• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

ビットコインは儲かる? チャートから見る9年間の値段変動

 
今回は2017年に大きく注目を集めた仮想通貨の花形であるBitcoin(ビットコイン)が発行されてから今までどのような歴史をたどってきたのかを、Bitcoin(ビットコイン)のチャートから時代背景を踏まえてご紹介します。
 
価格の急上昇で多くの注目を集めた仮想通貨ですが、もしもBitcoin(ビットコイン)を売買が可能になったときから買っていれば、今どのくらいの資産になっているのでしょうか。
 
ビットコインが2009年に発行されてからの9年間に何があったのかを振り返ります。
 
安心してビットコインの取引を開始するならbitflyer(ビットフライヤー )がおすすめです。

 

(2018年1月12日更新)

 
 

ビットコインの歴史

 
 

【INDEX】

 
 

2009年 ビットコインの誕生とスーパースターの死

 
2009年は、マイケルジャクソン氏が急死し、前大統領バラク・オバマ氏が大統領に就任した年です。世界的スーパースターが死んだ年に生まれた次世代の通貨は、どのような歴史を歩んできたのでしょうか。
 
投機手法としてのビットコインの価格変動をイメージしてもらうために、仮想の人物A君がビットコインを1万円買っていると、各年にはどれくらい儲けが出ているのかということをシミュレーションします。2009年にはまだ取引所などが無いため買うことができないため2010年度からシミュレーションをしていきます。

 

ビットコインの動き

 

2009/01/03   ビットコインの最初のブロックが誕生 
価格 ¥0.0

ビットコインのブロックチェーンの最初のブロック(genesis block)誕生しました。ビットコインの生みの親であるSatoshi Nakamotoがビットコインに関する論文を2008年10月31日に発表してから約2か月後のことです。
 
 

2009/01/09   バージョン0.1がリリース 
価格 ¥0.0

ビットコインのバージョン0.1がリリースされました。これにより、Satoshi Nakamotoがテストしていたビットコインネットワークに誰でも参加できるようになりました。
 
 

2009/01/12   最初のビットコイン取引がおこなわれる 
価格 ¥0.0

Satoshi Nakamotoからソフトウェア開発者であるHal Finneyへ、ビットコインの送信が世界で初めて行われました。
 
 

2009/10/05   New Liberty Standardによりビットコインの価格が初めて示される 
価格 ¥0.07

New Liberty Standardによりビットコインと法定通貨の交換レートが初めて提示されました。この時の価格は1ドル1,309.03BTC、日本円で1BTC約0.07円です。これは、ビットコインの採掘に必要な電気料金から計算して提示された価格でした。
 
 

2009/10/12   ビットコインと法定通貨間の交換が初めておこなわれる 
価格 ¥0.09

New Liberty Standardが5,050BTCを5.02ドルで購入し、これが初めてのビットコインと法定通貨間の交換となりました。
 
 
 

時代背景

1月  バラク・オバマ氏が第44代アメリカ合衆国大統領に就任
2月  健康商品販売会社「L&G」詐欺事件で波会長ら逮捕
3月  ワールドベースボールクラシックで日本が優勝
4月  和歌山・毒物カレー事件で林真須美被告の死刑判決が確定
5月  スリランカの内戦が25年ぶりに終結
6月  歌手のマイケル・ジャクソンさんが急死
7月  日本で46年ぶりに皆既日食が観測 / 若田光一さんが宇宙から4か月半ぶりに帰還
8月  ミャンマーのアウン・サン・スー・チーさんに自宅軟禁判決
9月  民主党・鳩山代表が第93代内閣総理大臣に決まる
10月  オバマ大統領のノーベル平和賞受賞が決まる
11月  イギリス人女性殺害事件で、市橋容疑者が逮捕される
12月  宇宙飛行士・野口聡一さんが宇宙長期滞在へ

 
 
 

 
 

2010年 通貨としての機能を果たしたビットコイン

 
2010年は初めてビットコインの決済がされた年であり、ビットコインが通過としての役割を持った年です。それと同時に、ビットコイン取引所Mt.Goxがサービスを開始した時期でもあります。2009年度には1円の価値も無かったビットコインは急速に成長し、10倍以上の価値を持つようになります。国内外では、カナダでバンクーバー冬季オリンピックが開幕されたり、菅 直人氏が内閣総理大臣になったりと大きいニュースの多い年でもありました。取引所がサービスを開始したと同時に1万円分買っていたらというシミュレーションをしていきます。

 
 

ビットコインの動き

 

2010/05/22   実際の店舗(ピザ屋)で初めてビットコイン決済がおこなわれる  
価格 ¥0.2

ピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCの交換がおこなわれ、これが実店舗での最初のビットコイン決済の例となりました。

 

2010/07/11   Slashdotにビットコインが取り上げられる 
価格 ¥0.7

コンピュータ系ニュースを中心に取り扱う電子掲示板であるSlashdotにビットコインが取り上げられました。これにより、多くの人々にビットコインが知られるようになります。

 

2010/07/18   ビットコイン取引所Mt.Goxがサービス開始 
価値 ¥7

Jed McCalebにより、世界最大のビットコイン取引所へと成長していくMt.Goxがサービス開始しました。Mt.Goxの前身はトレーディングカードゲームマジックザ・ギャザリングのオンライン交換所でした。

 

2010/08/15   ビットコインのバグにより1,840億BTCが偽造される 
価値 ¥6

ビットコインの脆弱性を突き1,840億BTCが偽造されました。ビットコイン史上最悪のセキュリティ事件といえますが、すぐに開発チームにより修正対応がなされ、影響はほとんど残りませんでした。

 

2010/09/18   マイニングプール(Slush’s pool)による採掘に初めて成功する 
価値 ¥5

世界初のマイニングプールであるSlush’s poolが初めてビットコインの採掘に成功しました。
 

 

時代背景

1月 カリブ海の島国・ハイチで大地震
2月 横綱・朝青龍が現役引退を表明 / カナダでバンクーバー冬季オリンピックが開幕
3月 モスクワの地下鉄で爆発テロ
4月 アイスランドで火山が噴火 世界の空が混乱
5月 中国で上海万博が開幕
6月 民主党党首に菅直人氏 菅新内閣が発足(内閣総理大臣に)
7月 金賢姫元死刑囚が来日 拉致被害者の家族と面会
8月 チリ鉱山事故 生き埋めの33人の生存が確認される
9月 日本振興銀行が破たんを申請 初のペイオフ発動
10月 羽田空港新国際線ターミナルが開業
11月 尖閣沖の中国漁船衝突事件 衝突映像がネットに流出
12月 ウィキリークス創設者のアサンジ容疑者を逮捕

 
 

投資状況

名前      : A君
年齢      : 20歳
職業      : 大学2年生
所有BTC   : 1,428 BTC(BTCとはビットコインの単位です)
所有BTC円換算: 10,000円
 

備考

大学の2年生のA君。成人式を迎えたことや2008年後のリーマンショックから始まった就職氷河期に対して内心焦りを覚えて、資産運用をしてみることにしました。当時はほとんど無名だった、ビットコインを1万円分購入し1,428 BTCを手に入れました。わかりやすくシミュレーションするため仮想通貨取引所に払う手数料や小数点以下のBTCは無いものとしています。
 

 

 

 

2011年 大手情報誌に特集されたビットコインと大震災

 
2011年は東日本大震災をはじめ、オバマ大統領のビンラディン容疑者の殺害発表、リビアのカダフィ政権の崩壊のニュースなど世界的に衝撃的なニュースが多いなかでも、なでしこジャパンの世界一獲得や、ウィリアム王子とキャサリン妃の挙式などおめでたいできごとも多い年でした。
 
ビットコインは海外大手メディアである『TIME』に特集されたことから世界中から注目を集める存在となった年でもあります。

 
 

ビットコインの動き

 

2011/03/06  Mark Karpelesが運営する日本を本社とするTibanne社にMt.Goxが買収される
価値 ¥74

Mt.GoxがMark Karpelesの運営する日本を本社とするTibanne社に買収されました。事実上最初の日本国内のビットコイン取引所となりました。
 

2011/04/16  TIME誌がビットコインを特集
価値 ¥87

TIME誌で初めてビットコインの特集が組まれました。大手メディアで初めてビットコインが取り上げられた例になりました。

 

2011/06/12 最初のビットコインバブル、一時31.91ドルに
価値 ¥1,489

メディアに注目されたことにより急速にビットコイン価格が一時期31.91ドルの高値を付けるほどに上昇しました。
 

2011/06/19  Mt.Goxがハッキング被害を受ける
価値 ¥1,401

Mt.Goxがハッキング被害を受け、ビットコインやユーザー情報・パスワードが盗難され約1週間取引が停止されました。この影響で、連鎖的に他の取引所からもビットコインの盗難が発生し、ビットコイン価格が著しく下落しました。

 
 

時代背景

1月 全国で“タイガーマスク運動”広がる
2月 ニュージーランド・クライストチャーチで地震、日本人も被害に
3月 東日本大震災、 マグニチュード9.0、国内観測史上最大の巨大地震が発生
4月 イギリスで、ウィリアム王子とキャサリン妃が挙式
5月 オバマ大統領、ビンラディン容疑者の殺害を発表
6月 イタリア、国民投票を受け、原発再開の中止を発表
7月 サッカー女子W杯で「なでしこジャパン」が初の世界一に
8月 タレントの島田紳助さん 芸能界引退を表明/第95代首相に/リビア・カダフィ政権が崩壊
9月 陸山会事件で小沢氏元秘書3人に有罪判決
10月 米アップルのスティーブ・ジョブズ前CEOが死去
11月 大阪ダブル選挙 「大阪維新の会」が圧勝
12月 八ッ場ダムの建設再開を発表

 
 

投資状況

名前:  A君
年齢:  21歳
職業:  大学3年生
所有BTC: 1,428 BTC
所有BTC円換算:約2,126,292円(212万6千円)  ※2011年6月度
 

備考

3年生から一気に周りが就職活動ムードになり、焦りを感じるA君。大きいニュースに考えさせられることもあるようですが、多くの大学生のように学業やアルバイトに励んでいるようです。2011年は最初のビットコインバブルを体験した年でもあります。大手メディアに特集されたことにより注目され、大きく価値を高めました。注目された弊害として、ハッキングの被害にも晒されますが価値が激しく上下します。価値が最大になったときには、1万円で購入したビットコインは200倍にまで膨れ上がり212万円にまで増えました。
 

 
 
 

2012年 揺れ動く外交問題と、賛否を論じられるビットコイン

2012年はビットコインの信用性が問われると同時に、決済の受付をおこなうなど認められだした年でもあります。この年は北朝鮮のミサイル問題や財務省と造幣局が、外国の硬貨を作ってくれという依頼をうけ、戦後初めての外貨製造としてバングラデシュの硬貨製造を受注するなどお金や外交についても考えさせられるニュースの多い年でした。

ビットコインの動き

 

2012/05/09  FBIのビットコインに関するレポートが流出
価値 ¥402

ビットコインが違法行為に使われる可能性が高いという内容のFBIの内部資料が流出しました。

 

2012/11/15  Wordpressがビットコイン決済を受付開始
価値 ¥909

WordPressがビットコイン決済の受付を開始しました。これまでで最大規模のビットコイン決済を受け付ける事業者となりました。

 

2012/11/28  最初の半減期(50BTC→25BTC)
価値 ¥1,013

210,000ブロックごとに行われる採掘報酬の半減が初めて実施されました。これにより報酬は50BTCから25BTCへ半減しました。
 
 

時代背景

1月 オウム心理教事件から逃亡中であった平田信を、出頭先の警視庁丸の内警察署にて逮捕
2月 関西電力が福井県のすべての原子力発電所(11基)の操業を停止/スカイツリーが竣工
3月 全日本空輸系の格安航空会社、ピーチ・アビエーションが初就航
4月 渋谷駅東口に駅直結の複合商業施設「渋谷ヒカリエ」開業。
5月 1970年以来42年ぶりに日本のすべての原子力発電所50基が稼働停止となる
6月 オウム真理教事件の逃走犯であった、菊地直子容疑者と高橋克也を逮捕
7月 大飯発電所3号機が発電開始、全面停止していた原子力発電所が2ヶ月ぶりに再稼働
8月 海上保安庁、香港活動家の沖縄・尖閣諸島不法上陸事件、上陸までを撮影した映像を公表
9月 レスリングの吉田沙保里が世界選手権で優勝、史上最多記録となる世界大会13連覇
10月 ノーベル生理学・医学賞を京都大学山中伸弥教授が受賞
11月 財務省と造幣局、戦後初の外貨製造としてバングラデシュの硬貨製造を受注。
12月 防衛省、北朝鮮のミサイル発射実験に関連し、石垣島にPAC3を配備

 
 

投資状況

名前:  A君
年齢:  22歳
職業:  大学4年生
所有BTC: 1,428 BTC
所有BTC円換算:1,472,857円(約147万2,857円) ※2012年 11月度
 

備考

無事、就職活動も終了し残りの大学生活を満喫するA君。2012年度は前年に比べビットコインの価値が下落してしまった年でしたので212万円あったビットコインが147万円まで値下がりしてしまいました。大学の4年生は卒業旅行など何かと出費の多い学年ですが、ビットコインには手をつけずにいることにしました。

 
 
 

2013年 下がる金融機関への信頼性と高まるビットコインへの信頼性

2013年はビットコインにとって非常に大きな年になりました。キプロスという国が金融危機に陥り、銀行が閉鎖されるなど普段使用されている現金(法定通過)の価値は普遍的ではないと多くの人が考えた年でした。この金融危機を受けて国の中央管理に依存しない仮想通過に対して注目が高まりビットコインの価格が過去にはないほどまでに高まりました。
 
日本でもNHKで特集を組まれるなど注目を集める中、中国では政府が金融機関によるビットコインの取り扱いを一切を禁止するなど無視できない存在にまで大きくなりました。同年には2020年夏季オリンピック開催都市が東京に決定したり、富士山が世界文化遺産に登録されるなど世界が日本に注目する年でもありました。
 
 

ビットコインの動き

 

2013/03/11  バグによりブロックチェーンの分岐が発生
価値 ¥4,736

ビットコインのバージョン0.8.0のバグにより、数時間の間これまで最長のブロックチェーンの分岐が発生しました。この問題は0.8.1へのバージョンアップによりすぐに修正されました。
 

2013/03/16  キプロス危機によりビットコイン価格が上昇
価値 ¥4,597

3月16日から始まるキプロスの金融危機により、キプロス国内の銀行が閉鎖されるなど法定通貨(ユーロ)への信用が低下し、ビットコインの人気が高まりました。これにより、一時1BTC266ドルとなり、過去最高の価格となりました。
  

 

2013/03/19  世界初のビットコインATMがサービス開始
価値 ¥5,718

アメリカカリフォルニア州のサンディエゴで世界初のビットコインATMが設置されました。

 

2013/10/01  オンライン闇市場のシルクロード運営者が逮捕
価値 ¥13,356

アメリカで違法薬物の取引を行っていた闇サイトのシルクロードの運営者がFBIにより逮捕され、サイトが閉鎖されました。

 

2013/12/04  NHKで初めてビットコイン特集が組まれる
価値 ¥123,100

NHKが初めてビットコインに関する特集を放送しました。日本の大手放送メディアで最初にビットコインが取り上げられた例となりました。

 

2013/12/05  ビットコインが史上最高価格をつける
価値 ¥110,000

この日ビットコインが史上最高価格となり、日本円-ビットコインの取引で一時127,800円/BTCを記録しました。
(※上記「価値」は一日の終わりの価値である終値ですので、¥110,000となっています)
 

2013/12/05  中国政府が金融機関によるビットコイン取引を禁止
価値 ¥110,000

最高価格を記録した同日、中国政府が金融機関によるビットコインの取り扱いの一切を禁止することを発表しました。これに伴い民間の中国取引所が自主的に一時サービスを中止するなどして、これ以後大きく価格が下落することとなりました。
 

時代背景

1月  大相撲で人気力士だった高見盛が現役引退。
2月  第2次安倍内閣発足後、初の死刑執行
3月  2013 ワールド・ベースボール・クラシック(第3回WBC)開催。 
4月  NHK連続テレビ小説『あまちゃん』放送開始/インターネット選挙運動が解禁となる
5月  島根県出雲市の出雲大社で、祭神が仮殿から本殿に遷座される
6月  富士山が世界文化遺産に登録される
7月  みずほコーポレート銀行がみずほ銀行を吸収合併し、行名を「みずほ銀行」に変更
8月  桜島で爆発的噴火が起きる
9月  2020年夏季オリンピック開催都市が東京に決定
10月  山本太郎参議院議員が原発事故の解決を訴えた手紙を天皇に手渡す
11月  ケネディ新駐日大使が着任
12月  漫画『黒子のバスケ』の作者に逆恨みをし、脅迫行為をした男を逮捕

 

 

 
 

投資状況

名前:  A君
年齢:  23歳
職業:  社会人1年目
所有BTC: 1,428 BTC
所有BTC円換算:約175,786,800円(1億7,578万円) ※2013年12月度
 

備考

新入社員1年目のA君、新しい環境に慣れ始めた12月にビットコインの価格を久しぶりに確認して腰を抜かします。キプロス危機により価格が1 BTCが10万円を超える12万円になっていました。保有しているビットコインの合計は1億円を超えています。もう仕事どころではありません。一日のうちの大半をニヤニヤしながら過ごすことになりましたが、ビットコインを動かすことはしませんでした。

 
 
 

2014年 ビットコインの信頼性が問われたMt.Gox事件

2014年はビットコインのひとつの区切りとなる年だったようです。今まで最大のビットコインの取引所だったMt.Gox社が閉鎖され多くの人がビットコインを失いました。しかし同時に多くの仮想通過の取引所が生まれた年でもあります。国内でも長らく続いていていた長寿番組である『はなまるマーケット』や『笑っていいとも!』が終了したり、消費税が8%に引き上げられるなど多くの人が変化を感じた年でした。
 
2014年の1月にできた取引所には、安全性や通貨の取引量に定評のあるbitflyer(ビットフライヤー )や、手数料が安いと有名なbitbank(ビットバンク)があります。

 

ビットコインの動き

2014/02/24  Mt.Goxが閉鎖
価値 ¥18,280

ビットコインの初期から圧倒的な取引シェアを占めていた世界最大の取引所のMt.Goxが、ハッカーにビットコインを盗難されたとして、取引を中止し取引所を閉鎖しました。
 

2014/04/01  Zaifの前身であるetwingsがサービス開始
価値 ¥49,614

Mt.Goxの閉鎖後、いくつかの零細販売所はありましたが、初めての国内取引所であるetwingsが開設されました。etwingsは後にウォレットサービス等を提供していたZaifに買収されることとなります。

 

2014/04/09  BtcBoxがサービス開始
価値 ¥44,887

国内取引所のBtcBoxがサービス開始しました。Mt.Goxの後、初の企業が運営する国内取引所となりました。

 

2014/05/26  bitFlyerがサービス開始
価値 ¥59,294

後に取引所、決済サービス、ブロックエクスプローラー等様々なビットコイン関連サービスをリリースすることになるビットコイン販売所のbitFlyerがサービス開始しました。

 

2014/06/13  マイニングプールのGhash.ioのハッシュレートが51%に到達
価値 ¥60,932

マイニングプールのGhash.ioのハッシュレート(採掘力)が51%に達し、51%攻撃(二重支払い)のリスクが高まりました。Ghash.io内のマイナーが他のマイニングプールに移ることで危機は回避されましたが、これ以後価格は低迷することとなりました。

 

2014/06/18  bitbankがサービス開始
価値 ¥61,649

後に中国の大手取引所OKCoinと提携した取引所サービスをリリースするビットコイン販売所兼オンラインウォレットのbitbankがサービス開始しました。

 

2014/06/30  Quoineがサービス開始
価値 ¥64,774

シンガポールを拠点とする取引所Quoineが日本でも同時にサービス開始しました。

 

2014/07/18  米Dell社がビットコイン決済を受付開始
価値 ¥63,670

DELL社がアメリカ在住者限定でビットコイン決済の受付を開始しました。

 

2014/09/19  coincheckがサービス開始
価値 ¥42,710

後に取引所サービス等もリリースすることとなるビットコイン決済サービスのcoincheckがサービス開始しました。

 

2014/10/30  Krakenが日本円でのサービス開始
価値 ¥37,534

世界最大のユーロ-ビットコインの取引高を持つ取引所Krakenが日本でのサービスを開始しました。

 

2014/12/11  米Microsoft社がビットコイン決済を受付開始
価値 ¥41,180

Microsoft社がアメリカ在住者限定でビットコイン決済の受付を開始しました。

 
 
 

時代背景

1月  理化学研究所の小保方氏らが『STAP細胞』を開発したと発表
2月  ロシアのソチで冬季五輪が開催される/作曲家、佐村河内 守氏のゴーストライター騒動
3月  TBSの『はなまるマーケット』、フジテレビの『笑っていいとも!』が放送を終了する
4月  消費税が5%から8%に増税される
5月  CHAGE and ASKAのASKA氏が覚醒剤所持容疑で逮捕/山の日が祝日に加わる
6月  FIFAワールドカップ がブラジルで開催/『富岡製糸場』が世界遺産に登録
7月  ベネッセグループが2,000万件の顧客情報を流出する
8月  すき家の業績悪化、過酷労働が話題になり深夜の営業を停止
9月  iPS細胞から作った網膜の細胞の移植手術が世界ではじめておこなわれる
10月  青色LEDを開発した、赤崎氏、天野氏、中村氏がノーベル物理学賞を受賞
11月  俳優、高倉健さんが83歳で死去/消費税を10%に引き上げることが見送りになる
12月  東京駅が開業から100周年をむかえる。

 
 

投資状況

名前:  A君
年齢:  24歳
職業:  社会人2年目
所有BTC: 1,428BTC
所有BTC円換算:約90,920,760円 (9千92万円) ※2014年7月度 ¥63,670
 

備考

社会人生活2年目で仕事を覚えつつ、初めての後輩ができたA君にとって、多くの学びがある年でした。仮想通過取引所Mt.Goxが閉鎖し、多くの人がビットコインを失った2014年。A君はビットコインの管理を取引所に任せてはいなかったので、危うくビットコインを失うことはありませんでしたが、Mt.Goxの破綻によってビットコインの信頼が下がってしまったのか、2億円近くあったビットコインの価値は9千万円にまで減ってしまいました。いろいろ思うところはあったA君でしたが、もともとは1万円だったことを思い出し気にせずに仕事に集中することにしました。

 
 
 

2015年 容認と規制、ビットコインも新しい時代へ

日本においてはMt.Goxの破綻によって熱が冷めてしまいましたが、海外ではMt.Goxは取引所の破綻でありビットコインの信頼度を損なうものではないという認識でしたので、徐々にビットコインの値段はまた高まりだします。
 
しかし、認められると同時に多くの規制を受けるようになった年でもあったようです。国内ではマイナンバーが発行されたり、選挙権が18歳以上に付与されたりと大きな変換を感じさせる年でした。

ビットコインの動き

2015/01/04  Bitstampがハッキング被害を受ける
価値 ¥31,749

Mt.Goxの閉鎖後最大規模の取引所であったBitstampがハッキング被害を受けました。被害額は約500万ドルであると発表されました。
大手ビットコイン取引所Bitstamp、ハッキングにより500万ドル相当のビットコインを失う – ビットコインニュース BTCN

 

2015/06/03  ニューヨーク州のビットコイン規制「BitLicense」が正式発表
価値 ¥28,027

アメリカニューヨーク州でのビットコイン事業を免許制とする「BitLicense」が正式に発表されました。免許取得費に5,000ドルを課すという非常に厳しい内容であったため、多くのビットコイン関連企業がニューヨークから撤退することとなりました。

 

2015/08/01  Mt.Goxの経営者Mark Karpelesが逮捕
価値 ¥34,603

Mt.Goxの元経営者Mark Karpelesが口座残高を不正に操作した容疑で逮捕されました。後日、業務上横領の容疑で再逮捕されることとなります。

 

2015/08/15  ビットコインのフォーク版であるBitcoin XTがリリース
価値 ¥33,277

ブロックサイズ問題・スケーラビリティ問題によるビットコインコミュニティの分裂により開発チーム内の一部が、ビットコインの元のブロックチェーンから分岐する新バージョンBitcoin XTをリリースしました。現在のところ、実際にブロックチェーンの分岐はまだ発生していませんが、このような形でコミュニティが分裂して新バージョンがリリースされるのはビットコインの歴史上初めてのこととなりました。

 

2015/10/22  欧州司法裁判所がビットコインはVATの課税対象外との判決を下す
価値 ¥32,997

欧州司法裁判所によりビットコインの売買に関するVAT(付加価値税, 消費税)は非課税であるという判決が下されました。このニュースをきっかけとして大きく価格が上昇することとなりました。

 

2015/12/2  ビットコインのフォーク版であるBitcoin Unlimitedがリリース
価値 ¥53,322

Bitcoin XTに続きビットコインのフォーク版となるBitcoin Unlimitedが公開されました。

 

時代背景

1月  イスラム国が昨年から行方不明だった日本人2人を人質に身代金2億ドルを要求
2月  イギリス王室のウィリアム王子が日本を初訪問、被災地を訪問
3月  2009年10月からの「平成の大修理」を終えた国宝姫路城天守閣の一般公開を再開
4月  首相官邸屋上にて墜落したドローンが発見される
5月  自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALs)発足
6月  選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上へと引き下げ
7月  東京五輪・パラリンピックのエンブレムが佐野 研二郎氏の作品に決定
8月  臨時寝台特急「北斗星」が運行終了
9月  盗作疑惑により佐野 研二郎氏がデザインした大会エンブレムの使用を中止する
10月  マイナンバーが通知される
11月  読売ジャイアンツの3選手(福田氏、笠原氏、松本氏)が野球賭博にて処罰される
12月  東京五輪のメイン会場、新国立競技場が建築家の隈 研吾氏の「A案」に決まる

 
 
 
 

投資状況

名前:  A君
年齢:  25歳
職業:  社会人3年目
所有BTC: 1,428BTC
所有BTC円換算:約76,143,816円 (7千614万3,816円) ※2015年12月
 

備考

社会人も3年目になりプロジェクトを任せだされたりといよいよ本格的に社会人としての道を歩き始めながらも、自分のこれからのキャリアプランを考え始めたA君。
持っているビットコインの価値は7千万円ほどになっていました。オリンピックの新国立競技場のプランなどのニュースを見るたびに5年後の自分について考えながらも、たまにMt.Goxの事件について調べてみる程度でほとんどビットコインについて考えることはしない年でした。

 
 
 

2016年 働き方、決済方法、今までのあり方への再考を

2016年はビットコインには決済に使用されることが増えたと同時に再びハッキングの危険に晒された一年でした。これまでで最大規模の約12万BTCが盗難の被害にあってしまったそうです。また、国内外でも芸能人の浮気報道や働き方を見直すきっかけとなった電通社員の自殺問題などが大きく取り上げられ、これまでのしきたりや考え方を見直す年になったのではないでしょうか。
 

ビットコインの動き

2016/02/10  ビットコインのフォーク版であるBitcoin Classicがリリース
価値 ¥44,946

Bitcoin XT、Bitcoin Unlimitedに続きビットコインのフォークとなるBitcoin Classicが公開されました。
 

2016/03/01  DMM.comでビットコイン決済を受付開始
価値 ¥49,602

通販事業やレンタル事業等を手掛ける総合サイトDMM.comでビットコイン決済の受付が開始されました。日本国内での大企業のビットコイン決済受付はこれが最初の例となります。

 

2016/04/27  PCゲームのDL販売プラットフォームSteamでビットコイン決済を受付開始
価値 ¥50,892

日本からの利用者も多いPCゲームのDL販売プラットフォームであるSteamでビットコイン決済の受付が開始されました。

 

2016/07/09  2回目の半減期(25BTC→12.5BTC)
価値 ¥66,794

採掘報酬の2回目の半減が行われました。これにより報酬が25BTCから12.5BTCへ減少しました。

 

2016/08/02  Bitfinexがハッキング被害を受ける
価値 ¥61,296

世界最大の取引量を誇る香港の取引所bitfinexがハッキングを受け、これまでで最大規模の約12万BTC(約6347万ドル)が盗難被害にあいました。この事件後ビットコイン価格が急落することとなりました。
 

 
 

時代背景

1月  不倫問題でベッキー氏が謝罪会見
2月  元プロ野球、清原容疑者が覚せい剤所持の疑いで逮捕
3月  辺野古訴訟が和解
4月  熊本県にて大地震が発生
5月  舛添都知事が不適切な支出を認める
6月  イギリスが国民投票によって、EU離脱を決定
7月  スマートフォン、アプリゲーム『ポケモンGO』が日本で登場
8月  天皇陛下が退位のお気持ちを表明
9月  小池知事が初の所信表明をおこなう
10月  大隅氏にノーベル医学生理学賞/タイ国王死去
11月  米大統領戦トランプ氏勝利/電通社の社員自殺が報道される/博多駅前で道路が陥没
12月  ソフトバンク社長の孫 正義氏がアメリカに5.7兆円を投資

 
 

投資状況

名前:  A君
年齢:  26歳
職業:  社会人4年目
所有BTC: 1,428BTC
所有BTC円換算:約95,381,832円 (9千538万円) ※2016年7月
 

備考

社会人4年目になったA君、よく3年目で多くの新人会社員が離職するするという話がありますがA君は仕事に対する面白さを見出していました。大学時代の友人と久しぶりに飲むと、仕事を楽しめていない友人もたくさんいるようでした。昨年は値下がりしたビットコインでしたが、また価値が高まってきており9千万円までになりました。また1億円の大台に乗れば今後の自分の人生の選択肢も増えるのかもしれないと、考えだしました。

 
 
 

2017年 新しいリーダーと新しい通貨元年

2017年はビットコインが2013年以来の最高価値をつけた年でした。国内外の動きとしてはトランプ氏が大統領になりその発言が注目を集めました。またフランスではマクロン氏が39歳で最年少の大統領になったりと新しいリーダーに対しての期待が高まっています。国内ではプレミアムフライデーが開始されたりと新しい制度が導入された年になります。今年の今後のニュースにも注目していきます。
 

ビットコインの動き

2017/01/05  ビットコインが2013年以来の史上最高価格をつける
価値 ¥110,986

日本円-ビットコインの取引で特に取引が過熱し、円ベースでMt.Gox事件前の最高価格を超える史上最高価格をつけました。主要取引所のなかではcoincheckで一時152,900円/BTCを記録することとなりました。
 

2017/01/05  中国人民銀行が中国国内の取引所と会合、調査
価値 ¥110,986

日本円で過去最高のビットコイン価格を記録した同日、中国人民銀行が中国国内の三大取引所OKCoin、BTCC、Huobiを呼び出し、会合、ビットコイン投資の過熱に対する警告をだしました。これにより大きく価格が下落することとなりました。
また、この後数週間にわたって中国国内の他の取引所を含めてさらなる会合・調査が行われ、結果的に中国取引所の取引手数料無料が撤廃されるなど中国人民銀行による規制による影響で、圧倒的な取引高を誇っていた中国取引所の取引高が大きく減少しました。

 

2017/03/10  ビットコインがドルベースで2013年以来の史上最高価格をつける
価値 ¥145,790

世界的にビットコインの価格が上昇し、日本円ベースでは1月5日の高値は超えなかったものの、ドルベースでこれまでで史上最高価格の約1330ドルをつけました。

 

2017/04/01  ビットコインを初めて法律内で規定する改正資金決済法等が施行
価値 ¥121,628

ビットコインをはじめとする仮想通貨を日本で初めて法律内で規定した改正資金決済法等が4月1日に施行されました。本法律は主に仮想通貨取引所に対する利用者保護を目的とする規制であり、経過措置として施行日から6ヶ月間の規制適用の猶予期間が設けられることとなります。

 

時代背景

1月  トランプ大統領が就任し「米国第一主義」を宣言
2月  プレミアムフライデー開始される/金 正男氏が殺害される
3月  森友学園、小学校の認可申請取り下げ、籠池氏が理事長退任
4月  福岡市中央区のみずほ銀行福岡支店前で、現金約3億8千万円が強奪される
5月  39歳と最年少でマクロン氏が仏大統領に
6月  将棋・藤井四段、前人未到の29連勝をおこなう
7月  強い毒を持つ「ヒアリ」が国内各所で発見される。
8月  北朝鮮のミサイル発射
9月  小池百合子氏の新党「希望の党」立ち上げ
10月  アメリカ・ラスベガスの銃乱射事件
11月  座間9人遺体切断事件
12月  朝鮮からの不審船が次々と

 
 

5月以降のビットコインの動き

 

2017/06  ビットコインを利用するVALUがローンチ
価値 ¥306,350

後にユーチューバーのヒカル氏らの価格操作疑惑で注目を集めた、個人に投資ができる新しいサービスVALUがオープンしました。VALUはビットコインを利用するサービスであるため、今まで仮想通貨に興味のなかった層もビットコインを購入する人が増えました。

 

2017/08  ビットコインが分裂しビットコインキャッシュ誕生
価値 ¥476,244

ビットコインの送金や処理速度を向上するためのアップデートの方法が長らく議論されていました。アップデートをおこなう際にビットコインが「分裂」してしまうことが懸念点となり価格が下落することもありました。実際に分裂し新しい仮想通貨ビットコインキャッシュが誕生したことにより、考えられていたほどの影響がないことや仮想通貨取引所が無料でビットコインを保有するユーザーに同量のビットコインキャッシュを配ったことが話題になりました。
 

2017/10  金融庁が仮想通貨取引所を運営する会社を登録制に
価値 ¥647,706

仮想通貨の規制をおこなう国も増えるなか、日本では金融庁が仮想通貨の取引所に「仮想通貨交換業者」として11社を登録することを発表するなど、仮想通貨に関する法整備を整えられて来ており、仮想通貨運用をおこなうことに少し安心感が生まれました。
 

2017/12  繰り返されるビットコインの分裂と国内外からの大手企業の参入
価値 ¥2,116,799

11月12月は、仮想通貨の分裂が特に注目を集めました。ビットコインキャッシュの成功に伴い利益目的とも思われる多くの分裂がおこなわれ、仮想通貨を運用するトレーダーも分裂した新通貨欲しさに活発にビットコインの売買がおこなわれました。11月末についにビットコインが100万円を突破し、国内外で多くのメディアが取り上げ認知度をあげました。
 
仮想通貨の高まりに、アメリカの大手金融機関がビットコインの先物取引を取り扱ったり、機関投資家の参入がおこなわれました。国内でも、IT企業が仮想通貨領域に参入したり、CMで大々的に取引所の露出が始まったことなどで、ビットコインの価格は一時期200万円を超えるほどの高騰を見せました。

 
 

 
 

投資状況

名前:  A君
年齢:  27歳
職業:  社会人5年目
所有BTC: 1,428BTC
所有BTC円換算:約208,188,120円 (2億818万円) ※2017年3月

所有BTC円換算:約3,022,788,972円 (30億2,200万円) ※2017年12月
 

備考

本年2017年4月にはA君も社会人5年目になりました。部下もできて頼りにされることも増えました。そろそろ年齢も30に近づいてきたので良い人がいれば結婚などもしたいなと考え始めているようです。そんなA君の所有ビットコインは一時期最高額の2億円にまでなりました。20歳の時にほとんど遊び感覚ではじめてみた1万円の投資は7年間で2億円もの資産を得ることができました。所有ビットコインが最高値の2億円になった日、A君はついに仕事を辞めました。(3月時点)
 
仕事を辞めたA君は、本当にやりたい仕事を探しながら社会人時代に貯金を切り崩しながら生活していましたが、資産が10億を超えてからは、なにもする気が起きなくなりました。

 
 
 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
 
ビットコインの誕生から今年2017年12月までの価値の変動と、その年に国内外で起こっていたことを取り上げて紹介していきました。仮想通過における資産運用の面白いところは、仮想通過は一つ一つ異なる特徴を持ち、その特徴がどれほどの大きな価値を生むかわからない点にあります。
 
しかし、メリットも大きいですが当然リスクも大きいのが仮想通貨の資産運用です。A君のようになくなってもいいと思えるような額から資産運用を始めることがいいのかもしれません。資産運用は自己責任で!
  

仮想通貨を購入する方はこちら
▶手数料を安く仮想通貨を購入したい人はbitbank(ビットバンク)がおすすめです。
▶取引を安全にはじめたい人はbitflyer(ビットフライヤー )がおすすめです。
▶仮想通貨のFX取引をしたい人はDMM BitcoinGMOコインを御覧ください。
 

 

※今年の内容の更新は都度おこないます。

 


The following two tabs change content below.
佐野 祥貴

佐野 祥貴

新卒で入社した企業の出資先であるベンチャー企業に入社1ヶ月で出向、事業の立ち上げ、Web広告の営業、広報活動などを経て、finte編集部にて活動。全くの初心者にも知見のある方にも、わかりやすく、おもしろいフィンテックとの出会いをWebを通じて届けることができればと考えています。

関連記事