• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

未来予測市場を生み出す仮想通貨Augur (REP)とは?

こんにちは!finte編集部です。
 
金融とテクノロジーの造語Fintech(フィンテック)。その中でも注目を集めているのが、仮想通貨(暗号通貨/アルトコイン)です!それぞれに個性的な活用方法がある仮想通貨の中でもさらに異質な仮想通貨 Augur(オーガー)についてのご紹介をします。未来を予測することで報酬を得ることができるAugur(オーガー)は投資対象としてみると、どうなのでしょうか。
                           
 

Augur(オーガー)とは?どんな特徴と活用方法

 
オーガー(Augur)は2016年10月に運用が開始され、発行総数は1,100万時価総額世界第9位の人気仮想通貨です。(※2017年6月現在)オーガーは時価総額第2位のイーサリアムから分かれた未来予測市場のための分散型プロトコルで、オーガーのプラットフォームの中で使われる通貨の名称は「Reputation(評判)」で、通貨単位は「REP」です。
 
オーガーは「占い師」という意味で、「Reputation」を賭けて未来における出来事を予測して、予測が正しければ報酬を得て、間違えれば負担が生じる仕組みになっています。
 

オーガーの3つの特徴

1.取引情報や契約情報をブロックチェーン上に記録するスマートコントラクト

オーガーの特徴は、「未来における出来事」の予想に関するさまざまな取り決め事とその記録、オッズ(予想配当率)、掛け金を預かり、予想した出来事の事実認定、分配金の精算などの取り決め事をブロックチェーンとして記録していくところにあります。まさにイーサリアムのスマートコントラクトを未来予測に応用したような形のプロジェクトになっています。
 

2.公平・公正な未来予測市場の実現

オーガーは胴元(ギャンブルにおける元締め)のいない未来予測市場で、未来予想に賭け金を賭けて予想をあてた者が配当を受け取ることができるというギャンブルのような仕組みです。胴元がいることによって賭け金の一部が胴元の収入になったり、配分の一部がゆがめられたりする危険のないように公平・公正な運営を全部自動でおこなうのがオーガーなのです。
 

3.レポーターによる事実認定の仕組み

オーガーでは集められた予測に対しどの予測が正しいかを判定するレポーターが多数存在します。レポーターは賭けの対象となっている予想に対し事実かどうかを判定し、報告する義務があります。正しい報告とは多数のレポーターが正しいと判断した場合で、正しい報告をしたレポーターには報酬が与えられ、逆の場合にはレポーターの供託金(レポーターになるための立候補金)が没収されることになります。
 

それぞれ独立したレポーターが分散して事実を判定する「Distributed Fact Stream(分散型事実認定)」という方式が採用されています。この判定により自動的に賭け金の精算がわおこなわれます。
 

幅広い活用が見込まれる未来予測の強い味方オーガー

 

我々は過去のことを調べる場合はインターネット上のgoogleやyahooで多くのことを検索することができます。しかし未来のことについては自分でどうなるだろうかと推測するしかありませんでした。ですが、オーガーの活用によって多くの人々が考えた「群衆の知恵」を結集することができるようになります。日本でも三人寄れば文殊の知恵という言葉があるように一人よりも多数の方が未来予測がうまくできるようです。

 
例えば新製品の情報を開示して一定期間の購入予測をおこなうというような使い方もできるかも知れません。もし東京都議選で都民ファーストの会が何議席獲得するかという予測が可能としたら東京都民以外の関心もさらに高まるのではないでしょうか。

 
 

オーガーのREPを入手する方法は?

REPを入手する方法は3つあり
 
1つ目はレポーターになって正しい判定をする方法です。ただしレポーターになるには供託金が必要になります。詳細はオーガーによる未来予測が始まってから案件ごとに具体的に決定することになります。
 
2つ目は取引所での購入です。REPをもつユーザーが売りたい値段を提示して、買い手側の買いたい値段と一致すれば売買契約が成立するという仕組みです。株式の売買と同じ仕組みです。買いたい人が多ければ値段が上がるし、売りたい人の方が多ければ競争で値段が下がっていきます。
 
3つ目は販売所での購入です。販売所を運営する企業の設定した値段で販売所から買う形になります。メリットとしては売りたいときにすぐ売れ、買いたいときにすぐ買えるということですが、販売所の手数料が入るので少し不利になるということです。為替の両替所みたいな仮想通貨の両替所みたいなイメージです。

 

取引所/販売所一覧

購入可能な取引所は世界には多くありますが、REPを入手できるのは国内ではCoincheck1社で取引所と販売所を兼ねています。海外では日本語表示が分かりやすいPoloniexとKrakenをご紹介します。
 
Coincheck
早さと利便性に優れており、仮想通貨の取り扱い銘柄も多いです。
URL:https://coincheck.com/ja
手数料:取扱量に応じて手数料が発生
アカウント作成に必要なもの:Facebookでの認証、メールアドレスとパスワードを設定
営業時間:24時間対応可能
 
Poloniex
海外の会社で日本人の利用が多く、取り扱い銘柄も多くホームページも見やすい。
取引はドル建ての取引になります。
URL:https://poloniex.com/
手数料:取扱量に応じて手数料が発生、日本よりは割安
アカウント作成に必要なもの:姓名、国名、メールアドレス、パスワードを設定
営業時間:24時間対応可能
 
Kraken
海外の会社でビットコインの取引量世界6位。仮想通貨の取り扱い銘柄は断然多く、ホームページも見やすい。取引はドル建ての取引となります。
URL:https://www.kraken.com/
手数料:取扱量に応じて手数料が発生
アカウント作成に必要なもの:メールアドレスとパスワードを設定
営業時間:24時間対応可能

 
 

オーガーの価格などの動向と今後の課題

 
オーガーは2017年になり価格が上昇しています。年初は400円前後でしたが、3月に入り500円台になり、一時2500ぐらいに上昇しました。オーガーの利用方法としてはギャンブル的な予測に活用する以外に、日常生活に密接に関連した保険事業などにも利用可能であり、そうなればオーガーの活用がさらに拡大する可能性があります。
 

保険ビジネスを変える可能性があるオーガー

保険の仕組みは実はオーガーの考え方によく似ています。例えば病気になった時のことを考えて一定期間保険料を支払って保険システムに参加することがオーガーに参画することと置き換えることができます。このとき、保険期間中に病気にかからなければ保険料(賭け金)は没収されます(予想が外れる)。病気にかかった場合は、医師がレポーターとして結果を判定し、判定に基づいて保険料が支払われるというように置き換えることができるのです。 
 
こうした考えのもと、オーガーの仕組みを活用すれば胴元(保険会社)のコストを抑えた画期的な保険システムを構築できる可能性があるのです。
 

日本におけるオーガーの活用にあたっての法的な問題

日本では法律で賭博行為が禁止されているので、未来予測でギャンブルをおこなうと違法行為になる可能性があります。オーガーを実際に保険ビジネスに活用する場合などについては今後慎重に検討していく必要があると言われています。また、投資対象として見ると図の通りかなり変則的で予測がおこないにくいともいわれています。

 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか
 
これまで見てきた通りオーガーの特徴として、取引条件などを含めてブロックチェーン上で記録することにより、公平公正な予測市場を形成することにあります。さらにオーガーには未来市場の実現に向けてギャンブルだけではなく、保険ビジネスの仕組みを変える可能性があるようです。それ以外にも新製品の事前評価をするなど、民意の動向調査など、やり方次第では直接民主主義的な意思決定につながる道が開けるかも知れません。今後もオーガーの動向から目が離せません。

 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事