• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

ビットコインってどうなるの?分裂前夜に今迄の記事をまとめてみた。  | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
仮想通貨ビットコインが今とても大きな注目を集めています。ビットコイン騒動とも呼ばれているそうですが、ビットコインが分裂するかもしれないと言われています。そして、その分裂するかもしれないと言われている日が2017年8月1日です。この記事では、ビットコインの分裂とは何かどうなる可能性があるのかということを紹介された記事をまとめてみました。明日を迎える前に予習をしておきましょう!!
 
 

ビットコインの分裂とは何か?

 
ビットコインは仮想通貨の中でも最も大きい市場価値を持ち、仮想通貨の始まりのコインでもあります。ブロックチェーンという技術を使用して取引の安全性と公平性を保っていますが、8月1日にそんなビットコインが分裂するかもしれないというニュースが仮想通貨に関わる人の間で大きく注目されています。
 
 

ビットコインの分裂騒動で若い人にチャンス到来

 
ビットコインの分裂と同時に、デジタル通貨とフィンテックの現状についても言及されている記事です。文量はページ5ページですのでとてもボリュームのある記事です。

前々回のこのコラムが掲載された2017年7月21日は、ビットコイナーにとってスリリングな1日になりました。結果的に本稿を書いている7月23日時点では、予想された最悪の危機は回避されたように見えます。しかし、8月1日にはいまだ先の見えない動きも予告されています。これら現在進行形の事態からデジタル通貨とフィンテックの現状を考えてみたいと思います。

 
 

ビットコイン分裂にまつわる3つの疑問をまとめて整理:モバイル決済最前線

 
ビットコインの分裂を3つの疑問にまとめて整理している記事です。要点を押さえているためとても理解しやすいです。実際にビットコインの資産運用をおこなっている人には非常に有益な記事です。

「ビットコイン(Bitcoin)が分裂する」と最近になり騒がれたことは記憶に新しい。例えば日本仮想通貨事業者協会では、傘下のビットコイン交換所13社が、分裂が噂されていた8月1日以降の交換ならびに受け入れ業務停止を予告するなど、新聞を含むメディアを大いに賑わした。4月以降に1ビットコイン(BTC)の交換価格は1000ドル付近から3000ドル近くへと急上昇するなど投機マネー流入が加速していたが、分裂騒動が本格化した7月には2000ドル前半台に急落している。

 
 

8・01ビットコイン分裂騒動とは何だったのか

 
ビットコイン分裂騒動をビットコインの取引所を運営する、コインチェック株式会社共同創業者兼COOが解説する記事です。実際にビットコインに携わるプレイヤーの書いた記事なので、信ぴょう性は高いのかもしれません。

フォークすると、旧規格のビットコインが残されたまま、新しい規格の新しいビットコインがもう一つ誕生することになります。フォークを発生させたタイミングから、旧規格で動く参加者と新規格で動く参加者とでビットコインが2つに分裂し、この2つのビットコインはそれぞれ別の道を歩むことになります。フォークの前から通貨を所有していた人は両方の通貨に残高が引き継がれます。資産は、数字上は倍になりますが、資産価値が倍になるというわけではありません。また、このように完全に分裂することを、ハードフォークと呼びます。

 
 

ビットコインがついに「分裂」!? 一体どんな問題が生じるのか

 
ビットコインの分裂を冷静に分析している記事です。早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授の野口 悠紀雄氏の執筆する記事です。

ITを用いた金融技術改革(フィンテック)の代表的存在であるビットコイン(bitcoin)が、近い将来、2つの異なる「コイン」に分離する可能性がある。これは、ビットコインが、現実の通貨のように単一の管理者を持たず、取引情報を公開で分散管理するというブロックチェーンの技術を使った、「民主主義的」仮想通貨であるがために起きている現象だ。関係者が多く、簡単に物事が決まらないのだ。分裂を回避するための合意の期限は7月31日なのだが、まだ合意ができていない。これがビットコインの「危機」だと言われることがある。確かにビットコインは、2009年に発足して以来で最大の転機に直面している。しかしこれは、ビットコインが破綻するという意味での危機ではない。

 
 

ビットコイン くすぶる分裂騒動 8月回避しても11月再燃か

 
産経ニュースの記事です。ページ数は2ページとすぐに読むことができます。8月1日の分裂騒動と同時にもっと先の11月の分裂の可能性にも言及をしています。

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が8月1日に分裂する懸念がくすぶっている。システムの処理能力の改善をめぐる事業者の対立を受け、7月下旬に規格が変更されたが、これに満足しない中国の事業者が新規格を立ち上げる恐れがあるからだ。一方で“8月危機”が避けられても11月に分裂しかねないとの見方も浮上している。

 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
 
ビットコインの分裂が本当にあるかどうか、どのような影響があるかということは明日にならないとわかりません。今後もfinteではビットコインの動きがどのようになっていっていくのかを紹介していきます。是非ご確認ください。

 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。