仮想通貨の入手方法すべてまとめ【2017/9/7現在】

こんにちは!finte編集部です。
 
以前finte編集部で、ビットコインの使いみちほぼ全てまとめという記事を書いたところ、多くの方にご好評いただきました。
 
そこで今回は、『仮想通貨に興味が出たけど、どこでどうやって手に入れるの?』 『まったく初めての人でも、簡単・安全に購入できるの』といった疑問にまつわる、仮想通貨の入手方法をすべてまとめてみました。
 

 
 

ビットコインの入手方法すべてまとめ

 

【目次】
仮想通貨の取引所で購入する
人からもらう・交換する
ビットコインのATMで購入する
無料で手に入れる
マイニング(採掘)で報酬として手に入れる
さいごに

 
 

仮想通貨の取引所で購入する

 
仮想通貨を入手するもっとも主流な方法が、仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入することです。
 
仮想通貨の取引所とは、簡単にいうと、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせる仲介サービスを提供している機関のことです。まずは取引所に自分の口座を開設し、その口座に日本円を入金することで、仮想通貨の売買ができるようになります。
 
仮想通貨の取引所は下記のようなところがあります。
 
bitFlyer
Coincheck
Zaif
BTC Box
Kraken
BitPoint
Fisco
Lemuria
 

 
また仮想通貨の取引所で仮想通貨を購入する際は、以下のようなことを確認したほうが良いと言えます。
 

仮想通貨を購入する際、確認すること
・日本円を取引所へ送金する時に発生する「振込手数料」
・円から仮想通貨に交換する場合の「仮想通貨の取引手数料」
・取引所での「仮想通貨の価格」
・日本語のサポート有無
・取引所の信用性
・取引が可能なまでの時間
・購入までの説明が分かり易く説明があるかどうか
 
 

人からもらう・交換する

 
仮想通貨は、Suicaやnanacoなどの電子マネーと違い、個人から個人へ簡単に受け渡せるようになっています。もしも身近に仮想通貨を持っている人がいれば、その人に現金を渡すなどして、お互いが納得するレートでビットコインと交換してもらうことができます。
 
また、仮想通貨を交換したい人同士をマッチングするサービスもあります。上記で紹介した多くの仮想通貨の取引所で、このサービスを運営しています。
 
この場合、事前に仮想通貨を保管するは財布”ウォレット”が必要です。ウォレットはいわゆる銀行口座のようなもので、仮想通貨を保管し、資金の移動の際は相手のウォレットを指定して送金をしたりします。ウォレットには下記のような分類があります。
 
・デスクトップウォレット(PC上の財布)
・ウェブウォレット(Web上の財布)
・モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)
・ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)
・ハードウェアウォレット(専用財布端末)
 
 

ビットコインのATMで購入する

 
現在、取引所などに登録をしなくても気軽にその場でビットコインを購入することができるATMが存在します。どこにあるかは下記URLからご確認頂けます。
 
coinmap
ビットコインマップ【ビットマスター・BMEX】 – Google
 
ビットコイン売買ができるATMは2017年9月現在、17ヶ所あるようですが設置されている場所をみると、外国人が訪れるような観光名所が多いような印象を受けます。そのため2020年の東京オリンピックに向けて増えていくことが予想されます。
 
ビットコインなどの仮想通貨は、上記で紹介した取引所で簡単に購入できるのですが、『ビットコインの存在が気になっているが、どこの取引所がいいのか分からず、新規で取引所の口座をつくるのが面倒』という方には良い購入方法かもしれません。ただ、ATMで仮想通貨を購入する場合、5〜8%程度の手数料がかかることを考慮する必要があります。
 
 

無料で手に入れる

 
仮想通貨を入手する方法として、無料で手に入れる方法があります。『いきなりビットコインを購入するのはハードルが高い!』という方にもおすすめの方法です。
 

関連記事|ビットコインを無料で集める方法7選
 
【関連記事目次】
———–取引所のサービスを利用する———–
・ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」を利用する
・コインチェックで電気代を払う
・コインチェックのアフィリエイトサービスを活用する
・Zaifでチップをもらう
———–ポイントサイトを利用する———–
・PointTown
・モッピー
・ちょびリッチ

 
 

マイニング(採掘)で報酬として手に入れる

 
最後に番外編として、初心者の方にはハードルが高く、専門的な知識を要する”マイニング(採掘)”という方法をご紹介します。仮想通貨は、マイニングと呼ばれる仮想通貨の送受信を成立させるための確認・記録のための計算作業をもとに成り立っています。この作業をおこなうと、その報酬としてビットコインが入手でき、これを”マイニング(採掘)”と呼びます。
 
しかし、この計算作業は高性能の計算機を利用して莫大な電気を消費するため、日本国内でマイニング(採掘)をおこなっても採算の見込みはないと言われているようです。
 
 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
 
仮想通貨の入手方法は仮想通貨市場が活発になるにつれて、今後も増えていくと思われます。随時情報を更新していきますので、この記事をブックマーク等して頂ければ幸いです。
 
 


The following two tabs change content below.
finte編集部

finte編集部

finte編集部です。 皆様のお役にたてるようなFinTechに関わる最新ニュース、コラムを配信して参ります。よろしくお願いします。

関連記事