• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

金融×テクノロジーの橋渡し役。フィンテック革命に不可欠なITベンダーの在り方とは? | finte [フィンテ]

finance(金融)とtechnology(技術)が掛け合わされた造語で、アメリカ西海岸のシリコンバレーから広まってきた言葉であるフィンテックですが、主に最新技術を駆使した金融サービスという意味で使われます。本記事では国内のフィンテックがより発展するために望まれている『ITベンダー』の在り方を紹介いたします。
 
 

求められるITベンダーの立ち位置とは

現在、金融とテクノロジーの融合が盛り上がりを見せていますが、今まで銀行などの金融機関がITを使用していなかったわけではありません。これまで、金融機関へのIT技術はITベンダーによってもたらされていました。ITベンダーとはITのソフトウェアやサービスシステム、製品を販売する企業のことで自社で作成した商材を売る企業もあれば、他社の商材を売る企業もあります。
 

ITベンダーの今までの金融機関に対しての代表的な向き合い方としては、インターネットバンキングなどの金融機関から求められたITシステム商品を納品することがメインの業務だったそうです。しかし、フィンテックのスタートアップ企業の台頭により今まで以上に金融機関は顧客視点を意識しなければいけないタイミングが増えてきたと言われています。
 
海外への送金やATMで引き出すたびに手数料が取られてしまうということ、オンラインバンキングの使い勝手などに対して既存の金融機関に少しの不便さを感じる方がいる中で、IT 企業が次々と金融業界へと参入し、より便利でわかりやすく、安いフィンテックサービスを提供し始めているのです。
 
フィンテックサービスが広まると何が今までと異なるか実際に既にアメリカで普及しているサービスの一部を例に見ると

  • 個人間の送金
    有料の銀行振り込みからスマートフォンアプリでの無料送金が可能
  • 海外送金
    ほぼ無料で送金可能な仮想通貨ビットコインなどを用いた方法が日本と比べると普及している
  • 資金運用
    手数料の掛かる、証券会社、専門家からの投資アドバイスが、クラウド上での自動資金運用システムを使うことで安く利用できる

などなどさまざまな金融サービスが普及しています。当然、日本でも全て一致するわけではありませんが、幾つか共通のニーズは存在しているため、今後このようなサービスがより普及して行くだろうと考えられています。
 

関連記事|そんなことができるの?面白い海外フィンテックサービス
海外のユニークなフィンテックサービスを紹介しています

 
そもそも金融機関の利益の源泉は

  • 集めた預金と貸し出したお金の金利差から得られる金利収益
  • 株、債権などの金融商品を販売したときの販売手数料
  • 振込み、ATM手数料などのサービス料

の3つがメインでしたが近年のフィンテック企業の金融業界への進出につれて、金融機関の収益の源泉はいずれも減少すると言われており、金融機関もフィンテックとの向き合い方を真剣に考えているそうです。ITベンダーは今後、ユーザーのニーズを汲み取ったIT商材の提供をおこなうことを金融機関から求められています。
 
 

フィンテック企業と金融機関をつなぐ橋渡し役

フィンテックスタートアップ企業では規模の大きな銀行などの金融機関の目が行き渡らない分野でサービスを提供することができることが強みだと言われています。しかし、フィンテック企業はスタートアップベンチャー企業が多く資金面や設備面で開発が遅れてしまうこともあるそうです。
 
テクノロジーに関してフィンテックを脅威に感じている金融機関、そして資金面に課題を感じているフィンテック企業、ITベンダーは、その二つをつなぐ橋渡し役としての在り方を期待されています。実際にITベンダーのフィンテックとの向き合い方として自社でフィンテックサービスを開発し、提供する企業もありますし、フィンテックスタートアップ企業に対して、連携や支援、または金融機関とのビジネスマッチングをおこなう動きが増えているそうです。
 

実際にITベンダー大手の富士通社は、2015年7月に「Financial Innovation For Japan」という金融機関とスタートアップのフィンテック企業が一同に介し、互いに切磋琢磨できるイベントを既に開始しているそうです。おなじように日本IBMも、フィンテックという言葉が流行し始めた2015年10月から「IBM Fintechプログラムを開始しています。
 

当社は、Fintech(フィンテック、注1)の潮流を捉え、金融サービスのオープンイノベーションを加速させるコンソーシアム「Financial Innovation For Japan(ファイナンシャル イノベーション フォー ジャパン)」(以下、「FIFJ」)を7月21日に設立しました。9月3日に第1回全体会議を開催し、本格的な活動を開始します。

 
 

金融機関とフィンテック企業、協業に想定される壁とは

 
金融機関とスタートアップのフィンテック企業、両社が協力してよりよいサービスを作っていくには当然、課題がたくさんあるようです。
 
課題は大きく3つあると言われていています

法制度の制約

現在、持株会社の規制緩和やオープンAPIをおこなうことによって、さまざまなフィンテック企業との協業の可能性をひろげようと検討しているそうですが、ビットコイン関連の規制や、業務委託時の高い契約基準が依然としてあるため、フィンテックスタートアップ企業がクリアできるのかといった課題があるそうです。
 

セキュリティとスピード感のちがい

金融機関とスタートアップ企業のセキュリティの考え方やスピード感の違いが全く違うということがあげられます。金融機関はセキュリティが最も大切であり、顧客の個人情報が漏れてしまうとそれだけで、信頼を失ってしまします。それ故に新しいサービスなどでも慎重に進めたいという思いがあります。
 
一方ベンチャー企業の強みの1つに『スピード』があります。一緒にプロジェクトを進める上で、そういった文化の違い、どこで稼いでいこうといったビジネスモデルの違いが課題になると言われています。

 

フィンテック活用の不透明性

フィンテックに関して、何かを取り入れなければという危機感を持つ金融機関は多いそうですが、実際に取り入れて何がしたいのかが決まっていない場合が多いということがあるそうです。これでは、やはり同じ熱量で協業をおこなうことは難しいのではないでしょうか。
 

ITベンダーは、このような課題に関して金融機関とフィンテックスタートアップ企業が、より良いサービスを共創していくために、異なる企業文化の違いをしっかり理解できるように支援しながら、協業の先にある未来を描いていく必要があると言われています。
 
 

さいごに

今回はフィンテックの波に影響を受ける金融機関とフィンテックベンチャーの橋渡し役として期待を集めているITベンダーについてご紹介しました。よりよい金融サービスがある社会を創るために、二つの業界を結びつける。薩摩藩と長州藩を結びつけた坂本龍馬のような活躍がITベンダーには期待されています。
 
今後フィンテック系サービスが金融業界にもたらす変化は、農業革命、産業革命、IT革命に次ぐ第4の革命であると見る専門家もいます。金融における『日本の夜明け』はITベンダーにかかっているとも言えるのではないでしょうか。

 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。