• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

ブロックチェーンを村の取引に置き換えて解説してみた。~ブロックチェーン入門編~ | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
さまざまなFinTech(フィンテック)の技術が生み出されていて、フィンテックの技術と概念は今までの金融機関の概念を大きく変える可能性を持っていると言われています。その中でも、革新的だと言われているのがビットコインでも使用されているブロックチェーンという概念であり技術です。
 
フィンテックについて知識のある方なら聞いたことがあるかもしれませんが、今回はこのブロックチェーンという概念を、例えを交えてわかりやすく解説していきます。
 
 

ビットコインをささえるブロックチェーン

 

 
ブロックチェーンとはビットコインという全く新しいお金を使用するためにと考え出されたアイデアです。ビットコインは円やドルと同じ通貨ですが、目には見えないネット上のデータのみで認識されます。仮想通貨と呼ばれるもので、正確には異なりますがゲームアプリなどで課金をした人は少しイメージがしやすいかもしれません。コンビニなどでiTunesカードを買い、アプリ内で買い物をする。イメージは近いですが、ビットコインは企業や国が作り出したものではなく、賛同する個人があたらしい通貨として一般的に使えることを目的として生み出したものです。
 
ビットコインは、現在、各国で使用されている紙幣などの通貨よりも利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られました。その考え方は日本金本位制の金に近いといわれています。
 
どこの国でも価値が変わらず使えて、送金などの際には中間業者が間に入って取引をしないため、手数料が安く、かつネット上のデータなので何かを持ち運ぶ必要もない。そんな可能性を持った通貨がビットコインなのです。そして、その安全性を保証するものこそブロックチェーンという技術です。
 
 

ブロックチェーンとは

 
ブロックチェーンについて説明されている文章を読むと

『ブロックチェーンは多数のノードに同一の記録を同期させる仕組みである。ノード間の記録に差異が生じた場合には、一定のルールに基づく多数決によって正統な記録を決定することにより、記録の同期を確保していく仕組みとなっている。また、既存の記録(ブロック)に新しい記録を追加する際に、チェーン状に次々と追加していくことから、ブロックチェーンと呼ばれている』 (Wikipediaより

と、難しい文章が書かれています。
 
かんたんに説明すると、ブロックチェーンの特徴としては以下の4つがあります。

  • 不正がおこなわれにくい
  • 中央による一元管理に依存しない
  • 低コストでの運用が可能
  • システムの崩壊を招きにくい

なぜ、このような特徴を持っているのか。そしてブロックチェーンとはどういうものなのかをビットコインという領域をひとつの村の取引に置き換えてストーリー仕立てに説明していきます。
 

村長からの独立ストーリー。ブロックチェーンの概念

 

 

これまでの中央一元管理型のシステム

ブロックチェーンの概念を仮想の村での取引に置き換えて説明をします。
 

今までこの村の取引ではAさんはBさんから何かを買う際にその取引を、一元管理している村長(データベース)のところに行って村長の持つ帳簿に書いてもらっていました。いわゆるみんなの真ん中にいる村長の中央一元管理のもとで取引がおこなわれていたのです。
 
村長に帳簿をつけてもらわなければ、あとで支払いをしてもらっていなかった、間違いだったという事が発生する可能性があり、それはとても面倒なので村人はみんな、信頼のおける村長の帳簿を頼りにしていました。村長に帳簿を付けてもらう際には手数料がかかりましたが、村長はとても頭が良く、帳簿を書く処理速度も普通の人よりも早く公正だったため、みんなが村長を頼りにしていました。
 
しかし、村長の台帳を守るためには以下のような対策が必要で、これにより多くのお金が掛かっていました。村長はそのお金を作るために、手数料を設けていたのです。

  • 頑丈な金庫を買ったり(セキュリティー)
  • 今までの台帳を管理するための倉庫を買ったり(データベース管理)
  • 村長の台帳記入能力のチェックをするために村長にテストをしたり(メンテナンス)
  •  
     

    村長に任せていて本当に大丈夫なのだろうか。中央管理システムへの不安

     
    近隣の多くの村(他領域)でも同じ方法を取っていたのですが、隣の村の村長が不正をおこない帳簿を改ざんしていた事が分かりました。また他の村では、村長の家が火事で全焼してしまい、帳簿がなくなり今までの村人の取引情報すべてわからなくなってしまい、本来もらえるはずだった支払いがされなかったという事件が発生しました。そういった村長の中央一元管理体制に不安を感じた村人たちで、各々で帳簿をつけ始めました(個人PC)。
     

    この村の人達は、今までは自分の買い物にしか興味はなかったのですが、他の人達がどれくらいのお金を持っているのかを把握しないと取引なども安心してできないと考えて、それぞれがみんなの取引を帳簿に付けました。これが分散型台帳という考え方です。
     
     

    分散型台帳の仕組み

     
    AさんがBさんと取引をした時、村のみんながその取引を自分の帳簿に記入します。そして、決められた取引ごと(取引5回につき1度等のルール)に全員の帳簿を照らし合わせて、取引の記録に間違いがないかを確認するようになりました。その記録した情報を鎖のようにつなげていくため、たくさんの取引の区分(ブロック)が鎖のようにつながる(チェーン)仕組みになりました。
     
    これがブロックチェーンです。
     
    毎回、全員に取引の情報が行き渡るような仕組みを整えたのですが、それが本当に正しいかを確認する人が必要です。ですので、正しいかどうかを判断してくれた人には新しく発行したお金を報酬として支払う仕組みを作りました。こうすることにより、自主的に取引情報が正しいかどうかをチェックしてくれる人が出てくるようになりました。村では、このようにみんなの取引情報を正しくチェックしたことによって、お金をもらえる仕組みを、金を掘り出すという意味で「採掘(マイニング)」と呼ぶことにしました。
     

    こうして、誰かが先頭を切って取引を仕切らなくても、みんなが自分の利益を求めれば回っていく仕組みができたのです。
     

     

    ブロックチェーンのメリット

     
    この方法をとることによって、誰かが取引の情報を改ざんしようとしても村人の全員が情報を知っているため事実上、取引情報の改ざんをすることが不可能になりました。また、村全体が火事などの災害にあい村人全員の台帳がなくならない限り、今までの村人の取引情報が消えてしまうということもなくなりました。
     
    分散型の台帳を村人全員がそれぞれ持っているので、いままで村長の台帳を守るために使っていた経費

    • 金庫代(セキュリティー)
    • 倉庫代(データベース管理)
    • 村長の台帳記入能力のチェック代(メンテナンス費用)

    などが浮き、結果的に運用していく費用(手数料、村長の給料)が抑えられました。その一方で、優秀な村長が一人で台帳の記入をしていたときに比べると、全員が取引の情報を台帳に記入するため、スピードは遅くなってしまいましたが、台帳に記入する人を限定する(クローズ型、プライベート型)などという、時間がかからない方法にしてかなり早く取引をすることを実現している村もあるようです。
     
     

    可能性の広まるブロックチェーン

     
    ブロックチェーンとはビットコインという領域(村)においての世界観を叶えるために考え出されたアイデアです。このブロックチェーンの仕組みにより、ビットコインの取引は2009年1月3日の誕生以来、すべての取引が記録されていて堅牢性が保証され続けています。このアイデアはさまざまな領域に転用が可能だと考えられています。
     
    例を以下に幾つかあげます

    • 海外への送金サービス
    • ネット上の選挙管理
    • パスポート等の公共サービス
    • 証券などの金融取引
    •  

      さいごに

       

       
      例をあげたように、従来の中央一元管理のシステムはブロックチェーンのの考え方により大きく変わる可能性を持っています。ブロックチェーンとは、より公正なより透明性を持った社会を作り出す可能性を秘めた考え方なのです。ブロックチェーンを使った新しい通貨、ビットコインの解説も今後掲載するつもりですので、よろしければそちらも是非ごらんください。
       
       

      ビットコインの作り手『中本哲史(ナカモトサトシ)』その正体は。。
      今回紹介したビットコインは実は製作者が誰なのか分かっていません。分かっているのは『中本哲史(ナカモトサトシ)』という名前だけ。。今まで『中本哲史(ナカモトサトシ)』本人ではないかと噂された人たちをまとめました。

       
       

      仮想通貨の上位25銘柄|柄時価総額10億円超えをまとめてみた。
      ビットコイン以外にも、仮想通貨は色々あります。25銘柄の仮想通貨の特徴を比較しました。

       
       

      仮想通貨を入手するには?仮想通貨の入手方法と主要取引所、交換所まとめ
      仮想通貨を実際に買うには?どうすれば仮想通貨を入手できるのかを記載しています。

       


The following two tabs change content below.
佐野 祥貴

佐野 祥貴

新卒で入社した企業の出資先であるベンチャー企業に入社1ヶ月で出向、事業の立ち上げ、Web広告の営業、広報活動などを経て、finte編集部にて活動。全くの初心者にも知見のある方にも、わかりやすく、おもしろいフィンテックとの出会いをWebを通じて届けることができればと考えています。