• twitter
  • google +
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • rss
  • feedly
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • LINE

クラウドファンディングでの炎上理由は?プロジェクト事例から要因を分析! | finte [フィンテ]

こんにちは!finte編集部です。
 
何か新しいことを始めるときには先立つものが必要ですよね。現在は様々な方法で新しい挑戦のためのお金を集めることができます。中でも注目を集めている便利な資金調達の方法であるクラウドファンディングですが、使い方を間違えてしまうと炎上してしまうこともあるようです。今までにクラウドファンディングで炎上してしまった事例から要素を考えてみました。
 
 

クラウドファンディングサービスとは

クラウドファンディングとは、新しい挑戦をおこなうときにネット上で多くの人からお金を募ることのできるサービスです。さまざまな種類があり、投資を目的とした資金援助とそれ以外に大きく分かれます。投資を目的としないクラウドファンディングでは寄付型購入型というものがあります。
 

非投資型クラウドファンディング

寄付型

単純に活動を応援をするというもので、基本的に見返りはない。

購入型

面白いアイデアの商品開発やサービスを支援することによって、完成した商品やサービスを提供してもらうタイプのもの。

 

投資型のクラウドファンディング

投資を目的に支援をおこなう投資型のクラウドファンディングサービスでは、ファンド型株式型と呼ばれるものがあります。

ファンド型

ビジネスや新しい企画などに必要な資金を集めるためのものです。購入型と違う点は、企画により出た利益の一部をお返し(リターン)として受け取れる点です。プロジェクトによってはお金だけではなく、サービスや商品がお返しとしてもらえることもあります。
 

株式型

上場していない株に投資することのできるクラウドファンディングです。これから可能性のある企業の株を買っておけば、その企業が大きくなったときに買ったときの倍以上で株を売ることもできるそうです。
 
 

投資型クラウドファンディング・その他

貸付型(ソーシャルレンディング)

説明した4つのクラウドファンディング以外にも、もう一つ貸付型のクラウドファンディング(ソーシャルレンディングともよばれる)があります。このサービスは、企業や個人にウェブ上でお金を貸すことによって、貸したお金の利息を定期的に返してもらうというものです。
 
 

 
 
 
 

クラウドファンディングサービス一覧

クラウドファンディングもそれぞれの型にあわせていろいろなサービスがあります。以下ではどのようなサービスがあるのかをご紹介します。

非投資型(寄付型・購入型)クラウドファンディング

 
 

投資型(ファンド型・株式型・貸付型)クラウドファンディング

 
クラウドファンディングサービスは上記で紹介した以上にもたくさんあります。これらのおかげで資金調達はより身近になり、新しい挑戦へのハードルも下がっているのではないでしょうか。
 
特に非投資型である購入型寄付型のクラウドファンディングサービスは、金銭的な見返りが期待されないため、個人でも気軽に資金を集めることができると注目されています。
 
 

炎上事例から見る、クラウドファンディングで大切なもの。

 
個人の資金調達はクラウドファンディングによって、比較的手軽にできるようになりましたが、だからといって何をするにも資金集めにクラウドファンディングを使っていいわけではないようです。実際に、不適切な資金の集め方だと言われ多くの人に批判された(炎上した)プロジェクトもあります。
 
これまでに炎上したクラウドファンディングのプロジェクトを振り返り、どのような使い方を心がけるべきかを探ってみましょう。
 
 

真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト。

 

内容

女優の真木よう子さんの資金調達プロジェクト真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト。が批判から資産調達を終了したそうです。
 
プロジェクト内容は、女優真木よう子さんが出版社を通さずに、ファンと一緒に写真集を作り上げるというものです。このプロジェクトで生まれた写真集は限定販売商品として、一般の書店などでは販売せず(書店以外の販売先は検討中でした)支援をした人には、写真集と特典がつくというリターン(お返し)が約束されてるというプロジェクトでした。 
 

プロジェクト内容 :写真集の作成
募集資金     :800万円
集まった支援総額 :6,521,555円

 
 

経緯

ツイッターなどからファンへの対応に好感を持たれていた真木よう子さんは、本プロジェクトにて作成した写真集を、多くのファンとの触れ合いの中で販売したいという思いから、東京ビッグサイトにて2017年12月29日より開催される同人誌即売会「コミックマーケット93」(コミケ)での出展と販売(頒布)をおこなうことを考えたそうです。
 

批判される点

コミックマーケットとは、世界最大規模の同人誌即売会と言われており、自費で作成した漫画を売ったり、コスプレをおこなう人で賑わう場です。そこでは、自らの作品を売る(頒布)には抽選で出展する権利を持たなければならないそうです。
 
真木よう子さんは、抽選で出展が決まる前から自らの写真集をコミックマーケットで頒布することを発表したことや、コミックマーケットに自費出版ではないものを売ることに対して批難があつまりました。
 

 
 
コミックマーケットにおける、場の理解が不足していたことが非難されている大きな要因のようです。資金調達をすること自体には特に問題はないものの、多くの参加者が自費の作品を頒布している場で、他の人から集めたお金で作成した写真集を売るという行為が許せない人がいたようです。

 
 

女子大生による、世界一周「夢バトン」プロジェクト

内容

当時大学3年生の21歳の女子大生が立案した、夢をつなぐプロジェクトです。出資してくれた人の夢が書かれたスケッチブックをもって世界一周をおこないながら、発展途上国の現地で会う18歳までの男女に夢を書いてもらうという内容でした。世界一周の旅から帰った後にスケッチブックのコピーを製本し、支援してくれた人に送るとともに、展示会を開くというお返しがありました。

 

プロジェクト内容 :世界一周をして子供の夢をつなぐプロジェクト
募集資金     :80万円
集まった支援総額 :13万5000円以上

 
 

経緯

お返しには上記以外にも、現地で会った子供の写真、現地のお土産、ポストカード、出資者の名前などを無地のTシャツに書いて宣伝する等、大学生らしいお返し(リターン)が好感を持てるプロジェクトでした。
 
しかし、この旅行に行く際の予算である160万円(80万円は大学生自らが稼ぐ予定)の内訳があまりにも個人的過ぎるのではないかと話題になりました。
 

 
高額なワクチンの費用はまだしも、旅行中の生活費や子どもたちの写真をとるためのカメラ代などを資金調達用の内訳として記載していたことに批難が集まったようです。
 

批判される点

これは、ほとんど自分のためのお金じゃないのか、費用のほとんどが旅費と生活費なら子どもたちへの支援はどこにいったのか
 
子供をダシに使って旅行に行きたいだけなのでは?
 
偽善ではないか、本当に子供の支援をしたいなら自分で稼いで行けばいいのではないか
 
という厳しい批難が多く集まりました。さらに大学生がこのプロジェクトの資金調達を始める前にSNSなどで発信していた『旅行が楽しくて仕方ない』などという趣旨のつぶやきなどが取り上げられ、大炎上しました。
 

 
 

げんじ氏のファッションブランド設立プロジェクト

内容

このプロジェクトは、ファッションのコーディネートを動画やSNSで発信する、人気のYouTuberかつお笑い芸人の「げんじ」氏が自らのブランドであるLIDnMを立ち上げるための資金調達をおこなったものです。
 

プロジェクト内容 :ブランドの設立
募集資金     :100万円
集まった支援総額 :300万円以上

 

経緯

げんじ氏はもともとWEAR(ウェア)という、日本最大級のファッションコーディネートサイトやYouTubeにて自らのファッションのコーディネートを紹介することで、とても人気を得ていたそうです。
 
そんなげんじ氏が、自らのブランドであるLIDnMを立ち上げるために、おこなった資金調達では数日のうちに目標金額を達成し300万円ほどの資金調達を達成したそうです。しかし、新しいブランドとして発表したイメージが「MONKEY TIME」というブランドのイメージとほとんど同じものであり、模倣した(転用した)ものではないかという疑惑が生まれ、炎上しました。
 

 
さらに、支援に対するお返し(リターン)として支援者がWEAR(ウェア)に掲載される権利を、WEARに対して無許可で設定していたことがわかり、こちらも多くの人から非難されてしまいました。
 

批判される点

ブランドイメージが、他のブランドの転用ではないかという指摘と、無許可であるにもかかわらずリターンとしてWEARへの掲載権利を記載したという点に関してげんじ氏は自らの動画で弁明と謝罪を述べています。
 
しかしやはり、支援をおこなった人や、応援している人から心配の声や、批判の声が集まりました。
 

  

大切なのは、正直さと誠実さ

 
ご紹介した3つのクラウドファンディングに共通していた点は、支援をおこなう周りの人の共感を生むことができなかったという点ではないでしょうか。支援をしてくれるファンの周りにいる人々が、プロジェクトに関して共感ができなかったり、不誠実であると感じてしまったときに批判が集まってしまうようです。
 
クラウドファンディングとは、資金調達のハードルを下げ、より多くの人が気軽に挑戦することができる社会を作る素晴らしいサービスです。しかし、人と人の繋がりを利用したシステムである以上、お金を支援してもらうという感謝の気持ちをもち、誠実なプロジェクトの進行をおこなう必要がありそうです。
 
 

 
 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
 
資金調達を身近にする、クラウドファンディングサービス。必ずしもプロジェクトが社会的な意義をたくさん持っていなければいけないというわけではありませんが、利用するときには資金調達をおこない成し遂げたい目的に対する情熱をしっかりと伝え、誠実な運用をすることが大切なのかもしれません。
 
finteではクラウドファンディングによって応援されたプロジェクトも紹介しています。ぜひご覧ください!
 
 
 

 


The following two tabs change content below.
佐野 祥貴

佐野 祥貴

新卒で入社した企業の出資先であるベンチャー企業に入社1ヶ月で出向、事業の立ち上げ、Web広告の営業、広報活動などを経て、finte編集部にて活動。全くの初心者にも知見のある方にも、わかりやすく、おもしろいフィンテックとの出会いをWebを通じて届けることができればと考えています。

関連記事