• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

仮想通貨を入手するには?仮想通貨の入手方法と主要取引所、交換所まとめ

こんにちは!finte編集部です。
 
Finteh(フィンテック)の領域でも特に仮想通貨は注目されています。仮想通貨には様々な種類がありますが、今回の記事では、その仮想通貨を入手する方法を紹介します。

 

仮想通貨入手の方法は3つ

  • マイニング(採掘)
  • 交換/取引所での交換
  • 販売所での交換(店頭取引)

基本的に仮想通貨を手に入れるには主に上記の3つの方法があります。簡単に説明すると、仮想通貨コミュニティに貢献することによってお金をもらう(採掘)か、個人もしくは組織間で仮想通貨を交換するかという方法があります。詳しい説明と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介させて頂きます。
 

マイニング(採掘)

 
仮想通貨でも種類はさまざまで一概に全てとはいうことはできませんが、ビットコインなどのメジャーな仮想通貨によく見られる点としてこれらの仮想通貨は、日本円のように政府や中央銀行から発行される法定通貨とは異なり、国の経済状況などによって通貨の発行数が決まるわけではありません。
 
ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は個人や組織が発行元となっているのではなく、あらかじめプログラムによって、発行される通貨の数が決まっているのです。そして、その発行された仮想通貨は仮想通貨を使用するコミュニティの中に貢献した人に提供されます。こうした貢献によって仮想通貨を得る作業をマイニング採掘)と言います。
 
通貨量が決まっていて、価値の担保がおこなわれているビットコインは金(ゴールド)に例えられます。金であるビットコインを増やす行為でマイニング(採掘)と呼ばれています。
 
ビットコインにおいてマイニングは、パソコンのパワーを使って、ある一定期間に世界中で行われるビットコインの取引が正しいかどうかをチェックするという作業にあたります。
 
メリットとしては、電気代などを除けばほぼ無料で仮想通貨を手に入れることができるという点があります。しかし、デメリットとしてはかなり専門的な知識が必要ですし、ある程度メジャーな仮想通貨の場合、マイニングを組織単位で専門に行う事業者なども既に存在するため、コストパフォーマンスはあまり良くないという点があります。
 
ビットコインなどの主要仮想通貨などは、マイニングの難易度も普及とともに高まっているため、マイニングをおこなっても電気代と足し引きするとマイナスになってしまうということもあるそうです。

 

取引所での交換

 

取引所での交換と販売所での交換(店頭取引)が一般的な仮想通貨の入手方法です。両方ともにネット上での取引で現金を出して仮想通貨を買う(交換する)ことになるのですが、違いは誰と交換するのかという点です。
 
取引・交換所では基本的に交換する相手は、仮想通貨を持つユーザーです。ネット上にて、仮想通貨を持っている人が売りたい値段を提示し、欲しい人が買いたい値段があれば買えるというような形で、ネットショッピングに近いイメージです。
 
メリットとしては、安く買える、高く売れる可能性があることです。売る人が少なくて、買いたい人が多ければ当然、高い値段で売ることができますし売りたい人が多いのに買いたい人が少ない場合は、安い値段でしか売れません。ネット上でのマッチングですので24時間365日取引が可能な所が多いということもメリットではないでしょうか。
 
しかし、売ってくれる人がいない場合はいつまでたっても買うことはできませんので、その場合は他の取引場に行き、取引をしてくれる人を探す必要があります。
 

販売所での交換(店頭取引)

 
ユーザー同士の仮想通貨取引の仲介をおこなう取引所と違い、販売所では販売所との仮想通貨のやり取りがおこなわれます。販売所を運営する企業の設定したレートでの交換で、取引所が仮想通貨のネットオークションだとすると、販売所はネットでおこなう仮想通貨の両替所のようなものです。
 
メリットとしては、売りたいときにすぐ売れる、買いたいときにすぐ買えるという点があります。販売所は取り扱う仮想通貨を持っていますので、販売所の指定する料金で買っていい、売っていいと思えばすぐに売買ができる点です。
 
販売所の手数料なども当然入っているので、取引所と比べると少し買う時は割高、売る時は割安になってしまうことが多いようです。一方で、売る人の数と買う人の数(需要と供給)の関係によっては取引所で売買するよりもお得になることもあるようです。
 

デメリットとしては、販売所の運営時間以外は取引ができない点です。取引所が24時間体制であることに比べて、販売所は基本的に平日しか営業していないことのほうが多いようです。
 
しかし、販売所のみを運営している会社は少なく、殆どの販売所は取引所の機能も持ち合わせていることが多いのが特徴です。今回紹介させて頂く販売所も全て取引所の機能を持ち合わせているサービスです。
 

取引所一覧

BTCBox(ビーティーシーボックス)

URL:https://www.btcbox.co.jp/
取扱銘柄:ビットコイン、ライトコイン、ドージコイン
 
特徴
取引のみをおこなう、中国人の起業家が立ち上げた会社です。中国はビットコインの普及が多いようです。2年間、サーバーがダウンしたことがなく安心性をサイト上ではアピールしています。海外の利用者も多いようで、取引所のデメリットである買う人、売る人がいないという状況は発生しにくいかもしれません。

 
 

bitbankwallet(ビットバンクウォレット)

URL:https://bitbankwallet.jp/
取引銘柄:ビットコイン
 
特徴
クレジットカードでのビットコインの購入が可能だそうです。また、24時間365日、電子メールを送るように簡単にビットコインの送金、受取りができるそうです。取引所とウォレットの機能(ビットコインを自ら管理できるもの)を提供していますが、提供元の企業ビットバンクは他にもビットコインFXというトレーディング機能を提供している「ビットバンクトレード」も展開しています。

 
 

販売所兼取引所一覧

 

Zaif(ザイフ)

URL:http://zaif.jp
取引銘柄:ビットコイン、モナーコイン
 
特徴
取引所と販売所の両機能を持っており、日本発のモナーコインを国内で最も長く取り扱っています。個人情報の登録をせずに仮想通貨を買うことができたり、ビットコイン宝探しアプリ「takara」を使った宝探しキャンペーンなどの企画をおこなっているため、仮想通貨の初心者もやさしいサービスです。
 
 

Coincheck(コインチェック)

URL:https://coincheck.com/ja
取扱銘柄(仮想通貨):ビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガ、ファクトム…etc
 
特徴
元々STORYS.JPという『ビリギャル』などを生み出した会社からスタートした会社で、ビットフライヤーと同じく、取引所と販売所両方の機能を持っています。24時間購入可能で最短10分での購入が可能なことが特徴で、その速さと利便性は人気です。取引画面もとても見やすくなっています。コインチェックは過去30日間の取引量に応じて手数料が発生するようです。
 
 

bitFlyer(ビットフライヤー)

URL:https://bitflyer.jp/ 
取扱銘柄(仮想通貨):ビットコイン、イーサリアム
 
特徴
国内初の仮想通貨ビットコインの取引所として有名で、重要視されるセキュリティにはしっかりと対応がされています。ビットコインの取引量は日本一です。
 
取引所と販売所、どちらの機能も持っているだけではなく、ビットコインを使ってのクラウドファンディングやビットコインの販売サイトなども運営していたりと、仮想通貨のプラットフォームサービスとなっています。ビットコインの贈呈サービスなどもあり充実しています。

 
 

Kraken(クラーケン)

URL:https://www.kraken.com/
取扱銘柄(仮想通貨):ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、オーガー、モネロコイン、リップル、ジーキャッシュ…etc.
 
特徴
海外の会社で世界のビットコインの取引量が6位にランクインしている会社です。海外の会社なので、日本円以外にもさまざまな通貨でビットコインを購入することが可能です。購入できる仮想通貨も、国内の販売所と比べてとても多いことが特徴で、かつて破綻したマウントゴックスでビットコインを失った人たちの救済活動もしています。

 
 

さいごに

 
現状、仮想通貨を所持することの一番大きなメリットはやはり資産運用として活用して自分が持っている財産を増やすということだと思います。その際に取引所と販売所のレートの違いから利益を得るという事ができますが、きちんとセキュリティなどが信用できる取引所を選ぶことが非常に大切です。
 
もし、取引先がなくなってしまったりすると、マウントゴックス事件のように預けている仮想通貨が引き出せなくなるという危険性(カウンターパーティリスク)があります。仮想通貨での資産運用はあくまで自己責任ですので、慎重に情報を集めることもとても大切ですね。

 

関連記事|ビットコインのはじまりからマウントゴックス事件までを調べてみた
仮想通貨ビットコインが生まれてから日本で大きな騒ぎになった『マウントゴックス事件』がおきるまでをまとめました。

 

関連記事|仮想通貨の上位25銘柄|柄時価総額10億円超えをまとめてみた。
主要仮想通貨をまとめました。
※本記事は2017年2月に公開した記事ですが、2017年6月に更新しております。

 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。