• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

『セキュリテ』|ミュージシャン特化から、多岐に広がったクラウドファンディングとは? | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
1万円から事業投資できるサービスをご存知ですか?『セキュリテ』にはITや食品など多岐に渡る事業アイディアが掲載されており、投資することで分配金とお得な特典を受け取ることができます。眺めるだけでも楽しい『セキュリテ』の魅力をご紹介します!

 
 

『セキュリテ』とは?サービス概要と特徴

 
セキュリテ』とは一口数万円から出資できる投資のプラットフォームです。出資者は応募を受け付けているファンドに投資することで、分配金と様々な特典を受け取ることができるのが特徴です。掲載されているジャンルはITや食品、ゲーム開発など多岐に渡り、出資は一万円前後から受け付けています。個人でも利用可能です。
 
投資する事業の詳細は個別のファンドの個別ページを確認することで得ることができます。ページでは生産者へのインタビューや過去の実績、資金の用途などの情報を確認することができます。出資できる最低額はファンドによっても異なりますが、出資にかかる手数料もファンドごとに異なります。
 
出資したファンドの事業進捗は会員ページから確認することができ、定められた決済日後、契約に定められた期日に特典(分配金)が支払われます。また、ファンドによっては交流会などを実施することもあるようです。『セキュリテ』は元々、ミュージシャン向けに特化した音楽ファンド『ミュージックセキュリテ』としてスタートしましたが、2009年に「純米酒ファンド」を創設し音楽以外の取り扱いを始めました。
 
2017年8月現在、サイトに掲載されているファンドの募集総額は約71億6,890万円、ファンド数704本、債還済(資金が投資家に約束した期日に戻されること)は231本となっています。利用者からは分配金以外にも特典を受け取れる点や地元や被災地の応援ができる点を評価する点が評価されているようです。では、次に『セキュリテ』の活用法をご紹介します。

 
 

『セキュリテ』の活用方法は?

 
前段落では『セキュリテ』の概要について解説してきました。では、次に本サイトの活用法をご紹介していきます。『セキュリテ』は様々な事業に対して個人が小口の出資をすることができるサイトです。自分が興味のある事業や商品アイディアへの投資をすることが気軽にできますが、小口の投資であるため、得られる利益はどうしても限られてしまいます。
 
そのため、投資目的で利用するというよりも、お得な特典目的や好きなバンドなどの応援をするために利用されるのが一般的と言われています。ファンドによっては交流会への招待券や旅館などの宿泊券などを受け取ることができるので、ファンドによっては充分にお得感を感じているそうですす。
 
次に『セキュリテ』を事業者(お金を集める側)として活用する場合、注目したいのが地元の自治体などと連携して組成された「ふるさと投資ファンド」です。こちらは自治体ごとに選ばれた中小企業の事業アイディア自治体が窓口となってPRし、投資を呼びかけるというものです。選ばれた企業には補助金や地元の金融機関からの支援が受けられるので、より円滑に事業を推進することができるそうです。
 
実現したいアイディアがある場合には「ふるさと投資ファンド」に加入することを検討してみても良いでしょう。では、最後に『セキュリテ』の最新トピックを確認していきましょう。
 
 

セキュリテ』の最新トピック

セキュリテ掲載事業が日経新聞に掲載される

2017年7月5日の「日経新聞」に『セキュリテ』の「阿賀野「八米」蜜源再生はちみつファンド」が掲載されました。こちらは阿賀野市の蜂から採取した蜂蜜を売り出し、蜜源となる花畑を保全するという取り組みだそうです

 

取締役2名によるトークイベントを開催

2017年8月1日、「ゆっくり、いそげ?~セキュリテ自由帳~」というブログの開設を記念して「丸ビル」8階にて、運営会社のミュージックセキュリティーズ社の取締役2名によるトークイベントを開催したようです。
 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
 
クラウドファンディングサービスの『セキュリテ』小額からの投資や応援をすることで、お返しやお金をもらえるサービスです。文中でもあったように、どうやら大もうけするための資産運用ツールというよりは、自分の好きなものを応援するための体験型のECサイトのような形で使っている人も一定数おられるそうです。資産運用としての第一歩、としてまずはどのような事業者がどのようなプロジェクトの応援を募っているのかを見るだけでも面白いかもしれないですね。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。