• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

フィンテックを勉強するなら名前は知っておきたい注目の人物まとめ

金融とテクノロジーを掛け合わせた造語であるFintech(フィンテック)は、多くのシーンで目にすることが増えてきています。
 
そんなフィンテックを勉強するためには、たくさんの方法があります。本で勉強する、Webサイトなどで情報を探す、過去のニュースを視聴するetc…しかし、最新情報をいち早く得る方法として、その領域の有名人の情報をウォッチすることも1つの方法です。この記事ではフィンテックを勉強するなら名前を知っておきたい注目の人を領域ごとにまとめました!
 
 

注目したいフィンテック関連の人物まとめ

フィンテックの情報を注目していくと、本や記事などでよく見る名前が自然と出てきます。そんな領域ごとのオピニオンリーダーをこちらの記事から26名ご紹介します。領域のカテゴリに関して、サービスをたくさん出している企業の方や、該当領域のサービスとして打ち出していない物もありますが、使われ方などから領域分けをしていますのでご確認ください。
 

【INDEX】

 
 

資産運用領域

資産運用をおこなうためのサービス『ロボ・アドバイザー』を提供している企業の方や、資産運用をおこなうための情報を発信しているサービスを運営している企業の方を6名紹介しています。
 

柴山 和久氏 |ウェルスナビ株式会社 代表取締役 

プロフィール

  • 2000年に東大法学部を卒業
  • 卒業後、財務省に9年間勤務
  • ハーバード大学にて金融取引法を学ぶ
  • 日英の財務省で予算、税制、国際交渉に参画
  • INSEADで金融工学を学んだ後、2010年にマッキンゼーに入社
  • ウォール街の機関投資家にて10兆円規模のリスク管理・資産運用プロジェクトに携わる
  • 2015年3月に退社し、TECH::CAMP第6期に入学
  • 卒業直後に、WealthNavi(ウェルスナビ)株式会社を設立
  • ニューヨーク州弁護士登録

企業/サービス/団体説明

WealthNaviは世界水準の高いクオリティだと言われているロボ・アドバイザーです。かんたんな質問に回答することによって、資産運用を自動でおこなってくれるサービスです。投資経験者、未経験者を問わず多くの人に使用されていて、利用する際の最低投資金額も幅があるそうです。
 

【柴山 和久氏の関連記事はこちら】

 
 

谷家 衛氏|株式会社お金のデザイン 創業者

プロフィール

  • 1962年、神戸市生まれ
  • 灘高校、東京大学法学部卒
  • 1978年ソロモン・ブラザーズにて、アジア最年少のマネジングディレクターに就任
  • 同社東京事務所をMBOした形であすかアセットマネジメント株式会社を創業
  • 代表取締役社長になりライフネット生命の立ち上げ
  • 2013年、ロボアドバイザーで個人投資家の資金を預かる株式会社お金のデザインを創業取締役会長に就任
  • NPO法人などさまざまな団体の支援に貢献

企業/サービス/団体説明

お金のデザイン社が提供するロボ・アドバイザーの『THEO』もウェルスナビと同様に、かんたんな質問にこたえることによって投資のプランを作成し、運用をおこなってくれるサービスです。投資先を世界規模で分散させることで、リスクの分散と収益の安定化を狙えるという特徴があるそうです。
 

【谷家 衛氏の関連記事はこちら】

 
 

林良 太氏|株式会社FinatextCEO

 

プロフィール

  • 2008年 東京大学経済学部卒業、英Bristol大学のComputer Scienceで1年修行
  • 2009年 日本人初の現地新卒でドイツ銀行ロンドンに入社
  • ロンドン、ヨーロッパ大陸全域にて機関投資家営業に従事
  • 2013年より国内ヘッジファンド大手のGCIに参画。1年で同社の海外ビジネスを急拡大させた
  • 2014年Finatextを創業
  •  
    英語、中国語、日本語がネイティブレベル

 

企業/サービス/団体説明

投資教養アプリ「あすかぶ!」は主に若年層の株取引に興味がある人や、株の初心者や、個人投資家などをターゲットとした新感覚株アプリです。アプリの中では明日の株価があがるか下がるかをトレーダーたちが予想しあっています。2014年には、APP Storeにて無料ファイナンス部門で1位を獲得しています。
 
2017年4月18日には、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)と協業し、ロボアドバイザーのエンジンを金融機関向けに提供することを発表したそうです。

 

【林 良太氏の関連記事はこちら】

 
 

横川 毅氏|Alpaca, inc.共同創業者CEO

プロフィール

  • 慶応大学出身
  • リーマンブラザーズ、野村證券にてヴァイスプレジデントとして主に証券化商品を担当
  • 3年間個人でデイトレードをおこなう
  • 現在のAlpacaの前身となる小さなソフトウェア開発会社をアメリカと日本の共同創業者とともに開始
  • 現在は金融業界の問題を解決するサービス(Capitalico)を展開し、サンマテオと日本にオフィスを構える

 

企業/サービス/団体説明

アルパカアルゴ(旧アルパカアルゴ)という、金融市場におけるトレーダー向けで、なおかつプログラミングができない人が取引を自動化できるウェブサービス・モバイルサービスを提供しているそうです。

 

【横川 毅氏の関連記事はこちら】

 
 

甲斐 真一郎氏|株式会社FOLIO代表取締役CEO

プロフィール

  • 京都大学法学部卒
  • 2006年にゴールドマン・サックス証券入社。金利トレーディング部において日本国債・金利デリバティブトレーディングに従事
  • 2010年、バークレイズ証券同部署に転籍し、アルゴリズム・金利オプショントレーディングの責任者を兼任する
  • 2015年11月にバークレイズ証券を退職
  • 2015年12月代表取締役CEO

 

企業/サービス/団体説明

FOLIOは、とくに深い知識がなくても資産運用を始めることができるロボアドバイザーサービスを提供しています。個別で企業を選ぶのではなく「自動運転」や「東京オリンピック」など、分かりやすく分類した特定のテーマに沿って集められた有望企業10社にまとめて投資をすることができます。身近なテーマを選ぶだけで投資ができるので、自分の興味のあるテーマなどからの投資が可能です。
 

【甲斐 真一郎氏の関連記事はこちら】

 
 

冨田 和成氏|株式会社ZUU 代表取締役社長

プロフィール

  • 1982年 神奈川県川崎市生まれ
  • 2002年 一橋大学経済学部入学
  • 2005年 ソーシャルマーケティング事業IN2創業
  • 2006年 一橋大学経済学部卒業
  • 2006年 野村證券株式会社入社、荻窪支店配属
  • 2009年 本社プライベートバンク部門へ異動
  • 2010年 シンガポール駐在開始。東南アジアの華僑を担当
  • シンガポールマネジメント大学ビジネススクール入学
  • 2011年 米国エール大学EMBAコース短期集中プログラム卒業
  • 2011年 シンガポールマネジメント大学ビジネススクール卒業
  • 2011年 タイ駐在。営業部門の東南アジア戦略を担当
  • 2012年 東京本社のウェルスマネジメント部門へ異動
  • 2013年 野村證券を退職
  • 2013年 株式会社ZUUを創業。代表取締役社長に就任

 

企業/サービス/団体説明

情報が多く信憑性が図りにくいというネット社会が抱える問題は金融という領域についても同じことが言えます。株価やニュース情報からは『自分が保有している銘柄にとって重要な情報は何か?』が大変分かりづらいという現状を変えるために、ユーザーの持つ株や注目する株に関する情報を提供するツールやウェブメディアを運営しています。代表の冨田氏は著書『鬼速PDCA』でも知られています。

 

【冨田和成 氏の関連記事はこちら】

 
 

資産管理領域

資産管理領域では、3名の方を紹介しています。自らの資産の管理をおこなうための家計簿アプリなどを提供する企業の代表の方々をご紹介しています。
 

黒崎 賢一氏|株式会社BearTail代表取締役

プロフィール

  • 私立武蔵中学校・高等学校卒業、筑波大学情報学群入学
  • 2006年より6年間、朝日インタラクティブCNET Japanを筆頭にテクニカルライターとして執筆。主にウェブサービスやスマホアプリにおけるセキュリティ対策など技術専門性の高い領域を担当
  • 2012年6月、株式会社BearTail創業、代表取締役就任

企業/サービス/団体説明

記帳負荷の最も低い全自動のお金管理サービスというコンセプトを持つ家計簿アプリDr.Wallet(ドクターウォレット)の提供をおこなっている企業です。レシートを撮って送るだけで99%以上の精度で人力データ化することが可能です。1,000以上の金融機関と自動連携が可能だそうで、レシートで入力できるという利便性もあり、一生使える家計簿アプリだとも言われています。

 

【黒崎 賢一氏の関連記事はこちら】

 
 

辻 庸介氏|株式会社マネーフォワードCEO

プロフィール

  • 2001年 京都大学農学部卒業
  • 2011年 ペンシルバニア大学ウォートン校MBA修了
  • ソニー株式会社、マネックス証券株式会社
  • 2012年 株式会社マネーフォワード設立。サービスを提供開始。個人向けの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」および中小企業向けのクラウドサービス「MFクラウド会計・請求書・給与計算・マイナンバー・消込」
  • 2014年 ケネディ米大使より「将来を担う起業家」として米国大使館賞受賞
  • 2014年 ジャパンベンチャーアワード2014にて「起業を目指す者の模範」としてJVA審査委員長賞受賞
  • 2014年 電通国際情報サービス「金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC2014」において大賞受賞
  • マネックスベンチャーズ株式会社 投資委員会委員、一般社団法人 新経済連盟 幹事

 

企業/サービス/団体説明

マネーフォワード社は、個人向けの資産管理、家計簿管理ツール『Money Forward』を運営しています。ウェブはもちろんのこと、スマートフォンにも対応していて多くの人に使用されています。芸人のオリエンタルラジオさんを起用したテレビCMでも認知度を高めています。

 

【辻 庸介氏の関連記事はこちら】

 
 

瀧 俊雄氏| 株式会社マネーフォワード取締役  Fintech 研究所長

プロフィール

  • 2004年 慶應義塾大学経済学部卒業後、野村證券入社。野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究に従事
  • 2011年 スタンフォード大学MBA修了
  • 2011年 野村ホールディングスCEOオフィスに所属
  • 2012年 株式会社マネーフォワードに参加。経営全般を担当
  • 2015年 マネーフォワードFintech研究所長に就任

 

企業/サービス/団体説明

辻氏と同じ会社であるマネーフォワード社の取締役でありFintech研究所の研究所長を務められています。Fintech研究所とは国内外におけるFintech(フィンテック)ベンチャー・技術の最新動向を定期的に発信しているメディアで、瀧氏は知見をいかし著書もたくさん執筆されています。
 

【瀧 俊雄氏の関連記事はこちら】
 

クラウドファンディング領域

この領域では、企画や商品開発などの支援金を募るクラウドファンディング、そしてソーシャルレンディングの領域で注目されている人物を3名ご紹介しています。
 

米良はるか 氏|株式会社READYFOR代表取締役

プロフィール

  • 2006年 成城学園高校卒業
  • 2010年 慶應義塾大学経済学部卒業大学院在学中の2010年にスタンフォード大学へ留学
  • 2011年 帰国後の、日本初のクラウドファンディングサービス「READYFOR?」を立ち上げる。世界経済フォーラムのグローバルシェイパーズに選出される
  • 2012年 日本人史上最年少でダボス会議に参加。その他、国内外の数多くの会議に参加。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修了
  • 2014年 READYFOR株式会社 代表取締役に就任

企業/サービス/団体説明

インターネットを利用して不特定多数からの小口資金を集める「クラウドファンディング」。個人やNPO(非営利団体)など独自のアイデアを持ちながら資金調達に課題を抱える人たちを応援する新たな金融サービスとして注目されはじめています。「READYFOR」はクラウドファンディングの日本でのスタートとして立ち上げられたそうです。
 
米良氏は当時24歳の代表として多くの人から注目されました。「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というコンセプトを持っている日本で最初で最大のクラウドファンディングだそうです。

 

【米良 はるか氏の関連記事はこちら】

 
 

杉山 智行氏|クラウドクレジット株式会社 代表取締役

プロフィール

  • 2005年 東京大学法学部卒
  • 2005年 大和証券SMBCに入社し、金利、為替の自己勘定取引チームで日本国債等への投資業務に携わる
  • 2008年 ロイズ銀行東京支店に入行し、資金部長に就任支店経営陣に対して日本での事業機会について助言をおこなう
  • 運用子会社の日本の代表および運用責任者に就任。日本国債および海外社債等での運用をおこなう
  • 2013年 クラウドクレジット株式会社を設立
  • 2014年 投資型クラウドファンディング・サービス「Crowdcredit」の運営

企業/サービス/団体説明

「世界の信用市場をひとつに」というコンセプトのもとソーシャルレンディングサービス提供をおこなう企業です。伊藤忠商事が株主になっている企業で過去100本を超えるファンド数の成立をおこなっているそうです。投資の初心者がしっかりと学びを得るための情報発信をするため記事の執筆やセミナーを開催しているようです。
 
ウェブページでも運営スタッフのプロフィールを明示したり、株主情報を明示したりと透明性のある運営をしていることが見ることできます。

 

【杉山 智行氏の関連記事はこちら】

 
Crowdcredit 社長 杉山智行のブログ
Crowdcredit, Inc. のできるまで
 
ソーシャルレンディング比較.com
「READYFOR」クラウドクレジットの社長ってどんな人?杉山智行氏を知る
 

 
 

家入 一真氏|株式会社CAMPFIRE 代表取締役

プロフィール

  • 福岡県出身
  • 高校1年時にいじめを原因に中退し3年間ひきこもりとなる
  • 芸大美大受験の予備校である美術研究所画塾卒業
  • デザイン会社に入社後、コンピュータのシステム会社に転職し技術を習得する
  • 株式会社paperboy&co.を創業、29歳の時にジャスダック市場へ最年少で上場
  • 株式会社paperboy&co.を退任
  • シリアルアントレプレナー(連続起業家)として、クラウドファンディングサイトを運営
  • 「株式会社CAMPFIRE_(クラウドファンディング)」取締役
  • スマートEC運営「BASE株式会社」共同創業取締役
  • カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役
  • スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役
  • モノづくり集団「Liverty」代表
  • 都知事選出馬するも落選。政治団体「インターネッ党」を立ち上げる

企業/サービス/団体説明

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。実際に資金が集まった企画の中には、映画や絵本の展示会、結婚相手探しなどユニークかつインパクトのある企画がたくさんあり、メディアにも多数取り上げられています。
 
家入氏はCAMPFIRE以外にもシリアルアントレプレナーとして、注目を集めています。
 

【家入一真 氏の関連記事はこちら】

 
 

決済領域

売買取引をする際に消費者に支払いをおこなう選択肢が多いことはとてもメリットの大きいことですが、今までカードでの支払いなどを店舗で導入する際には、コストがかかっていました。コストを抑え、別の価値まで提供をしているサービスを運営する決済領域の注目人物を3名紹介します。
 

佐々木 康太朗氏|リクルートライフスタイル

プロフィール

  • 1981年 生まれ
  • 2006年 リクルート新卒入社後、旅行領域(じゃらん)にて営業を経験。その後、宿泊施設向けの商品企画開発ディレクション、中長期戦略立案に従事
  • 2010年 飲食領域(ホットペッパーグルメ)美容領域(ホットペッパービューティー)クライアント向けの商品企画、開発ディレクション、中長期戦略立案を担当。サロン管理システム「サロンボード」開発プロジェクトリーダーを経験
  • 2013年 執行役員の大宮氏とともに「Airレジ」の事業立ち上げをおこなう
  • 現在 「Airレジ」のプロダクトマネジメントに従事

企業/サービス/団体説明

飲食店など、カード決済などの導入にコストがかけられない店舗などに活用されている決済サービスを提供しています。会計だけでなく売上分析などの豊富な機能がかんたんに利用できるため、お支払い方法が増えるというだけでなく煩わしい業務の負担が少なくなり、売上アップへの近道を見つけやすくなるということで多くの店舗から好評だそうです。すべて無料で提供をしているということも喜ばれている要素です。
 

【佐々木 康太朗氏の関連記事はこちら】

 
 

久田 康弘氏|株式会社Liquid代表取締役

プロフィール

  • 慶應義塾志木高校卒 在学時から経済システムにたいする旺盛な好奇心を持つ
  • 慶応義塾大学 法学部卒業 法学部ながらも金融工学、とりわけ統計数理を個人的に学ぶ
  • 大和証券SMBC株式会社に入社。IPOコンサルや企業再生を手がけ、3年で退社。いくつかのベンチャー企業技術顧問、事業支援などをおこなう
  • 2013年「Liquid」を設立

 幼い頃から、いつも自分で何がしかの課題を見つけ出し、解決策を見出すことに喜びを感じてきたそうです。
 

企業/サービス/団体説明

手ぶらで決済ができる生体認証決済サービスを提供しています。生体認証だけではなくカード決済などを選ぶことができるので多くの選択肢を店舗に提供しています。ハウステンボスでの実用例がよく知られた事例として知られていて、園内での決済サービとして導入されました。
 
これほど大規模な導入例は世界でも例を見ないようです。

 

【久田 康弘氏の関連記事はこちら】

 
 

柴田 紳氏|ネットプロテクション 代表取締役

プロフィール

  • 1998年 一橋大学卒業
  • 総合商社に就職。 煙草事業に3年間取り組む
  • 畑違いのIT系VCに転職
  • 株式会社ネットプロテクションズの買収に携わる
  • 2001年より出向
  • 「NP後払い」決済を構築し、2004年に社長就任&転籍、現在に至る

 
 

企業/サービス/団体説明

コンビニ支払い・郵便振替・銀行振込の「後払い決済」を未回収リスクなしで一括導入できる決済サービス「NP後払い」を提供しているそうです。未回収リスク保証型の後払い決済サービスと呼ばれるものを、日本で初めて運用しました。提供サービスの「NP後払い」は、23,000店の通販店舗、累計1億人以上の利用者がいるそうです。

 

【柴田 紳氏の関連記事はこちら】

 
 

仮想通貨領域

投資として、送金手段として、注目を集めている仮想通貨の領域からは4名の方をご紹介しています。取引所の運営をおこなう企業は使いやすさと安全性、そして取引通貨の種類などさまざまな差別化をはかり、価値を提供しています。
 

廣末 紀之氏|ビットバンク株式会社 代表

プロフィール

  • 1991年 野村證券株式会社入社
  • 1999年 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社)入社
  • 2000年 フリーエムエルドットコム株式会社(現GMOリサーチ株式会社) 代表取締役社長
  • 2001年 株式会社メールイン 代表取締役
  • 2001年 株式会社マグプロモーション 代表取締役
  • 2002年 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社) 取締役
  • 2002年 GMOマガジンズ株式会社 代表取締役
  • 2003年 グローバルメディアオンライン株式会社(現GMOインターネット株式会社) 常務取締役
  • 2004年 同社 取締役
  • 2006年 株式会社ガーラ 代表取締役社長
  • 2007年 コミューカ株式会社 代表取締役社長
  • 2012年 ビットコインの研究を始める
  • 2014年 ビットコインの革新性に着目し、有志らとともに、ビットバンク株式会社を創業

 

企業/サービス/団体説明

ビットコインの取引所としてだけではなくビットコインのトレードにてFXトレードのようにレバレッジを最大20倍で利用できるという点が大きな特徴の企業です。世界最大クラスのビットコイン取引所OKCoinとの間を取り次ぐことで大きな流動性を持つそうです。
 

【廣末 紀之氏の関連記事はこちら】

 
 

加納 祐三氏|株式会社bitflyer代表取締役

プロフィール

  • 1976年 生まれ
  • 2001年 東京大学大学院工学系研究科修了
  • ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして自社決済システムの開発をおこなう
  • デリバティブ・転換社債トレーダーとして機関投資家向けマーケットメイク、自己資産運用等をおこなう
  • 2014年 株式会社 bitFlyer を共同設立
  • 日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事

経済産業省 BC システム評価軸検討委員会委員、全国銀行協会 ブロックチェーン技術の活用可能性と課題に関する検討会メンバーを務める。
 

企業/サービス/団体説明

ビットコインの取引量日本一、世界でも第二位の取引を誇るそうです。ビットコイン保管に最高のセキュリティ環境を用意しているのを強みとしているようです。ビットコインを売り買いしたり保管するだけではなく、交換したり実際に使用することができるサービスも豊富で投資としてビットコインを利用する以外の利用価値もある取引所だと言われています。

 

【加納 祐三氏の関連記事はこちら】

 
 

和田 晃一良氏|コインチェック株式会社 代表取締役

プロフィール

  • レジュプレス代表取締役社長。(現、コインチェック株式会社)
  • 2009年、東京工業大学に入学。在学中からウェブアプリ制作会社でアルバイトを経験しクックパッドが主催しているハッカソンなどでの優勝経歴を持つ
  • 2012年 レジュプレス(現、コインチェック株式会社 )を創業。「STORYS.JP」とともに、同年8月にスタートしたビットコイン交換所「coincheck」のシステム開発を担当する

 

企業/サービス/団体説明

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所」をコンセプトに、とにかく使いやすく見やすい仮想通貨取引のアプリサービスを提供しています。取引をおこなえる仮想通貨の種類も多く、登録も手軽にできるなどユーザーの使いやすさに特化しています。
 
ビットコイン決済のサービスもおこなっているようで、店舗でのビットコインでの支払いがなされた場合、日本円に換金し店舗に日本円で振り込むなど、ビットコインなどの仮想通貨の普及にも貢献しています。

 

【和田 晃一良氏の関連記事はこちら】

 
 

朝山 貴生氏|テックビューロ株式会社 代表取締役所長

プロフィール

  • テックビューロ株式会社のCEO
  • ビットコインやモナーコインから企業トークンなど様々なブロックチェーンアセットを取り扱う取引所Zaifを運営
  • 金融からIoT、ロジスティックス、世界のあらゆる分野で採用されているブロックチェーン技術mijinを提供

 

企業/サービス/団体説明

日本から生まれた仮想通貨であるビットコインとモナコインの売買ができる取引所であるZaifは大阪に拠点があるそうです。「すべての人にブロックチェーンの力を」というコンセプトのブロックチェーン技術mijinは印象的な紹介動画から話題になりました。
 
代表の朝山氏は元々インターネットの広告サービスを手掛けていたそうで、現在は仮想通貨NEMの認知向上の成果が認められ日本でのNEMのマーケティングや普及活動の責任者を担う「Director of NEM Japan」に正式に就任しているそうです。ブロックチェーンとテレビ番組を組み合わせた日本発のテレビ番組「ビットガールズ」技術提供をおこなうなど、注目を集めています。

 

【朝山 貴生氏の関連記事はこちら】

 
 

法人サポート領域

法人のサポートをおこなう企業で注目したい4名をご紹介します。法人サポートとは、フィンテックサービスによって企業の経営において工数となる経理などに関するサポートをおこなうサービスです。
 

工藤 博樹氏|メリービズ株式会社代表取締役社長

プロフィール

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち

  • 2000年 東京工業大学修士課程修了
  • 2000年 日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当
  • 2008年 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング
  • 2010年 Locondo.jp立ち上げ
  • 2011年 スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務める
  • 2012年リブ株式会社(現メリービズ社)で経理サービスを開始

 

企業/サービス/団体説明

FinTech協会の代表も務める工藤氏は、世界初のクラウドソーシングを活用した、経理サービスのビジネスを提供しています。煩雑な経理の業務をメリービズでレシート・領収書の入力を代行することにより、時間と人件費を大幅に削減することができるサービスで、中小企業の経理業務の代行サービスとしてよく利用されています。

 

【工藤 博樹氏の関連記事はこちら】

 
 

佐々木 大輔氏|freee株式会社代表取締役

プロフィール

  • 1980年生まれ。一橋大学商学部卒、専攻はデータサイエンス
  • 博報堂、投資ファンドのCLSAキャピタルパートナーズにて投資アナリストを務める
  • レコメンドエンジンのスタートアップであるALBERTにてCFOと新規レコメンドエンジンの開発を兼任
  • Googleで、日本およびアジア・パシフィック地域での中小企業向けのマーケティングチームを統括
    同地域での中小企業におけるオンライン広告プロダクトの浸透に大きな実績を残す
  • 2012年7月freee株式会社を設立
  • 全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)を運営するfreee株式会社の代表取締役

企業/サービス/団体説明

「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」は、従業員が直接クラウドに個人情報や勤怠情報を登録することで、給与事務の知識がなくても1クリックで給与額・税金・保険料の計算などをおこない、給与明細の配布、総合振込ファイルの作成、クラウド会計ソフトfreeeへの仕訳登録をおこなうことができるツールです。
 
プロ棋士の加藤一二三氏が77歳の新人社員として入社したというエイプリ-ル企画も話題を呼びました。

 

【佐々木 大輔氏の関連記事はこちら】

 
 

丸山 弘毅氏|株式会社インフキュリオン代表取締役

プロフィール

  • 慶應義塾大学商学部卒業
  • JCB与信管理部門にて、信用リスク分析・不正検知モデル構築した後、マーケティング部門にて、CRM・ブランド戦略・関連会社再建を担当。 業界初となるOne to Oneマーケティングシステムを構築
  • JCBにて新規事業開発、M&A部門の設立メンバーとして参加。主に金融セクターに実績。会社最大規模のM&A案件も実行
  • 株式会社ジェーシービーを経て、株式会社インフキュリオン創業
  • インフキュリオン創業後は、新規事業構築全般・決済事業・マーケティング(O2O等)・情報活用戦略に実績を持つ
  • 2015年10月 FinTech協会代表理事に就任

企業/サービス/団体説明

さまざまな分野でコンサルティングをおこなっていたJCB社のメンバーがを特に好評を得ていた金融・決済分野のコンサルティングに特化するために起業した会社です。
 
コンサルティングをおこなうだけではなく、傘下に自社で決済サービスを提供する株式会社リンク・プロセシングや、フィンテックサービスを身近に使用できるサービス自動貯金アプリのFinbee(フィンビー)を提供している、NestEgg(ネストエッグ)を持ち事業拡大をしているようです。

 

【丸山 弘毅氏の関連記事はこちら】

 
 

石井 俊之氏|株式会社ラクーン 取締役事業開発担当副社長

プロフィール

  • 1975年 千葉県生まれ
  • 1998年 大和ハウス工業株式会社に入社
  • 2000年 ラクーンの最初の社員として入社。過剰在庫品を取扱う企業間取引(BtoB)サイト「オンライン激安問屋」やラクーンの主力サービスである「スーパーデリバリー」の立ち上げメンバーとして活躍する
  • 2008年 取締役 経営戦略担当 副社長兼 社長室長就任。副社長として経営に尽力する傍ら、新規事業としてスタートした企業間で取引できるB2B締め支払い決済サービスPaidを立ち上げる
  • ラクーンの取締役事業開発担当副社長とPaid事業推進部長を兼任しラクーン経営とPaid事業サービスの拡大に邁進

企業/サービス/団体説明

企業と取引先の間に入り、すべての請求業務を代行するサービスであるPaidの運営をしている企業です。法人間での取引においては、一定期間後に代金を受け取る約束で物を先に渡して売る。買う側からですと所謂「ツケ」で支払う掛売りが一般的です。
 
しかし、先に商品やサービス提供をおこなううえでは、その料金を回収することは請求にかかる手間や、代金が未回収になってしまう危険性がありますが、Paidはその請求業務を代行して、仮に未入金が発生した際も100%代金を支払うというフォロー体制を取っています。

 

【石井 俊之氏の関連記事はこちら】

 
 

個人向け送金領域

個人向け送金領域の3名をご紹介しています。個人をターゲットにしたサービスも多いため、お持ちの携帯端末にダウンロードしているものもあるかもしれません。
 

光本 勇介氏|バンク代表取締役

プロフィール

  • 外資系広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンに入社
  • 2008年にブラケット(Bracket)を設立
  • 会員数約100万人を有するオンラインストア作成サービス「ストアーズ・ドット・ジェーピー(STORES.jp)」をはじめ、数々のインターネットサービスを展開
  • 2013年7月にスタートトゥデイが約6億円でブラケットを買収
  • 2016年10月にスタートトゥデイから同社を光本氏がマネジメント・バイアウト
  • 新事業を立ち上げるため、代表者を取締役の塚原文奈 氏に交代。自身は取締役会長となる
  • 2017年2月にバンク(Bank, Inc)を設立
  • 『目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わるアプリ』「キャッシュ(CASH)」を6月28日に開始

 
 

企業/サービス/団体説明

スマートフォンでアプリをダウンロードし『質草』の写真を撮影するだけで運営側が判断する金額を借りることができ、2ヶ月間の間に質草を譲渡するか返金を選択することができる、シンプルな個人融資アプリの『CASH』を提供し、多くの反響を生みました。
 賛否両論を生んだサービスでしたが、少人数でおこなう組織に一日で予想を超えるサービスの利用者が集まった結果、使用が一時停止になっています。

 

【光本 勇介氏の関連記事はこちら】

 
 

木村 新司氏|AnyPay株式会社 代表取締役

プロフィール

  • 東京大学卒業
  • 株式会社ドリームインキュベータで戦略コンサルティングやベンチャー投資・育成を経験
  • 取締役として株式会社シリウステクノロジーズに入社
  • 株式会社アトランティスを設立
  • 株式会社アトランティスをGREE株式会社に売却
  • 2013年 投資家として株式会社Gunosyの設立に関与し共同代表に就任
  • 2014年 任期満了により株式会社Gunosyを退任
  • シンガポールを拠点とした投資事業に従事
  • 2015年 株式会社クラウドワークス社外取締役に就任
  • 2016年 AnyPay株式会社を設立

 
 

企業/サービス/団体説明

誰でもいつでも、商品を登録して購入ページを作成することで、オンライン決済を簡単におこなうことができるサービス『エニーペイ』や割り勘アプリの『ペイモ』を提供する会社です。
 
代表である木村氏はかつて株式会社Gunosyを共同代表として設立するなど起業家としても優れた方です。割り勘アプリのペイモは飲食店のレシートを使用することによって個人間送金が手軽にできるフィンテックサービスとして注目を集めています。

 

【木村 新司氏の関連記事はこちら】

 
 

澁谷 洋介氏|スマイルラブ 代表取締役兼CEO

プロフィール

  • 1979年8月生まれ
  • 千葉県出身 既婚
  • スマイラブル 代表取締役 兼 CEO
  • テーラーメイドゴルフ / TaylorMade Golf Japan、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン
    、Sofmap、ザ・ブセナテラスなどの職場を経験

 

企業/サービス/団体説明

個人間小額決済サービスのアイムインを提供しています。アイムインは「ふだん使いのクラウドファンディング」をコンセプトに掲げるサービスです。
 
最短3分で簡単に無料でお金を集めたい企画を作成しSNSによって共感する方からお金を集めることができます。”お金”や”メンバー”集めを気軽に便利におこなえるサービスとして注目されています。

 

【澁谷 洋介氏の関連記事はこちら】

 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
 
フィンテック領域で注目したい人物、今回は実際にフィンテックサービスを提供している方々をfinte編集部調べにて26名ご紹介しました!まだまだ注目の人物はたくさんいらっしゃいましたので、今後随時更新していきます。

(※2017年7月10日 石井 俊之氏|株式会社ラクーン 取締役事業開発担当副社長 を追加しました。)

 
『この方は外せない』というお声もお待ちしております!finte編集部のfacebookアカウントにメッセージをくださいませ!!
 
 

 

  


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆様のお役にたてるようなFinTechに関わる最新ニュース、コラムを配信して参ります。よろしくお願いします。

関連記事