Ventures, Francisco Partners, IVP (Institutional Venture Partners), Meritech Capital Partners, Neuberger Berman Group, Omidyar Network, Passport Capital, Phenomen Ventures, Propel Venture Partners, QED Investors, Ron Suber, Sequoia Capital, SharesPost Investment Management, Suntrust, Target Global, TomorrowVentures, USAA, Volition Capital

 
 

2年以上を対象にした企業ローン

Banjo

事業内容

2年以上続いている企業(ビジネス)用のローン。24時間(最長72時間)以内に$5,000(約54万円)から最大$250,000(約2,747万円)を借りることができるそうで、数クリックのみの簡単な審査で、再度借り入れをすることができる。立ち上げの段階では基本的に使用することができず、創業して2年以上経っていて年収も5,000万円以上ある人をターゲットとしている。
 
ターゲットを絞り込むことによって、該当する人にとってはとても利用しやすいサービスを追求している。
 

料金形態

・金利10.7%から

特徴

・年収$500,000(約5,494万円)ないと借りられない
・2年以上ビジネスをおこなっている企業のみ対象
・これからビジネスを始める人や、個人での借り入れはおこなえない
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.banjoloans.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2011年
本拠地:メルボルン
資金調達額(百万USドル):$121M
 
出資企業:Balderton Capital, BlueRun Ventures, Columbia Partners Private Capital, Maven Ventures, SoftBank, VTF Capital (fka VegasTechFund)

 
 

最短審査時間わずか6分!オンラインで完結する法人ローン

Kabbage

事業内容

中小企業向けに短期間の無担保融資を提供するローンサービス。オンラインでの審査のみがおこなわれるそうで、最大$100,000(約1,098万円)のローンを6ヶ月または12ヶ月借りることができる。こちらのサービスも、融資の審査の中に、収入の壁があり、年間で約550万円、直近3ヶ月の月収で月々46万円を得ている人に限定している。
 
条件を満たす人にとっては非常に便利なサービス。オンラインのみで融資が完結するため、部屋から出る必要もありません。企業が使用するSNSなどのデータを分析しアルゴリズム(計算式)で貸すか貸さないかを審査するため、最短で6分で審査が完了する。
 

料金形態

・月間の利用料のみがかかる(1.5%-10%)
・初期費用や年間利用料などほかの料金は一切かからない
 

特徴

・融資の審査をオンラインで完結
・年間$50,000(約549万円)、直近3ヶ月間で月々$4,200(約46万円)の収入がある必要ある
・市場価値が10億ドルのユニコーン企業
・ソフトバンクやリクルートも出資している
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.kabbage.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2009年2月日
本拠地:アトランタ
資金調達額(百万USドル):$238.65M
 
出資企業:BlueRun Ventures, David Bonderman, Guggenheim Securities, ING Group, Jim McKelvey, Lumia Capital, Mohr Davidow Ventures, Recruit Strategic Partners, Reverence Capital Partners, Santander InnoVentures, Scotiabank, SoftBank Capital, SV Angel, The TCW Group, Thomvest Ventures, UPS Strategic Enterprise Fund, Victory Park Capital, Warren Stephens, Western Technology Investment, Yuan Capital

 
 

ソーシャルレンディングのユニコーン

Funding Circle

事業内容

中小企業向けに、£5,000〜£10,000(約70万円~約140万)までのP2Pビジネスローンを提供しているサービス。2017年2月、個人や地方自治体、中央政府、欧州投資銀行、年金ファンドといった金融機関を含む6万人の認定投資家が、2万5,000もの企業へ貸し出しをおこなっているそうで、£2,000,000,000約2,816億円)以上のローンが成り立った程の規模を持っている。イギリスのフィンテックにおける、「本当の意味での成功モデル」だとも言われている。

 

料金形態

・担保・無担保ローンの金利は1.5〜6%(借入期間により異なる)
・アセットファイナンス(企業の収入と支出の流れを返却能力の根拠とする)の場合は5%
・不動産担保は2%
・貸し手のリターンはおおよそ6.8%
 

特徴

・資金は1週間ほどで用意され、最大5年まで借りられる
・市場価値が10億ドルのユニコーン企業でもある
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.fundingcircle.com/uk/
カテゴリ:ローン
会社設立:2010年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$413.24M
 
出資企業:Accel Partners, Baillie Gifford, BlackRock, British Business Bank, DST Global, Endurance Companies, Index Ventures, Ribbit Capital, Rocket Internet, Sands Capital Ventures, Temasek Holdings, Union Square Ventures

 
 

将来の収入=請求書を証明書としてローンが組める

Fundbox

事業内容

中小企業やフリーランス向けに、請求書を現金化できるサービス。$1,000から$7万5,000(約10万9,800円~約824万円)程度が平均的なローンの金額だといわれている。金利という概念ではなく、請求書ごとに支払いをしてもらえない可能性を独自のアルゴリズム(計算式)によって全て自動で判断し、リスクが高い場合には高い利率で費用を貸すということをしている。
 
利用する企業は、ITだけではなくWebエンジニア、写真家、庭師などのフリーランス利用しているそうで、グロ―バルな展開としては日本への進出も考えている。
 

料金形態

・12週間または24週間の借り入れ期間の選択が可能
・借り入れ費用と手数料($4/約440円)がかかる
・12週間だと24週間のほぼ倍の費用が発生する
 

特徴

・請求書をアップロードすると、同額の金額を受け取ることができる
・取引先からお金が支払われたら、事前に借りたお金をFundboxに返済する
・自社の会計データソフトを接続してデータを読み込み、現金化したい請求書データを選択するだけ
・取引先データや過去の受注データを自動的に分析し、貸し付けの可否、手数料を即時に判断
・質問への回答、書類提出は一切不必要
 
 

詳細
プロダクトURL:https://fundbox.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2012年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$107.5M
 
出資企業:Bezos Expeditions, Blumberg Capital, Emil Michael, Entree Capital, FJ Labs, General Catalyst Partners, Jay Mandelbaum, Khosla Ventures, LionBird, Nyca Partners, Omidyar Technology Ventures, Philippe Suchet, Shlomo Kramer, Sound Ventures, Spark Capital

 
 

カナダの企業をサポート

Financeit

事業内容

カナダの企業向けに、支払いをおこないやすく、売り上げを上げやすくするサービスを提供している。

料金形態

・月間利用料などは無料
・販売促進のためのプロモーション費用として、お金がかかることがある

特徴

・ビジネスを始めたばかりや、アドバイスが欲しい中小企業や個人事業主向けのサービス
・オリジナルのリンクを発行し、オンライン上で顧客情報を登録してもらうことができる
・支払い合計から、顧客にとって支払いやすい分割方法を選ぶことも可能
 

 

詳細
プロダクトURL:https://www.financeit.io/ca/en
カテゴリ:ローン
会社設立:2007年
本拠地:トロント
資金調達額(百万USドル):$38.4M
 
出資企業:BEST Funds, DNS Capital, Fidelity National Information Services, FinSight Ventures, FIS, IA Capital Group, Merchant Banking Division, Michael Garrity, Second City Capital, The Pritzker Organization, TTV Capital

 
 

企業の期日前請求書を買い取る、新しい投資のカタチ

C2FO

事業内容

企業間の取引は基本的にすぐにお金が振り込まれるということは少なく、お金が出るタイミングと入るタイミングはズレが出る。しかし、請求書を発行する側では多少入ってくるお金が少なくなっても、すぐにお金が欲しい場合に支払日前の請求書を、額面よりも少々安くても買い取ってもらう場を提供している。
 

料金形態

・請求書をアップロードする手数料はかからない
・現在は米国とイギリスでのみサービスを提供
 

特徴

・買取価格が提案され、請求書のアップロード社はその提案を受けるかどうか自分で決めることができる
・銀行などの第三者からお金を借りる際に必要な書類提出などの手間が不要
 
 

詳細
プロダクトURL:https://c2fo.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2008年
本拠地:カンサス
資金調達額(百万USドル):$70.7M
 
出資企業:Iron Mountain, Mithril Capital Management, OPENAIR Equity Partners, Summerhill Venture Partners, Temasek Holdings, Tiger Global Management, Union Square Ventures, VFormation

 
 

年利以外の費用はなし!カード無くても大丈夫!ありがたい分割ローン

Affirm

事業内容

クレジットカードの発行が困難で持っていない人でも、いわゆる「リボ払い」的な機能を銀行経由で提供している支払い・ローンサービス。また、支払が送れた場合に返すお金が高くなったり、手数料などを取られることもないそう。アメリカなどではローンを組む際に重視されるクレジットスコア(お金を貸す際に借り手が信用できるかどうかをスコア化した情報)に、Affirmを使っても響かないため多くの人が利用している。

料金形態

金額と借り手の信用度に応じて年利(利息)が10–30%に変わる。それ以外の費用はかからず、$100(約1万1,000円)以上なら3・6・12ヶ月から選べて、$50~$99.99は3・6ヶ月の支払い期間から選ぶことができる

特徴

・18歳以上のアメリカ在住者のみ利用可能
・支払い日はSMSテキストで教えてくれる
 

 

詳細
プロダクトURL:https://www.affirm.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2012年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$420M
 
出資企業:Andreessen Horowitz, Founders Fund, Jefferies, Khosla Ventures, Lightspeed Venture Partners, Morgan Stanley, Spark Capital

 
 

とにかく早く借りたい!ユニコーン企業のオンラインローン

Avant

事業内容

銀行に振り向いてもらえないような中間層の消費者にとって、とにかく早くお金が借りることのできるローンサービス。クレジットスコアをもとに、借り入れられる限度が決められているが、$1,000(約10万9,800円)から $35,000(約384万6,000円)までのローンを組むことが可能。
 
ローンを申し込んで、5分間で審査、翌日には借りることができる。医療費などのような突然の出費が必要な場合に、迅速にお金を借りることができるので、顧客満足度は高い。

料金形態

年利は9.95%〜36.00%

特徴

・これまでに50万人以上へ、35億ドル以上のローンを提供
・ローンは早くて1営業日後にお金が用意され、24〜60ヶ月の間で借りることが可能
・フィンテック領域のユニコーン企業(時価総額で10億ドルを超える)

 

詳細
プロダクトURL:https://www.avant.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2012年
本拠地:シカゴ
資金調達額(百万USドル):$11.10
 
出資企業:Accomplice, iNovia Capital, boldstart ventures, Real Ventures

 
 

隠れて借りたい!オンライン質屋

Borro(ボロー)

事業内容

イギリスで生まれたオンラインの質屋。ネット上の質屋では75%のシェアを握るサービスで、高級品などを担保にローンを組むことができる。ボローのターゲットは、バブル期絶頂期に不動産の投資をおこなっていた中所得層や富裕層だそうでバブル崩壊後にイギリスは質屋がたくさんできたなか、質屋に入る現場を見られる恥ずかしさや時間を気にせずお金が借りることが理由で多くの人に受け入れられた。
 

料金形態

・お金が返済されたら高級品を返す「ブリッジローン(橋渡しとしての短期融資)」
・与信審査がない場合だと、最小$250,000(約2,747万円)〜の長期的なローンなどを提供している
・高級品をオークションなどで売り、そのお金を返済に組み込めるプランもあるそう(売値から15%〜20%引かれる)

特徴

・ジュエリーや時計、芸術品、高級車、金、メタル、高級ハンドバック、ワインといった品を受け付ける
・24時間何時でも質入れができる
・人目を気にせずにお金を借りることができる
・質入れの商品の送料はボローが負担し、紛失した場合は保険もつく
・1000ポンド(約14万円)以上=事務所で手渡しの選択が可能
・1万ポンド(約140万円)以上=鑑定士が訪問での鑑定という選択が可能
・100万ポンド(約1億4,000万円)の商品まで質入れが可能
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.borro.com/
カテゴリ:ローン会社設立:2008年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$6.79M
 
出資企業:Augmentum Capital, Canaan Partners, Eden Ventures, European Founders Fund, OurCrowd, Ribbit Capital, RockBridge Capital Partners, Rocket Internet, The R-Group, LLC, Victory Park Capital

 
 

将来性を見てくれる!お金を借りる代わりに個人情報提出するローン

Earnest(アースト)

事業内容

個人&学生ローンを提供する、インターネット上のソーシャルレンディングサービス。今までの審査基準では与信スコアが不十分な学生などを対象としている。将来の超富裕層を見つけ出すことが大きな狙い。
 
従来とは異なる審査基準で、お金を借りたい人の個人情報である、銀行やクレジットカードの口座に直接アクセスして、預け入れや引き出し、預金残高、支払いなどすべての履歴をダウンロードする。そこで集めた8万~10万項目ものビッグデータを分析して融資の審査おこなっているそうで、一般的なローンよりも年利がかなり低いらしい。

料金形態

・学生ローンの年利:4.70%
・個人ローンの年利:5.25%

特徴

・学生の将来の稼ぎを予測し、お金を貸す(学歴や借金などの書類のアップロードが必須)
・代表自身が学生時代に学生ローンを組めなくて苦労したという経験から着想を得て作られたサービス
 

詳細
プロダクトURL:https://www.earnest.com/
カテゴリ:ローン
 会社設立:2013年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$99.1M
 
出資企業:Accomplice, Adeyemi Ajao, Andreessen Horowitz, Atlas Venture, Battery Ventures, Black River Ventures, Brendan Wallace, Collaborative Fund, Correlation Ventures, CSC Venture Capital, Fabrice Grinda, FFL Startup Accelerator, FinSight Ventures, First Round, FJ Labs, Jose Marin, Maveron, New York Life Insurance Co, New York Life Investment Management, Otter Rock Capital, Propel Venture Partners, QueensBridge Venture Partners, Slow Ventures, Spectrum 28, Wildcat Venture Partners

 
 

苦学生向け?大学、院生に向けた学生ローン

CommonBond(コモンボンド)

事業内容

大学生と大学院生向けの学生ローン。ニューヨーク州でペンシルベニア大学ウォートン校のMBAに通う3人によって創設された学業のためのローン専用のP2Pレンディングサービス企業。MBAを取得する学生に向けてローンの貸出したのが始まり。
 
CommonBond Familyというコミュニティがあり、ネットワークを広げたり、イベントを開催していて、友人をこのコミュニティに招待するたびに$200(約2万2,000円)もらえる。アメリカでは学資ローン(学業のためのローン)のニーズは高く貸し倒れ(貸したお金を返さない)ことが少ないらしく、リーマンショックなどの金融危機のピンチをチャンスに成長した。

料金形態

・10年プラン(固定年利 6.05%)と15年プラン(固定年利 6.60%)からプランを選ぶことができる
・2%の開設手数料がかかる
・年間で借りられる金額は最大$110,000(約12,08万円)

特徴

・学資ローンの提供は卒業生から出資を募りおこなったことがはじまり
・一般的なローンを組むよりも$14,000(約153万円ほど)セーブできる可能性もある
 
 

詳細
プロダクトURL:https://commonbond.co/
カテゴリ:ローン会社設立:2011年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$753.61M
 
出資企業:August Capital, Barclays Investment Bank, Charles Stonehill, Macquarie Capital, Nelnet, Neuberger Berman Group, Social Capital, Thomas Gloce, Thomas Glocer, Tom Glocer, Tom Kalaris, Tribeca Venture Partners, Victory Park Capital, Vikram Pandit

 
 

言わずと知れた最大手!

Lending Club(レンディングクラブ)

事業内容

インターネット上で、お金を貸して利益を得たい投資家と、お金を借りたい借主をつなげる世界最大規模のオンラインマーケットプレイス。$1,000(約10万9,000円)から$40,000(約439万円)までの個人ローンを提供している。銀行が懸念しており貸し渋りをしていた中間所得者をターゲットにはじめた。クレジットカードの高い利率に不満を持っていたフランス出身の創業者が立ち上げた会社で、一般的な銀行の年利よりも低く貸りることもできる。

料金形態

・個人ローンの年利は 5.99% から 35.89%まで
・クレジットカードのスコアや借りる金額に応じて決まる
・ビジネスローンの年利は7.77% から 35.11%

特徴

・ビジネスのローンは$300,000(3,296万円)まで可能
・これまでに$200億ドル(約2兆1,978億円)以上のローンがLendingClub上で成り立った
・借り手は主にクレジットカードのキャッシングローンの借り換え希望者が多いといわれている
・「大手銀行に取って代わった存在」とまで言われるほどの規模
 

詳細
プロダクトURL:https://www.lendingclub.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2007年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$392.23M
 
資金調達額(百万USドル):$392.23M
出資企業:Amidzad Partners, BlackRock, Canaan Partners, CapitalG, Coatue Management, Corigin Ventures, DST Global, Employee Stock Option Fund (ESO Fund), FinSight Ventures, Flint Capital, Foundation Capital, Gold Hill Capital, Kleiner Perkins Caufield & Byers, Morgenthaler Ventures, Norwest Venture Partners – NVP, Panorama Point Partners, Sands Capital Ventures, Silicon Valley Bank, Thomvest Ventures, T. Rowe Price, Union Square Ventures

 
 

銀行への信頼情報提供企業がお金を貸します。

Klreditech

事業内容

ビッグデータを活用している個人向けローンサービスで、信用履歴がない人向けのローン「Monedo」を提供している。もとは銀行へ融資依頼をする人へ信用情報を提供する企業だったところ、銀行に採用されなかったため自社でローンサービスをはじめた。
 
Underbanked(銀行口座を開設できない貧困層)にデジタルバンクを」を目的にサービスの運用をしている。銀行の明細や携帯電話の利用履歴、通販サイトの取引などのビックデータを分析することで、お金を貸すかどうかの審査をしており、審査に掛かる時間は35秒程度で終わるほど迅速だが、審査が通るかどうかは15%ほどの割合だといわれている。それにより93%の返済率を誇っているそう。
 

料金形態

・1,500~10,000ZLを借りられる短期ローン「Monedo Now」
・デジタルウォレットとマスターカード(プリペイド)を作れる「Monedo Pay」の2種類がある

特徴

・ロシアやメキシコなどの5カ国で利用されている
・楽天が1,040万ドル(約11億4,285万)の出資をしている
・2万件を超えるデータをもとに融資の審査をおこなう

 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.kreditech.com/
カテゴリ:ローン会社設立: 2012年2月
本拠地:ハンブルク
資金調達額(百万USドル):$377.59M
 
出資企業:10x Group, 121WATT, Amadeus Capital Partners, Blumberg Capital, Digital Pioneers, Felix Haas, Global Founders Capital, H2 Investment Properties, H2 Investments, Heissam Hartmann, HitFox Group, HPE Growth Capital, International Finance Corporation, J.C. Flowers & Co., Kreos Capital, Michael Brehm, Nils Henning, Peter Thiel, Point Nine Capital, Rakuten, Sebastian Diemer, Stefan Glaenzer, Värde Partners, Victory Park Capital, YoungBrains

 
 

最速60分以内でお金をゲット!早すぎるローン

Nimble

事業内容

最大$5,000(約54万9,000円)までのペイデイローン(少額短期融資)を提供しているサービス。オンラインで申し込み、最速60分以内にお金を得ることができる。若干、日本の消費者金融に近いとも言われている。

料金形態

・初期手数料は借りる額の最大20%、月間手数料は最大4%で借りることができる

特徴

・100万件以上のローンを取り扱ってきた
 
 

詳細
プロダクトURL:https://nimble.com.au/
カテゴリ:ローン会社設立:2005月11日
本拠地:クイーンズランド
資金調達額(百万USドル):$18.3M
 
出資企業:Damien Waller, Les Webb

 
 

先輩から後輩へ、進路指導もしてくれるローンサービス

SoFi

事業内容

学生の学費のローンをおこなうサービス。年間数百万ほど掛かる学費が掛かるアメリカでは、殆どの学生が学費のローンを銀行から借りているなかで、SoFiはビックデータを活用してより低い金利でのローン貸出しをしている。融資をする側も借りる学生のいる大学の卒業生たちなので「もっと将来の給料をあげよう!」ということで卒業後の進路指導を1対1で手取り足取りしてくれる。
 
失業してしまったときにも良心的な返済の猶予が設けられている。

料金形態

・初期費用はかからず、手数料や返済遅れの罰金などはローンによって異なる

特徴

・SoFiコミュニティのイベントもおこなっている
・ソフトバンクも出資している
・学生ローンや住宅ローン、個人的なローンなどさまざまなローンを展開
・財産管理や保険などのサービスも展開していた
・2017年2月1日にZenbanxに買収された
 

詳細
プロダクトURL:https://www.sofi.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2011/8/1
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$1.58B
 
出資企業:Baseline Ventures, DCM Ventures, Discovery Capital, East West Bank, Innovation Endeavors, IVP (Institutional Venture Partners), Jeff Seibert, Lakestar, Marco Rossi, Morgan Stanley, Peter Thiel, QED Investors, Renren Inc., Ron Suber, SGVC, SharesPost Investment Management, SoftBank, The Bancorp, Third Point Ventures, Thomvest Ventures, Ulu Ventures, Wayne Chang, Wellington Management, Wicklow Capital

 
 

地球上で最初のP2Pレンディングサービス

Zopa

事業内容

地球上で最初のP2Pレンディングサービス」とも言われている、世界初・ヨーロッパ最大級のP2Pレンディングサービス。お金を持っている人々とお金を必要する人々とを効率的に繋ぐ手段を確立させることで、顧客に高価値を提供することを目的としてサービスの提供をしている。金融危機により大きく成長した企業の1つ。幾つかの貸し倒れや成功を体験して融資の全体のシェアの約2%をも占めるほどになっている。

料金形態

・貸し手は年間1%の利用手数料がかかり、それがZopaの収益になっている
・借り手の年利は3.2%から34.9%

特徴

・直接人と人とをつなげるため、つながったあとは銀行のような仲介を通さずにやりとりが可能
・仲介がいないと、その分の費用を抑えることができる
 

詳細
プロダクトURL:https://www.zopa.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2005年
本拠地:ロンドン
 
出資企業:Arrowgrass Capital, Augmentum Capital, Balderton Capital, Benchmark, Bessemer Venture Partners, Draper Associates, Forward Partners, Orange Growth Capital (OGC), Wellington Partners

 
 

一時的なローンのみを提供

Wonga

事業内容

一時的なローンのみを提供(ペイデイローン)していて「短期的に使う人向け」とサイトでも公言している。手続きはわずか5分で、最小£50から最大£400まで借りられる。£150~£500を借りられる3ヶ月プランもある(Flexi Loans)。

料金形態

・利息は8%(£100借りるのなら£24)
・期日までに返済できない場合は£15かかり、その後30日ごとに8%かかる

特徴

・18歳以上のイギリス在住者しか借りることができない
 

詳細
プロダクトURL:https://www.wonga.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2006年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$145.57
 
出資企業:83North, Accel Partners, Balderton Capital, Dawn Capital, LocalGlobe, Meritech Capital Partners, Oak Investment Partners, Wellcome Trust

 
 

オックスフォード卒の三人が創業

GoCardLess

事業内容

2010年にオックスフォード大学の卒業生の3人によって設立された企業。企業向けに、クレジットやデビットカードを使わずに、店舗と顧客の銀行を直接つないで支払い入金処理できるシステム(銀行間送金を使った支払いのためのリンク発行)を提供する。お金は企業の銀行口座に、3営業日後に直接入金される。B2Bでの利用が急増していて、現在の顧客の70%以上が企業に対してサービスを提供する。
 

料金形態

・支払い取引ごとに1%(上限は£2)が発生する

特徴

・イギリス、ヨーロッパ、スウェーデン圏内で利用が可能
・資金調達額は累計2,480万ドル(約28億1,728万円)
・フランス、ドイツ市場で成長が顕著
 

詳細
プロダクトURL:https://gocardless.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2011年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$24.8M
 
出資企業:Accel Partners, ,ACE & Company, Axcel Partners, Balderton Capital, Notion Capital, Passion Capital, Start Fund, SV Angel, Tom Hulme, Y Combinator

 
 

訴訟市場の資金調達用のプラットフォーム

Mighty

事業内容

法律および医療資金提供者などの訴訟が発生しやすい領域のビジネス資金調達用のプラットフォームを提供している企業。訴訟が発生しやすい領域の市場は数兆ドルとも言われている。

料金形態

特徴

・数兆ドルとも言われている訴訟市場用のプラットフォームを提供している
 

 

詳細
プロダクトURL:https://www.mighty.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2014年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$5.25M
 
出資企業:Corigin Ventures, Daher Capital, Fabrice Grinda, FinTech Collective, FundersClub, IA Ventures, Jose Marin, Tribeca Venture Partners, Vast Ventures

 
 

英国初のソーシャルレンディング

RateSetter

事業内容

2010年英国発のソーシャルレンディング、100万人の登録者がいるP2Pレンディングサービス。

料金形態

・投資手数料は発生せず、最大4.5%の利益を得られる
・借りては利息3.9%で借りられる

特徴

・個人のローンであれば最大£35,000までのローンを最速24時間で組める
・ビジネスや土地購入用のローンも組める
・イギリスとオーストラリアのみで利用可

 

詳細
プロダクトURL:https://www.ratesetter.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2010/10/7
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$46.83M
 
出資企業:Artemis, Woodford Investment Management

 
 

オーストラリア発、スマホで完結する個人向けローン

SocietyOne

事業内容

スマートフォンオアプリを使用することで全ての業務が完結するP2Pレンディングプラットホーム。$5,000〜$50,000を、2・3・5年借りることができる。融資を行なう基準は厳しく銀行の半分ほどしかないからこそ貸倒率はすくない。貸倒率が認められて多くの銀行やベンチャーキャピタルから投資金を集めている。

料金形態

・手数料はローンの種類やVedaScore(0〜1200まであるオーストラリアのクレジットレート)によって変わる
・月間利用料はない
・ローンの変更には$35がかかる

特徴

・オーストラリアで最初に個人向けローン($5000〜$35000)事業を始めた企業
・85億円を調達した
 

詳細
プロダクトURL:https://www.societyone.com.au/
カテゴリ:ローン
会社設立:2011/8/1
本拠地:シドニー
資金調達額(百万USドル):$55.24M
 
出資企業:Australian Capital Equity, Beyond Bank, Consolidated Press Holdings, Global Founders Capital, Justin Reizes, News Corp Australia, Reinventure, Seven West Media

 
 

分割を提案するローンビジネス

Splitit

事業内容

消費者が既存のクレジットカードを使用して実際の店舗やWebサイトでの商品の購入の際に利息なしで分割で支払いをおこなうことを可能にするサービス。分割の提案により40%の購入を迷っている消費者は商品を購入するという。販促ツールとして使用できる一方でマーケティングサービスとしても使用することができる。分割払いの管理などはSplitiitがおこなう。

料金形態

・ベーシックプランだと毎月1.5 %
・分割払い1回につき$1.50

特徴

・公式サイトの説明では、40%の顧客が、分割払いを提案されたら購入するとのこと。
・すでに所有しているVisaとMasterCardのクレジットカードを使用することで、販売時点で顧客に無期限の月額支払いを提供可能
 

詳細
プロダクトURL:https://www.splitit.com/
カテゴリ:ローン
会社設立:2009年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):-
 
出資企業:Simpel

 
 

より早く大きな規模のトレードを

Algomi

事業内容

債券や固定収入データ用のソフトウェアを開発している。銀行や機関投資家、ディーラー、販売員同士のつながりを作れて、より早くて規模の大きなトレードをおこなうためのツールを開発・提供している。

料金形態

特徴

・購入したい債券が、どのディーラーから買うのが最良なのかを見つけ出すことができる

 

詳細
プロダクトURL:http://www.algomi.com/
カテゴリ:株
会社設立:2012年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):-
 
出資企業:Hoxton Ventures, Lakestar

 
 

40,000人以上のアナリストによる株予想のプラットフォーム

Estimize

事業内容

「誰でもデータにアクセスできる」というコンセプトから企業収益予測プラットフォームを提供している。データはクラウドソーシングにより集められ、ウォールストリートの予測に対し勝率は平均して7割を誇る。

料金形態

・APIを有料で提供している

特徴

・アマチュアのアナリストやブローカー、ヘッジファンドが収益予測をする
・結果の精度などがランキングに反映される。40,000人以上のアナリストが参加している
・1000近くの銘柄を予測している
 

詳細
プロダクトURL:https://www.estimize.com/
カテゴリ:株会社設立:2011年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$12.18M
 
出資企業:Bob Greene, Brian Finn, Charles Deutsch, Contour Venture Partners, Euromoney Institutional Investor, Frank Sica, Jacob Carlson, Jarrod Yuster, Longworth Venture Partners, Michael Bigger, Peter Nesvold, Rob Ross, Ross Garon, Todd Sullivan, ValueStream Labs, WorldQuant

 
 

ミレニアル世代に人気のあるトレーディングアプリ

Robinhood

事業内容

資金調達に、ラッパーのスヌープ・ドッグ氏や俳優のジャレット・レト氏が参加したことで注目を集めた、トレーディングアプリ。「Instagramの投稿と同じくらいシンプルにしたかった」という経営陣の言葉があらわすようにシンプルな操作性と株式売買が手数料が無料である点、スマートフォンで完結する点が人気を集めている。ユーザーの年齢が26.7歳と若い。

料金形態

・無料で利用できるが、プレミアムサービス付きのゴールドプラン(月々$10)も展開している

特徴

・スマートフォンで確認可能
・株の最新情報を追いやすく、通知も受け取ることができる
・Apple Design Award 2015を受賞している
・合計6,600万ドルの資金調達、5億ドルの取引、1,200万ドルの取引手数料の削減を達成
 

詳細
プロダクトURL:https://www.robinhood.com/
カテゴリ:株
会社設立:2013年
本拠地:パロアルト
資金調達額(百万USドル):$66M
 
出資企業:Aaron Levie, Andreessen Horowitz, Dave Morin, Elefund, Frontier Tech Ventures, GV, Howard Lindzon, Index Ventures, IT Ventures, Jared Leto, Jordan Mendell, LocalGlobe, Machine Shop Ventures, Michael Liou, Nasir “Nas” Jones, New Enterprise Associates, Nurzhas Makishev, QueensBridge Venture Partners, Ribbit Capital, Slow Ventures, Snoop Dogg, Social Leverage, Susa Ventures, Tim Draper, Vaizra Investments

 
 

大事なあの人に、株、送りませんか?

Stockpile

事業内容

好きな株を知人にギフトカードとして贈れるサービス。メールなどオンライン上で贈れるほか、「$50分の株を購入できる(物理的な)ギフトカード」も店で販売されている。子供の誕生日に現金の代わりに株をプレゼントして金融知識などを学ぶきっかけに使われたりという例もあるらしい。もしも送られた株の銘柄が気に入らないという場合は、同額の他の銘柄を選択することが可能で、株式投資そのものに興味がない場合は、飲食店などのギフトカードに変更することも可能。

料金形態

・初回の株購入は$2.99の手数料がかかる
・初回購入後は1つの株取引ごとに99¢
・クレジットカードの手数料も発生
・月間の利用料などはかからない

特徴

・「ひとつの株の一部が欲しい」という場合でも、Stockpileから欲しい割合だけを購入することができる(その分利益や損失も購入した割合分だけ発生する)
 

詳細
プロダクトURL:https://www.stockpile.com/
カテゴリ:株
会社設立:2010年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$15M
 
出資企業:Forté Ventures, Mayfield Fund, Mistral Venture Partners, West Coast Holdings

 
 

投資

 

米国のおつり投資サービス

Acorns

事業内容

買い物時に発生するお釣りや端数のお金を自動的に投資してくれるサービス。
(1) デビットまたはクレジットカードを登録する
(2) 買い物をする
(3) お釣りや端数をAcornsが自動的に投資する
という流れで簡単に利用できる。

料金形態

・月間$1で利用できる
・$5,000以上利用するアカウントは年間0.25%の利用料がかかる

特徴

・100万人以上が利用している
・カードは何枚でも登録することができる

 

詳細
プロダクトURL:https://www.acorns.com/
カテゴリ:投資
会社設立:2012年
本拠地:カリフォルニア
資金調達額(百万USドル):$61.96M
 
出資企業:Cruttenden Partners, e.ventures, Garland Capital Group, Great Oaks Venture Capital, Greycroft Partners, Groundswell Investments, Jacobs Asset Management, MATH Venture Partners, PayPal, Point72 Ventures, Sound Ventures, Steelpoint Capital Partners

 
 

世界中のエキスパートをかき集めてOS作成

Addepar

事業内容

投資に関する資産データを自動で分析・管理できるサービス。FinTechのエキスパートたちが参加し、顧客に情報提供を行っている。独自のプラットフォームも提供している。

料金形態

特徴

・Financial technologyに立ち向かうために、世界中のエキスパートたちを集めてOSを作ろうとしたのがきっかけ
・現在では5000億ドル以上の資産がAddepar上で運用されている
 

詳細
プロダクトURL:https://addepar.com/
カテゴリ:投資会社設立:2007年
本拠地:マウンテンビュー
資金調達額(百万USドル):$65.84M
 
出資企業:Alex Bresler, American Pacific Ventures, Andy Rankin, ASBC LLC, Blumberg Capital, Burch Creative Capital, David Sacks, Felix Investments, ff Venture Capital, JCB Investments, Kishore Ganji, Neil Mehta, Pankaj Shah, Panorama Point Partners, Peter Thiel, SGVC, Signatures Capital, Streamlined Ventures, Sway Ventures (formerly AITV), Thrive Capital, Valor Equity Partners, White Sand Capital

 
 

金融のみの検索エンジン

AlphaSense

事業内容

金融以外の情報を排除した検索エンジンを提供している。2010年にモルガンスタンレー社出身者含め共同で設立された。金融関係のさまざまな情報を集めたカテゴリから検索機能とアラート機能があるため主体的にも能動的にも金融情報を得ることができる。

料金形態

特徴

・知りたいトピックやテーマの情報を、1つの企業から集中して集めることが可能
・35,000以上ある企業データから情報を参照することが可能
・元ロイターCEOなどから約38億万円調達
 

詳細
プロダクトURL:https://www.alpha-sense.com/
カテゴリ:投資
会社設立:2010年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$35M
 
出資企業:First Fellow Partners, Quantum Strategic Partners, Tom Glocer, Triangle Peak Partners, Tribeca Venture Partners

 
 

非上場のスタートアップ企業の株を扱うプラットフォーム

EquityZen

事業内容

スタートアップや非上場企業の未公開株式の投資用プラットフォーム。株主を探している企業と、株の買主をつなぐ場を提供している。スタートアップ企業の株をEquityZen社が買い取りその株を投資対象にしている。

料金形態

・一回の投資で5%の手数料が取られる(例:$50,000の投資なら$50,000 + 5% x $50,000 = $52,500が合計でかかる)

特徴

・投資家にとっての最小投資額は$20,000
・株を売る側の最小取引額は $150,000(この金額に達しない場合でも、同じ会社の同じ株を持っている人と一緒に株を売ることができる)
 

詳細
プロダクトURL:https://equityzen.com/
カテゴリ:投資
会社設立:2013年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$3.5M
 
出資企業:500 Startups, Amino Capital, Chasella, CRCM Venture Capital, Kima Ventures, Silicon Badia, TEEC Angel Fund, Vaidya Capital Partners

 
 

小売り・消費者向け製品の未上場株に投資可能

CircleUp

事業内容

日本でも認知度が少しずつ高まっている投資型クラウドファンディング。小売・消費者向け製品分野の未上場企業が投資家から資金調達できるオンラインマーケットプレイス。CircleUp自体も、自らが持つプラットフォームでクラウドファンディングの企画に投資をしている。

料金形態

・クラウドファンディングへの参加費はかからない
・費用が目標まで達すれば、金額に応じて手数料が取られる

特徴

・2017年1月現在、228の製品が投資金を募ることに成功し、合計で$305Mに達する
・通常半年から1年かかるプロジェクトを、2-3ヶ月で終わらせられるような仕組みになっている(投資家の数やデータへのアクセス制限がないこと等)
・1,400万ドルを調達
 

詳細
プロダクトURL:https://circleup.com/
カテゴリ:投資
会社設立:2012年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$53M
 
出資企業:Canaan Partners, Collaborative Fund, David Topper, GV, Jerry Gramaglia, John Powers, Jon Winkelried, Jungju Kim, Maveron, Nigel Morris, Ooga Labs, QED Investors, Rose Park Advisors, Silas Capital, Tom Glocer

 
 

最大規模のSNSトレードサービス

eToro

事業内容

オンライン上で為替や株、通貨の取引ができるプラットフォームを提供している。2017年現在500万人以上が登録していてSNSトレードとしては世界最大級の規模を誇る。2007年にイスラエルのテルアビブで設立された企業で、他の投資家の株の銘柄の組み合わせをコピーし投資するというユニークなこともできる。

料金形態

・アカウント開設は無料
・取引別の手数料が発生する

特徴

・すでに株取引をしている人をフォローし、その人の株取引を「コピー」して投資することもできる
・コピーに関する費用などは発生しない
 

会社設立:2007年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$72.9M
 
出資企業:Anthemis Group, BRM Capital, Chemi Peres, CommerzVentures GmbH, Cubit Investments, Eli Barkat, Guy Gamzu, Jonathan Kolber, MoneyTime Ventures, Ofer Adler, , Ping An, Social Leverag, Spark Capital, Venture51, Yaron Adler

 
 

TwitterやFacebookから友人の投資の情報を入手できる

LikeFolio

事業内容

投資をしたいと思えるような企業をTwitterやFacebookといったSNS上の話題から探し出せる。ターゲットとなるのは若年層で、貯蓄する傾向の高い若者の投資の機会を増やすために、友人などつながりのある人の興味を持つ投資先がどこか、発言と企業の株価はどのような相関関係があるかを見えるようにしている。

料金形態

・特定の情報を洗い出せる「On Demand Search」は月々$1,995から
・API「LikeFolio API」は年間$100,000で利用でき、プラットフォーム付きだと年間$300,000かかる

特徴

・Twitter社とはパートナーシップを組んでいる
・すべてのツイートは消費者の意見や今後の購買予測データとして使われている
 

詳細
プロダクトURL:http://www.likefolio.com
カテゴリ:投資
会社設立:2013年11月
本拠地:ルイビル
資金調達額(百万USドル):-
 
出資企業:-

 
 

投資を始める人のハードルを下げたオンライン投資サービス

nutmeg

事業内容

オンライン投資サービス。貯蓄や年金対策のための投資に長けている。手数料が1%未満と低コストで投資を始めようとしう人のハードルを下げていることに貢献したといわれている。スマートフォンから投資についてのアドバイスを得ることもできる。

料金形態

・最小£500から始めることができる
・年間の手数料は 0.25%〜0.75%のみ
・取引手数料は0.3%~0.95%

特徴

・「誰でも参加できるオンライン投資」を実現しているといわれている

 

詳細
プロダクトURL:https://www.nutmeg.com/
カテゴリ:投資
会社設立:2010月3月
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$89.83M
 
出資企業:Armada Investment Group, Balderton Capital, Bart Swanson, Charles Dunstone, Convoy Investment Services, Daniel Aegerter, Daniel Curran, Draper Associates, Flight Ventures, Nigel Wray, Pentech Ventures, Schroders, Taipei Fubon Bank, Tim Draper

 
 

金融知識が浅くてもはじめられる!

Stash

事業内容

投資をしてみたいけれど、やりかたがわからない。そんな人でも今日から投資を始められるような仕組みを提供する。最低$5からの小額からの投資が可能。投資を始める若者をターゲットにしているという点においてAcorn社、Robinhood社と競合している。あえてユーザーが専属スタッフなどの提案を参考にしながら自分で投資先を選ぶという手法をとっている。

料金形態

・月額$1(新規は最初の3ヶ月間無料)
・$5,000以上残高のあるユーザは年間0.25%の手数料がかかる

特徴

・スマホアプリから自身の推移や、STASH独自の投資予測データを確認できる
・STASH専属スタッフが選んだ投資先が提供され、リスク等も確認しながら選ぶことができる
・2,500万ドルを調達
 

詳細
プロダクトURL:https://www.stashinvest.com/
カテゴリ:投資
会社設立:2015/2/19
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$38.75M
 
出資企業:Breyer Capital, Entree Capital, Goodwater Capital, Valar Ventures

 
 

ソフトウェア領域

 

銀行口座の開設をシンプルに

Avoka

事業内容

銀行口座の新たに開設する時の、煩雑な個人情報の入力を減らせるソフトウェアを銀行向けに提供している。通常サービスを開発するのは1-2年かかり、修正などに6-9ヶ月かかるが、AVOKAのソフトウェアを使えばより簡単により早く金融プラットフォームを作ることができる。

料金形態

特徴

・短時間で簡単に申し込めるサービス
・Scrachでできている
 

詳細
プロダクトURL:http://www.avoka.com
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2002年
本拠地:コロラド
資金調達額(百万USドル):$11.92M
出資企業:-

 
 

企業向け支払いシステムを提供

CardSpring

事業内容

企業向けに、クレジットカードやほかの支払いができる、CLOアプリケーションと呼ばれるものを提供する。既存の支払いシステムに配置できるので、新たに何かをインストールしたり購入する必要はない。

料金形態

特徴

・2014年7月、Twitter社に買収された
 

詳細
プロダクトURL:http://cardspring.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2011年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$19.83M
 
出資企業:Accel Partners, Data Collective, Farzad (Zod) Nazem, Felicis Ventures, Greylock Partners, John Hering, Morado Venture Partners, SV Angel, Techammer, Webb Investment Network, Win

 
 

ビックデータを活用し、不正を防止するソフトを提供

Feedzai

事業内容

データサイエンス企業。主商品となるデータ処理エンジン『Pulse』を提供していてビックデータや機械学習を用いて取引の不正防止に務める。ビックデータの活用が重要視される中で注目を集めている。

料金形態

特徴

・アメリカとヨーロッパ、アフリカにサービスを提供している
・クラウドのサービスではない

 

詳細
プロダクトURL:https://feedzai.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2009年
本拠地:サンマテオ
資金調達額(百万USドル):$26.13M
 
出資企業:Capital One Growth Ventures, Citi Ventures, Data Collective, EDP, Espí­rito Santo Ventures, Novabase Capital, Oak HC/FT, Sapphire Ventures

 
 

金融機関のコンプライアンスを守る

Fenergo

事業内容

顧客からより多くのデータや書類を集めるよう、銀行など金融機関へのレギュレーションが厳しくなっていることにより、法令遵守(コンプライアンス)や、顧客の情報管理、手続きの確認など手間が増えている。こうした問題を解決できるソフトウェアを提供している。

料金形態

特徴

・投資やプライベートバンクの管理など、ライフサイクルを管理するソフトウェアを開発
・$75m(約90億円)の資金調達を獲得
・銀行の顧客の新規登録に関する作業の効率化に焦点を当てている

 

詳細
プロダクトURL:https://www.fenergo.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2009年
本拠地:ダブリン
資金調達額(百万USドル):$80.43M
 
出資企業:Aquiline Capital Partners, Insight Venture Partners, Investec, Ulster Bank Diageo Venture Fund

 
 

オンライン銀行をすぐに開設

Mambu

事業内容

ローンや貯金用のクラウドベースのプラットフォームをすぐに作れるネット銀行を運営するためのエンジンを提供している。オンラインの銀行をすぐに開設でき、世界30カ国100社以上で使われている。

料金形態

・規模の大きさによって定期利用の金額が変わる(成長するにつれて料金が上がる)

特徴

・”Mambo”はマレーシア語で「竹」を意味する(世界でもっとも早く成長する植物のため)
・オンライン銀行用の運営エンジンを提供
・消費者向け、業者向けの両方に対応
・100以上のオンラインバンクがこのエンジンで運営されている
・インド、アフリカ、中南米の顧客銀行が多い
 

 

詳細
プロダクトURL:http://www.mambu.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2011年
本拠地:ベルリン
資金調達額(百万USドル):$13.1M
 
出資企業:Acton Capital Partners, CommerzVentures GmbH, KIZOO, Point Nine Capital, Runa Capital

 
 

世界各国で可能な今朝意サービスの提供

Mozido

事業内容

どんなモバイルであったり、無線通信事業でも運用可能なデジタルの決済ソリューションをクラウド上から提供している。第三者の広告、サービス提供、その他の提供商品を容易に取り込める。Mozidoの国際的なサービスを使用すれば携帯電話から決済などのサービスを管理することができる。

料金形態

特徴

・アメリカ、中国、インド、アフリカ、スリランカ、中東、欧州、中南米といった世界各国で利用できる
 

詳細
プロダクトURL:http://www.mozido.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2008年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$307.16M
 
出資企業:H.R.H. Sheikh Nahyan, MasterCard,Tiger Management Corporation, TomorrowVentures, Wellington Management

 
 

クレジットカード情報をスマホからチェック!

Ondot System

事業内容

クレジットカードがいつ、どこで、どのように使われたかをスマートフォンアプリから確認できるシステムを提供。生活用品は買えるが、映画など娯楽関連のものには支払えないなど使用品目を制限することや、不正利用を防ぐために利用停止にすることができる。

料金形態

特徴

・クレジットカード使用品目を制限することが可能
・カードを盗まれたときに素早く利用を停止させられる
 

詳細
プロダクトURL:http://www.ondotsystems.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2011年
本拠地:サンホゼ
資金調達額(百万USドル):$27.98M
 
出資企業:-

 
 

顧客取引管理用のソフトウェアを提供

Trunomi

事業内容

金融機関向けに、顧客や取引管理用のソフトウェアを提供している。自分の個人情報を自分でコントロールできる権利できるよう、本人同意のもとほかの銀行でも使用を可能にし、例えば住所や電話番号などの変更があった際など、システムから一括で最新状態にアップデートできる。

料金形態

特徴

・欧州VISA主催の「スタートアップ・コンペティション2015」にて優勝した
・TechAwards International Innovation Awardを2年連続で受賞
・2016年には Benzinga Fintech Awards のファイナリストにも選ばれている
・富士通にもサービスを提供している
 

詳細
プロダクトURL:http://www.trunomi.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:2014年
本拠地:サンホゼ
資金調達額(百万USドル):$6M
 
出資企業:Fenway Summer Ventures, Fintonia Group, Persistent Ventures, Saturn Partners, SenaHill Partners, WorldQuant

 
 

古くからのフィンテックプレイヤー

Yodlee

事業内容

顧客の経営や銀行やクレジットカード口座の情報などの資産情報をシンプルに一括にしまとめてマネージメントをおこなう。支払い、お金の貸し借りといったことができるAPIや、データの分析、レポーティングをおこなうサービスを提供している。

料金形態

特徴

・Envestnetに買収された(2015年8月)
・買収時の企業価値評価は5.9億ドル(約740億円)
・2,000万人を超える有料ユーザーを持つ
・パートナー企業は900社以上
 

詳細
プロダクトURL:https://www.yodlee.com/
カテゴリ:ソフトウェア
会社設立:1999年
本拠地:レッドウッドシティ
資金調達額(百万USドル):$141.31M
 
出資企業:Accel Partners, Bank of America, IVP (Institutional Venture Partners), Sequoia Capital, Warburg Pincus

 
 

送金

190の国へ送金可能

Azimo

事業内容

世界190カ国以上へ送金できるサービス。対応している銀行は20,000種類、通貨は80種類以上。スマホアプリも提供している。

料金形態

・送金手数料(送金にかかる手数料は国によって変わる)

特徴

・(1)支払いたい相手を指定  (2)金額を入力  (3)承認  という3ステップで送金ができる
・資金決済システム「SWIFT」を使用
・送金にかかる時間や手数料は国によって変わる
 (例)イギリスから日本への送金時間は24時間、手数料は12ユーロ
 (例)イギリスからイタリアへの送金時間は1-3営業日、手数料は1ユーロ
・2016年5月には楽天もアジアでの拡大を目指し投資している
 

詳細
プロダクトURL:https://azimo.com/en/
カテゴリ:送金
会社設立:2012年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$31(2016年)
 
出資企業:Frog Capital, Greycroft, MCL Partners, e.ventures and Quona Capital

 
 

口座が作れない人のためのサービス

dopay

事業内容

口座がない人が世界には2億人いると言われている。dopayで口座を作り、給与を振り込むことができる。dopayが提供するプラットフォームで支払いの管理が簡単におこなえる。従業員はアプリからも口座を確認できる。

料金形態

特徴

・従業員にはデビットカードが発行される
・VISAカードを使えるお店なら利用できるほか、ATMでのお金の引き出しにも対応している(月3回まで引き出しが無料)
 

詳細
プロダクトURL:https://dopay.com/
カテゴリ:送金
会社設立:2014月
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$7.13M
 
出資企業:ACE & Company, AquaSpark, Chris Adelsbach, Force Over Mass, John Power, Mastercard Start Path, Techstars, Techstars (Barclays Accelerator, London), Techstars Ventures, Tekton Ventures

 
 

低コストの海外送金を留学生に

flywire

事業内容

留学生向けに学費などを送金できるサービス。世界220カ国以上、1,100校以上の大学で利用されている。70種類の通貨に対応し、便利・安心・早いことを売りにしている。かかる料金は銀行の手数料のみであるので留学生が多く利用している。

料金形態

・送金の際に銀行の手数料がかかる(Flywireではコントロールできない)
・Flywire自体からの手数料は、自国の通貨を送金する際は一切かからない
・所属する学校や機関がある国の通貨を送金する際は手数料がかかる場合もある

特徴

・Flywireの最大の魅力は為替の手数料を抑えられること
・送金の手数料しかかからない
・世界8カ国に支社がある
・日本の東京にもある
 

詳細
プロダクトURL:https://www.flywire.com/
カテゴリ:送金
会社設立:2009年
本拠地:ボストン
資金調達額(百万USドル):$43.2M
 
出資企業:500 Hats, 500 Startups, Accel Partners, Bain Capital Ventures, Boston Seed Capital, Fides Finanz-Invest, F-Prime Capital Partners, Jim Hornthal, John Landry, Katie Rae, Kibo Ventures, Marek Fodor, Maveron, Pablo Carrallo, QED Investors, Raul Aznar, Reed Sturtevant, Roy Rodenstein, Spark Capital

 
 

南アメリカ、アジアへの送金を助ける

Remitly

事業内容

アメリカから、南アメリカやアジア(インド・フィリピン)への送金を助けるサービス。

料金形態

・3営業日かかるエコノミープランだと無料
・数秒から数分しかかからない、すぐに送金できるエクスプレスプランだと$3.99がかかる

特徴

・送金手数料が一般に比べて低い
・オンライン上で手軽かつ短期間で送金できる
 

詳細
プロダクトURL:https://www.remitly.com/us/en/
カテゴリ:送金
会社設立: 2011月5月
本拠地:シアトル
資金調達額(百万USドル):$100M
 
出資企業:Bezos Expeditions, Chase Franklin, DFJ Growth, DN Capital, Draper Fisher Jurvetson (DFJ), Founders’ Co-op, Geoff Entress, International Finance Corporation, Mark Williamson, QED Investors, Silicon Valley Bank, SK Ventures, Stripes Group, Sujal Patel, Techstars, TomorrowVentures, Trilogy Equity Partners, Vulcan Capital

 
 

メールのCCにアドレス入れるだけで送金?お手軽すぎるサービス

Square Cash

事業内容

Twitterの創始者であり『第二のスティーブ・ジョブズ』とも呼ばれるジャック・ドーシー氏が作成したモバイルで簡単にカード決済がでkりうサービス「Square」に追加された、Eメールによって送金ができるサービス。メールのCCに規定のアドレスをいれ金額の数字を入れるだけで送金できるという画期的な手軽さが人気。

料金形態

・個人利用だと無料
・ビジネス利用だと取引ごとに2.75%の手数料がかかる

特徴

・送金したい相手へのメールのCCにcash@square.comを入れて、件名に送金したい金額の数字を入れるだけで送金できる
・送金を相手に催促できる機能が追加された
 

詳細
プロダクトURL:https://cash.me/
カテゴリ:送金
会社設立:-
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):-
出資企業:-

 
 

送金の概念を覆したサービス

TransferWise

事業内容

世界各国への送金手数料を抑えたことで注目を集めたサービス。銀行で両替をする際、莫大な手数料を請求される。そこで、例えばユーロをドルにしたい人と、ドルをユーロにしたい人をマッチさせ、レートに沿ってお互いにお金を振り込む。すると、銀行の為替手数料を発生させずにお金を手に入れることができる。(つまり実際には自分のお金が海外に出ていない)

料金形態

・ミッドレードでの取引にかかる手数料のみ発生(デビッドまたはクレジットカードでの支払いの際は、支払い処理のための追加の手数料がかかる場合もある)

特徴

・1〜4営業日で送金できるサービス(※通貨や国によって日数が変わる)
・18種類の通貨に対応している(送金のみなら上記に加えて20カ国に対応、上記に加えSWIFTのみ対応が1カ国)
・日本への送金は0.5%、日本からの送金は1%(最小500円から)
・日本語を話す者も雇用されているため、日本語での対応も可能(ならびにプロフィールから言語を日本語に設定できる)
・為替レートはミッドレードをつかっている
 

詳細
プロダクトURL:https://transferwise.com/jp/
カテゴリ:送金
会社設立:2010年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$116.37
 
出資企業:Andreessen Horowitz, IA Ventures, Index Ventures, Valar Ventures, Kima Ventures, Seedcamp

 
 

あらゆるウェブサイト上に電子決済を

WePay

事業内容

グループ支払いを簡単におこなえるサービス。WePay上にグループの口座を作り、支払いはそれぞれのメンバーにメールで請求書を送り、そこへ銀行口座やクレジットカードで支払うという仕組み。集金から支払いの事務的事務を、完全に代行してさしあげる、とても便利なサービス。

料金形態

特徴

・クレジットカードだけではなく、Apple PayやAndroid Payにも対応している
・24時間体制でのセキュリティー管理による安全性も評価されている
・日本企業では楽天がパートナー
 

詳細
プロダクトURL:https://go.wepay.com/
カテゴリ:送金
会社設立:2008年
本拠地:レッドウッドシティ
資金調達額(百万USドル):$74.15M
 
出資企業:Angus Davis, August Capital, Dave McClure, FTV Capital, Highland Capital Partners, Ignition Partners, Max Levchin, Maynard Webb, Philippe Suchet, Philip Purcell, Raymond Tonsing, SV Angel, Webb Investment Network, Y Combinator

 
 

旅行者同士の両替サービス

WeSwap

事業内容

自分の通貨を入金しておき、交換したい通貨を選ぶと、その通貨を持っているほかの旅行者とマッチングして両替できるサービス。WeSwap cardを提供しており、18の通貨に対応している(日本円にも対応している)。

料金形態

・手数料は即時両替なら1.4%
・3日間だと1.3%
・7日間だと1.0%
・5人紹介すると以降の手数料が0%になる

特徴

・カードにお金が残っても、他の通貨に換えたり、自国の通貨に戻すことができる(この際手数料はかからない)
 

詳細
プロダクトURL:https://www.weswap.com/en/
カテゴリ:送金
会社設立:2011年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$21.43M
 
出資企業:Ascot Capital Partners, EC1 Capital Ltd, IW Capital

 
 

オンライン小切手支払のサービスを提供

Zipmark

事業内容

ビジネス向けの電子小切手送受信サービス。APIも提供しており、ウェブやモバイルの支払いシステムと簡単につなげられる。

料金形態

・取引手数料が$0.50かかる

特徴

・スマホアプリで紙の請求書のQRコードをスキャンすれば、小切手からオンライン上で支払いをおこなえる
 

詳細
プロダクトURL:https://www.zipmark.com/
カテゴリ:送金
会社設立:2010年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$3.5M
出資企業:Y Combinator

 
 

資産管理

 
 

経費精算に掛かるビジネスマンの手間と不正を防ぐサービス

Expensify

事業内容

企業向けオンライン経費精算ツールを提供している。従来であれば、領収証をもらい判子を押してもらい経費精算をおこなうということが必要だが、Expensifyはそういった立て替え等の際に貰えるレシートをスマートフォンから写真に撮るだけでデータを読み込みをすることができる。
 
撮影したレシートはサイトにアップロードすると直接電子レシートとして反映することができる。カテゴリ(食事、交通費、備品の購入、など)を選択すると明細をグラフ化したものまで付いた経費計算書がかんたんに作成できる。そのまま担当者にメールで送ることができ、承認されれば口座に経費が振り込まれる仕組み。実際のレシートが添付されているため、不正を防ぐことができ、申請に掛かる作業も短縮することができる。
 
無料でできる機能の範囲もひろく、フリーランスの方や、小規模な企業には非常によく使われている。
 
 

料金形態

・個人利用は無料
・チーム利用は一人月間$5(約556円)(スタートアップなど)
・会社利用は一人月間$9(約1,000円)

特徴

・使いやすさで他のサービスとの差別化を図っている
・Yahoo!やUBER、Snapchatといった世界の企業が利用している
・Expensifyの社長は、現UberのCEOとRed Swooshという会社を共同経営していた
・クラウド会計システムfreeeと近い機能を持つ
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.expensify.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2008年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$27.2M
 
出資企業:Barracuda Networks, Baseline Ventures, Coyote Ridge Ventures, Hillsven Capital, OpenView, PJC, Redpoint, SV Angel, Travis Kalanick

 
 

企業活動の全データを財務部門に集中!次の一手をサポート!

Leapfin

事業内容

急成長をするベンチャー企業などに向けて財務・金融管理サービスを提供。会計、営業、生産、技術、人事など組織全体に関わる膨大なデータを集め、グラフ化し、経営における次のアクションのアドバイスをしている。
 

料金形態

特徴

・QuickBooksなどの会計ソフトやPayPalなどの支払いソフト、CRMや個人的なデータ(Excelなど)のデータも一括で管理可能
・10人ほどのスタートアップベンチャー企業から50人規模の企業までを対象にする
 
 

詳細
プロダクトURL:https://leapfin.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2015月3月
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$1M
 
出資企業:Acequia Capital (Acecap), Anand Subramani, Bowery Capital, David Bettner, FundersClub

 
 

親族経営企業、プラベートバンクへ資産管理ツールを提供

WealthArc

事業内容

家族経営の会社やプライベートバンク用の資産管理ツールをインターネット上で提供しているサービス。
プライベートバンク』とは個人出資によって運営され、会社の業績が悪化(倒産など)した場合、制限なく借金を全て個人が返済する責任を負うという仕組みの小規模の銀行のこと。その責任からリスクを怖れるため、無理な営業行為をしないことが多いため富裕層の信頼を得やすい金融機関と考えられている。家族経営の会社も親族によって経営がおこなわれているので、その経営の責任は全て家族に跳ね返ってくる。
 
WealthArcはこういったターゲットに絞り、資産の分析データやレポートなどを受け取ることができる資産管理ツールを提供している。

料金形態

特徴

・分析データやレポートをSaaSプラットフォームで管理できる
・スイス発のフィンテック企業
 

 

詳細
プロダクトURL:http://wealtharc.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2015年
本拠地:チューリッヒ
資金調達額(百万USドル):$1.5M
 
出資企業:Novit Ventures

 
 

使いやすさに特化したクラウド会計サービス

Xero

事業内容

Xeroはクラウド会計のスタートアップ。デザインや使いやすさに定評がある。クラウド会計という、BtoBでかつ専門的な分野を扱う中で他社と差別化を図っていくために、営業なども含めて全ての社員がユーザー体験(UX)やデザインなどの使い勝手の良さ(UI)を意識しているそう。金融に関する情報を管理できるサービスで、スマートフォンアプリからも確認できたり、500種類以上のアプリと連携できる。

料金形態

・月に5通までの見積書と請求書の送付が含まれたスタータープランは月々$20、
・見積もりや請求書の上限がないスタンダードプランは月々$30
・複数の通貨が使えるプレミアムプランは月$40

特徴

・86万人以上のユーザに選ばれている
・主に中小企業をターゲットとして 30万以上の企業や個人に使用されている
・調達額は240億円を超える
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.xero.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2006年
本拠地:ウェリントン
資金調達額(百万USドル):$355M
 
出資企業:Accel Partners, Craig Winkler, Matrix Capital Management, Peter Thiel, Sam Morgan, Valar Ventures

 
 

企業の福利厚生、社会派フィンテック

Hellowallet

事業内容

アメリカ人が抱えている金融問題のうち5つ(稼ぎよりも多く使ってしまう、緊急時の備え、借金返済のための長期的なプラン、福利厚生などの手当を最大限に受ける、退職時への備え)を主に解決するサービス。
 
保険料がどれくらいかかっているのか、退職時にどれくらいのお金が必要なのか等の情報を確認しやすくして、将来のための蓄えのためのプランを立てやすくすることができる。お金のやりくりを上手くできずに将来必要なお金を使い切ってしまい、老後にストレスを抱える従業員を出さないように使って下さい。というのがセールストークだそう。
 

料金形態

特徴

・5アカウントが販売されるごとに、低所得者層に1アカウントを利用可能とする寄付がされる
・モーニングスター社が買収した
 
 

詳細
プロダクトURL:http://www.hellowallet.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2009年
本拠地:ワシントン
資金調達額(百万USドル):$16.15M
 
出資企業:Grotech Ventures, Morningstar, Revolution, TDF Ventures

 
 

自動で投資の提案を受けられる

Betterment

事業内容

投資や資産運用のアドバイスを受けられるサービス。ロボ・アドバイザーを導入していて、自分の年齢や資産を登録し、リスクに応じたゴールをセットすると自動でユーザにあった提案がなされる。

料金形態

・残高に応じて管理費用として0.15% 〜 0.35%の手数料がかかる
・有価証券の売買といった手数料はかからない
・30日間の無料トライアルも提供している
・残高が$0だと手数料は取られない

特徴

・累計2億500万ドル(約229億円)の資金調達をした
・オンラインでの、投資のアドバイス、資産運用サービスであるロボ・アドバイザーを運営している
・15ヶ月間で急成長しており、ユーザー数は15万以上増加した
・資産運用において預かる資産が11億ドル(約1,228億円)から約40億ドル(約4,467億円)まで規模が拡大している
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.betterment.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2008年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$205M
出資企業:Andy Dunn, Anthemis Group, Bessemer Venture Partners, Citi Ventures, Fabrice Grinda, Francisco Partners, Globespan Capital Partners, Jason Finger, Kinnevik AB, Menlo Ventures, Northwestern Mutual Life, Red Swan Ventures, reinmkr capital, Thomas Lehrman

 
 

クレジットカードの不正使用、撲滅!

Billguard

事業内容

アメリカは年間で300ドル(約3万円)を一般消費者が平均してカードの不正使用で失っているという現状がある。クレジットカード詐欺は年間で70億ドル(約7,777億円)の被害があり、銀行が把握しているのはその3分の1ほど。そういったことを踏まえて銀行にはたくさんの苦情が来てきており、銀行自体も対応をしかねていた。
 
Billguardはそういった苦情のデータベースを活用して、クレジットカードが不正に使用されていないかどうかを監視する消費者向けのサービスを提供している。銀行の残高やクレジットスコア、何にお金を使ったかをグラフで管理できるほか、引き落としがあった際には通知があるなど、お金に関することをスマホアプリで管理できる。

料金形態

・クレジットカード2枚までは、毎月の監視レポートとリアルタイムの警告サービスを無料で利用可能
・年間45ドル(約5,000円)でカードの上限枚数が10になり、不正にあった時は優先的に支援を受けられる

特徴

・クレジットカードに関する苦情データベースを活用
・フェイスブックやツイッターなどのSNSなどからもクレジットカード不正使用に関する情報を収集
・怪しい引き落とし不正と思われるものをユーザーが報告しあい、類似の請求があった際にアラート
・2015年9月にProsperに買収された
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.billguard.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2010年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$16.5M
 
出資企業:Amir Orad, Bessemer Venture Partners, Founder Collective, Founders Fund, IA Ventures, Innovation Endeavors, Joe Lonsdale, Khosla Ventures, LocalGlobe, OurCrowd, Saul Klein, Social Leverage, SV Angel, The R-Group, LLC, Yaron Galai

 
 

あなたのクレジットスコアを改善しましょう!

CreditKarma(クレジットカルマ)

事業内容

クレジットスコア(信用評価)に関するレポートを毎週受け取ることができ、どうすればスコアをより高められるかといったアドバイスを受けられるサービス。利用自体は無料だそうだが、利用データに基づいて、CreditKarmaがよりお金をセーブできるような提案(商品)をおこなう。その商品を購入すると、銀行や貸主からCreditKarmaにお金が入る仕組み。

料金形態

・利用は無料

特徴

・「128 ビット暗号化」と「個人情報を第三者に漏らさない」といったセキュリティが強固
・日本と比べて米国はクレジットカード利用率が高いため関心度が高い
・大量の個人情報を集めて分析するサービスは投資家に注目を浴びている
 

 

詳細
プロダクトURL:https://www.creditkarma.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2007年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$368M
 
出資企業:500 Startups, CapitalG, Felicis Ventures, FF Angel LLC, Founders Fund, QED Investors, Ribbit Capital, Susquehanna Growth Equity, SV Angel, Tiger Global Management, Valinor Management, Viking Global Investors

 
 

勝手に貯金してくれるサービス

Digit

事業内容

日々の消費の傾向をDigitがチェックし、負担にならない数ドルを計算して、数日ごとに自動的に貯金に回すサービス。貯金には平均して$5-50(約556円円~約5,556円)ほど。月収の約5.5%ほどの貯金が可能だそう。

料金形態

・無料で利用できる

特徴

・3ヶ月ごとに貯金額に応じたボーナスが支給される($100ごとに5セント)
・現在はアメリカ国内の取引のみ有効
 
 

詳細
プロダクトURL:https://digit.co/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2013年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$36.3M
 
出資企業:Aaron Harris, Alexis Ohanian, Baseline Ventures, Cooperative Capital, Eoghan McCabe, Eric Ries, Financial Solutions Lab, Freestyle Capital, Garry Tan, General Catalyst Partners, GV, Hans Morris, Joshua Greenough, Nate Bosshard, Randy Reddig, Ribbit Capital, Rick Berry, Ted Rheingold, Upside Partnership

 

関連記事|文そんなことができるの?面白い海外フィンテックサービスまとめ
こちらにも同様のサービスの紹介をおこなっています。

 

 

ジムに通う感覚でお金を学ぶ

LearnVest

事業内容

家計管理サービス。難しい家計の管理をかんたんにするため、貯蓄や負債の処理、投資など個人に合わせてフィンアンシャルプランナーを紹介する。個人の家計の目標を設定し、いつでもスマホアプリからアクセスすることができる。月々の費用がかかるが、自分のプランナーへは24時間メールにて連絡もできることが特徴。会員の家計管理に役立ちそうなオンライン・モバイル上のツールも紹介してくれる。

料金形態

・初期費用$299(約25,444円)と月間費用$19(約2,111円)
・初期費用は2または3回での分割払いができる

特徴

・クレジットカードの負債の返済・緊急時用の貯金・退職の3つのゴールを決めることから始める
・アメリカの銀行を主に使っているのであれば、アドバイスを受けることができる
・CEOであるAlexa Von Tobel氏が美しい
 

 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.learnvest.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2007月5日
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$72.13M
 
出資企業:Accel Partners, American Express, American Express Ventures, Circle Financial Group, Claritas Capital, Conversion Capital, Ed Mathiasm, Golden Seeds, Paul Sethi, Peter Kellner, PKS Capital, Rose Tech Ventures, Todd Ruppert

 
 

独身の方でも、お小遣い制の導入ができるサービス!!

LevelMoney

事業内容

家計簿を付けるということが面倒なかたに人気のサービスが、こちらのLevelMoney。使いすぎないためにはいくらまでなら使えるのかといいうことだけを知りたい方に「その日に使って良いお金」を教えてくれるもサービス。請求書や日々の生活費などの見積もりを立てて、節約プランを立て、残ったお金が「Spendable(使っていいお金)」となる仕組み。
 
CEOはこのアプリを歩数や睡眠等を記録するフィットネスアプリ「Fitbit」のお財布版だと考えている。

料金形態

・無料で利用することができる

特徴

・「金融のGPS」のようにアプリがお金についてを教える
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.levelmoney.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2012年6月
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$5M
 
出資企業:Blake Grossman, Kleiner Perkins Caufield & Byers, Reed Hundt, Sanford Weill

 
 

家計簿ツールのパイオニア!

mint

事業内容

口座のデータをまとめて管理できるほか、家計簿を自動で作り、家計に沿ったアドバイスや商品案内をおこなう個人資産管理(PFM=Personal Financial Management)ツールを提供している。家計簿ツールの草分け的なサービス。もともと家計簿ツールはあったものの、mint代表者がそのサービスを使用していた際に感じた使いにくさを、徹底的に改良したことにより急激に成長を促した。
 
結果、創業2年にして、mint以前に家計簿ツールを運用していた会社が自社のツールの運用を閉鎖し、mintとの統合に踏み切ったそう。

料金形態

・請求書の支払い用サービスがあり、銀行口座を利用すれば無料
・デビットカードは支払いごとに$2.49(約277円)、クレジットカードの場合は支払いごとに4%の手数料がかかる

特徴

・2009年にIntuitによって買収された
・1,200万人が利用するサービス
・使い勝手に定評がある
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.mint.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立: 2006年11月
本拠地:マウンテンビュー
資金調達額(百万USドル):$31.78M
 
出資企業:Benchmark, Bob Pasker, DAG Ventures, Dave McClure, Felicis Ventures, First Round, Founders Fund, Geoff Ralston, Hite Capital, Mark Goines, Ram Shriram, Ronald Conway, Shasta Ventures, Sherpalo Ventures, SoftTech VC, SV Angel

 
 

「自分ルール」でコツコツ貯金

Qapital

事業内容

生活サイクルの中で貯金のトリガーを決めると、それがおこなわれるたびに自動で少額の貯金がなされるサービス。貯金をするという行動は自分で決めることができるため、「クレジットカードで買い物をした場合、同じだけのお金を貯金する」や、「雨が降ったら貯金」などのように楽しみながら貯金ができる。国内サービスではフィンビーなどがある。

料金形態

・すべて無料(アカウント開設、月間費用など一切かからない)

特徴

・貯金目標を家族や友人らとシェアできるため、競争心をもちながら貯金することができる
・各銀行の貯金額をまとめてスマ-トフォンアプリから確認できる
・ストックホルム生まれ、ニューヨーク育ちのサービス
 

 

詳細
プロダクトURL:https://www.qapital.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2012年
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル): $11.06M
 
出資企業:Alex Zubillaga, Charles Noonan, Charles Noonan, Grape Arbor VC, Industrial Development Fund, Industrifonden, Marcus Siezing, Northzone, Peter Read, rocketship.vc, Tribeca Angels

 
 

データ活用は頭一つ抜けているロボ・アドバイザー

SigFig

事業内容

創始者はもともとアマゾンでアマゾンペイメントの指揮をしていた人物。また、ウィキペディアの金融版サービスのCEOも兼務しているということで、多くの注目を集めている。年金などの個人の銀行のデータ(個人金融)をまとめて分析し、どういった投資をおこなえば成功するかということのアドバイスを与えるサービス。データの扱いはほかと比べても秀でているそう。

料金形態

・$10,000(約111万円)までの投資は無料
・$10,000以上は年間0.25%の手数料がかかる
・最低投資額は$2,000(約22万円)から

特徴

・個人の金融情報から的確なアドバイスをロボ・アドバイザーから貰える
 
 

詳細
プロダクトURL:https://www.sigfig.com/site/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2007年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$67M
 
出資企業:Bain Capital Ventures, Comerica Bank, DCM Ventures, Eaton Vance Corp., New York Life Insurance Co, Santander InnoVentures, UBS, Union Square Ventures

 
 

時間に追われずに投資するスタイル

Wealth Front

事業内容

流動的な市場を追うのではなく、ゆっくりと進む市場で時間に追われずに投資するスタイルをとっているロボ・アドバイザー。日本の類似サービスと比較すると、比較的質問数が多い。人気の秘密としては、ロボ・アドバイザーの投資手法を公にしており、透明性を確保していることと、デザインに関してユーザー視点に立ち、徹底的に使いやすさに拘っているがあるのではないかと言われている。

料金形態

・$10,000までは無料
・それ以上は年間利用料として0.25%がかかる
・友達紹介キャンペーンがあり、一人紹介するごとに5000ドルが追加で無料になる仕組みもあり

特徴

・長期インデックス投資界の巨匠2人が入っていることが強みだと言われている
・ユーザーは年齢・収入・リスク選好度などに関する簡単なアンケートに回答し、リスク許容度をランク付け
・ロボアドバイザーのパイオニアでもありトップという位置づけとして認知されている
・日本のロボ・アドバイザーと比べると比較的安価

 

詳細
プロダクトURL:https://www.wealthfront.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2008年
本拠地:レッドウッドシティ
資金調達額(百万USドル):$129.5M
 
出資企業:Adam D’Angelo, Ali Pincus, Alison Rosenthal, Andy Dunn, Andy Rachleff, Benchmark, Ben Horowitz, Bruce Dunlevie, Cipora Herman, DAG Ventures, Doug Mackenzie, Dragoneer Investment Group, Duff, Ackerman and Goodrich, Greylock Partners, Hunter Walk, Index Ventures, Jeff Jordan, Kevin Compton, Kevin Rose, Marc Andreessen, Marissa Mayer, Mark Pincus, Matt Mullenweg, Maven Ventures, Michael Schroepfer, Paul Kedrosky, Peter Pham, Ribbit Capital, Satya Patel, Science, SK Ventures, Social Capital, Spark Capital, Timothy Ferriss

 
 

デジタルバンクをより身近に価値あるものへ

Meniga

事業内容

ヨーロッパでPFMサービスを提供する。デジタルバンクをより使いやすくしたり、取引情報を価値のあるものへ変えることを目標にしている。PFMサービスの提供で培った顧客の支出に関する情報の収集・分析ノウハウを活用することで、顧客がコンピュータがスマートフォン等でやり取りをするときに商品の提案をおこなうプラットフォームMeniga Dialogを発表している。
 

料金形態

特徴

・多くの大手金融機関で採用され、その利用者数は全世界で3,500万人以上
・イギリス発のFintechスタートアップ

詳細
プロダクトURL:http://www.meniga.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2009年3月
本拠地:レイキャヴィーク
資金調達額(百万USドル):$14.77M
 
出資企業:Crealogix, Frumtak Investment Fund, Kjölfesta, Velocity Capital Private Equity, Velocity Venture Capital

 
 

支払い可能なステッカー付き、モバイルバンキング

Moven

事業内容

自分が現在いくらお金をつかっているかをスマホアプリから把握できるほか、食事代など今月は平均してつかう金額より多いか少ないかも示してくれる。MasterCard PayPassに対応した認証端末にスマホをタップして支払いができるステッカーが提供されるうえ、送金や現金引出しなどが手数料なしでおこなえる。

料金形態

特徴

・最大$250,000まで預金できる
・ATM引き出し手数料がかからない(CBW Bank)
・万一カードをなくしても、スマホアプリから利用停止にできる
・預金額以上の支払いをすることができない
 

詳細
プロダクトURL:https://www.moven.com/
カテゴリ:資産管理
会社設立:2011月4日
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$24.41M
 
出資企業:Anthemis Group, Life.SREDA, MoneyTime Ventures, New York Angels, Raptor Ventures, Route 66 Ventures, Standard Bank

 
 

保険

AIが保険のアドバイス

Brolly

事業内容

AIコンシェルジェによる保険のアドバイスアプリを提供する(イギリス初)

料金形態

特徴

・2016年8月にiPhoneアプリをリリースしたばかり
・2017には保険の提供を開始する予定

 

詳細
プロダクトURL:https://www.heybrolly.com/
カテゴリ:保険
会社設立:1905年
本拠地:イギリス
資金調達額(百万USドル):$13.36k
 
出資企業:Entrepreneur First

 
 

車の保健にテクノロジーを

Marmalade

事業内容

若い人向けの車保険。友人や家族の車で運転を練習している人向けのプランや、新たに免許を取得したての人、学生向けなど車初心者向けの保険が展開されている。

料金形態

・住んでいる地域によって変わる

特徴

・17〜24歳向けの車案内(保険料が1年無料)もおこなっている
 

詳細
プロダクトURL:https://www.wearemarmalade.co.uk/
カテゴリ:保険
会社設立: –
本拠地:ペテルブルク
資金調達額(百万USドル):-
出資企業:-

 
 

メリット盛りだくさんのオンライン保健

Oscar Health

事業内容

オンライン上で手続きが完了する健康保険。全ての手続きがオンラインで完了する。怪我や病気の際に保険が降りるだけではなく、現物の給付サービスとしてお金や施設利用のサービスを無料でうけることができる。具体的には医師への無料電話相談や、ジェネリック医薬品を無料で利用できるサービス、医師の無料訪問などさまざま。創業者のKushner氏は、ブラジル最大のソーシャルゲームの共同創業者であり、現在もさまざまな企業の代表などを兼任で務めている。

料金形態

・プラチナプラン、ゴールドプラン、シルバープラン、ブロンズプラン、安心プランの5種類がある
・プラチナに近づくほど利用料は高くなるが、いざというときのコストを抑えられる
・安心プランは必要な時だけ使った分が請求される

特徴

・いつでも医者に無料で電話できるほか、歩いた歩数に応じて見返りを得ることができる
・ユニコーン企業でもある(評価額$2.7 billion)
 

詳細
プロダクトURL:https://www.hioscar.com/
カテゴリ:保険
会社設立:2013年7月
本拠地:ニューヨーク
資金調達額(百万USドル):$727.5M
 
出資企業:BoxGroup, Breyer Capital, CapitalG, Fidelity Investments, Formation 8, Founders Fund, General Catalyst Partners, Goldman Sachs, Horizons Ventures, Khosla Ventures, Lakestar, Ping An Ventures, Red Swan Ventures, Stanley Druckenmiller, Thrive Capital, Velos Partners, Wellington Management

 
 

マーケティング

クレカの履歴を分析しマーティング

Cardlytics

事業内容

金融機関の顧客の購入データを元に、マーケティングをするサービスを提供する。具体的には、クレジットカードの購買履歴からカード利用者が求めていると思われるオンラインのクーポンを発行している。金融機関が提携している小売店から出された条件にあった消費者を選定しその個人に向けたクーポンを発行する

料金形態

特徴

・バンク・オブ・アメリカとPNCを含めた1,500社以上の金融機関と提携している
 

詳細
プロダクトURL:http://www.cardlytics.com/
カテゴリ:マーケティング
会社設立:2008年
本拠地:アトランタ
資金調達額(百万USドル):$166M
 
出資企業:Atlanta Ventures, Canaan Partners, Columbia Partners Private Capital, Discovery Capital, Groupe Aeroplan, ITC Holdings, Kinetic Ventures, West Coast Capital

 
 

カード

マスターカードで支払い送金をシンプルに

Centtrip

事業内容

Centtrip専用のマスターカード(プリペイド)が届く。これを使うと海外での支払いや送金が簡単におこなえる。14の通貨に対応している。ビジネスとパーソナル、2種類のプランから選ぶ。

料金形態

・個人利用の年間利用料£10、手数料は最大0.5%
・為替や送金手数料はかからない

特徴

・SWIFTかSEPA経由での送金が可能
 

詳細
プロダクトURL:https://www.centtrip.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2013年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):-
出資企業:-

 
 

クレジットカードはこれ一枚

Get my one

事業内容

複数あるクレジットカードを1枚にまとめられる。スマホアプリで使いたいカードを選択すると支払いが可能。ポイントカードや会員カードなども同じく1枚にまとめることができることが評価をされている。ATMでも使用できたりと利用シーンが多い。

料金形態

・1年($99)または2年($169)から選べる

特徴

・クレジットカードを写真で撮るか、専用の機械でスワイプをするとカードを追加できる
・スマホアプリからカードが遠ざかると、自動でカードがロックされるセキュリティも備えている
・利用開始は2017年を想定している
 

 

詳細
プロダクトURL:https://www.getmyone.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2015年
本拠地:コンショホッケン
資金調達額(百万USドル):-
出資企業:-

 
 

ふさわしいクレジットカードを提案してくれる

NerdWallet

事業内容

1,700種類あると言われているクレジットカードから自分にふさわしいものを提案してくれる。同様に、投資サービスや銀行、ローンなどの比較・提案もおこなう。

料金形態

特徴

・クレジットカードだけでも海外送金の手数料が無料
・飛行機によく乗る人へのおすすめなどさまざまなカテゴリにわけられている
・ユーザーによるレビューも参考にできる
・2016年6月にaboutLifeにより買収された
 

詳細
プロダクトURL:https://www.nerdwallet.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2009年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$105M
 
出資企業:Camelot Financial Capital Management, Core Innovation Capital, iGlobe Partners, IVP (Institutional Venture Partners), Joe Montana, RRE Ventures, Sean Black, Silicon Valley Bank, Steven Fan

 
 

2017年4月20日 破産申請、現在運営をしていない

Plastc

事業内容

最大20枚まで、クレジットやデビットカードを1枚のカードにまとめられるサービスを展開。多くの人に注目されていたが2017年4月20日にサイト上に破産申請および業務終了のメッセージを公開した。全従業員を解雇したそうで、破産の理由としては予定していた資金調達ができず予約注文分の生産に入ることができなかったとのこと。

料金形態

・1枚$180で購入できる
・サービス手数料は$50(一度払ったら生涯続く)

特徴

・カードにタッチスクリーンがついていて、使いたいカードをスワイプして選択する
・使った金額はスマホアプリで管理できる
・カードをなくしたら最後にあった場所を検索・万一の場合はロックすることができる

 

詳細
プロダクトURL:https://plastc.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2014年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$7.7M
 
出資企業:Grayhawk Capital, IncWell, Mitsubishi Corporation, Peninsula Ventures, ZenStone Venture Capital

 
 

イギリス在住の人向けカード

Pockit

事業内容

イギリス在住者向けに、プリペイドのマスターカードを利用した銀行サービスを提供している。有料プラン無料プランを選ぶことが可能でイギリス在住者のみに限定したサービスの展開をおこなっている。

料金形態

・無料もしくは99pのどちらかで利用できる
・カードを利用しての購入(オンライン・オフライン)は無料
・デビットカードとしての利用やATMからの現金引き出しなどは有料

特徴

・18歳以上のイギリス在住者のみが利用できる
 

詳細
プロダクトURL:http://www.pockit.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2014年
本拠地:ロンドン
資金調達額(百万USドル):$3.45M
 
出資企業:Danny Jatania, Denis Shafranik, Ian Langley, Mark Newton-Jones, Simon Barklem, Sir Alex Ferguson

 
 

もっとビットコインを使える世の中に!

Shift

事業内容

ネットの世界だけでなく現実の決済などでもビットコイン普及させる可能性のあるサービス。Bitcoinベースのデビットカードを発行する。VISAに対応しているところであればどこでもBitcoinが利用できる。暗号通貨だけにセキュリティの高さもアピールしている。

料金形態

・カードへの保険として$10かかる
・年間利用料や国内での取引手数料は無料
・国際的な取引は3%、
・ATMからの引き出しは$2.5
・外のATMからの引き出しは$3.50かかる

特徴

・カードは黒と白の2種類がある
 

詳細
プロダクトURL:https://www.shiftpayments.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2014年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$2.2M
 
出資企業:CRCM Venture Capital, Kapor Capital, Scrum Ventures, Y Combinator

 
 

カード型ウォレットサービス

STRATOS

事業内容

クレジットやキャッシュカード、ギフトカード、マイレージカードといった磁気カードであれば基本的にどんなカードでも1枚にまとめられるウォレットサービス。銀行ATMやガソリンスタンドで使うことが主流になってきているそう。

料金形態

特徴

・専用のカードリーダをスマホに取り付けて、使いたいカードをスキャンするだけで登録ができる
・Bluetooth経由でデータ通信ができ、支払い情報も確認できる
 

詳細
プロダクトURL:https://stratoscard.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2012年
本拠地:アナーバー
資金調達額(百万USドル):$6.8M
 
出資企業:Hyde Park Venture Partners, Resonant Venture Partners, Toba Capital, Western Technology Investment

 
 

世界で一番スマートなカード

Swyp

事業内容

クレジットやキャッシュカード、ギフトカード、マイレージカードといったさまざまなカードを1枚にまとめられる。また、Swypをもっている友人にギフトカードをオンライン経由で贈れる。ビジネス用に使用すれば経費の計上も手軽にできる。

料金形態

特徴

・スマートフォンからカードが離れると自動的にロックされる
・買い物をしたくなったらカードについているボタンを自分がきめた通りに押せば使える解除ロックを搭載
・SWYPユーザー間でギフトカードの交換やシェアができるインスタントギフト機能がある
 

詳細
プロダクトURL:http://www.swypcard.com/
カテゴリ:カード
会社設立:2015年
本拠地:サンタクララ
資金調達額(百万USドル):-
出資企業:-

 
 

好みに合ったクレイジットカードの提案とアドバイス

WallaBy

事業内容

ユーザの好みに合わせ、数千種類あるクレジットカードから最適なもの提案する。また、カードの特典を得られやすくするアドバイスもスマホアプリから確認できる。

料金形態

・無料

特徴

・カードのステータスはスマホアプリから確認でき、現在地に応じて使うべきカードを提案してくれるといったサービスもある

 

詳細
プロダクトURL:https://www.walla.by/
カテゴリ:カード
会社設立:2012年
本拠地:パサディナ
資金調達額(百万USドル):$1.1M
 
出資企業:Founders Fund, Karlin Ventures, Mucker Capital, Quotidian Ventures, Root Ventures, SLP Ventures, Structure Fund, WI Harper Group

 
 

リスクマネジメント

 

フィンテックに発生するリスクを最小化

IdentityMind Global

事業内容

金融にテクノロジーが掛け合わされたフィンテックで大切な安全性を担保するためのサービス。金融取引上の危機管理やe-コマースの不正取引防止といったセキュリティサービスを展開している。

料金形態

・セキュリティプランによって金額が変わる
  例)ビットコイン事業のセキュリティは、最初の半年は月々$150

特徴

・銀行取引やビットコインといった事柄別で、怪しい動きの検知や顧客管理、取引の監視、不正行為の予防といったセキュリティを提供する
 

詳細
プロダクトURL:https://www.identitymindglobal.com/
カテゴリ:リスクマネージメント
会社設立:2014年
本拠地:パロアルト
資金調達額(百万USドル):$12.6M
 
出資企業:Benhamou Global Ventures, Cybernaut Venture Capital, GF Trust, Jack Carsten, Lakewood & Company, MoneyTime Ventures, Mozido

 
 

アメックスに買収されたリスクマネジメント企業

InAuth

事業内容

金融機関向けに、モバイル不正防止のための本人認証や防止サービスを提供している。強みはデータ分析やデータの加工。アメックスが買収したことで注目を集めた。カード申込契約から回収までに発生する総合的なリスクマネジメントの質を高めている。

料金形態

特徴

・3,075万ドルを調達
・2016年12月6日にアメックスにより買収された
 

詳細
プロダクトURL:https://www.inauth.com/
カテゴリ:リスクマネージメント
会社設立:2010年
本拠地:ヴェニス
資金調達額(百万USドル):$30.75M
 
出資企業:Bain Capital Ventures, Commerce Ventures, Three Tree Ventures

 
 

その他

ミレニアル世代に金融知識を

finimize

事業内容

金融関連の最大のニュースを解説付きで毎日3分で読める量にまとめてメールで配信する。ミレニアル世代が金融の知識を適切に得ることができるようにとの想いでサービスを提供している。

料金形態

・無料で記事を読んだり金融に関する質問を投稿したりできる

特徴

・3分で登録が完了し
・すぐに無料で使い始めることができる
・オンラインコミュニティの会員は10万人以上
 

詳細
プロダクトURL:https://www.finimize.com/
カテゴリ:ニュース
会社設立:2015年
本拠地:-
資金調達額(百万USドル):-
 
出資企業:Jason Butler, Passion Capital

 
 

人事領域と金融領域を掛け合わせたサービス

Gusto

事業内容

税金の自動計算を含めた給与の支払いといった人材管理に加え、福利厚生や退職(401k)関連のサポートも提供している。同年代の起業家が事業を成功させている様子を見て自分にもできるのではないかいう気持ちが創業者の起業のモチベーションになった。料金設定を下げ中小企業をターゲットにすることで競合の給与支払いサービスと差別化をはかっている。

料金形態

・月間の基本利用料$39に加え、従業員1人あたり$6が発生

特徴

・アメリカ全50州にある40,000以上の会社で取り入れられている
・5000万ドル(52億円)を調達
・1ヶ月の無料試用期間あり
・ユニコーン企業でもある
 

詳細
プロダクトURL:https://gusto.com/
カテゴリ:人事
会社設立:2011年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$170.12M
 
出資企業:AFSquare, Altimeter, CapitalG, Designer Fund, Emergence Capital Partners, General Catalyst, Glynn Capital Management, GV, Hemant Taneja, Jeff Seibert, Kleiner Perkins Caufield & Byers, Obvious Ventures, Pivot Investment Partners, Ribbit Capital, Slow Ventures, Wayne Chang, WME Ventures, Y Combinator

 
 

保健と福利厚生、人事領域をサポートする

Zenefits

事業内容

中小企業向けに健康保険商品の販売仲介をおこない、保健を購入した企業に対して給与計算や福利厚生などの人事管理のクラウドサービスを無料で提供することによって事業の無駄をなくし、少ない人数で大きな成果をあげられるようなサポートをおこなうサービスを提供する。わずか二年で急成長をして注目を集めたが、半数ほどの従業員を解雇したことが大きな話題を呼んだ。

料金形態

・管理する従業員1人につき以下の費用が発生する
  ブロンズ:無料(従業員・福利厚生管理)
  シルバー:月$5(上記+プレミアム人材管理)
  ゴールド:月$8(上記+給与支払い)
  プラチナ:月$12(上記+人材専門家)

特徴

・名前の由来は「禅(Zen)」と「福利厚生(Benefit)」
・2年で評価額が45億ドルにまで上昇して注目された
・ユニコーン企業でもある
・社内風紀の乱れなどトラブルがあったこともあり、創業者は退職している
 

詳細
プロダクトURL:https://www.zenefits.com/” target=”_blank” rel=”nofollow”>https://www.zenefits.com/
カテゴリ:人事
会社設立:2013年
本拠地:サンフランシスコ
資金調達額(百万USドル):$583.6M
 
出資企業:Aaron Levie, Adam Jackson, Adeyemi Ajao, Andreessen Horowitz, Benjamin Ling, Brad Gessler, Brendan Wallace, Charlie Cheever, Comcast Ventures, David Petersen, David Rusenko, Elad Gil, EPIC Ventures, Fidelity Investments, Founders Fund, Hydrazine Capital, Insight Venture Partners, IVP (Institutional Venture Partners), Jared Leto, Justin Mateen, Khosla Ventures, Maverick Capital, Panorama Point Partners, Sohail Prasad, Sound Ventures, Sound Ventures, SV Angel, Titan Partners, TPG (formerly Texas Pacific Group), Urizen Ventures I, Venrock, Wefunder, Y Combinator

 
 

 
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか。
 
日本におけるフィンテックのスタートアップ企業は、独自に発展していくか、金融機関や大手事業会社と連携しながら成長していくと思われます。フィンテック先進国企業のビジネスモデルなどを参考に、今後より良いサービスが誕生していくことでしょう。
 
今回はフィンテックの英語圏におけるグローバル企業を106社紹介しました。調査漏れ企業、注目したほうが良い企業など今後、発見次第で追加更新いたします。アジア圏のフィンテック企業・サービスも今後紹介しますので、ご期待ください!

 


The following two tabs change content below.
佐野 祥貴

佐野 祥貴

新卒で入社した企業の出資先であるベンチャー企業に入社1ヶ月で出向、事業の立ち上げ、Web広告の営業、広報活動などを経て、finte編集部にて活動。全くの初心者にも知見のある方にも、わかりやすく、おもしろいフィンテックとの出会いをWebを通じて届けることができればと考えています。

関連記事