Lisk/LSK(リスク)|価格変動の材料を解説!特徴・チャート・購入方法まとめ

 

こんにちは!finte編集部です。
 
今回は仮想通貨取引所コインチェックの中で2017年から現在までに最大約250倍にまでなったLisk/LSK(リスク)をご紹介します。
 
Lisk/LSK(リスク)の価格や特徴、チャートでの価格変動の要因を含め購入方法も詳しく解説します。
 
Lisk/LSK(リスク)の価格変動は今後、どのように動いていくのでしょう。
 
 

Lisk/LSK(リスク)_2018年1月現在
 
通貨単位  :LSK
時価総額順位:第18位
時価総額  :約4,349億円
発行量   :116,817,328 LSK
取引価格  :1LSK=3800円前後
公開時期  :2016年5月
参照:CryptoCurrency Market Capitalizations
 

(時価総額順位・時価総額・取引価格など 2018年1月時点)

 
 

目次

 

<ステップ1> Lisk/LSK(リスク)とは?

 

Lisk/LSK(リスク)とは?

Lisk/LSK(リスク) とは、リスク社が2016年に公開した仮想通貨です。
 
通貨単位はLSKで、116,817,328 LSKが現在の全体発行量 で、発行枚数に上限はありません。そのため、毎年新たに発行されています。
 
Lisk/LSK(リスク)は、英語で「危険」を意味する「Risk」ではなく、「簡単」を意味する言葉で、これは、「誰でもLisk上で簡単にアプリ開発ができる」 というコンセプトにつながっています。
 
また、Liskという表記は、分散型アプリケーションプラットフォームのことを指します(後ほどご紹介します)。LSKという表記は、そのプラットフォーム内の通貨名のことを指します。
 

特徴① 開発言語に『Javascript』を採用している

Lisk/LSK(リスク)の特徴として、開発言語に『Javascript』を採用している という点があげられます。
 
『Javascript』は世界的に有名で普遍的なプログラミング言語と言われています。そんな『Javascript』をスマートコントラクトと呼ばれる契約情報の記述言語に使用しているため、開発者が使いやすいというメリットがあります。
 
これは上記でご紹介した、「誰でもLisk上で簡単にアプリ開発ができる」 というコンセプトへ大きく影響を与えています。
 

特徴② サイドチェーンを主に使用

Lisk/LSK(リスク)の特徴としてあげられるもう一つが、サイドチェーンを主に使用している 点です。
 
Liskではメインチェーンに付随するサイドチェーンと言う場所で記述をおこなっています。そして、メインチェーンにはサイドチェーンへのリンクが記述され、それぞれのサイドチェーン上でアプリケーションが稼働していきます。
 
こうすることで、万が一ハッキングを受けたとしても、サイドチェーンが存在することで 開発者側がコントロールすることができます
 
さらに重大なバグが発見された際にもサイドチェーンで 柔軟に対応することができ 、処理能力の向上というメリットもあります。
 

分散型アプリケーションとは?

Lisk/LSK(リスク)は 分散型アプリケーション という形式をとっています。
 
分散型アプリケーションとは、独自のルールでプログラムを決めて、仮想通貨をやりとりできる機能をもつアプリケーションで、DApps(Decentralized Applicationsの略)と呼ばれます。
 
この形式を採用することで、例えば、ソーシャルネットワーク、チャット、取引所、IoTアプリケーション、オンラインショップ、ゲームなどの 独自機能を追加することができます
 

マイニングではない?フォージングとは?

Lisk/LSK(リスク)におけるビットコインのマイニング(採掘)は、フォージング:Forging(鋳造) と呼ばれます。
 
マイニング(採掘)では、取引の承認をおこなうと報酬が貰えますが、その点に関してはフォージング(鋳造)も同様です。
 
マイニング(採掘)と違う点は、Lisk/LSK(リスク)は「DPoS(Delegated Proof of Stake)」というシステムを使用しており、コインを持っている割合などで承認をする権限が与えられるようです。
 
コインを持っている人によって投票がおこなわれ、それによって承認者を決めるという仕組みになっています。
 

<ステップ2> Lisk/LSK(リスク)に投資する

 

 
実は、仮想通貨Lisk/LSK(リスク)はリリースから若干2年の歴史の浅い仮想通貨です。しかし、その価格は昨年の2017年に最大時には約250倍にまで上がりました。
 
仮想通貨取引所コインチェックで取り扱いをおこなう銘柄の中でも2017年の中での成長率を比較すると年内で成長率第2位の仮想通貨でした。

現在(2018年1月時点)価総額ランキングにて第18位に位置するLisk/LSK(リスク)はリリース以降どのような歴史を辿ってきたのでしょうか。以下よりLisk/LSK(リスク)がリリースされてからの主なできごとをまとめてご紹介します。
 

 

Lisk/LSK(リスク)の価格変動 2016_リスクの始まりはICO

2016/2~

マイクロソフト社との連携をおこなう発表が注目を集め、ICOにより約14,000BTC(当時の価格で約5億6,000万円)の資金を集める

2016/5/24

正式なサービスローンチをおこなう

2016/7/11

国内取引所であるコインチェックに上場(取引が可能に)
 
 

 

 
 

Lisk/LSK(リスク)の価格変動 2017_ロードマップの更新で高まる期待

2017/6/2

北米で最大規模を持つBlockchain Expoに登壇することで価格が高騰する

2017/8/3

Lisk Core 1.0というアップデートやブランディングを改める(リブランディング)、開発者用ツールの配布など大きな動きを予想させる発表をおこなう(後に延期)

2017/8/23

新しくインドオープンした取引所、BitBay Indiaに上場する(取引が可能になる)

2017/8/30

海外にある仮想通貨の巨大掲示板で、質疑応答をおこなうことを公式Twitterで発表

2017/9/12~27

Liskのアジアツアー開催を発表、上海(中国)、ソウル(韓国)、東京(日本)、ムンバイ(インド)にてミートアップの開催やテレビ出演等をおこなった。

17/11/27

Liskが今後の予定を記したロードマップを更新する

 
 

Lisk/LSK(リスク)の年内の予定スケジュール 2018

2018/1~3

Mobile and Desktop Appリリース(詳細不明)

2018/2/20

リローンチイベント(ベルリン)や名称を帰るなどのブランディングを改めるリブランドをおこなう

2018/4

SDK(開発者用ツール)を配布

2018/7

分散型取引所関連の事業を始動

 
 

 

 
lisk price
 
 

取引所一覧

 
取引所名:coincheck
【手数料】無料、一部有料あり
【アカウント開設に必要なもの】メールアドレス、もしくはFacebookアカウントでも可能
【購入にかかる時間】最短5分
【営業時間】平日10時〜18時、土日祝除く
 
 

<ステップ3> Lisk/LSK(リスク)の最新情報を知る

 

Lisk/LSK(リスク)の最新情報を知る

WEBサイト
 Lisk/LSK(リスク)の公式サイトです。
 https://lisk.io/
Twitter
 Lisk/LSK(リスク)の公式twitterアカウントです。
 https://twitter.com/liskhq
Facebook
 Lisk/LSK(リスク)の公式facebookアカウントです。
 https://www.facebook.com/LiskHQ/
reddit
 アメリカ最大級のソーシャルニュースサイトredditのLisk/LSK(リスク)のニュースです。
 https://www.reddit.com/r/Lisk/
 

Lisk/LSK(リスク)に関する情報を多く発信しているtwitterユーザー

さいごは、仮想通貨の情報収集をする方法で1番有効であると言われているTwitterのユーザーの紹介です。
 

玲奈❤︎丸の内OL仮想通貨投資♡氏

玲奈❤︎丸の内OL仮想通貨投資♡氏とは
玲奈❤︎丸の内OL仮想通貨投資♡氏は、OL3年目24歳の仮想通貨のブロガーです。仮想通貨の資産運用を始めたのは2017年の6月で45万円からスタートをしたそうです。運用としては含み損であるそうで、だからこそ失敗を糧にたくさんの知識を吸収したそうです。その知識を活かして、仮想通貨をこれから始める人が、抱くであろう疑問を一足先に記事で書いてくれています。損額に対して、赤裸々に、かつ面白く書いています。
 
玲奈❤︎丸の内OL仮想通貨投資♡氏が注目しているリスク(LSK)とは
玲奈❤︎丸の内OL仮想通貨投資♡氏は、ブログを頻繁に更新されていて仮想通貨全般に関する内容のものが多いです。基本的にはビットコイン(BTC)を保有しながら、その他のアルトコインも状況によってトレードしているそうなので、玲奈氏がトレードしているアルトコインの情報は瞬時に得られるかもしれませんね。
 
【玲奈❤︎丸の内OL仮想通貨投資♡氏の補足情報】
Twitterフォロワー数:27.9K(2017年12月時点)
Twitterアカウント :@reinabb3
ブログ名      :丸の内OL玲奈の仮想通貨投資日記
投稿に多い銘柄   :リスク(LSK)、リップル(XRP)、仮想通貨全般、草コイン

 

ぼのぼのですよ氏

ぼのぼのですよ氏とは
不動産経営されている現在28歳のトレーダーだそうです。不動産投資、暗号通貨(仮想通貨)、株などへの投資をおこなっていて、純資資産は億を超え「億り人」となられたそうです。最近のツイッター投稿では、リスク(LISK)、リップル(XRP)などに関する情報が多いです。
 
【ぼのぼのですよ氏の補足情報】
Twitterフォロワー数:9,052(2017年12月時点)
Twitterアカウント :@bonobonodesuyo
ブログ名      :なし
投稿に多い銘柄   :リスク(LISK)、リップル(XRP)
 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
 
「誰でもLisk上で簡単にアプリ開発ができる」というコンセプトをもつLisk/LSK(リスク)。
 
単なる投資対象としてだけでなく、今後様々な用途に期待ができるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
 
今後はどのような動きを見せてくれるのでしょうか。
 
引き続きLisk/LSK(リスク)に関する情報を発信してまいります。
 
 

(この記事は2018年1月19日に更新しています。)


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。 皆様のお役にたてるようなFinTechに関わる最新ニュース、コラムを配信して参ります。よろしくお願いします。

関連記事