『そんなところにもフィンテック!?』アマゾンの提供するレンディングサービス

こんにちは!finte編集部です。
 
2015年ほどからよく耳にするようになったFintech(フィンテック)という言葉ですが、その割にはどこか縁遠い言葉にも感じている人もいるのではないでしょうか。実は多くの人がよく使う大手ECサイトのAmazon.comでも商品を売る事業者向けにフィンテックサービスが提供されているそうです。日常生活でよく使うAmazonが提供する、事業者の挑戦をサポートするフィンテックサービスについて紹介します。
 

Amazonレンディングとは

アマゾンはフィンテックという言葉が流行するまえ、2014年2月20日から、Amazon レンディングというフィンテックサービスを提供しているそうです。AmazonレンディングとはAmazon以外の法人であっても自由にAmazonに出店をおこない自社の商品を売ることができるというサービス、Amazonマーケットプレイスに出店している販売事業者向けの短期運転資金型ローンです。
 
このサービスの最大の特徴はAmazonで過去におこなわれたその事業者の取引データを審査に使用して、その事業者が受けられる融資額や金利、期間をあらかじめ計算したうえで、融資(お金を貸す)の提案をAmazon側からおこなうという点です。融資を受け取る側は事前に審査が通っており、どの程度の融資を受けられるか既に決まっているため、非常に短い期日で融資を受けることができます。その融資により事業者は柔軟な資金計画を立てることができるようになるそうです。

 
Amazonはこのサービスを通じ、Amazonに出店し商売をする事業者がより一層ビジネスを発展させることを目的としているそうです。サービスの対象となるのはマーケットプレイスに参加している販売事業者のうち、店舗評価や売上など、ある一定の基準を満たしている法人です。サービスを利用可能な事業者は出金管理ツールのサイドバーにAmazonからの通知が表示されるようになります。

 
具体的な融資額は10万円~5,000万円の範囲で、年利は8,9%~13,9%。返済期間は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月から選択することができ、返済方法は毎月決まった一定額を返済する元利均等返済方式ですので返済の計画が立てやすいそうです。まとまったお金ができた時に一定額よりも多めに返済する繰り上げ返済をおこなう際の手数料も無料で、毎月の売上と相殺させて返済することもできます。また、2015年10月には新たにリファイナンスローン(借り換え)もメニューに加わり、さらにお金を借りる追加融資時に既存ローンを借り換えることができるようになり、借りやすく返しやすい融資になっています。
 
 

Amazonレンディングを利用するメリットとは?

Amazonレンディングの仕組みについてご紹介しましたが、実際にマーケットプレイスに参加している中小事業者にとって、Amazonレンディングにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
 
結論からいえば、Amazonレンディングを利用するメリットはお金が必要な際に、使い勝手の良い、スピーディな融資を受けることにあります。審査申し込みが簡単であるという点はもちろん、Amazonの側であらかじめ融資できる金額と利率を提示してくれているので、面倒な交渉をする必要がありません。最短で即日の融資が可能なので、特に直近の運転資金を必要とする事業主にはとても魅力的です。
 
高額な利益の見込める商品を仕入れる場合や大型連休中などのビジネスチャンスに追加の資金としてこのサービスを利用することも可能です。場合によっては最大5,000万円までの借り入れも可能なので、新規の商品開発や海外のAmazonへの商業進出などに挑戦することもできます。
 
銀行などと比較した場合、金利では若干高くなるそうですが、煩雑な手続きや面談などを踏まえずに必要なときに必要な金額を融資してくれる利便性は非常に魅力的です。毎月の引き落としも売上からの自動引き落としなので、事務手続きに煩わされることなく、快適にビジネスを継続することができます。返済期間も3ヶ月~最長12ヶ月まで選択でき、2回目以降の融資にはリファイナンス(借り換え)型のローンを組むことができるので、さらに返済期間を延長することも可能です。
 
実際に事業者がAmazonレンディングを活用している事例としては、借り入れをおこない売れることが見込める商品を商品を大量に仕入れることなどがあるようです。大量の仕入れによって原価率を下げることができる商品もあるので、借り入れをすることで比較的安く商品を大量に仕入れて豊富な在庫を用意することができます。本来、銀行などならかかるはずの審査の時間を省くことができるので、ビズネスのチャンスを逃さずに行動をおこすことができます。ビズネスが成功して多くの売上がたったとき早期返済の際の手数料も無料なので、成長戦略を立てるうえで非常に便利だそうです。
 
以上のことからAmazonレンディングの魅力は煩雑な手続きを必要とせず、最短のスピードで融資を受けられる点にあると考えられます。事業規模が小さいうちは銀行などからの借り入れが困難な場合もあるので、そういった際には非常に頼りになるサービスです。
 
 

まとめ

 
いかがでしたか。普段、何気なく買い物をしているAmazonでも裏側ではフィンテックサービスが浸透しているようです。素敵な商品をAmazonで見つけてすぐに購入することができるという『あたりまえ』もフィンテックサービスが裏側で支えてくれているのかもしれません。
 
今回のAmazonレンディングのように、既に普及している日常を支えるフィンテックサービスもfinteでは今後紹介していきます。ご期待下さい!!!
 
 


The following two tabs change content below.

finte編集部

finte編集部です。 皆様のお役にたてるようなFinTechに関わる最新ニュース、コラムを配信して参ります。よろしくお願いします。