• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

ラッキーバンク|全案件不動産担保付き?堅実で高利回りの投資とは!? | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
ネット上で企業などに一般の方が融資する(お金を貸す)ことにより利息で儲けを出す、ソーシャルレンディングという資産運用のサービスがあります。しかし、投資をおこなう時に気になるのは、企業がお金を返せなくなったときにどうなるかということではないでしょうか。
 
そのような心配をなくすために、全案件にお金を貸した人が損をしないように、返せないお金の分を補うために不動産の担保を付けているローンファンドがあるのはご存知ですか?
 
不動産事業者向けの融資を扱う『ラッキーバンク』では短期で数万円から資産運用をすることができます。情報公開も徹底しているので、堅実に投資したい方はおすすめなソーシャルレンディングを紹介します。
 
 

『ラッキーバンク』とは?サービス概要と特徴

 
『ラッキーバンク』とは多数の人から資金を募り、融資をおこなう不動産担保型のローンファンドです。不動産の再販事業者向けに、事業者が新たな不動産を購入するための事業資金や運転資金などの貸付をおこないます。本サービスでは収益構造の面から銀行が取り扱いにくい短期の不動産融資を手がけることで、投資利回り年6~10%以上という高利回りを実現しています。
 
また、全ての案件には不動産の担保が設定されており、債務が回収できないリスクが発生しにくい仕組みとなっています。
 
担保となる不動産は収益性や立地条件、規模など一定の基準が設けられており、個別の案件ページには鑑定書も掲載されています。また、担保物件の周辺環境や地価相場もマップ付きで解説されているなど、投資家にとって必要な情報を豊富に提供しているのも本サービスの特徴です。ページの下段には本案件と銀行に預金した場合の収益の比較表も掲載されているので、投資の効果を実感しやすい設計となっています。
 
『ラッキーバンク』の利用にかかる手数料は口座開設料、取引手数料、共に無料となっており、投資収益を再投資する際の手数料も無料です。
 
 

『ラッキーバンク』の活用方法、活用シーンは?

ラッキーバンクは全ての案件に不動産担保が設定されている点が最大の特徴です。加えて、短期の投資であるため、不動産価格の大幅な変動も起こりにくく、貸し倒れ(貸したお金が回収できず損失になること)のリスクが低いので、基本的には手堅い投資をしたい方におすすめのサービスです。
 
ただし、年をまたぐような投資であれば、価格が変動する可能性もゼロではないので、案件によってはポートフォリオ内の少~中程度のリスク商品として扱うのも良いでしょう。
 
また、担保となる不動産には抵当権(銀行やあるいは他人からお金を借りる時に、不動産に設定する担保権)の順位が記載されており、それによっても利回りが異なる場合があります。投資する際にどの程度のリスクを許容するのかも含めて検討されることをおすすめします。
 
案件によっては『ラッキーバンク』が複数回の融資をおこなっている場合もあるので、その場合には、担保となる不動産の評価額に対して、既存の融資額がどの程度なのかを確認しておくと良いでしょう。予定する融資額が評価額に納まるようであれば、貸し倒れが起こりにくいと判断することができます。
 
 

『ラッキーバンク』はほかのサービスと何が違うの??

最後に他サービスと『ラッキーバンク』の比較をまとめていきます。他サービスと比較した場合、本サービスは主に取り扱う案件の種類と不動産担保が設定されている点が異なります。貸し倒れが起こりくい仕組みを作ることによって、2014年創業という他業種よりも遅めのサービス開始であったにも関わらず、『ラッキーバンク』は2017年8月までに累計調達金額112億円を突破しており、公開されている運用実績では貸し倒れ件数は0となっています
 
また、個別の案件ページでは担保となる不動産の鑑定書なども掲載されており、投資家への情報提供を積極的におこなっているのも特徴的です。最低投資金額は案件によってもまちまちですが、数万円から投資することができるので、他サービスと比較しても同程度の水準といえるでしょう。運用期間は数カ月から最長で36ヶ月となっており、短期のローンが中心のソーシャルレンディングの中では比較的、長めの案件も取り扱っています。
 
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか?
 
『ラッキーバンク』は不動産担保型のローンファンドです。取り扱う案件は不動産の再販事業者向けの融資のみとなっており、銀行では扱いにくい短期の不動産融資を実施することで短期かつ、高利回りの資産運用をすることができます。
 
個別ごとの案件の情報公開も積極的におこなっており、リスクを見積もりやすいです。また他サービスと比較した場合、貸し倒れ件数が現状0であるという特徴もあるので、堅実に投資をしたい方は利用の検討をしてみるのはいかがでしょうか?
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事