• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

15秒で投資アイディアを検証できる!『アルパカアルゴ』の魅力とは | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
今回の記事は資産運用をすでにおこなっている人向けの記事です。日々のトレーディングをより確実で、手軽なものにしたいと思っている人には『アルパカアルゴ』がおすすめです。プログラミングの知識がなくても15秒で自分の投資アイディアを検証できるので、投資の負担を大幅に削減できます。トレーディング経験者ならどなたにもおすすめ!
                            

『アルパカアルゴ』とは?サービス概要と特徴

 

アルパカアルゴ』とはAI(人工知能)を使って投資アルゴリズム(計算式)を作成するサービスです。通常は自らしなければならない面倒なプログラミングは必要なく、画面上で範囲選択をするだけでAIのディープラーニングと呼ばれる機械学習がチャートパターンを認識するAIを作成します。それを投資アルゴリズムに利用することで日々のトレーディング業務を自動化することができます。取引のシグナルはお手持ちのパソコンか、スマートフォンにメールと通知で知らせてくれるので、余計な手間もかかりません。
 
複数の証券会社や証券口座と連携させることも可能で、37の通貨の交換パターンを持っています。過去10年間以上の取引実績をもとにした仮説として出したルールが正しいかどうかをチェックするバックテストにも対応しており、1分単位の値洗い(もともとの値段を時価で洗い直す、リセットすること)に加えて、1分単位の決済評価が可能です。ライブテストでは日々更新されるパフォーマンス推移を確認することができ、ティック(金融商品の値動き変化の最小)単位での決済評価もできるようになっています。
 
『アルパカアルゴ』は前身となる『Capitalico』のアルゴリズム設計機能を大幅に強化し、学習にかかる時間を大幅に短縮することに成功しました。それによりディープラーニングの学習から最適化バックテストまでのプロセス15秒で完了させることができるようになりました。また、ポートフォリオ機能の強化により、複数のアルゴリズムを組み合わせることでポートフォリオ全体の利益を追求できるようになりました。2016年3月にリリースされて以来、本サービスは1万5千個のアルゴリズムを作成し、4万個のトレードシグナルを発信しました。

 

『アルパカアルゴ』の活用方法は?

  
 
次に『アルパカアルゴ』の活用法について解説していきます。『アルパカアルゴ』はディープラーニングを用いて日々のトレーディング業務を自動化するサービスです。ある程度の投資経験があり、日常的にトレードを繰り返している方にとってもとても魅力的なサービスだといわれています。トレードを自動化するメリットを活かせば、よりトレードにかかる仕事の負担を減らすことができるでしょう。
 
また、『アルパカアルゴ』はプログラミングの知識がなくても利用できるサービスです。そのため、従来は仮説や経験則に過ぎなかったアイディアを手軽に分析できるメリットを活かせば、より優れた投資アイディアを練ることも可能です。実際に導入する前にバックテストで効果を検証することもできるので、失敗しにくいのも魅力的です。では、最後に『アルパカアルゴ』の最新トピックをチェックしていきましょう。
 

『アルパカアルゴ』の最新トピック

三菱東京UFJ銀行との協業を開始

2017年5月、「AlpacaDB, Inc」.および「Alpaca Japan株式会社」は三菱東京UFJ銀行は協同で相場予測モデルの構築とAIトレーダーの開発を開始しました。今後はディープラーニングを活用し、トレーディング業務の全面電子化に向けて協業を進めていきます。

Alpacaは2016年8月、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、「MUFG」)主催のフィンテック・アクセラレータ・プログラムに参加し、準グランプリを獲得、強みを持つDeep Learningを活用し、MUFG内で複数のプロジェクトが進行しております。
 

 
 

『アルパカアルゴ』での実取引額が開始2ヶ月で1億ドルを突破

2016年11月より、一部の証券口座での自動取引のサポートを実施してきた『アルパカアルゴ』の実取引額が開始2ヶ月で1億ドルを突破しました。プラットフォーム上で自動化された投資アルゴリズムの数も25,000個を超えており、同社では引き続き、サービスの拡充のために開発を進める予定です。
 
 

「Alpaca」が175万ドルの資金調達に成功

「Alpaca」はトレーディングにおけるAI技術とデータベース技術の更なる研究開発と事業展開、ならびに「アルパカアルゴ」と「アルパカスキャン」の開発を目的として、複数のベンチャーキャピタルや投資家から175万USドルの資金調達を実施しました。
 
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか。
 
『アルパカアルゴ』は投資アルゴリズムを自動化するサービスです。プログラミングの知識がなくても、手軽に自分の投資アイディアを検証することができるので、普段からトレーディングをしている方が利用すれば、より優れた投資アイディアを練ることも可能です。投資と聞けばパソコンのモニターに釘付けになっているイメージがあるかもしれませんがこのようなツールを使用することによってより、スマートに資産運用をすることもできるようです。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事