• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

Monero (XMR)|秘密裏に素早く取引可能な仮想通貨とは? | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
金融とテクノロジーの造語Fintech(フィンテック)。その中でも注目を集めているのが、仮想通貨(暗号通貨/アルトコイン)です!今回はモネロコインについてのご紹介です。仮想通貨は今現在、送金などと同様に投資対象として使用されているようですが、モネロコインは投資対象としてみると、どうなのでしょうか。
                            
 
 

モネロコインとは?どんな特徴と活用方法があるの?

モネロコインのMoneroは、エスペラント語で「コイン」または「通貨」という意味を持つ仮想通貨です。モネロコインは2014年4月から運用が開始され、通貨単位は「XMR」で、時価総額は世界第9位の通貨です。(2017年7月現在)
 
モネロコインはビットコインと同じように発行限度数が決まっています。その限度数は、ビットコインの2,100万に比較し、1,840万とやや少なくビットコインよりも匿名性が高いということで一時人気が出て時価総額世界5位になったこともあります。

特徴1 匿名性

 
モネロコインはビットコインをベースにはせずに作られた匿名性に優れた暗号通貨です。匿名性の高さは送信先や送信元などが追跡できないほどです。モネロコインのアドレスは、「閲覧用」と「送金用」という2つの秘密鍵で作られていてアドレスがマスターキーのような役割を果たしています。
 
送金をおこなうときにはランダムにワンタイムアドレス(一時的なアドレス)が作成され、そのアドレスあてにモネロコインが送られるシステムになっているので、第三者がアドレスキーから取引履歴を追跡できません。このように匿名性とセキュリティの高さがモネロコインの特徴になっているそうです
 

特徴2 マイニングが簡単にできる

 
モネロコインを入手する方法は、もらう、交換する、買うという方法がありますが。もらう方法はマイニング(採掘)と呼ばれるもので、仮想通貨の運用のために自分が持っているパソコンの計算能力を貸すことにより報酬として仮想通貨をもらうことができます。
 
モネロコインではこの、マイニングの簡素化が図られています。仮想通貨をもらうことに対しての障壁が低いのですが、さらにコインを大量に保有している方がマイニングに有利という特性があり、コインを大量に保有する人が多くなる傾向にあるようです。
 

活用方法

モネロコインは通常の他の仮想通貨と同様に取引所で購入・売却することができるので活用上の支障はありません。取引に要する時間はビットコインの10分に対し2分ですからビットコインよりも使いやすくなっていると言えます。むしろ匿名性の高さから取引の内容を非公開にしたい人が購入するケースも多いようで、大量購入によって価格が乱高下することがあります。
 
ビットコインのように透明性の高いブロックチェーンを使って用途が年々広がって成長過程に向かうケースと比較して、匿名性の利点で使用されているモネロコインの活用方法はいまのところ限定的だそうです。
 
 
  

モネロコインを入手する方法は?

 
モネロコインを入手する方法は3つあります。1つ目で前述した、もらう方法としてはマイニング(採掘)による方法がありますが、技術的にも難しく電気代・コスト的にも実用的ではありません。2つ目は取引所での購入(交換)です。モネロコインをもつユーザーが売りたい値段を提示して、買い手側の買いたい値段と一致すれば売買契約が成立するという仕組みです。株式の売買と同じ仕組みです。買いたい人が多ければ値段が上がるし、売りたい人の方が多ければ競争で値段が下がっていきます。
 
3つ目は販売所での購入です。販売所を運営する企業の設定した値段で販売所から買う形になります。メリットとしては売りたいときにすぐ売れ、買いたいときにすぐ買えるということですが、販売所の手数料が少し入るのでやや不利になるということです。為替の両替所みたいな仮想通貨の両替所というイメージです。
 

購入可能な取引所は?

購入可能な取引所は世界には多くありますが、モネロコインを入手できるのは国内では2社でいずれも取引所と販売所を兼ねています。
 
Kraken
特徴:海外の会社でビットコインの取引量世界6位。仮想通貨の取り扱い銘柄は断然多く、ホームページも見やすい
URL:https://www.kraken.com/
手数料:取扱量に応じて手数料が発生
アカウント作成に必要なもの:メールアドレスとパスワードを設定
営業時間:24時間対応可能
 
Coincheck
特徴:早さと利便性に優れており、仮想通貨の取り扱い銘柄も多い
URL:https:/Coincheck/coincheck.com/ja
手数料:取扱量に応じて手数料が発生
アカウント作成に必要なもの:Facebookでの認証、メールアドレスとパスワードを設定
営業時間:24時間対応可能

 
 

モネロコインの価格の動向と留意点

 

2014年に発行されたモネロコインはモネロコインは2016年中頃までは500円ほどで推移していましたが、8月頃から一気に上昇し、1500円になりました。2017年になって一時1000円前後に落ち着いていましたが、3月以降に2,500円ぐらいに上昇しました。上昇の理由としては、いずれのケースも匿名取引を望む資金が流入したのではないかと言われています。匿名性の利点を生かしたダークマネーの流入により価格が押し上げられたのではないかということです。
 
今後のモネロコインの価格動向は、市場で幅広く利用されることにより価格が上昇する可能性よりもこれまでと同じく匿名希望者によって価格が変動する可能性の方が大きいと思われます。したがってモネロコインについては、下記の点に留意して慎重に取引する必要があります。
 

  • 取引情報が記入されないためハッキングを受けてデータが流出しても証明が困難である
  • 将来いろいろなサービスや商品決済への活用があまり期待できない
  • 次世代の仮想通貨で契約情報などとの連携によりデータの管理や公平性が確保されたときにモネロコインの競争力は低下する
  • 資金洗浄などに使われるケースが増えれば政府などからの規制を受けるようになる可能性もある

 
 

まとめ

 
これまで見てきた通りモネロコインの特徴はその匿名性にあり、匿名性の利点を生かせる人を中心に利用されているという考え方もあります。ビットコインを中心とする仮想通貨の利点として一般的に言われることは国をまたがって直接利用することができること、国に依存しない貨としての信頼性があること、さらに日常の買い物に使えるような便利性があることです。
 
これらの点でモネロコインは少し違う方向に進んでいるという方もいるようです。こうした特性を理解したうえで注目していくと、面白いのではないでしょうか。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事