• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

あなたの財布が美しく痩せるツール。ユニバーサルクレジットカードとは | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
日本はポイント社会であるとよく言われます。事実、飲食店やドラッグストア、スーパー、百貨店さまざまな所で発行されるポイントカードがあります。加えて、クレジットカードなども常に何枚も持っている人は少なくないのではないでしょうか。そんな肥え太った財布を、店頭で見かけて購入した頃のようにスリムで美しく痩せさせるツールがFinTech(フィンテック)の領域からでてきました。
 

ユニバーサルクレジットカードとは

 
ユニバーサルクレジットカードとは海外でサービスが開始していて日本でも多くの注目を集めている電子カードの事です。コーヒーを一杯飲むことにもクレジットカードを使うほどにアメリカではクレジットカードが普及している社会だそうです。
 
スクエアというスマートフォンやIpadのような電子端末さえあれば簡単にクレジットカードを読み取る機械(ICカードリーダー)によってさまざまなショップでクレジットの決済がさらに便利になってきているらしく、アメリカ人にとってクレジットカードは手放せないものになっているようです。
 

ユニバーサルクレジットカード使用メリット

 
日本以上のカード社会であるアメリカはで、ユニバーサルクレジットカードのさまざまな商品が生まれています。
大きさとしては、クレジットカードと同じくらいで種類により異なりますが、最大で25枚のクレジットカードを一つにまとめることができるそうです。
 

機械(ICカードリーダー)をスマートフォンのイヤホンジャックに装着し、そこにクレジットカードをスライドさせることによって電子カード(ユニバーサルクレジットカード)へ情報を取り込みます。
 
ユニバーサルクレジットカードには、キャッシュカードにクレジットカード、ポイントカードはもちろん、社員証までも情報を取り込むことができるそうです。カードの有効期限までも取り込み可能です。使用する際には、ユニバーサルクレジットカードのタッチパネルもしくはボタンから取り込んだカードのどれを使用するかを選択するだけです。

 

ユニバーサルクレジットカード セキュリティサービス

ユニバーサルクレジットカードには、財布を痩せさせるだけではなくセキュリティを高められるというメリットもあります。カード自体にもロック機能がしっかりと備わっており、ユニバーサルクレジットカードを落としてしまった場合や紛失してしまった場合にも、すぐに全てのカードの仕様を停止することができます。
 
本来財布をなくしてしまったら、財布に入っているクレジットカード会社全てに電話をしてカードの使用ができないようにしてもらわなければなりませんが、ユニバーサルクレジットカードにクレジットカード情報をまとめておくことによって、その手間が省けます。

 

ユニバーサルクレジットカード一覧

 
現在ユニバーサルクレジットカードで日本から発売されている商品はありませんが海外では以下のような種類があります。

  • Coin(コイン)
  • Stratos(ストレイトス)
  • Plastc(プラスティック)
  • SWYP Card(スワイプカード)

 

Coin(コイン)

HP:coin(コイン)
コインは、ユニバーサルクレジットカードのはしりであり、高い認知度を誇っています。しかし、入れることができるカードの数が少ないなどのデメリットもあるようです

 

Stratos(ストレイトス)

HP:Stratos(ストレイス)
ストレイトスはクレジットカードのみならずポイントカード、会員カードも一つにまとめることができるそうです。キャッシュカードのようにATMも使えるという便利さが高く評価されています。

 

Plastc(プラスティック)

HP:Plastc(プラスティック)
プラスチックは裏側に磁性体の帯がある「磁気ストライプ」のカードだけでなく、ICチップ決済(暗証番号入力による支払い)にも対応できる点において評価を受けています。ワイヤレスの充電式なので、充電する際もスマートです。日本ではクレジットカード以外の仕様は不可能で、海外で使用可能なキャッシュカードやデビットカード、ポイントカードも日本国内のものは使えないそうです。

 

SWYP Card(スワイプカード)

HP:SWYP Card(スワイプカード)
スワイプカードは領収書を添付する機能付きでおこなった取引を追跡、分類することが可能です。他にもスワイプカードを使用するユーザーにギフトカードをプレゼントしたり交換することもできます。従来のクレジットカードが使える場所ならば、どこでも使えるそうですがアメリカの外では使えない場合があリます。

 

さいごに

 
一説によると『財布に入れていて最も良いとされるカードの枚数は4枚である』と言われていますが実際多くの人の財布にはそれ以上のカードが入っていると思います。
 
それらを1枚のカードに集約し、かつセキュリティを高めることができる、ということは大きな魅力ではありますが、現在日本での商品化はまだ一般的にはなっておらず、海外から取り寄せなければならない状態です。日本では、使用できなかったなどの声もあるようで購入に関しては、国内での商品化がなされてからが無難かと思われます。
 
仮想通貨が少しずつ通貨としての地位を築き、スマホでの決済もできるようになっています。今後もその潮流は活発になっていくと考えられます。ユニバーサルクレジットカードが日本で大きく普及するかどうかはわかりませんが、パンパンになった財布を持ち歩く人がいなくなるのは、遠くない未来かもしれませんね。
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。