• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

「Makuake」ものづくりを応援してオリジナル商品も手に入るクラウドファンディングサービス

こんにちは!finte編集部です。
 
私たちの日常生活を豊かでより良いものにしてくれる「ものづくり」の精神を応援し、おまけにその成果を誰よりも早く手に入れたい!今回は、そんな思いをもつ方々にピッタリのクラウドファンディングサービス「Makuake」をご紹介したいと思います。
 
 

『Makuake』とは?サービス概要と特徴

 
Makuakeとは2013年7月に開始された、株式会社サイバーエージェントが運営する国内最大級のクラウドファンディングサービスです。Makuakeはその名が示す通り、まだ世に出ていない画期的な製品やサービスの創造をサポートすることを目的として資金調達をおこなっています。サービス開始後わずか3年で年間資金調達額が10倍に増えており、驚異的なスピードで成長を遂げています。
 
Makuakeの特徴は、何といってもサイバーエージェントグループという巨大な運営母体を有することにあります。会員数3000万人超のAmebaと連携することによる圧倒的なメディア力はMakuakeならではのメリットと言えます。また、同社が様々なサービス運営により培ってきたノウハウや運営術を活用できることも大きな強みとなっています。
 
Makuakeはスマートフォン対応にも力を入れています。スマホアプリの使い勝手を向上させることにより、サイトアクセス数の約半分がスマホ経由となっており、手軽に使うことができるのも特徴です。決済手段も充実していることも特徴の一つです。クレジットカード、コンビニ決済、銀行振り込みなど様々な手段が用意されており、ユーザーの利便性に配慮されています。
 
 

『Makuake』の活用方法は?

 
Makuakeは資金を提供する「支援者」として、もしくは資金を募集する「プロジェクト実行者」としての2通りの活用方法があります。Makuakeは購入型のクラウドファンディングですので、支援者はプロジェクト実行者から、そのプロジェクトにより開発された商品やサービスをリターンとして受け取ることができます。
 
これらの商品やサービスは、独自のアイディアを基にしたオリジナリティ溢れるものとなっています。Amazonや楽天などでは手に入らないアイテムを手に入れて他の人との差別化を図りたい方、革新的なテクノロジーに投資して、その恩恵をいち早く受けたい方などにはおすすめです。プロジェクト実行者側からすると、新製品や新サービスについて先駆的なアイディアを持っているものの、それを実行に移すだけの資金が手元にない場合の資金集めの手段として活用することができます。
 
Makuakeには卓越した市場分析ツール、圧倒的なPR力、伊勢丹新宿店を初めとする展示・販売スペース、実績豊富なキュレーターなど万全のサポート体制が整備されており、プロジェクト実行者は資金集めから商品化・販売促進にいたるまできめ細かいサービスを受けることができます。映画、アニメ、伝統工芸、ファッション、アイドル応援など、様々なジャンルのプロジェクトでの資金集めに利用されており、実際に数多くのヒット商品が誕生しています。
 
 

『Makuake』の最新トピック

 
2017年7月5日に百貨店のジェイアール京都伊勢丹がMakuakeによるクラウドファンディングプロジェクト『「こころい」5人の女性クリエイターが魅せる、「数寄と今様」の世界』を開始しました。「こころい」はジェイアール京都伊勢丹の開業20周年を記念する企画で、京都の女性クリエーター5人が茶の湯の楽しみを意味する数奇の世界を現代社会を生きる人々に広めるためのプロジェクトです。本プロジェクトの支援者へのリターンとしてお茶菓子、茶器、お香に加え、Makuakeでしか手に入らないオリジナルアイテムも用意されているとのことです。
 
また、2017年7月20日にMakuakeにてハイブリッドバイクのglafitバイクが1億718万円の資金を調達し、国内での最高資金調達額の記録を打ち立てました。
 
glafitバイクは和歌山県を拠点とする企業が長年の自転車・バイク製造の技術を活かして開発した次世代型のハイブリッドバイクです。このプロジェクトは2017年5月30日に開始されました。当初は資金調達額の目標を300万円としていましたが、この目標は僅か3時間で達成され、その後も急激な勢いで資金流入が続き、日本記録達成へとつながったそうです。現在も資金調達を続けており、プロジェクトが終了する8月30日の終了日までに更なる増加が予想されています。
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか。
 
日本が高度経済成長期を通して培ってきた、世界に誇るものづくりの精神は今なお健在であり、Makuakeはこうしたものづくりに対する思いを実現するための橋渡し的存在と言えるのではないでしょうか。Makuakeホームページに並んだプロジェクトの面々をご覧いただければ「こんな商品が欲しかったんだ!」というものを見つけることができるかもしれませんね。その際は是非とも支援を検討されてみてはいかがでしょうか。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。皆さんに役立つFintechやブロックチェーン、仮想通貨に関わるニュースやコラム、ノウハウをお届けします。

関連記事