• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

Dogecoin (DOGE)|柴犬がモデルの仮想通貨とは? | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
金融とテクノロジーの造語Fintech(フィンテック)。その中でも注目を集めているのが、仮想通貨(暗号通貨/アルトコイン)です!今回はDogecoin(ドージコイン)についてのご紹介です。仮想通貨は今現在、送金などと同様に投資対象として使用されているようですがDogecoin(ドージコイン)は投資対象としてみると、どうなのでしょうか。
 
 

Dogecoin(ドージコイン)とは?どんな特徴と活用方法があるの?

 
今回ご紹介するのは、ドージコイン(Dogecoin)という仮想通貨です。
 
ドージコインとは、2013年に「Doge」という犬が一躍有名になり、そのャラクターをイメージにしています。初めはキャッチーでコミカルな印象で、親しみやすいように作られたものでしたが、ソチ冬季五輪でジャマイカのボブスレーチームによる寄付手段となったり、たくさんの起業家がドージコインを使用したなどの経緯から、次第に有名になりました。
 
ドージコインは、先述した通りビットコインのコミカル版として生まれたため面白い特徴があります
 
比較対象としてビットコイン・ライトコインと似ていると言われていますが、まずビットコインやライトコインとの違いは、発行総量に上限がないことです。ビットコインは上限2100万、ライトコインは8400万です。上限がないにも関わらず、採掘速度が早くとても扱いやすいです。そしてブロック生成間隔も早く1分もかからずできてしまいます。こちらもビットコイン10分、ライトコインは2分と圧倒的な速度です!
 
活用方法としては先述した寄付以外にも、簡単なチップとしても活用されています。誰にでも簡単に、親しみやすく作られているからこそできるアイディアと言えますね。
 
 

購入可能な取引所は?

 
取引所名:MrRipple
【手数料】無料
【アカウント開設に必要なもの】各種個人情報、本人確認書類など
【購入にかかる時間】数分〜
【営業時間】平日10時〜18時
 
 

レートは? 今までの推移

 
ソチ冬季五輪においてボブスレーチームの出場のための寄付手段として使われたタイミングで価格が高騰しました。他にもさまざまな寄付に活用されているのがドージコインの大きな特徴です。
 
柴犬をモチーフした親しみやすさが影響していると言えるかもしれません。チップのような役割を果たしており、しっかりしたポジションを確保している仮想通貨です。
 
また2017年には仮想通貨全体が盛り上がりを見せ、価格が高騰しました。ドージコインもその影響を受け価格が高騰したと考えられます。
 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
 
このドージコインは上記にあげた特徴や背景からわかるようにダジャレから生まれたとてもコミカルでポップなコンセプトなので、初心者でもとっつきやすいのではないでしょうか。
 
最初はお遊び感覚で作られたドージコインですが、結果的には一躍有名になってしまいました。一部のファンには特に好んで使われているようです。投資という感覚というよりは、あくまで自己責任ではありますが『試しに買ってみるか!』という軽い感じで購入してみるのもいいかもしれませんね。
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事