Maidsafe(メイドセーフコイン)|コンピュータの能力自体を活用する仮想通貨とは?

こんにちは!finte編集部です。
 
金融とテクノロジーの造語Fintech(フィンテック)。その中でも注目を集めているのが、仮想通貨(暗号通貨/アルトコイン)です。今回は、ゴーレムとよく似た特徴をもつ仮想通貨Maidsafe(メイドセーフコイン)についてのご紹介です。メイドセーフコインはどのようなもので、投資対象としてはどうなのでしょうか。
                                                 
 

メイドセーフコイン(MAIDSAFE)どんな特徴と活用方法があるの?

 
メイドセーフ(MAIDSAFE)コインは2014年4月に、新しいインターネットを開発しているイギリスのメイドセーフ(MaidSafe)社によって発行された仮想通貨です。通貨単位は「MAID」で発行限度額は40億個です。メイドセーフ社はGoogleやFacebookなどの大きなサーバーに頼らずに、世界中の対等な個人がP2P(ピア・トウ・ピア)でつながったクラウドシステムの構築を目指しています。
 
このシステム名がメイドセーフで、システムを利用するために必要なのがセーフコイン(SafeCoin)です。今発行されている「MAID」はシステムができ上がった時に、同数のセーフコインに交換され、巨大なクラウドのネットワークが作成された時にセーフコイン保有者がネットワークの利用権を得ることになるそうです。
 
そのため「MAID」は仮想通貨というよりも将来の利用権の売買に近い性質の取引であり、P2Pのクラウド作りを資金面で支えて、完成した時にクラウドのネットワークに参加する権利を確保しておくという位置づけになります。
 

メイドセーフシステムの特徴

1.コンピュータの空きリソースを活用するメイドセーフシステム

メイドセーフシステムでは個人のコンピュータの空きリソース(HDDスペース・CPU・メモリー・帯域など)を借りるので、データを保管するだけではなく、アプリやシステムの構築などコンピュータの能力自体を活用できることになります。このシステム構築が完成すると「MAID」所有者にはこの空きリソースを活用できるセーフコインが与えられることになります。
 
ビットコインのように中心となる発行母体がない場合と違って、メイドセーフ社というはっきりとした発行母体があり、そこでシステムを整備する資金として「MAID」を購入することにより、システム整備が完成した時にシステムを利用することのできるセーフコインを獲得できるという点に留意しておく必要があります。
 

2.将来メイドセーフシステムを支えるファーマー(farmer)

ビットコインの場合は取引を記録・承認する作業をおこない、報酬として通貨を獲得することをマイニング(採掘)と呼んでいます。それをおこなうひとをマイナーと呼ぶようです。メイドセーフシステムの場合は、将来リソースを提供しデータを預かる人が必要になります。これらの人のことをファーマーと呼びます。将来ファーマーをどのようにして開拓し、報酬をどうするかは今のところ明確ではありません。
 

3.システムを支えるCCPの仕組み

CCPとはメイドセーフ社とカナダの暗号通貨交換所でウォレットを提供するコインペイメンツ(CoinPayments)社の共同案件です。CCPはコインペイメンツ社のウォレットを普及させることと「MAID」の時価総額を押し上げることを目的として、社債のような「CentCoin」をコインペイメンツ社が発行します。
 

「CentCoin」を購入する場合、必ず同社のウォレットを利用して入出金がおこなわれ、「MAID」も購入する仕組みにしてあります。注意すべき点としては「CentCoin」は利息が約束されているわけではなく、また一定額の支払い義務がある社債ではないといいうことがあります。「CentCoin」はいわば特定の利用者に流通している価格変動型の地域通貨のようなものです。
 

購入者が増えてコインの価格が上昇すれば取り分が増え、購入者を紹介すればその人の購入分も取り分の対象となる仕組みです。購入者が減り、コインの価格が下がり始めたときにどうなるか、後から買うものほど利益が少なくなるのではないかなどの疑問点が残ります。

 

メイドセーフコインの活用方法

メイドセーフコインは後述するように海外の取引所でしか売買できません。したがって今後とも海外の取引所を通じて売買することになります。コインの性格上メイドセーフシステムの利用権獲得という内容になりますから、システムが完成した時の将来の利用権の魅力と今後の開発の進行度合いが影響することになります。
 
 

メイドセーフコインの入手方法

メイドセーフコインは日本国内の取引所で購入できるところはありません。海外の取引所ではPoloniex(ポロニエックス)がメイドセーフコインのほとんどの取引を扱っています。ただし英語での取引になり、今後トラブルが発生した時などの迅速な対応などを考えると慎重に検討する必要があります。
 
メイドセーフコインは今後も乱高下が予想されますが、システムが完成した時にはセーフコインに交換してシステムを利用する権利を獲得するという原点を考えておく必要がありそうですね
 

取引所一覧

取引所名:Poloniex
【URL】https://poloniex.com/
【手数料】取扱量に応じて手数料が発生、日本よりは割安
【アカウント作成に必要なもの】姓名、国名、メールアドレス、パスワードを設定
【営業時間】24時間対応可能
 
 

取引所名:Bittrex  
【URL】https://bittrex.com/
【手数料】取引額の0.25%
【アカウント開設に必要なもの】メールアドレス(要認証)+本人確認書類(1日当たりの送金額が$2000までなら不要)
【購入にかかる時間】数十分~数時間(送金が反映されるまでに時間を要することがある)
【営業時間】24時間365日
 

CCPの購入は?

CCPの購入には会員になるための紹介者が必要で、紹介者にも利益が配分される仕組みになっています。一定のところまで値上がりすれば株分けして倍の持ち分になる仕組みで、既に5回ほど株分けされているようですが、前述の通り値上がりがストップした時にどうなるか不明確ですので慎重に検討する必要があるうようです。
 
 

メイドセーフコインの価格

 
「MAID」の交換レートの推移画面が上記から見ることができます。メイドセーフコインの大きなトピックとしては当初、販売開始からたった5時間で600万ドル(6億円)分のメイドセーフコインが売り切れたことで話題となりました。その後の情報はほとんどありませんでした。
 
チャートを見るに最近やや低下傾向にありますが、他の仮想通貨とは違ってメイドセーフコインは価格変動の要因が少ないそうです。他の仮想通貨は通貨としての信頼性と便利さで大きく変動しますが、メイドセーフコインはメイドセーフシステムが確実に開発されるか、開発されたときに実際に利用価値があるかどうかの要因の方が大きといわれています。価格の乱高下よりも開発の推移と利用価値を考えて取引する方がよいのかもしれませんね。

 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか
 
これまで見てきた通りメイドセーフコインは仮想通貨というよりもメイドシステムの開発に必要な資金を集めるために発行されている通貨です。「MAID」として発行された通貨はメイドセーフシステムが開発された段階で、システムを利用できるメイドセーフコインに交換されるのです。したがって価格の乱高下に振り回されず冷静に取引する必要があるようですね。

 
 


The following two tabs change content below.

finte編集部

finte編集部です。 皆様のお役にたてるようなFinTechに関わる最新ニュース、コラムを配信して参ります。よろしくお願いします。

関連記事